忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「輪るピングドラム」の記事一覧

輪るピングドラム 第12話「僕たちを巡る輪」

登場人物たちをつなぐ輪が見え始めてきた「輪るピングドラム」の第12話。この輪を運命の輪と呼びたくはない冠葉と晶馬の気持ちは痛いほど伝わってくるのだが、どうも「運命の至る場所」とやらにたどり着かないと先の展開も見えないようだ。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

輪るピングドラム 第11話「ようやく君は気がついたのさ」

話の核心に向けて大きく動き出した「輪るピングドラム」の第11話。
それぞれに並行したように見える物語も、ある時点を基点に始まり現在に収束して来たことを示した濃密な1話。
真砂子のセリフを借りて原作者が言うように、描かれていることこそが真実のはずなのだが、我々にはそれを検証するだけの材料を与えられていないのもまた真実。出し惜しみとは言うまい。せめぎ合いながら徐々に明かされていく物語の秘密を、登場人物たちと共有していくのは嫌いじゃない。

拍手

 RSSリーダーで購読する

輪るピングドラム 第10話「だって好きだから」

もうひとつの「生存戦略」が絡みあう物語になっていることを示した「輪るピングドラム」の第10話。
前話のレビューで陽毬はリンゴを渡した「運命の人」はエンドクレジットから夏芽マリオだと思っていたのだが、どうやら水族館で見たペンギン帽の男の子のようだ。このマリオによって夏芽真砂子もまた「プロジェクトM」を実行していることがわかる。さしずめマリオのことは「プリンス・オブ・ザ・クリスタル」とでも呼んでやれば良いのだろうか。

拍手

 RSSリーダーで購読する

輪るピングドラム 第9話「氷の世界」

晶馬の事故はいったいどうなったんだろうという心配をよそに、第9話は陽毬の心の奥に潜む闇の物語を掘り返そうとする「輪るピングドラム」。
これまでは晶馬を相方にして、苹果の奇行を中心に目に見える異変をなぞってきた。今回は事件の発端を遡り、陽毬がメインヒロインたる物語を紐解こうとした密度の濃い話数だ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

輪るピングドラム 第8話「君の恋が嘘でも僕は」

晶馬と苹果をヒーロー&ヒロインにしてピングドラム探し編が続く「輪るピングドラム」の第8話。オカルトサイコ・ストーカー娘の苹果に振り回される晶馬といったパターンがしばらく繰り返されていたところ。そろそろ新味が欲しいと思ったところに衝撃の引きを持ってきた。

拍手

 RSSリーダーで購読する

輪るピングドラム 第7話「タマホマレする女」

プロジェクトMのMは、苹果の亡き姉桃果でもなくマリッジでもなく、生存戦略の入り口をを連想させるマタニティ大作戦だったとは。ただそれが夏芽真砂子のプロジェクトMと同じものか定かではない。
陽毬を差し置いてすっかり序盤のメインヒロインを張っている苹果だが、これはシリーズ全体を想像してみると絶好の狂言回し役に違いあるまい。伏線の一本を精一杯張る健気なキャラクターだ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]