忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「這いよれ!ニャル子さん」の記事一覧

這いよれ!ニャル子さんW 第5話「嘘だと言ってよクー子」

テレビシリーズ第2期になるこのニャル子(数え方に異論はあろうが)と俺妹の調子がどうも良くない。製作サイドは大きな変化はないのだろうが、視聴者側にネタとテンションに耐性が出来てしまったのかもしれない。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

這いよれ!ニャル子さんW 第4話「恋愛の才能」

何も事件が起きないことにはハイテンションスラップスティック・コメディの見せ場もなく、単調な印象。パストラルのグロスだったからというわけでもないだろうが、制作に優しそうなシンプルコンテだった。中休み回だから破綻がなければ良しといったところだろう。

拍手

 RSSリーダーで購読する

這いよれ!ニャル子さんW 第3話「超邪神黙示録」

「這いよれ!ニャル子さんW」第3話は前話の図書館戦争からの続編。
ロイガー星人など敵が登場するけれども特撮ヒーローモノの敵怪人の範疇に過ぎず、一旦倒れた後の敵側の合体や巨大化を経ての二段オチの単純なシナリオも様式美の範疇なので粗探しは無用。
ハイスピードで繰り出す特撮やアニメネタがシリーズ中盤以降もダレずに展開できるのか気になるところではある。

拍手

 RSSリーダーで購読する

這いよれ!ニャル子さんW 第2話「セラエノ図書館戦争」

アニメ作中での珠緒の立ち位置が微妙だなと思いつつ、他作品のキャラと大坪由佳の芝居の違いが差別化できていないと感じつつ、中盤くらいにはもう少し見せ場もあるのだろうと思ったりする「這いよれ!ニャル子さんW」の第2話。

拍手

 RSSリーダーで購読する

這いよれ!ニャル子さんW 第1話「進撃の邪神」

第1期と比べてもテンションは衰えることなく、メタとパロの小技を繰り出す第2期の「這いよれ!ニャル子さんW」第1話。第2期というのは例のFLASHアニメをノーカウントにしての話。
既にニャル子、クー子、ハス太の真尋ハーレムが成立しているのだが、初見視聴者向けの状況説明は僅かばかり話中でメタに繰込んでいる。それにしても第1期の視聴済が前提な作りだ。
制作スタッフもスライドして、演出の方向性も変わらないのでニャル子のウザさは相変わらずといったところ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

這いよれ!ニャル子さん 第12話「夢見るままに待ちいたり」(最終話)

例のフラッシュアニメをdisるつもりはないが、オリジナル話を混ぜながらの「初アニメ化」は成功したといえる「這いよれ!ニャル子さん」。
フラッシュアニメが紙芝居に声優がセリフを当てただけといった印象だったのに、今回はシナリオに乗っかってキャラクターが芝居を演じていた。

拍手

 RSSリーダーで購読する

這いよれ!ニャル子さん 第11話「星から訪れた迷い子」

最終話直前に迷子の幼女を投入して盛り上げたところで、オチはニャル子の消失でシリアスな引きを見せた「這いよれ!ニャル子さん」の第11話。
ハイテンションなニャル子やクー子にハス太との同居生活を真尋ハーレムと解釈してしまうと真尋のキレ方が理解し難いのだが、ウザキャラたちにに言い寄られる彼は受け身なヒロインなのだと思えばわかりやすい。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]