忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「ストライク・ザ・ブラッド」の記事一覧

ストライク・ザ・ブラッド 第10話「天使炎上篇II」

アルディギア王国の模造天使魔術とオートマタ製造企業のメイガスクラフトの思惑に叶瀬夏音が巻き込まれる展開になるのだろう。首を突っ込んだ古城と雪菜が無人島に流される「ストライク・ザ・ブラッド」の第10話。
これまで律儀にパンチラを欠かさないストブラだが、今回は雪菜の透けブラ程度とサービスは渋い。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

ストライク・ザ・ブラッド 第9話「天使炎上篇I」

新章に突入した「ストライク・ザ・ブラッド」は再び事件の予感だが、結局は古城がどのヒロインを媒介にして眷獣をゲットするのか、そのシチュエーションをいかにエロティックに見せるのかに集約されるに違いない。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ストライク・ザ・ブラッド 第8話「戦王の使者篇IV」

ピンチになるとヒロインが自ら吸血させてくれる主人公。この都合の良さはカンピオーネを思い出させる。
「ストライク・ザ・ブラッド 戦王の使者篇」の完結話は、暁古城のパートナーに煌坂紗矢華。吸血した古城のことを雪菜が怒ってなさそうなので、このままハーレムになるのだろうか。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ストライク・ザ・ブラッド 第7話「戦王の使者篇III」

愛しい雪菜の敵とばかりに古城を襲う煌坂紗矢華だが、獅子王機関の関係者はどうもこう思い込みが激しく単純なのか。雪菜たちが攫われた形になって、次回では古城の眷獣を覚醒させるためとの理屈で紗矢華も古城に吸血させることが用意に予想できてしまう「ストライク・ザ・ブラッド」の第7話。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ストライク・ザ・ブラッド 第6話「戦王の使者篇II」

第一真祖に仕えるヴァトラーと雪菜の元ルームメイトの煌坂紗矢華がいささか鬱陶しいが、話は黒死皇派とナラクヴェーラという兵器にまつわる事件へと向かう「ストライク・ザ・ブラッド」の第6話。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ストライク・ザ・ブラッド 第5話「戦王の使者篇I」

アスタルテのアスタルテは古城のハーレム員とはならず、那月ちゃんの下でミッションに加わっている様子。獅子王機関とも違うみたいだが、教師は表の顔で魔人対策が本業らしい。
この章は欧州の「戦王領域」を支配する第一真祖が第四真祖の古城にコンタクトを取ってくるが、徐々に他の真祖との関わりも増えてくるのだろうか。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ストライク・ザ・ブラッド 第4話「聖者の右腕篇IV」

自他ともに認める当て馬ヒロインの活躍により事件が解決した「ストライク・ザ・ブラッド」の第4話。
聖遺物の奪還のためにやってきた「殲教師」のルードルフが目的やら背景を語っていたような気がするが、さっぱり頭に入ってこないのは古城と雪菜のからみシーンがエロすぎたからかもしれない。血を吸うだけでどうってこと無いシーンをいかにエロアニメに仕立てるのか、随分と情熱を注いで制作しているが、それは無駄な努力ではない。吸血鬼やゾンビに宗教的なネタをまぶしたラノベ設定だけで押し通すと飽きられてしまう昨今だから、作品を目立たせるという方向は間違いではないと思う。雪菜のパンチラは毎話欠かさないという律儀なところもある。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]