忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「ギルティクラウン」の記事一覧

ギルティクラウン 第10話「縮退 retraction」

僕が守ると言っていた気がするのだが、仲間も自分すらも守れずに傷つけ堕ちていく主人公の姿は何度目だろうか。
ミッション中の勝手な離脱は銃殺刑モノだが、一旦猶予を与えた上で涯はその拳銃で精神的に集にトドメを刺した。しかしそう思っているのは涯の甘さでもあり、本当のトドメはいのりが去り、いのりの代替として体を求めた祭(はれ)にも拒絶されたことに尽きる。
これで世界から裏切られたような気になった集の迷走が続くのかと思うと気が重いが、彼のダメっぷりに萌えポイントを見つけられる人には僥倖かも知れない「ギルティクラウン」の第10話。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

ギルティクラウン 第9話「捕食 prey」

いのりも涯も今回は端役。集が友に裏切られ復讐するという流れを見せるのには、このほうが都合が良い。彼の単独での判断と行動が痛々しい結果となって、八尋にも自分自身にも、ひょっとすると祭(はれ)を巻き込みながら転がり出していく期待感が煽られる。
この状況を作中で最も楽しんでいるのは嘘界だろう。
どうもいのりも涯も、この八尋と弟の一件が片付いた際には、集に対してしたり顔での忠告をくれそうなことが想像できて、彼でなくとも憂鬱になってしまう。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ギルティクラウン 第8話「夏日 courtship behavior」

学園パートではイベントらしいこともあまりなかったので、ここで夏の大島合宿。
主人公が映像の部活に入っていたことはすっかり忘れていたし、GHQと涯のもとから日常生活に戻った主人公がこれまでどおりの生活を送っているように見えるのは引っかかるが、まあこれも日常と非日常のドラマを混在させて進む構成上、仕方ないことなのだろう。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ギルティクラウン 第7話「輪舞 temptation」

「葬儀社」での出来事などはおくびにも出さない集の学園生活が再開。GHQに連行された話題はインパクトがあるものの、クラスメイトからの質問攻めにも適当な理由でパスできたのは供奉院亞里沙お嬢様の迫力あってのものだろう。集一人だったらうっかり口を滑らせそうな気がした「ギルティクラウン」の第7話。
これまでの伏線の整理と、新たなキャラクターの登場に新たな伏線の設定と、割合まとまっていた内容だった。シナリオは中二臭さがあるけれど、ケレン味を抑えたスタイルだからある程度安心できる。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ギルティクラウン 第6話「檻 leukocytes」

仲間に加わったかと思えば、致死率3割というミッション参加を降りるとか言い出す迷走が止まらない主人公。全く王道のレールに乗りそうもないのが凄いのだが、そんな主人公の厨二ぶりが収まらないのは、やはり制作陣の厨二シナリオを正確に反映しているからだろう。迷走の末にヒーローモード全開となって、集といのりだけいれば日本完全独立などたやすいことなんじゃないかと思える無敵の展開。
そんな身も蓋もないシナリオなのだが、わざと稚拙さを演出して主人公に投影するという、文句は言いつつもどこか憎めない作品だ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ギルティクラウン 第5話「訓練 a preparation」

集は中二臭い主人公だが、それでも作品テーマに従って裏切りと希望が交互に襲う物語を何とか乗り切って、「葬儀社」に迎えられようとしている「ギルティクラウン」第5話。
裏切りに遭い続けるものの、相手の事情からしてやむを得なかったのではないかと集に思わせる微かな希望を見せているのがまた嫌らしい展開だ。その相手を徹底的に憎むまでの叩かれ方ではなく、集をGHQに売り渡した谷尋などは感染者の弟を助けたいとの動機を見せている。集を捕らえ尋問した嘘界にしても、その裏のサディスティックな一面は押し隠したままで、集に発振器を渡して解放するという、一見温情あふれる振る舞いだ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]