忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「ロウきゅーぶ!」の記事一覧

ロウきゅーぶ!SS 第12話「智花(キミ)がいるだけで」(最終話)

慧心学園女子バスケットボール部初の公式試合、地区予選初戦は硯谷女学園との戦いは延長戦にもつれ込んだ。
チームのエースは智花なのだが、この試合は積極的なプレイで足を捻って一時はベンチに下がった真帆が主役級の働き。タイムアップと同時にシュートした智花が逆転で締めくくるかと思ったが、ノーカウントのため硯谷の勝利となった。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

ロウきゅーぶ!SS 第11話「dearests」

5年生メンバー同士のセットは硯谷の怜那の個人プレイと他のメンバーとの心の乖離から次のセットでの融合に向けた動きを描き、慧心は真帆の怪我での途中退場の危機から5,6年生の団結までを描いて、ガチなパワープレイで終盤を迎えた。ラストのカットだけ見ると慧心の勝利を喜ぶように見えるが、逆転された後に追いつき同点延長となり最終話へつなぐことになる。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ロウきゅーぶ!SS 第10話「wanna Be A Gamemaker」

5年生との因縁から対立・合流、慧心学園初等部の正式な女バスチーム発足までこぎ着けた「ロウきゅーぶ!SS」。
合流したと言っても、まだまだ一つに溶け込むまでにはならず、1軍が6年生で2軍が5年生のような位置づけになっている。練習への取り組みや勝負へのこだわりなど、噛み合っていないところがある。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ロウきゅーぶ!SS 第9話「Don't wanna cry 泣きたくない…」

約束に従い、智花を師匠と仰ぐミミとひなたを姉に持つかげつは6年生チームに合流。雅美と竹中姉妹は反発したまま。
試合の後は日常回でもなく、商店街の催しでのイベント対決。反発した3人は闘争心旺盛なのか、単に負けを認めるのが嫌なのかはともかく、常にライバルの存在があってそれに立ち向かわないと生きていけないタイプ。周りからは面倒くさい奴だと思われそう。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ロウきゅーぶ!SS 第8話「I Wish with You」

準決勝、慧心の6年生チームと5年生チームの対決に中心を置いて、硯谷女学園はサブメンバーということもあって決勝戦は次の正式試合の伏線程度にまとめている。硯谷の背が大きくて悩んでいる都大路綾をフィーチャーしているので、次は中心選手として登場するのだろう。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ロウきゅーぶ!SS 第7話「Win,again?」

京都旅行では残念な結末に終わった葵はさぞかし落ち込んでいるかと思えば、5年生チームを引き連れて再び昴の6年生チームとの対戦へ。
旅行での葵の勝負下着については、あれを伏線としてどこかで回収して欲しいところ。小学生パワーに対抗してのパンツ担当なのに、今回は見せ場で残念だ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ロウきゅーぶ!SS 第6話「葵は勝つ?」

小学生たちは修学旅行。その隙に葵のターンかと思われたが、商店街の福引で旅行券当選というありがちなエピソードを組み合わせて昴と葵を京都に送り込んだ。
舞台は京都に変わっても、いつもの小学生チームに対して葵の空回り、そしてパンツ担当という位置付けに変わりのない、鉄板ロリコンアニメだ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]