忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「だから僕は、Hができない。」の記事一覧

だから僕は、Hができない。 第12話「だからHがどうとか言うな」(最終話)

死神界との障壁が崩れ去った人類の危機など描かずに、美菜の想いを受け入れずに寿命を迎えた主人公良介を救うための戦いを描く「だから僕は、Hができない。」の最終話。
原作の今後の展開では重要な役割を担うのか知らぬが、メルロのダルニア・イアハートに良介の魂狩の役を担わせたのは、大詰めで失速の一因かも。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

だから僕は、Hができない。 第11話「恋をかなえて」

どうもシリーズ後半に重たい話を持ってくると失速感が拭えないと思う「だから僕は、Hができない。」の第11話。
そりゃ確かに死神が相手の話で、主人公良介の寿命については最初から予告されていたものの、その生死にドラマの焦点が当たってしまえば、とてもHなことなど出来るはずもない。

拍手

 RSSリーダーで購読する

だから僕は、Hができない。 第10話「てんごくのちじごく」

良介がガルダーブロウグに勝利した結果、死神界と人間界の壁を壊したことになった皮肉。昏睡を続けていた良介はその事実を知らない。
自らが斃れることでガルダーブロウグは目的を果たしたのかもしれないのだが、そのあたりの心情は駆け足でスルーしている、。良介の行方不明の父親はガルダーブロウグだったというダース・ベイダー展開を期待したのだが、そうでもなさそう。

拍手

 RSSリーダーで購読する

だから僕は、Hができない。 第9話「奮い勃つ剣(キングダム)」

リサラが探し求めていた特異者、それは良介への想いを沸々と沸き立たせる妄想パワーの持ち主の美菜だったという灯台下暗しの「だから僕は、Hができない。」第9話。
リサラとのエロプレイ妄想で奮い勃たせた良介のグラムも瞬発力は立派だが、人間界と死神界を一変させるのは、これまで溜め込んできた美菜の幼なじみパワーの方かもしれない。

拍手

 RSSリーダーで購読する

だから僕は、Hができない。 第8話「好敵胸(ライバル)、揺れる」

何がいけなかったのか、AT-Xでは総集編を1回はさんでの第8話。Aパートのキュールのベッドシーンがエロすぎてリテイクってこともないと思うので、単なる制作遅れだったのだろうか。童夢グロスで、実質ワンパック作画ほかといった感じ。作画と言うよりも演出面がいまひとつか。

拍手

 RSSリーダーで購読する

だから僕は、Hができない。 第7話「いかせてあげたい」

良介から蘇った伝説の剣グラムを狙ってガルダーブロウグが美菜を誘拐。二つに分かれていたグラムが一つになるとき、グリムワルドのバランスが崩れることになるのだろう。シリーズ中盤の構図としては、舞台を人間界から死神界に移してHな戦いが見られることになるのだろう。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]