忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「11eyes」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

11eyes 第12話「闇夜の暁 ~a sötét hajnal~」(最終話)

「11eyes」最終話。評価が分かれる結末だったかもしれない。途中で平行世界の1ルートの「ゆかの世界」で物語を展開した構成だと明かされた際の少しばかりの混乱を、残りの話数で吸収出来なかったように感じる。
赤い夜と現実世界を往復する序盤の単調さから一転、ドラマの核心に向けて深みを与える目論見だったろうが、尺足らずの中で状況整理する機会さえなくしていた。
前話の結末を引きとってクライマックスで盛り上がると思ったのだが、あれはアイオンの眼が見せた未来視オチ。
最終話ではこの期に及んで主人公の回想と共に、一度は崩壊しかけた世界の存続を望む駆の気持ちを滔々と語らせるハメになった。
その間バトルは止まらざるをえないし、リーゼロッテを足止めするためにアワリティアや栞、菊理を投入した消耗戦を演じさせることになる。友のため、世界のために身を挺する自己犠牲は美しくも見えるのだが「友と明日のために」の看板は霞んで見える。
黒騎士とのバトルシーンや美鈴と駆の修行パートなどを整理して、謎解きを最終話まで引っ張ることなく、少し前倒しで世界の秘密を語らせた方が理解されやすかっただろう。

拍手

 RSSリーダーで購読する

11eyes 第11話「滅亡という選択 ~válogatott-hoz kialvás~」

前話の感想では「ひょっとすると本作品の主人公は魔女リーゼロッテのようにも感じるが、それを確証できるのは蘇った彼女の振舞いを見てからだ」と書いたが、今話を見ての印象では正ヒロインはこの世界を統べるゆかだろう。
バビロンの魔女リーゼロッテの復活がメインのように見えるけれども、やはり「ゆかワールド」ゲーム的に言えば「ゆかルート」のシナリオからすると、遅まきながらメインヒロインのゆかが話の始末をつけるという視点で見ないといけないような気がする。今回の悲劇はゆかの世界でゆかが望む駆と二人だけの世界を目指すプロセスの一部だから、このような展開も必然なのだろうと思う。

拍手

 RSSリーダーで購読する

11eyes 第10話「魔女覚醒 ~bukott angyal~」

水晶塔に封じられたバビロンの魔女リーゼロッテと今は異形の黒騎士となった禁書目録聖省の使徒の秘密。ゆかが望むのは駆と二人だけの世界で、これはドラスベニア王ヴェラードを愛した不老不死の魔女リーゼロッテが望んだ世界との相似だ。
水晶塔の少女リゼットとして閉じ込められたかつての魔女が、その復活のために7つの欠片を集めたと言えよう。

拍手

 RSSリーダーで購読する

11eyes 第9話「壊れた絆 ~törött kötés~」

黒騎士たちは己の命を削ることでこちら側の世界に進出できるとの設定。その全員が本体ではなく、人型の呪符のようだ。栞が看破したように傀儡(くぐつ)に過ぎないのだろうが、それにしては強大な力。
駆たちが赤い夜との単純に往復する戦いから、いよいよ草壁邸に張られた結界を破って、相手方からの攻撃が始まった。
この世界での戦いが激しくなればなるほど、ゆかだけは独り静かに何かの時が訪れるのを待っている。彼女の「駆くんと」「駆くんが無事なら」との願いが、「友と明日のために!」を合言葉に戦う者たちの絆を切り刻んでゆくようだ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

11eyes 第8話「逢魔が時 ~félhomály öv~」

ゆかの覚醒を機に、少しずつ張り巡らされていた伏線が姿を見せ始めた「11eyes」の第8話。
黒騎士のスペルビアとなった草壁操の謎、その黒騎士たちがカケラと呼び駆たちを狙う理由が明かされる入口に、ようやくたどり着いたところ。
一方では事態の監視役のようだった百野栞も「禁書目録聖省」の名の下に駆を襲う。この理由は図書館で菊理が書いたと思われる「悪魔を目覚めさせたのはあなた(駆)」と同じ。
その目覚めた悪魔とは何か、穏やかに収束しそうだった賢久と彩子の関係にも雪子を巻き込んで暗転の予感。
バラバラになるなと言いながら一同がバラバラの行動をせざるを得ないシナリオはには、ややスムーズさに欠ける気もするが、日常世界でも黒騎士から狙われている緊張感のぎこちなさを現しているとも言える。

拍手

 RSSリーダーで購読する

11eyes 第7話「歪んだ覚醒 ~kanyargós ébredés~」

駆の「アイオンの眼」の覚醒に続き、守られるだけの存在だったゆかも覚醒。ただ、その覚醒のトリガーは嫉妬と自棄だから、ネガティヴな感情が彼女の力となっている。
水晶の少女の動きや黒騎士の一体が草壁流の使い手など、さらに伏線を広げた「11eyes」第7話。赤い夜の世界で繰り広げられ、日常世界のキャラクターは登場しない。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]