忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「ロボットガールズZ」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

ロボットガールズZ minibokko:1+ 第3.5話「白熱!超銀河大戦争」

東映チャンネルでヒッソリ放送されただけでは満足しない「ロボットガールズZ」は劇場公開へ。ビデオグラムパッケージ収録用に制作された番外編第3.5話も通常話に挟まれて何気に上映された。
東映のロボットたちが美少女になったのだから、残念なキャラが乱入するくらい何でもないとばかりに「いまいち萌えない娘」と「コレジャナイロボ」が参戦。
今回の舞台は光子力町(大泉学園)ではなく、宇宙でロボットガールズたちを迎え撃つ。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

ロボットガールズZ fullbokko:3 明日はどっちだ!?激闘篇 第7話「激闘!あしゅら男爵の逆襲」、第8話「ショック!光子力町最期の日!」、第9話「ロボットガールズZ!暁に死す!!」

東映「ロボットガールズZ」の完結編。
敵というには予定調和的、光子力町(大泉学園)ご町内のお騒がせ者ポジションのあしゅら男爵もリストラ。ロボットガールズに対する結果が思わしくないのはともかく、地下帝国が景気変動の波を受けての経営不振が原因のよう。悪の組織地下帝国自体の目的や手口がせこいフロシャイムみたいなものだから、これで町内平和というよりもロボットガールたちも暇になってしまうので、シリーズのクライマックスのためにはもうひと山ないといけない。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ロボットガールズZ fullbokko:2 敵か味方か!?乱闘篇 第4話「競演、ロボット運動会!」、第5話「困惑!?謎の美少女登場」、第6話「湯けむり!温泉大作戦」

放送が始まるまではノーマークだった「ロボットガールズZ」だが、今期作品では一番のお気に入り。確かに東映アニメーションに違いないのだが、実制作スタジオがLandQ studio'sであり、池畠監督以下制作スタッフが東映らしからないことも良い方向に影響しているようだ。
過去作のオマージュ、ご町内ものという括りからしてもメジャータイトルではないだけに、自由にやっている印象だ。最近の池畠監督は単発の演出当番が多く、その作品の枠に収まる大人しい仕事が多かったような気もするが、コンテ・演出もこなす今作は瞬発力のあるフィルムに仕上がっている。東映アニメーションの作画枚数制限を超えている気もするほどよく動いているが、グロスだからOKなのか演出の賜物なのか節穴の目では判別できない。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ロボットガールズZ fullbokko:1 神か悪魔か!?登場篇 第1話「驚異!ロボットガールズZ」、第2話「恐怖!地下帝国の事情」、第3話「衝撃!沼津沖大決戦」

今から5年前、TAF2009の東映ブースで「東映ロボットガールズ(仮)」としてひっそりと企画が発表されていたのだが、東映アニメーションのマスコットキャラとして活躍した後、今度はZにパワーアップしてアニメ化された。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]