忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「あそびにいくヨ!」の記事一覧

あそびにいくヨ! 第5話「たすけきにました」

猫耳教団からのエリスと騎央の奪還作戦にドギーシュアが絡んでくる「あそびにいくヨ!」第5話。
ちょっと詰め込み気味な展開で、中途半端な印象のドギーシュアの介入、猫耳教団の軟化と和解の気配を匂わせながらの引きなど、重要な転換点ではあるような気がするが、細かなことは先に送った話数だ。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

あそびにいくヨ! 第4話「さらいきにました」

エリスたちを監視、アシストロイド誘拐未遂を起こしたのは「子猫の足裏」教団。前話の引きで姿を見せたお嬢様アントニアが教祖、隻眼メイドは手下というところ。米国はドギーシュアとの利益関係優先で動くようだが、この教団は純粋な嗜好の延長を金で解決しそうな勢いなだけに、案外強敵か。
それにしても毎回の嘘次回予告。海で水着で焼肉ではなく、今回は東京での誘拐騒ぎ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

あそびにいくヨ! 第3話「とまりきにました」

「女の過去なんて、言わなきゃ無いのと同じ」だそうです。
導入部を手際よくまとめた後、キャラクターの背後関係や相関関係、事件を裏で糸引く存在などに触れて今後の展開に道筋をつけた「あそびにいくヨ!」の第3話。
結構詰め込んでいるのにバタバタした印象もなく、緩やかな空気感を保っている。サスペンスやサイコキネシス、ミリタリー、スパイ、SFのエッセンスを程良いさじ加減で取り込んだラブコメと言う印象だが、高山カツヒコの構成の手際によるところが大きいだろう。

拍手

 RSSリーダーで購読する

あそびにいくヨ! 第2話「あそびきにました」

第1話と2話をあわせて宇宙人とのファーストコンタクトの序章を終えた「あそびにいくヨ!」。
SFとミリタリーとスパイアクションの非日常が、主人公の日常に一気になだれ込んでくる。いかにも急な導入で、扱いを間違えるといずれも中途半端になりそうだが、細かいことを気にすることなく楽しめた。あの美術・背景とエリスの屈託の無さが沖縄の空気感を運んでくれる効果かもしれない。単なる落ちモノ美少女ラブコメにはならないだろうという期待もあり、気持ちのいいフィルムに仕上がっている。

拍手

 RSSリーダーで購読する

あそびにいくヨ! 第1話「ちきうにおちてきたねこ」

たしか、植田洋一初監督作品になるのか、「あそびにいくヨ!」。事前の過剰な期待はなかったのだが、第1話の掴みは上々。あっ、シリーズ構成はクセモノの高山カツヒコだった事に気付いた。
制作はAIC PLUS。AICは今期放送4作品かな?(ストライクウィッチーズ2、アマガミSS、祝福のカンパネラ、あそびにいくヨ!)
放電映像のキャラ原案はアッサリした色調の印象がある。アニメでは森島範子のキャラデが硬く線も太い印象で、あまり良く思わなかったのだが、動いてみるとそうでもない。あの沖縄の風景とメカや銃器を背景にしても負けないくらいにキャラが確立している。確かにパステル調のキャラでは頼りない。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]