忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「Angel Beats!」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

Angel Beats! 第13話「Graduation」(最終話)

あまりにもストレートな手作り卒業式の演出には少し驚かされたが、そんなことで終わるわけもなく、音無とかなでのビフォアとアフターを同時に見せて締めくくった「Angel Beats!」。
神に抗う勇ましいキャッチの面ではゆりが、作品の根幹はタイトル通りに「天使の鼓動」が結びつけた音無とかなでが、キャラクターそれぞれが演じる不思議なドラマだったとの思いが強い。
不思議と言うだけでは少し足りず、荒削りなゲームシナリオの原作をアニメで見るようなアンバランスな印象が強い。だが、それがアニメ脚本家の書く在り来りなテンプレートと違って新鮮に見えたことも確かだ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

Angel Beats! 第12話「Knockin' on heaven's door」

この世界の謎の鍵を握ると思われる影、または影を操る存在に挑むゆりとSSS。これまでは抗い続ける仮想敵が天使や生徒会やらだったのだが、キャラクターと世界観の紹介に適した構成だったのかは何ともいえないところだ。天使の裏にある存在が“神”やらラスボスに思っていたのだから、やられた!と思う反面、釣る気満々の制作陣には恨み節のひとつでも言いたくなる。
しかし、あと1話残しているからには最終話は大団円で手締めなんてなくて、二段オチの可能性だってある。まあ、ナイーヴな麻枝准シナリオの事だから、そんな騙し討ちのエンドなどないと思いたい。

拍手

 RSSリーダーで購読する

Angel Beats! 第11話「Change the World」

「影」という新たな敵の登場。彼らはこの世界で何と戦っていたのか、「神への復讐」「自分の運命に抗うこと」だというキャッチコピーも、これまでのゆりの行動目標も怪しくなってきた「Angel Beats!」第11話。大詰に近づいても謎は増すばかりだが、ここはラスボス当てよりも、あるがままを受け入れた方が良いのだろう。壮大なシナリオの細部を間引いたように、プロットに戻って作られているように思うときもある作品だが、そのぶん想像の余地は多いし、他メディアへの水平展開や続編への期待が大きいとポジティブに受け止めたい。

拍手

 RSSリーダーで購読する

Angel Beats! 第10話「Goodbye Days」

オープニング省略、エンディングも変えてユイスペシャルの「Angel Beats!」第10話。
岩沢に続きガルデモのメインヴォーカルが消滅することになったのだが、バンドの存続が心配される今日この頃。表向きはともかく、天使と手を組んだ音無がメンバーの成仏作戦を変えない限りは、対天使戦用陽動部隊としてのガルデモの存在意義はなくなったのかもしれない。いや、天使がガルデモのヴォーカルとなったとしたら、それはそれで絵になるかもしれない。SSSと対戦しない限りは表面上は平和でいられるのだし、天使の目的は音無が理解して代行しているから、そうであったとしても大きな破綻もないだろう。

拍手

 RSSリーダーで購読する

Angel Beats! 第9話「In Your Memory」

危ない危ない。生前の記憶を取り戻したら、その最期に満足して消えちまうところだった(by 音無)。
病気の妹との記憶だけでは彼は満たされずに死んだことが描かれていたから、列車事故のオチをどのように付けるのか気になっていた。崩落したトンネル内での生存者たちの生死を賭けた醜い争いになると嫌だなあと思っていたが、音無は聖人君子のごとく振舞って最期を迎えた。年齢の割に落ち着き達観して見えたのは、妹の死を経験して生まれ変わろうとしていた矢先の事故だったからなのだろう。
ドナーカードに記入する音無につられて、他の生存者たちも記入し始めたのは異質な感じだったが、閉じ込められて7日後という精神的に変調をきたしていると思えば無理ないのだろう。
列車がトンネル内で崩落した岩盤に衝突、救助までに時間がかかるという設定は、豊浜トンネル事故の一部分をモチーフにしたのだろうか。

拍手

 RSSリーダーで購読する

Angel Beats! 第8話「Dancer in the Dark」

分裂したままの天使は、ハーモニクスが原因のようだ。川の主からSSSを助けようとした際の攻撃的な衝動ゆえだろうか?普段は防御のみに武装を用いていた天使だから、内包する矛盾が暴走したのかもしれない。まあ、これもゆりの説だから、アホの一団は団長の説を無批判に受け入れるしかないという、視聴者をも予断させかねないうまい仕組みになっている。唯一、直井が自説を展開する態度をとるものの、こちらは独自路線のアホだから対案でも何でもない。
結局今回のミッションは陽動などする余地もなく、攻撃型天使のコピー出現に対して地下のギルドへ再びのデスマーチと相成った。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]