忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「イベントなど」の記事一覧

コミックマーケットC75 3日目(最終日)のもよう

今回のコミケは天候も穏やかで、寒さや雨などの苦行もなく平和でした。とは言っても、私は初日は所用で参加できず2日目は締切日で仕事を抜け出せず、最終日のみの参加になりました。この日程の時点で、企業は除外することに。
始発で行く精力がなかったので、ゆるゆると出発。国際展示場駅9時55分、東駐車場に10時過ぎ到着。屋台前に残っていた縦一本の待機列がちょうど入場するところで、15分ほど待っただけで10時半には東館に入場できました。
大手人気サークル狙いでなければ、このくらいのタイミングで来場するのが塩梅良さそうです。
相変わらず決まったサークルしか回っていません。

バニシングポイント(高村和宏)【東セ6】
始発組に入らなかった時点で、既にあきらめていましたが、屋外に待機列を生成していたので、一応並んでみる。11時過ぎに完売。書店委託もなさそうだし仕方ないですね。

サトステ(山口智)【東マ25】
L/O集は欲しかったのですが、当然のごとく完売。この時点でまだ11時過ぎ。

ドクーガ渋谷支部(佐伯昭志)【東セ31】
新刊カラー。エイラ&サーニャの見開きイラストあり。コメントでは「ストライクウィッチーズ」について、アニメ誌の特集がメガミだけだったりしたことを嘆いていましたが、この前評判もなかった作品がヒットしたのはパンツ(ryやエロではなく、最近の作品に珍しい作り手と受け手の共犯関係が成り立っていたのだと分析しています。
私が思うには商業雑誌はお金にならないことはしないし、佐伯氏の言う「共犯関係」を理解するエディターがいないのだろうと。極端な言い方をすると、人気のない同人作品がアニメ企画でいきなりヒットした経験も評価するモノサシも商業誌編集者は持ち合わせていないから。
佐伯氏は絵の人というよりは演出家ですね。次の監督作を心待ちにしています。

みずきちゃんくらぶ(ごとP)【東シ24】
CGイラスト集「彼女の体温」2年ぶりのCD-ROM。版権、オリジナル、ナルキッソス、せな★せな、など。
カレンダーはタテ見開きなので、実用性が薄いので失敗。
近況本イラストは、アイマス、CLANNADブルマニーソの杏、とらドラ!のみのりん、かんなぎナギ様、謎新企画のラフ。
TVアニメCLANNADの赤ブルマ白ニーソの杏はごとP氏の原案とのこと。「CLANNAD -光見守る坂道で-」のイラストの時でしょう。

Firstspear/うに道楽(野上武志)【東C21】
新刊「ストライクウィッチーズ 砂漠の虎」

apricot+(蒼樹うめ)【東A61】
12時過ぎてましたが大行列。書店委託に期待して退散。島中の頃が懐かしい。

PINK CHU CHU(みけおう)【東A45】
新刊とグッズセット。あんころもちさん(今回は不参加)とか、この系統の絵が好きなので。
ゲーム原画もいいけれど、イラストの仕事が増えてくると嬉しい。

あんあんわんこ(犬洞あん)【東C29】
「ういんどみる」の原画家さんと知ってはいたが、意識したのは「ステージなな」の「水のマージナル」のイラストで。今日はご本人がコスプレで売り子してました。
新刊はとらドラ!のR18本ですが、イラストだけでなく漫画の才能があると思います。アニメのキャラデもいけるんじゃないかな。今後の活躍が楽しみな方です。

以上、3時間で5サークル。まあまあですが、内容は満足しています。西館と企業は行かないで14時頃撤収しました。
「あいすとちょこ」「PASSING RIM」が西館に隔離されていたのは何かのペナルティでしょうか。
参加者の皆さん、準備会の皆さん、お疲れ様でした。またC76に無事参加できますよう、良いお年を。

コミックマーケットC75のレポートなどは、ポにゃペぺ堂さんの「非公式 コミックマーケット75 レポート&リンク まとめ集特設ページ」へどうぞ。毎回参考にさせていただいております。いつもありがとうございます。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TBSアニメフェスタ2008(8/16)のもよう(補足と感想)

TBSアニメフェスタ2008の情報関係は、別記事「TBSアニメフェスタ2008(8/16)のもよう(情報関係)」に羅列してありますので、ご参考にどうぞ。
ここでは、上映作品の感想やイベントの補足などをメモします。ネタバレがありますので、ご注意ください。

●「逮捕しちゃうぞ フルスロットル」TV未放映 第24話
藤島&TBSの作品は終わる気がしないのだが、夏実と美幸のコンビはこれで終わりそう。続編をやる前提で世代交代のお話だろう。DVD最終巻に収録される。この脚本は柿原優子。
新人婦警2人が登場して次シリーズはこの二人がメインの成長物語の予感。この二人のキャストは戸松遥と花澤香菜。

●「鉄のラインバレル」第1話
GONZO制作で、主ターゲットは欧米だろう。オープニングとエンディングの無い、英語字幕つきのワールドプレミア版を上映した。
学園生活を送る普通の少年が巻き込まれるセカイ系。地球軌道から落下した物体と謎の全裸の少女と巨大ロボット。「あなたはすでに死んでいる」と、少女に導かれるように少年はロボットを操縦して迫る敵に立ち向かう。
第1話の要約はこんな感じだが、チャンピオンREDの原作を知らないので、先の展開や設定は知らない。プロモーションを兼ねた1話だからか力が入って、ロボットの3Dの動きは滑らかでレンダリング臭さはない。主人公早瀬のキャストは柿原徹也だが、グレンラガンの二番煎じにならなければ良いが。
売れそうな気もするし、大コケしそうな気もするし、私のメインフィールドではないから判らない。

●「明日のよいち」第1話
オープニングとエンディングは未完成。放送は1月期だろうから、ずいぶん早い制作。
キャストは烏丸与一:岡本信彦、斑鳩いぶき:佐藤利奈、斑鳩あやめ:戸松遥、斑鳩ちはや:田村ゆかり、斑鳩かごめ:花澤香菜。
山育ちの主人公が都会に出てきて、美人4姉妹の剣道場に居候するために待ち合わせのすれ違いのドタバタだけで描く第1話。それなりに主要キャストのイメージは掴める仕掛けになっている。
「らぶひな」や「あまえないでよ」に似ているのだろうか。これも原作は知らないので、想像の域を出ない。
TBSの鉄壁パンチラのため、画面一杯に縞模様を映して代用。制作のAICのデジタル処理か、外注かわからないが、水面の輝きなど綺麗に出ている。
悪くも無さそうだが、倉田英之のシリーズ構成だから「バンブーブレード」みたいになるだろうか。

●「夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~」第1話
キャストは、ヒメ:福圓美里、アオ:藤田咲、ことは:沢城みゆき、秋名:梶裕貴、恭助:小野大輔、桃華:戸松遥、鈴:又吉愛、じゅり:大久保藍子。
松尾組の沢城みゆきと大久保藍子が「紅」から引き続き務める。
プレスコは春から始めて、完了していない。松尾衡がご町内ハートフル妖怪ハンターっぽいお話をどのようにまとめるだろうか。こちらも原作は知らないのだが、何となく重そうな設定をどう処理するか。それとも関係なく突っ走るのか?
いずれにせよ、ミュージカルはやるだろう。

●「ひだまりスケッチ×365」特別編「2月24日 ポラロイドン/2月25日 忘れてないよ」
DVD最終巻第7巻に収録される。
沙英のポラロイドのお話。寝顔を撮られたヒロの復讐のオチがCパートの「2月25日 忘れてないよ」
写真書かれていたサインや文字は声優さんたちのもの。つい先日の事らしいから、出来たてほやほや。オープニング曲は2番の歌詞、校長も登場、壁の文字は「鰈」が。
脚本:与口奈津江、絵コンテ・演出:森義博、作監:中山初絵、制作はスタジオパストラルのグロス。

●「CLANNAD ~AFTER STORY~」第1話「夏の終わりのサヨナラ」
意外にも普通に第1期の最終話「番外編」から、何事も無かったように続く。別に1期と2期を分けるほどの意味は、制作的には無い。
いつもの京アニの事なので、オープニングにエンディング、次回予告まで完成している。
オープニングは各ヒロインの立ち絵を使いギャルゲ風で、1期と極端に変わる事も無い。風子はいなかった気がする。
本編は古川ベイカーズの草野球。ほぼオールキャストの登場で、秋生さん大活躍はもちろんだが、第1期で影の薄かった芳野を積極的に演出して、この先の伏線にしている。
でも、この賑やかさも最初で最後だと思う。第2話から朋也と春原の卒業後の進路の話題が出ているから、ゲームをプレイした人にはおわかりだと思うが、ほぼ一本道で青春の影と人生を感じる事になるだろう。アバンの一瞬に朋也の夢に出る、花畑の朋也と手をつなぐ子供の光景に少し胸の痛みを覚える。
脚本:志茂文彦、絵コンテ・演出:石原立也、作監:池田和美

★その他の情報補足とイベントステージの簡易感想
・「xxxHOLiC◆継」のゲストは大原さやか、伊藤静、菊地美香。福山潤はギアス祭りで欠席。キャストのお気に入りシーンを紹介。
・TBSチャンネル「アニちゃんねる」の紹介
・MBS製作の新作情報は、新人グラドルでアニオタ女子高生が紹介。10年早い。
・「AIR DVD-BOX」と「ローゼンメイデン」の1期2期DVD-BOX発売。
・「To Loveる」ゲストは戸松遥、渡辺明乃、矢作紗友里。アフレコは終了していて、春菜にとってスッキリした感じで終わる模様。ゲームの宣伝上映をしたが、司会の向井アナウンサー「エロゲじゃないですよね?」
・「明日のよいち」ゲストに佐藤利奈、戸松遥、田村ゆかり、花澤香菜。佐藤利奈「また姉」、花澤香菜「また幼女」と…
・「ひだまりスケッチ×365」ゲストに阿澄佳奈、水橋かおり、後藤邑子、新谷良子。シャフト全力制作「やまぶき戦隊ヒダマリン」のカットをバックに戦隊風に登場。生アフレコを披露。「?でわっしょい」のライブ。今回のイベントではいちばん盛り上がったかも。
・「CLANNAD ~AFTER STORY~」は、Liaの新OP/EDのあと、ステージに中原麻衣、中村悠一、井上喜久子。第1期でいちばんの印象は、中原麻衣やや憮然と「智代編…」

別記事「TBSアニメフェスタ2008(8/16)のもよう(情報関係)」も、よろしければご覧下さい。

拍手

 RSSリーダーで購読する

コミックマーケットC74 3日目(最終日)のもよう

前日とは打って変わった涼しい夏コミ最終日になりました。
最終日は始発組の到着頃に東駐車場の待機列へ。それでも4割は埋まっています…
毎回思いますが、待機列は東駐車場内が楽ですね。西も東も歩道上の待機列は、列固定する段階から鬼のような圧縮かけられるので、長時間待機はキツイものがあります。公共通路だから列が長くなり、はみ出すわけにはいかないからでしょう。
さて、今年の早朝の気象は曇りで、厚い雲が出ています。昨日の雨の影響もあり、湿度は高めながらも海風も適度にあり涼しいくらい。薄い長袖を着てちょうど良い感じ。開場後は体をぬらさない程度の霧雨も降り、日焼けも熱中症も心配のない一日でした。その分、用意した飲み物が不要で荷物になってしまいました。約5時間の待機中でも500mlも飲んでいません。
準備会スタッフの羊飼い、いや牛追いの手際も良く、入場列圧縮も不満のない程度に入場できたのではないでしょうか。10時20分頃には東2へ到達。

いつも一人で回れる範囲で、ほぼ固定したサークルしか覗いていません。本日は企業や西館はあきらめています。
バニシングポイント(N39b) 最近は股間督として有名な高村和宏氏のサークルが久しぶりの参加のため、まっしぐらに向かいました。東2の中央通路に待機列を生成していますが、直前で10時半頃には完売。アニメの人気も出ていますし、5限で再販なしの告知がされていたので、転売目的も多かったのではないかと。これでは徹夜組とサークルチケット組しか購入できません。再販希望をしておきましょう。

あんあんわんこ(Z47a) ういんどみるの原画家の犬洞あんさんのサークル。ゲストの方が多い新刊。「ステージ☆なな」の新刊「水のマージナル」の表紙を描いていたので、今回初購入。以前から名前は知っていたし、「ツナガル★バングル」の原画をやってたのも知っているけれども、ゲームの方はやっていません。

ワーズワース(H55b) 内容見ずとも黙って購入するのが、私のジャスティス。ねこつながりで今はコットンの原画家のあんころもちさんのサークル。彼女の描く子供は可愛いと思うが、今回は「紅」本で、紫に萌える。毎度ながら待機列もなく、ご本人が売り子してました。

うに道楽(ネ03a) 新刊「ストライクウィッチーズ アフリカの魔女」を。委託で買えるのはわかっていたが、待機列の捌けも良さそうなので10分ほどで購入。島田フミカネ氏の表紙と、鈴木貴昭氏のシナリオ目当て(野上武志氏のマンガは正直なところ…)

ドクーガ渋谷支部(ミ07a) 佐伯昭志氏のサークル。こちらはデフォルトで購入。ご本人がおいででした。新刊には「ストライクウィッチーズ」第6話の絵コンテのほんの一部を収録。「この醜くも美しい世界」の時みたいに絵コンテ集が出ると嬉しいけれども、権利関係と労力の点で難がありそうだ。

apricot+(シ15a) 「ひだまりスケッチ」アニメ化以前は島中の中堅サークルでしたが、いまや大手並みの長蛇の列。売り切れの心配はしませんでしたが、80分間はまりました。人混みに埋もれながらも最後尾列の札を自分で掲げるうめさんに萌え。一般参加者が持つと言っても、あくまでご自分で持つ覚悟。隣のブースの戦友MATSUDAさんとお揃いのブラウスにミニスカ、オーバーニーソックスで少しお嬢様風。
売り子さんの会計はスムーズだけれど、この参加者数は捌ききれない。

みずきちゃんくらぶ(シ42a) ごとP氏のサークルで、こちらもデフォ買いです。今回の新刊はアイマス本。

ここで13時半頃。お昼食べてから他のサークルを流して見て回ろうかと思いましたが、荷物も体も重く感じるので、撤収を決定。チェックしたサークルはこの3倍はありますが、一人で気楽に楽しむにはこれくらいが限界のようです。入場前5時間待機して、新刊6冊。時間の無駄?いえ、これでいいんです。
自宅に着く頃には本降りになっていましたので、ちょうど良い見切り時だったようで。

今回は3日間参加したとはいえ、時間が短かったので全体の詳しい状況はわかっていません。
特に企業ブースは食指が動かない。何ででしょうかね?サークル上がりのエロゲメーカー中心だった時代よりも、放送局、プロデュース、コンテンツ流通などのビジネス側の思惑が強く出ているのが鼻につくからかも知れません。同人にせよ企業にせよ、基本は制作者と受け手のマーケットであるべきで、限定グッズ即売会場なんてまっぴらごめんと思うのです。

私のレポートからごっそり抜けている多くの情報は、ポにゃペぺ堂さんのコミックマーケット74特設ページのリンク先をぜひ参考にどうぞ。今回もお世話になりました。
また、参加者、準備会スタッフの皆様お疲れ様でした。次回C75は、12月28日から30日の3日間です。また元気でお会いしましょう。

非公式コミックマーケット74終了記念アンケート

拍手

 RSSリーダーで購読する

TBSアニメフェスタ2008(8/16)のもよう(情報関係)

文京シビックホールで「TBSアニメフェスタ2008」が開催された。詳細・感想は別記事に譲るとして、情報関係のみピックアップしてお伝えする。

●「逮捕しちゃうぞ フルスロットル」TV未放映第24話は、DVDに収録
上映内容によると、続編があるか未定ながら世代交代的な感じで新人婦警2人登場。キャストに戸松遥、花澤香菜。脚本は柿原優子。

●「鉄のラインバレル」ワールドプレミア(英語字幕付き)第1話上映
既報の通り、アニメーション制作はGONZO。

●「大正野球娘。」TVアニメ化決定!
キャラ原案はこうたろ。

●「To Loveる」最終話アフレコ終了!
三角関係の答えは出て、スッキリした感じ?(by矢作紗友里)

●「明日のよいち」キャスト発表!第1話上映
烏丸与一:岡本信彦、斑鳩いぶき:佐藤利奈、斑鳩あやめ:戸松遥、斑鳩ちはや:田村ゆかり、斑鳩かごめ:花澤香菜
岡本信彦を除く4名がステージに。
この冬TBS、BS-iにて放送予定、監督は久城りおん、シリーズ構成:倉田英之、キャラデ:森島範子、総作監:石井ゆみこ、音響監督:明田川仁、音楽制作:ランティス、アニメーション制作;AIC
主題歌は meg rock

●「となりの801ちゃん」京都アニメーション制作!で、2009年放送予定

●「夜桜四重奏」キャスト発表、第1話上映
ヒメ:福圓美里、アオ:藤田咲、ことは:沢城みゆき、秋名:梶裕貴、恭助:小野大輔、桃華:戸松遥、鈴:又吉愛、じゅり:大久保藍子
TBS 10/2(木)25:29~、MBS/CBC/BS-iでも放送予定。

●「ひだまりスケッチ×365」特別編DVD最終巻に収録、会場で上映
「2月24日 ポラロイドン/2月25日 忘れてないよ」
2月25日はオチのCパートで、1本分あるわけではない。
脚本:与口奈津江、絵コンテ・演出:森義博、作監:中山初絵、制作はスタジオパストラルのグロス。

●「CLANNAD~AFTERSTORY~」曲、放送日決定、第1話上映
OP:時を刻む唄(作詞・作曲:麻枝准)、ED:TORCH(作詞:魁、作曲:折戸伸治)、歌:Lia
TBS 10/2 25:59から放送、MBS/CBC/BS-iでも放送。
第1話「夏の終わりのサヨナラ」は、野球!いつものオールスター大活躍回だが、ひょっとして最初で最後かも知れない。
アバンの一瞬は、この先を思うと胸に迫るものがある…
脚本:志茂文彦、絵コンテ・演出:石原立也、作監:池田和美
第1期番外編のすぐ後、時系列はそのまま。第2期はサブタイがポエティックで引っかけあり。
ロビーに掲示の番宣ポスターは幻想世界と電柱の朋也の2種類。

8/18追記:TBS CLANNAD公式サイトにて、トレーラー配信開始

感想などは後日、別記事でフォローします。よろしくお願いします。
8/19追記
TBSアニメフェスタ2008(8/16)のもよう(補足と感想)もご覧いただければ幸いです。

TVアニメーション CLANNAD ビジュアルファンブックTVアニメーション CLANNAD ビジュアルファンブック 2008年08月27日発売予定

拍手

 RSSリーダーで購読する

コミックマーケットC74 2日目のもよう

コミックマーケットC74の2日目、今日も暑い一日。
始発組に加わることはパスして6時半前に国際展示場駅到着。西館側待機列は側に2本伸びていたところ。8時頃までは日陰になるので多少涼しい。
東方パワーの凄さだろうか、若い男性が多い。
私は1サークル目当てなだけだが、待機列に混ざるのは他と同じ。9時過ぎに列移動、一時センタープロムナードに止まって、10時20分頃に入場の列移動開始。
今回は待機中にスタッフからの諸注意が少なかった気がする。人手が足りなかっただろうか?
本日も手荷物検査の現場には出くわさなかった。

11時前には本日の目的を果たした。西1-4エスカレーターが動かないと、企業との動線が弱くなるのは仕方ない。
他のサークルも見て回りたかったのだが、TBSアニメフェスタのために12時前に後楽園へ転戦する。
この時間でもセンタープロムナードに待機列は3本ほど残していたので、昨日同様に入場フリーになったのは12時半過ぎだろうか?
夕方に後楽園は土砂降りになったが、有明方面の被害はありませんでしたか?

決戦は明日なので簡単な内容ですが、2日目の模様でした。
より細かな情報は、ポにゃペぺ堂さんのコミックマーケット74特設ページからお探し下さい。

拍手

 RSSリーダーで購読する

コミックマーケットC74 初日のもよう

今年は準備会から緊急のお知らせなどが直前に流されて、少々緊張した幕開け。
初日は特に目的のサークルも企業も無いので、休暇が取れたけれどもゆっくりと10時過ぎに出発。国際展示場駅には11時20分頃の到着。コンコースは、マクロスFやギアス、ガンダムのバンビジュのバナー広告が占めている。待機列は、ちょうどTFT側の待機列を消化するところで、中央プロムナードの待機列に20分ほど待った感じ。入場フリーになったのはいつもより遅い感じで12時半。
手荷物検査はなかった。始発組の待機列では実施したのだろうか?

今回は事故の影響で西1-4エスカレータは封鎖中。外階段からの流入だけだから、少しつまり気味。かつての西のコスプレ会場は、企業大手の待機列になっている。コスプレに目を奪われて歩みを止める参加者がいなくなったのは幸いか。
C73のように裏駐車場へ待機列を誘導する事はない。TYPE-MOONの出展がないのにかかわらず、この時間でも満杯。
更衣室スペースも企業ブースに解放したので通路は広くなったが、その反面立ち止まりなども目立ち、動線が乱れている感じはする。

大手企業が終日コスプレ広場部分を使えるから外待機列がスムーズになったかというと、そうでもない。大手は早めに販売終了してしまうから、午後にもなると待機列が発生する要素がない。
スロープ側待機列は午後になっても相変わらず混迷状態。拡張した更衣室分のスペースはスロープ側になるから、勢いこちら側は午後になっても混乱している販売終了時間帯も考慮して、ブース配置のバランスを考え直した方が良いだろう。
海側の外待機列は臨機応変に整理できていたようだ。コットン&ねこが往時の勢いがないため、こちら側の1回折り返しで消化している。島中の芳文社(まんがタイムきらら)の待機列が屋外に複雑に待機列を作り列移動に苦労しているが、これは予想外だったのだろう。準備会スタッフが応援しているものの企業側スタッフが足りないようだ。

日差しは厳しいが日中でも海風があり暑さは緩和していた気もする。西4が高い位置にあるからかも知れない。
お布施でコットンで30分待ち、アニプレックスで待機無しで購入したのみで14時には撤収。実質2時間半のみ参加。2日目も参加するが1サークルしか予定無いし、TBSアニメフェスタにとって返さねばならないので多くを回ることはないだろう。3日目の最終日に向けて体調コントロール中。
初日は企業ブースのみだが、手ぶらでサンダルの軽装の中高生を見かけたけれども大丈夫だったろうか。毎度書くけれども、企業ブースといえども一般参加者は「お客さん」ではないので、諸注意を心がけて欲しいのだが…
スタッフの再三の注意でも列移動時に日傘を閉じない女性、会場の赤線枠で座り込み立ち止まる人の多いこと。企業ブーススタッフでも注意できるのは、ゲームメーカーの古参の出展者スタッフのみ。放送局や製作スポンサーブースのスタッフにはそんなことを考える余裕もなさそうで人手も最小限、一般参加者への注意など見たこともない。
企業ブースの拡張は良いことだが、出展者の意識の変化とスタッフの充実が伴っているわけではない事を、我々も準備会も再認識するに越したことはないと感じた、コミックマーケット74の初日だった。

コミックマーケットC74のレポートは、ポにゃペぺ堂さんのコミックマーケット74特設ページを参考にどうぞ。毎回有益な情報にお世話になっております。

拍手

 RSSリーダーで購読する

コミックマーケットC74一般参加準備メモ

コミックマーケットC74の一般参加準備自分用メモだが、始発前後からの待機列を前提とした東京近郊の一般参加男性には参考になるかもしれない。
厳しい環境の中で自分の生命維持のため、探検家の覚悟で良く考えて準備しないとならない(そこまでしなくても…と天の声)
公式カタログにもアドバイス記事があるので、まずそちらを読むことをお勧めします。
当日は何はともあれ、熱中症には厳重警戒して、体調と相談しながら無理ならば撤退する勇気を。

・衣類 --- スポーツ用速乾性ドライメッシュインナーシャツに通気性の良いパンツ。それぞれ着替えも濡れないように用意する。ジーンズ以外の透湿性のある長ズボン、靴は履きなれたウォーキングシューズ。綿のインナーシャツやサンダル・革靴はお勧めしない。

・敷物 --- 地べた座り用にAmazonの梱包箱の敷きダンボールを数枚。足が悪いまたは少し高い位置で風通しを確保したいなどの場合は三脚の折りたたみ椅子。大型100円ショップにも売っている。

・カバン --- 小型リュックに着替えや飲料。買いまわり品を入れるトートバッグ中と大。カートはやめて欲しい。

・熱中症対策 --- 昨年は「マジクール」がヒットして8月初旬には流通から消えていたので必要な方は早めに手配。「冷えピタ」よりは効果的かもしれない。私は冷凍したミネラルウォーターのペットボトルをタオルで巻いて対応する。動脈が近い首筋と腋の下を冷やすだけで効果がある。融けたら飲めるし顔も洗える。他に扇子もあると良い。

冷却スカーフ マジクール ネイビー(3本セット)
冷却スカーフ マジクール ネイビー(Amazonでは8/4現在欠品中)
冷却スカーフ マジクール(Yahoo!ショッピング)
冷却スカーフ マジクール(楽天市場)

・日焼け対策 --- 日焼け止めを塗る事は必須、薄手の長袖シャツ、バンダナ数枚、つばの深いキャップかサンバイザー(つばが透明でないものが良い)
屋外待機中は後頭部から両頬までバンダナで隠し、キャップで押さえる。アフリカ戦線かアラブの遊牧民風に日射をガード。見た目は気にしない。開場前の約5時間の待機に加え、壁サークルの屋外待機に数時間で紫外線の被曝量もバカにならない。
汗拭きと雨用にタオル数枚。目が弱い場合はサングラスも。

・雨対策 --- できればアウトドアタイプの上下セットのレインウェアが欲しいが、予算と相談。荷物保護のゴミ袋(大)、帰宅時用の折り畳み傘(待機中は使用しない)

・体臭対策 --- 洗顔ウェットティッシュ、タオルでこまめに汗を拭く、インナーシャツは少なくとも帰宅前に1度汗を拭いてから着替え。

・小物 --- 小銭入れ、定期券は別の方が良い。チャージ済みのSuica か PASMOは必須。不要なキャッシュカードやクレジットカード、ポイントカードは持たない。健康保険証必須。
企業ブースを回る人は、ポスター配布持ち帰り用に輪ゴムを10本くらい。ゴミ袋(コンビニ袋で良い)
ボールペン、ワンセグ携帯、PDAなど。

・カタログ --- 冊子版は参加日毎に分冊しておく。重量軽減。サークルチェック表も忘れずに。

・飲食物 --- おにぎり2個くらいを待機中に(傷むので早めに、開場後は食べている暇はないはず)、種抜き梅、ゼリー飲料、果汁グミなど適量。飲料は冷却対策を兼ねた冷凍ミネラルウォーター500mlなら待機中に溶けるだろう。ミネラルが不足するので、もう1本の1リットルはスポーツドリンクにする。水を凍らせたものよりは溶けるのが遅い。その他にすぐ飲む用に冷凍しない飲料500mlを1本、合計2リットル持参。自分で冷凍する時は、封を切って少し内容量を減らしてから冷凍庫へ。
コンビニでは冷凍したペットボトル飲料も買える。開場後は飲料の購入は容易なので、もう少し減らしても良いかもしれない。

・待機場所 --- 目的のサークルがどこなのかによって変わる。企業や西館ならプロムナード側。東館なら東駐車場が原則。コミケでは開場時には動かさないから関係ないが、ワンフェスのエスカレーター事故の調査状況によっては、西館の動線が変わるかもしれない。
過去のコミケ開催中も西館エスカレーターは停止する事が時々あったので、事故の原因にメンテナンスの問題もあるのかとも思う。

8/9追記
コミケット準備会から緊急告知がリリースされている
参加者の手荷物確認等のお願い、一部エスカレータ運用停止のお知らせ
直近の事件・事故を受けての対応だが、参加者でこの記事が目にとまった方は下記リンクを参照願いたい。
コミックマーケット準備会からの緊急のお知らせ

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]