忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「ひだまりスケッチ」の記事一覧

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第5話「4月20日 オンナノコのきもち/1月31日 まっすぐな言葉」

乙女のガマンと努力を描くAパートは身体測定の日。アバンでの吉野屋先生、学食でランチのサンプルを見てもガマンしているが、いまさらと言ったら怒られる。
宮子は無頓着に食べているし、ゆのは身長を急に伸ばせるはずもなし。一番深刻に鬼気迫る直前ダイエットはもちろんヒロさん。身体測定後に嬉々としてケーキを焼くヒロさんへのギャップが可愛らしい。
身体測定回といっても下着姿など一切無関係なのがひだまりワールド。各話引きの全裸ゆのにすらリビドーを覚えてはいけない。イベント回でキャラを立てずとも、日常生活の描写の中からキャラクターたちの個性が浮かび上がってくる。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第4話「4月15日 日当たり良好」

新年度と旧年度の2話構成に縛られずに、カナメとなる話は1本で融通無碍に構成する。心細げで目立たないなずなの変化をきちんと描いてきた。それも乃莉との関係、ゆの・宮子の2年生コンビ、ヒロ・沙英の3年生コンビそれぞれの視点で変化を感じさせてくれる細やかなシナリオ。乃莉がカーテンを買いに行く、単にそれだけの話だけれども、宮子の部屋にカーテンはなかったのか、ゆのは上級生としてなずなにどう対応するのかなど、他のキャラクターの動きで話をふくらませつつ、最後はなずなのお話としてまとめてくれた。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第3話「4月8日~9日 決断/12月10日 カップ小さいですから」

Aパートを新学年編、Bパートを過去編に構成した第3期の戦略はどのあたりにあるのか、ちょっと興味が湧いてきた「ひだまりスケッチ×☆☆☆」。
原作が単行本で4巻しか出ていない4コマ漫画。その3クール目を展開するにあたっては、新入生が入ったひだまり荘メンバーのフレッシュな空気を活かして既存の視聴者を飽きさせないこと、時系列シャフルで進めてきた結果これまで拾いきれていないエピソードを生かすとともに、4人の時からひだまり荘の暖かな空気は変わらないことを伝えたいのかと推測してみる。この第3期の「新しいけれども懐かしい」雰囲気は、そんな構成からも生まれてくるのかもしれない。
新しいといえばオープニングアニメーション。2話まではパイロット版とでも呼べば良いのだろうか。この第3話から派手になってリニューアル。理由は何であれ「まあ、シャフトのことだから」と深く考えないようにしたい。オープニング曲はライブ乗りはソコソコ程度だと思うけれど、第2期が少し尖りすぎていただけ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第2話「4月6日~7日 イエスノー/7月19日 オリーブ」

前回第1話は背動を使ったりと新しさを感じさせつつも安定していた「ひだまりスケッチ×☆☆☆」。今回はさらに手馴れた感じで、今となってはシャフト以上にシャフトらしく作るスタジオパストラルのグロス回。
記号のように簡略化されたいつものひだまり荘の背景に、たまに外に出てみればBパートの美容院もシンプルな配色。これくらいの単純さの方が新キャラクター2人がなじみやすい。
記号といえば、4人の会話をバックにテーブルの下に映る足で、各キャラクターを演技させるまでに昇華した演出は伝統芸能のようだ。ここまでキャラクターの記号化に成功した作品だから、全シークエンスをキャラ表情を映さずに芝居させたら面白いものが出来る可能性もあるのだが、大方の視聴者は不満に思うだろうから想像の世界で止めておく。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第1話「2月27日~3月4日 真っ赤点/4月3日 ようこそ ひだまり荘へ」

プロモーションや事前情報が少なかったあたりに制作の状況が心配されていたけれども、始まってみればいつものひだまりスケッチの世界。これまでの2シーズンを過ごして、ゆの達もようやく進級して原作の進行を追いかけてきた。永遠ループでも良いのだけれど、固定したひだまり荘住人4人の関係に新風を入れるべく、新1年生を投入してきた。もう少し先の話数での事かと思ったのだが、出し惜しみはしなかった。
「へちょ絵」やバッテンなどでのキャラの記号処理も安定している。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ひだまりスケッチ×365 特別編 後編 「6月6日 赤い糸/6月7日 イミシン」

ゆのたちの入学から少したった頃、ゆのの飼っている青虫はまだ蛹になっていない。学校の食堂の床に青虫の描写を仕込んでいたが、別個体と言うことだろう。
まだ吉野屋先生の凄さがゆのや宮子に伝わってないようだが、クラスメイトたちはとっくに知っているようだ。まだ吉野屋先生の奇矯っぷりは目立たないが、放課後に呼び出された宮子の行く末をみんな心配している。今回は吉野屋先生の良い面を見せる、お当番回と言っても良い。美術教師になろうとした理由も至極まっとうなもの。
根っからの悪人がいない物語だが、変わり者は多い。その代表が吉野屋先生。原作者の蒼樹うめ自身がモデルとも言われても、今まではあまり同意できなかったが、この生真面目でサービス精神あふれるところ、絵に対するパトスは似ているのかとも思う。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]