忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「これはゾンビですか?」の記事一覧

これはゾンビですか? 第8話「えへ、学園妻です」

トモノリを中心にした学園サイドの話が半分、後半をグループデートで構成した「これはゾンビですか?」の第8話。前回大先生から送られてきた透視眼鏡の伏線がセラに繋がり、ユーが出会った男(「夜の王」と言うらしい)との事件を予感させる。一見無関係な2つの事柄が繋がって終盤へと向かうのだろう。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

これはゾンビですか? 第7話「おい、お前どこ中だよ?」

シリーズ折り返しの第7話からは新章に突入した「これはゾンビですか?」。
何話か前でラーメン屋から出てきた娘がトモノリだったが、ラーメン食べ歩きの研究がメガロ退治の秘密兵器開発の伏線だったとは正直微妙なところだ。今回が初登場も同然だ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

これはゾンビですか? 第6話「そう、私は死を呼ぶもの」

大先生の登場、そしてユーの持つ力や京子を操る影などの謎を明かし区切りをつけた「これはゾンビですか?」第6話。シリーズ第1部の最終回といった構成だ。
全編シリアスなバトルで通した形だが、命をいくつも持ち簡単に死なない京子に対し、死にたくても死ねないゾンビで魔装少女の歩がチェーンソーで幾度も殺しにかかる内容は美しいとは言い難い。
内包する悩みをお互いに示しての真面目な構成ではあるが「School Days」 監督・ 脚本家 コンビ だけのことはある。

拍手

 RSSリーダーで購読する

これはゾンビですか? 第5話「ええ、京豆腐どすえ~」

お爺ちゃんが京都にいる、名前が京子という女の子。その京子が歩に近づく道具の役割を京豆腐が果たした「これはゾンビですか?」の第5話。
魔装少女でありながら人の魂を狩り、何かに捧ぐ京子。メガロのようなゾンビのような吸血忍者のような特性を合わせ持つワケありの敵キャラ。
ゾンビと違い10回死んでも生き返る、セラは同類ではないという。なかなか厄介な存在だが、歩はこれで京子に3回ヤラれたことになる。

拍手

 RSSリーダーで購読する

これはゾンビですか? 第4話「ちょ、俺輝いてる?」

無口なユーの悲しみとその理由が少し明かされた「これはゾンビですか?」第4話。裏側では歩を殺した犯人の連続殺人が止まらず、その存在は冥界や魔界に忍者、そしてメガロとも違う勢力ではないかとの伏線も張られているようだ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

これはゾンビですか? 第3話「そう、髪型はツインテールに」

バトルもなく派手さのない日常回だけれども、第1話の感想でも触れたがツッコミ待ちシナリオは一貫している。
登場キャラクターにボケと突っ込みを分担させるのではなく、基本的には主人公もヒロインズもボケというか視聴者が突っ込む余地を残した所作の数々。

拍手

 RSSリーダーで購読する

これはゾンビですか? 第2話「いえ、吸血忍者です」

いつもながら原作未読でアニメが初見なのだが、2話まで見た印象では各ヒロインの属性を活かしながらボケとツッコミで回す関西風の味付けに感じる。脚本の上江洲誠氏は大阪出身と知っていたので、原作の木村心一氏を調べたら京都出身。生まれ持って身につけたセンスがアニメににじみ出ているのかも知れない。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]