忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「C3 -シーキューブ-」の記事一覧

C3 -シーキューブ- 第5話「たとえ呪われても」

ようやくピーヴィー戦も終わりといった「C3 -シーキューブ-」の第5話。
長い尺を取った構成の割に、ビッチが口癖のピーヴィーのビッチさが際立った程度で、物語の方向性に大きな影響も与えなかった。
シリーズ序盤の戦いを通して、主人公とフィアとこのはの結びつきを強くする効果はあった。そして委員長のボンデージの謎も…

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

C3 -シーキューブ- 第4話「夜には母親と抱き枕を」

魔道具or呪いの道具としてのフィアが浄化できるのか、最終的にはそこがひとつの到達点なのだと思うが、自我をコントロール出来ない彼女は脇に置かれたままでのピーヴィー戦。
主人公やこのはもフィアに参加しないように諭した上で戦うのだが、フィア自身の気付きのためには外敵の圧力を借りないとならないのかという、もどかしさ。
物語の幕開けを担いはしたが、シリーズ序盤ではフィアはヒロインとなりえてはいない。4話使って、5話目でようやくフィアがヒロインらしくなるかも知れないという期待だけは残した「C3 -シーキューブ-」。

拍手

 RSSリーダーで購読する

C3 -シーキューブ- 第3話「彼らの温度の二律背反」

フィアも編入して学園編が始まるかと思ったがそう単純でもなく、魔道具蒐集再度のピーヴィーとのバトルとなった「C3 -シーキューブ-」の第3話。
道具としての本性を見せてくれたフィアだが、やはりバトルのみで描くことはできないから、どうしてもフィア自身による設定語りや心境の説明が多くなってしまうのが難点でもある。

拍手

 RSSリーダーで購読する

C3 -シーキューブ- 第2話「どこに、なにを、なにか」

第2話にして早速フィアも学校に通うことに。
道具たちの正体や組織の一端も明かされて、どうやら道具をめぐっての利害からまる攻防戦だろうとアタリが付いてきた「C3 -シーキューブ-」の第2話。

拍手

 RSSリーダーで購読する

C3 -シーキューブ- 第1話「布団に移るものを知らない」

大沼心監督、キャラデ・総作監大島美和、制作SILVER LINK.と、バカテス2期からスライドしたスタッフが作る「C3 -シーキューブ-」。電撃文庫原作で、魔法バトルと言うよりは主人公と「道具」の出会いを通した学園モノのような印象。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]