忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「イベントなど」の記事一覧

「ひだまりスケッチ×365」放送記念「ひだまりないと」イベントレポート

「ひだまりスケッチ×365」放送4日前を記念して、ハードひだまらーのオフ会(アニプレックス高橋P)「ひだまりないと」が2008年6月30日、新宿ロフトプラスワンで開催された。
事前告知では「ひだまりスケッチ×365放送を記念して、製作者座談会!声優さんなど一切来ない漢(?)のしゃべり場!」と銘打たれてはいたが、あの「超ひだまつり」で「これが最後のイベント」と称して第2期製作告知をした製作委員会のことだから「嘘だっ!」と誰もが感づいている。
開場直後に配布されたアンケート用紙には、既に質問の宛先として出席者が載っている。
尾石達也、大沼心、松来未祐、蒼樹うめ、TBS田中P、ランティス斎藤P、アニプレックス宣伝の高橋P

進行は高橋祐馬P。大きく分けて3部構成で、第1部は尾石、大沼、斎藤Pで制作方面のお話。第2部は斎藤Pが抜け、蒼樹、松来の2名が加わりアフレコのお話中心に。第3部はmarbleのミニライブ3曲。19時開演で終演は22時半。
スペシャルメニューに「ウメスの梅チャーハン800円」「ウメスのソーダ割600円」「カクテル"Hidamari"600円」

第1話は秘密主義の方針で詳細は触れられなかったが、コンテ・演出は尾石氏。後ほど上映したクレジット付きエンディングが第1話のものだとすると、スタジオパストラルのグロスで実原登作監。
第4話のコンテは大沼氏で、ほぼ出来上がるところらしい。
アフレコは3週間前にすべて終了。線撮りっぽい発言。
オープニングとエンディングは上映された。オープニングは大沼氏で、昨日公開されたef第2期のプロモと同時期で切り替えに苦労したとのこと。

イベント詳細は長くなるため、ポイントだけピックアップし圧縮します。メモに誤りがあるかもしれませんので、お気づきの方はご指摘いただければ幸いです。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

「RONDE ROBE 2008」イベントの模様

「もう今年で終わりにしたい」「3時間で納めたい」と毎年言いながらも、今年は5時間半の長丁場を展開する。それがジェネオンクオリティ。
2008年6月28日渋谷C.Cレモンホールにて開場14:00、開演15:00、終演予定19:30だが、グランドフィナーレは20時半頃になった。

ステージ前説(開演前の注意事項の案内)はコガラシ(小山力也)、開演5分前の告知はハヤテ(白石涼子)とナギ(釘宮理恵)。
オープニングステージは「ツンデレカルタ」で、読み人に釘宮理恵、札を取るのは能登麻美子、植田佳奈、戸松遥、喜多村英梨の4人。
以下、各コーナーを順に紹介。総合司会は小山力也と豊口めぐみのメイドコンビで、「メイドのジェネオン」の伝統が生きている?

仮面のメイドガイ
福山芳樹の「ワクガイ!!」ライブで開始。
出演は小山力也、豊口めぐみ、井口裕香、加藤英美里、小林ゆう
メイドガイのお絵かきコーナーで、やはり小林画伯は最強、ピカソ並み。バックに井口裕香のアイドル風実写プロモが流れる羞恥プレイ(大沢事務所公認で)
告知は7月12日にラジオ公録詳細未定、8月22発売のコミックス第9巻にアニメ特別編DVD。

隠の王
ELISAの「HIKARI」で開始。彼女は初のライブ。透明で隙がない歌声。
出演は日野聡、釘宮理恵、藤村歩、斎賀みつき
故意にシャナの映像が流れ、放送事故風の演出のオープニング。
番組に関する一問一答形式でキャストのコメント。
からだちゃんの頃は新人の藤村歩も、さすがにステージ慣れしてきた。

ToHeart2ad
上原れな「「虹の架け橋」ライブ
出演は生天目仁美、佐藤利奈
コーナー企画を考えるのが面倒だと、OVA第2話を先行上映。内容は初詣の一コマだが、う~ん?
続編制作決定で、タイトルは「ToHeart2ad2」ではなく「ToHeart2ad Plus」

To Loveる
出演は渡辺明乃、戸松遥、矢作紗友里、花澤香奈
キャラの魅力についてのフリートークに近い内容。後の各コーナーでも証明されるが、花澤香奈
の素の破壊力はイベントでも健在。「腹に一物持つ」に戸松遥は別の意味を知らないのだろうが「イチモツ」と繰り返しウケていたのが印象的。後のコーナーでも繰り返していたが、知らぬが故の無邪気さ。ミュージックレインさん、若い子には良く教えておいてください…
流れたDVD映像では、ララ尻や春菜パンツなど解禁になっている。
第14話からの新エンディング曲、Anna「kissの行方」ライブ。

アリソンとリリア
ここで既に17時。
出演は水樹奈々、くまいもとこ
原作の時雨沢恵一からのビデオレターでの質問形式。
放送は7月よりリリアとトレイズ編へ。

絶対可憐チルドレン
出演は中村悠一、平野綾、白石涼子、戸松遥
ヒロイン3人へのレベル7な出来事を質問。
ライブコーナーは、会場への合いの手振り付け指導のあとに可憐Girl's「Over The Future
10歳、11歳、12歳の小学生3人。プロモでは見ていたが初ライブでも怖じることなく演じきった。正直なところ、今回最もインパクトのあったライブ。このコーナーはキャストが完全に食われてる。

・作品別対抗クイズ
各チームでジェネオンRONDE ROBE に関するクイズの対抗戦。
作品とのヒモ付けクイズの製作プロデューサー枠にバンビジュ(今はエモーション)のとでぃ(轟豊太P)が混ざっている。本人も来場していたみたいで、作品宣伝をさせていた。
優勝チームは、グランドフィナーレで全キャストから作品の宣伝をしながらサインボール投げしてもらう権利が与えられる。結果は最後に。
各コーナーの時間が押すとコガラシが強制打ち切りにするのだが、コーナー終了時点で既に18時過ぎ。
ようやく途中休憩。

・後半はライブコーナーから
福山芳樹「真赤な誓い
ELISA「euphoric field」(バックのアニメオープニング映像は最終話の鎖が消えるバージョンだったのが少し嬉しい)
Annna「ラッキーチューン
上原れな「Heart To Heart」
喜多村英梨「エプロンだけは取らないで!」(昨年も歌った)

・フィルムのみ上映は「ワールド・デストラクション」と「キャシャーン SINS」

魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~
出演は花澤香奈、前野智昭、井上麻里奈、小山力也
トレーラー見る限りでは竜美堂の背景が出す北の大地の空気感が凄い。「ひだまりスケッチ×365」も手がけていて注目の美術スタジオかもしれない。キャラデはガイナックスの芳垣祐介、監督はグレンラガン第4話の小林治。売れそうな気がしないが、密かに注目作。
製作委員会にインチャネがいるから、ゲーム化もあるか?
オープニング曲「Fly Away」8月6日発売、エンディング曲「乾いた花」は9月3日発売。

ケメコデラックス
出演はジェネオン川瀬プロデューサー、斎藤千和、戸松遥、喜多村英梨、水島努監督。
10月放送予定でアフレコはまだ。スケジュールは楽で絵は早めに出来ているらしく、カラーアフレコできるかも?ドクロちゃん的なノリだが、テレビオンエアーに耐えられるように自制している。今回はショウゲートが絡まないが、川瀬Pと水島努のいつものライン。
制作はハルフィルムメーカー。

乃木坂春香の秘密
ここで既に19時半。
出演は後藤麻衣に偽まる(川瀬P)、能登麻美子、清水香里、佐藤利奈、植田佳奈を呼び込み、後藤麻衣を加えたヒロインキャスト5人で作品ユニットN's。
7月放送開始でアフレコは折り返し。
オープニング曲「とまどいビターチューン」姫宮みらんは生天目仁美。
N'sの5人で「ひとさしゆびクワイエット!」のエンディング。
正直なところ川瀬Pは、この手の作品は苦手なのかケメコデラックスに比べて遠慮気味というか腰が引けている気もする。萌えアニメは不得意だから。
乃木坂春香の秘密OPテーマ「とまどいビターチューン」乃木坂春香の秘密EDテーマ「ひとさしゆびクワイエット!」


・新作をフィルムのみで紹介
ef - a tale of melodies.」今秋放送、公式サイトオープン(音が出ます、注意!)
「苺ましまろ OVA2」
「マリア様がみてる 4th」イベントもあり
OVA「ひぐらしのなく頃に 礼」2008年冬発売予定
「switch」2008年 OVA全2巻
「HELLSING V」2008年秋発売予定、スタジオはサテライトからマッドハウスへ
とある魔術の禁書目録」2008年秋放送予定、錦織博監督、制作はJ.C.STAFF

・グランドフィナーレは20時過ぎ
作品対抗クイズの勝者はTo Loveるチームで映像をバックにキャストのサインボール投げで終了。

・総評
ジェネオンの今年後半の新作は小粒な感じ。
昨年のカノッサの屈辱風の記念フィルムもなく、沢山の製作プロデューサーの登場で押すこともなくなったが、それでも時間は足りない。はじめから6時間のつもりでいれば問題ない。
お土産がフブキさんのカードだけで、昨年より淋しくなった。同時にアニメプレス9月号を先行配布。
やらないと言っても来年があるはずなので、楽しみにしている。

参考リンク:昨年のRONDO ROBE 2007 の記事
「RONDE ROBE 2007」イベントの模様(前編)
「RONDE ROBE 2007」イベントの模様(後編)

拍手

 RSSリーダーで購読する

「RONDE ROBE 2008」新作情報

ひとまず新作関連だけをコンパクトに。既存作品やイベントの模様は別記事で

・「仮面のメイドガイ」アニメ特別編 8月22日発売のコミックス第9巻の付録に
・OVA「ToHeart2ad」新作シリーズ発表、タイトルは「ToHeart2 ad Plus」
・「ワールド・デストラクション」9月26日DVDリリース開始
・「キャシャーン SINS」TVシリーズ2008年秋放送、企画タツノコプロ、制作マッドハウス、シリーズ
構成小林靖子
・「魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~」7月から放送
・「ケメコデラックス」10月放送予定、水島努監督。公式サイトでトレーラー配信中
・「乃木坂春香の秘密」7月放送開始、姫宮みらん役は生天目仁美
・「ef - a tale of melodies.」前シリーズのスタッフで制作決定。優子と火村がメイン。新サイトオープン、短尺トレーラー配信中、新カット追加した前作の総集編DVD「ef - a tale of memories. ~recollections~」は9月26日発売
・「苺ましまろ OVA2」制作決定
・「マリア様がみてる 4th」制作決定
・OVA「ひぐらしのなく頃に 礼」2008年冬発売予定
・「switch」2008年 OVA全2巻
・「HELLSING V」2008年秋発売予定、スタジオはサテライトからマッドハウスへ
・「とある魔術の禁書目録」2008年秋放送予定、錦織博監督、制作はJ.C.STAFF

拍手

 RSSリーダーで購読する

東京国際アニメフェア2008(TAF2008)パブリックデー初日

朝10時の開場直後はともかく、午後には通路の身動きが難しいくらい込み合ってきたパブリックデー初日。ファミリー入口を設けて優先入場させるアイディアは良いが、入ってしまえば同じこと。大きさを競うような無料頒布のペーパーバックの角で子供の目が傷つかないか心配される。
ちょっと今回の運営には思うところがあるので、改めて「アニメニュース Japanimate.com」のコラムに書く予定なのでここでは割愛させていただき、東京国際アニメフェア2008パブリックデーのイベントステージの模様などをお伝えする。

朝一開催の「CLANNAD」最終回記念イベント、中原麻衣と桑島法子のステージは諦め、そのウラの「絶対可憐チルドレン」ステージへ。
原作は全く知らないのだが、プロモを見るとキャラの絵柄が古い印象。司会に中村悠一、他に平野綾、白石涼子、戸松遥。アフレコは3月に始まったばかりだが、第4話は期待してください?
収録スタジオでは小杉十郎太はテンポの速さにハアハア言ってるらしい。白石涼子が伝える川口敬一郎監督からのメッセージ「明日のハヤテ最終回もよろしく」
戸松遥は昨年のTAF2007のポリフォニカステージがデビューだったが、1年経って舞台さばきも落ち着いてきた。

ポニーキャニオン「CLANNAD」男祭り
司会はおなじみのニッポン放送の吉田尚記アナウンサー。
CLANNAD DVD 第8巻に「智代アナザーストーリー」の収録が決まった模様。
ゲストは春原役の阪口大助。春原Tシャツで登場だが、見かけはアキバ系。
個人的な春原ベストシーンは、1.パンチキックの数々を再編集映像で、2.見えない風子にかすかな記憶を手繰り寄せるシーン、3.体育館裏で合唱部員に檄入れるシーン
期待に反して?期待通りか?中原麻衣などの女性ゲストが登場しないのを確認して途中退席。

メディファク「かのこん」ライブ
宮崎羽衣、榊原ゆいがオープニングとエンディング、それぞれのカップリング曲、合計4曲のライブステージ。
ステージ後、2008夏に5pb.からPS2ゲーム化が発表された。追加キャラのキャストに榊原ゆい、喜多村英梨が発表された。

avex「瀬戸の花嫁」ステージ
政さんからのビデオメッセージ、燦&政さん抱き枕カバーのギョパネット瀬戸内のイベントCMも新規制作されていた。
メインはOVA化ニュースで、ゲストの水島大宙、桃井はるこ、野川さくらの3名のトークで30分。
それにしても優先入場チケットを250枚も発行して、さらに柵外にも200人以上取り囲んだ壮絶なイベントだった。「個人戦士オレダム」を上映。
OVA化はキャストにも直前まで伏せられていたようで、水島大宙はこのイベント台本で知ったとのこと。他の2名もマネージャー止まりで緘口令が敷かれていた模様。OVAの詳細は全く明かされていないし、巻数も不明らしいが、新規の情報はガンガンウィングと公式サイトで。

「恋姫†無双」はマーベラスで伊藤誠P、アニメーション制作は動画工房。

ビジネスデーでは無料のオフィシャルガイドブックをパブリックデーでは500円で販売しているのにはがっかりだ。色々と見直したほうが良いことが多いので、そのうちに書く「アニメニュース Japanimate.com」のコラムをご覧下さい。
私は最終日は行きませんが、行かれる方はお気をつけて。

拍手

 RSSリーダーで購読する

東京国際アニメフェア2008(TAF2008)ビジネスデー初日

アニメニュース Japanimate.comで少しだけ会場から速報でレポートしましたが、携帯カメラと携帯投稿だったので粗いレポートに終わり申し訳ありません。
東京国際アニメフェア初日の模様をまとめますので、間に合えば一般公開日のお役に立てていただければ幸いです。

国際展示場駅コンコースは、メディアファクトリー春の新番イチオシの「ソウルイーター」
プロモを見た感じでは悪くないが、レイトショウでの差別化をどのようにするか。
そのメディファクブースで我らがルイズ様の第3期「ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~(プリンセッセのロンド)」監督は第2期と同じ紅優で、シリーズ構成は「ひだまりスケッチ」の長谷川菜穂子。この夏放送予定。新作デモフィルムはゼロ。


国際展示場駅中央エスカレーターにアニプレックスの広告ボード。
ブースでは大き目のペーパーバッグ配布中。多分3種類を時間で変えて配布している。
「ひだまりスケッチX365」は進展なし。
「セキレイ」と「鉄腕バーディー」は立ち上がりが早い感じ。プロモも流れている。


avexブースはパブリックデーのステージに備えてか、特に動きなし。
「To LOVEる -とらぶる-」イチオシ。
しかし物販コーナーでは話題作だった「School Days」と「瀬戸の花嫁」がメイン。
政さんのアフロ髭サングラス男の抱き枕カバーは業界初か?


メディアワークスブース
春の新番3本と、夏の「乃木坂春香の秘密」放送開始とPS2ゲーム「乃木坂春香の秘密 こすぷれ、はじめました♥」今夏発売告知。


サテライトブース
写真が悪いですが、表で「マクロスF]、裏で「しゅごキャラ!」をメインに展開。
相変わらず欧米系のメディアに人気があるブースです。去年のキスダムでもこんな事を書いた記憶が…


ユーフォテーブルはいつもながらオシャレ。「空の境界」プロモ流している。
手前の黒幕はパブリックデー用か?


とても詳しくは紹介しきれないのですが、パブリックデーの様子もお伝えできるかもしれません。

リンク:東京国際アニメフェア

拍手

 RSSリーダーで購読する

東京国際アニメフェア2008(TAF2008)開幕

本日より東京ビッグサイトにて東京国際アニメフェアが開催されます。

ビジネスデー  2008年3月27日(木)・3月28日(金)
パブリックデー  2008年3月29日(土)・3月30日(日)
開催時間 10:00~18:00 (最終日のみ17:30終了)

出展作品の感想などは、このサイトで追ってレポートする予定です。
ニュースや速報は、アニメニュース Japanimate.com にて、会場からコメントなしで流す予定でいます。

参考リンク:東京国際アニメフェア

拍手

 RSSリーダーで購読する

コミックマーケットC73 3日目(最終日)のもよう

強烈な冬型の気候になりましたが、東京地方は穏やかな晴れ。夜明け前は星空が綺麗でした。
今回は早朝から待機の覚悟をしていたので、4時半頃に西待機列に。サンクス前のあたり。夜明け前に強烈な陸風が吹いたものの、日の出と共に止んで比較的穏やかに。海沿いに吹きさらしの東駐車場はどんな様子だったでしょうか。
9時半頃に列移動開始。西ホール側に入り、ホール内で後ろに再待機。10時少し過ぎに入場が出来ましたが、サークルチケット組と徹夜組にはかないません。
今回は企業はパスしてサークルのみ、西館から回る作戦。いつものサークルだけで、一人で回れる範囲に絞っています。

ステージなな(西れ35b)
「ナルキッソス小説本」後日ショップ委託もするようです。相変わらず安すぎの300円。一人2限。
商業化前、最後の同人ナルキになるかも。萌えも泣きも鬱もありません。思慮する作品。

ロケット野郎(西れ43)
べっかんこうサークル。大行列を横目で見て、次の事を考えてパス。カレンダーくらいだし。

ロケット野郎(西れ70)
岡田サークル。本人参加していなかったが、新刊落ち。
横目でにらみながら、急ぎ足で東館へ。

apricot+(東A27b)
15分程度の行列が屋外に。部数限定していなかったが、何時頃に完売したのだろうか(15時頃に見た時は完売)

Passing Rim(東A28b)
行列を見て断念し、後で買えればと言うことで(完売してましたが…)

富士壺機械/BENJA-MING(東A58)
同上。屋外に毎度の大行列。

・SOLDIER FROG(東A56)
20分の行列後、あと20人くらいで完売し涙…
気を取り直し次へ。

・まんどらごらすとらいかー(東A76b)
相変わらず、瞬殺だったのか?部数も少なそう。

ぶんぶく堂(東A77b)
杏本一部購入。待機列なし。
この時点で11時過ぎ。

みずきちゃんくらぶ(東M38a)
新刊2部。20人程度のミニ待機列。

・ワーズワース(東プ15a)
本人によるレコンキスタ本。もみじが可愛い。

ドクーガ渋谷支部(東ミ35a)
新刊完売。

PINK CHUCHU(東シ45)
案外並びました、1時間弱。会計が手間取っている印象。

・あいすとちょこ(東シ60)
並ぶ予定は無かったのですが、ef本と聞いたので並んだは良いものの、この時間帯でも大行列。
1時間以上並びましたが、efの版権ラフには満足しました。もう少し安いと嬉しい。
ここで14時過ぎ。ざっと東館歩いてから、再び西館へ。

・西館同人ゲーム、評論系
東の殺伐とした空気と比べると比較的緩く、参加者も年齢層高め。玉石混交でアキバのガード下ジャンク屋をのぞく楽しみに似た感がある。
同人ゲームジャンルは、次の商業作品につながる予備軍として地味に注目しているのだが、今回は1本だけ予備知識無しで、闇討ちProject(西へ11b)のADV&脱出ゲーム「Nominal Escape」
感想を書くかもしれないが、すぐにはプレイできなさそう。

閉会時間少し前に企業ブースに上がり、恒例の戯画合同のジャンケン大会を見学。
コットンソフトの畳一畳ある看板を手にした勇者は、所沢の男性。せいやんが送ろうか?と言っていたが、ルールでは一般人の目に晒されながら公共交通で帰宅することになろう。

初日こそ心配されたが、3日間天候もまずまずで、大きな事故も聞いていない。
しかしチケット目当てのダミー参加ではないかと思うような欠席サークルも目立ったように思う。
延べ50万人が参加する大イベントだが、一般参加者は「お客さん」ではないことを再確認し、次回も無事開催できるように願いたい。
準備会スタッフ、ボランティアの皆さんお疲れ様でした。いつもながら気持ちの良い対応をありがとうございました。

コミックマーケットC73 のレポートは、ポにゃペぺ堂さんコミックマーケット73特設ページで!(毎年お世話になってます)

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]