忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「そらのおとしもの」の記事一覧

そらのおとしもの 第2話「天翔ける虹色下着(ロマン)」

一人暮らしの主人公と隣に住む幼なじみの(巨乳の)女子同級生の、おそらく平穏な日々に割ってきた「空から落ちてきた少女」が巻き起こす波乱。ありがちなプロットをどう処理するのか見ものだったが、序盤の第1話から第2話では、徹底的にスラップスティックを装いながらもキャラクターの相関と立ち位置を示していて抜かりがない。
斎藤久監督の手がけた「バンブーブレード」でも中盤までのダッシュが良かったことを思い出させる。後半の倉田英之によるアニメオリジナル脚本との相性がイマイチだったが、この作品は1クールでおそらく原作準拠。柿原優子のシリーズ構成・脚本との相性はどうだろうか。

soraoto0201soraoto0202soraoto0203soraoto0204soraoto0205soraoto0206soraoto0207
soraoto0208soraoto0209soraoto0210soraoto0211soraoto0212soraoto0213soraoto0214
soraoto0215soraoto0216soraoto0217soraoto0218soraoto0219soraoto0220soraoto0221

今回はパンツ回。渡りパンツ、マッハパンツ(マッハバンドみたいだ)、パンツ流星群のシナリオを、「萌え」がイマイチ理解できない(「瀬戸の花嫁」の時の上江洲誠氏の話)という彼女がどんな顔で書いたのかものすごく興味がある。変にテンプレートに頼らない分、遠慮がないのかもしれない。演出も突き抜けていて、唖然さも爽快さに変わるようだ。
原作を知らないのだが、主人公の智樹は幼なじみを辱めたい願望を叶えたと言ってもいいのだろう。
穿いてないのは「ぱんつ」じゃなくて、ただの下着だとの辛口の批評はともかく、そはらに穿かせようとイカロスを使った間接羞恥プレイは破壊力があった。
3Dレンダリングで天翔けるパンツを描く気合の入れようだが、こちらも被写体をモデリングしているしているところを想像すると笑いがこみ上げてくる。
AICの性(さが)なのか、このあたりの妙な頑張りは気に入っている。
今期の意外な伏兵かもしれない。
エンディングは、その空飛ぶパンツ群をバックにのどかに「岬めぐり」と来たもんだ。キャラ名義で見月そはらの歌だが、歌い慣れていない感じの美名も悪くない。

soraoto0222soraoto0223soraoto0224soraoto0225soraoto0226soraoto0227soraoto0228
soraoto0229soraoto0230soraoto0231soraoto0232soraoto0233soraoto0234soraoto0235

そらのおとしもの 限定版 第1巻 [DVD]そらのおとしもの 1 (角川コミックス・エース 126-6)そらのおとしもの 2 (角川コミックス・エース 126-7)そらのおとしもの 3 (角川コミックス・エース 126-8)そらのおとしもの 4 (角川コミックス・エース 126-9)そらのおとしもの 5 (角川コミックス・エース 126-10)そらのおとしもの 6 (角川コミックス・エース 126-11)

そらのおとしもの 7 (角川コミックス・エース)
TVアニメ「そらのおとしもの」OP主題歌 Ring My Bell (blue drops)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

そらのおとしもの 第1話「全裸王(ユウシャ)世界に起つ!」

テレ玉の放送を録画し忘れてから、東京MXで放送されてもズルズルとレビューしないで過ごしていた「そらのおとしもの」第1話。
舞台は北海道だろうか。
厨二病よりはややマトモそうな主人公。erotic方面への妄想は盛んな年頃としても、イカロス登場のあとからの様子では、セカイ系主人公の道を歩むような不安も覚えた。原作マンガは未読。

お話の始まりは落ちてきた少女との出会いから。愛玩用エンジェロイドとは、エンジェル+アンドロイドのことだろうが、単なる性奴隷人形ではないだろう。イカロスの感情表現のなさは、マスターと呼ぶ主人公智樹と出会ったばかりのせいでもあるのだろうが、能力をフルに発揮していないようにも見える。
主人公を不可視にしてノゾキの加担をしたり、札束を出したりと主人公の望むこと全てを実行する機能の片鱗は見せてくれたが、その実行にはどこかの承認を取っているようだ。それはイカロスを作った存在か、別の何かか?
何らかの転機が主人公智樹に訪れたとき、イカロスの機能制限が解除され真の能力が発揮されるのかもしれない。智樹がこの世界の王様としてイカロスの能力で他の人間を消してしまったことが、シリアスな展開を予感させる第1話だった。

ここまで書いてきて「最終兵器彼女」を思い出したが、鬱展開になるのかなあ?
主人公とバトルアンドロイドの少女のコンビだと「まほろまてぃっく」っぽくなれば嬉しいけど。あっ、あれも最後は欝だ。
主人公視点だけではなく、柿原優子が脚本が見せてくれるイカロスやそはらの女性キャラクター視点の展開に期待したいところだ。
制作はAIC A.S.T.A.。「バンブーブレード」以来の監督作になる斎藤久。これは1クールだし、アニメオリジナル要素もないだろうから大丈夫だろう。

soraoto0101soraoto0102soraoto0103soraoto0104soraoto0105soraoto0106soraoto0107

智樹と幼なじみの見月そはらの間にイカロスが割って入る形になるが、幼なじみは報われない多くの法則に当てはまるような予感。恋愛面ではこの微妙な三角関係を描くことになるのかもしれない。
美名の演技は心配したほどではなかった。イカロス役の早見沙織は盤石だが、ダウナー系のキャラの演技なのが物足りない。イカロスの内面変化があれば違う一面も見られるだろう。
保志総一朗の中学生役に無理があるとは言わないが、あまり合っていない感じだ。

soraoto0108soraoto0109soraoto0110soraoto0111そらのおとしもの 限定版 第1巻 [DVD]そらのおとしもの 1 (角川コミックス・エース 126-6)

TVアニメ「そらのおとしもの」OP主題歌 Ring My Bell (blue drops)

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]