忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「神様ドォルズ」の記事一覧

神様ドォルズ 第13話「隻・枸雅匡平」(最終話)

このシリーズが放送された最初の頃、新人の隻・詩緒の成長を描く物語で、匡平は主人公とは言いながらもサブに廻るのかと思っていた。それがそうでないことはすぐにわかるのだが、匡平も無敵の主人公というわけではない。むしろ力を捨て、いや、逃げたのが正確だろうか、そんな彼のモラトリアムに過去の清算を迫る、見方によっては放っといて欲しいのに寄ってくるはた迷惑な人たちの狂想曲が演じられてきた。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

神様ドォルズ 第12話「暴走」

案山子を操れない登場人物にとってはスタンガン最強!とばかり、やたらとスタンガン使いが出てくると思ったら、元々久羽子が持っていたものの使い回しだった。それよりも強力なブツを持って平城が行く手を阻んだが、こちらのルートは久羽子に任せておけば良さそうな「神様ドォルズ」は最終話直前の第12話。
まひると禍津妃の暴走から匡平覚醒と期待したが、じらした末に最終話に話を譲った。

拍手

 RSSリーダーで購読する

神様ドォルズ 第11話「囚われの日々乃」

前話では登場早々に詩緒と桐生の手打ち式や阿幾から平城への回答をぶち壊し、今回は詩緒の会心の出来のクッキーも踏み潰す傍若無人のまひる様。その破壊神のような振る舞いで匡平のくすぶった心を再燃させることが出来るだろうか。1クールクライマックスへの導火線役のようでもあり、ひょっとすると捨石として匡平を覚醒に導くことにのだろうか。
阿幾の捕獲を名目に皆が東京に出てきたのが羨ましくて、村でボッチは嫌だと言うまひる様の気持ちは伝わってきた「神様ドォルズ」の第11話。

拍手

 RSSリーダーで購読する

神様ドォルズ 第10話「美姫、繚乱」

今でも匡平を「様」付けで呼ぶまひる様。彼女の登場でようやく役者が揃った。
第1話アバンの過去編に登場していたのだが、本格参入をシリーズの終盤まで引っ張っただけの価値がある、圧倒的な存在感。
詩緒と桐生の手打ち式をぶち壊し、阿幾から平城への回答を遮り、前半パートは傍若無人、縦横無尽のまひる様無双の「神様ドォルズ」の第10話。

拍手

 RSSリーダーで購読する

神様ドォルズ 第9話「因縁の渦」

前回第8話は後半につなぐ整理回という意味合いが強かったかと思うが、再び東京に空守村メンバーが集合し始め、終盤に向け加速を始める「神様ドォルズ」第9話。
東京組との新たな関係も確立しながら話を紡ぐ、人間関係の微細なポイントを描きながらも、最後の最後でまひる様が匡平の前に現れて関心をさらっていった。

拍手

 RSSリーダーで購読する

神様ドォルズ 第8話「神様の役割」

水着回かと思ってみれば肩透かしだが、さすがに第7話での怒涛の回想編を受けた話数だけに意外と濃密。隻と案山子の謎というよりも、人の業や宿命を中心にした展開へと変化している。これまで気にならなかったキャラクターの行動や表情の一つ一つが終盤へつながる伏線として効いてきそうだ。
日々乃がビキニのトップスの紐を詩緒に結ばせたことで、匡平の目の前で起きる惨劇の伏線になると信じたが、ポロリなどなかったのは遺憾。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]