忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「イベントなど」の記事一覧

コミックマーケットC73 初日のもよう

朝方まで関東地方は大荒れの天気だったが、早朝待機の方は大丈夫だったろうか?
昼過ぎでもジーンズの裾が濡れたままの一般参加者を沢山見かけた。それでも雲は多いものの午前中には雨も止んで、冬のこの時期にしてはかなり暖かくなった。
私事で言えば、荒天の予報で始発参加はとっくに諦めていたが、28日の仕事がトラブルで片付かずに、終えたのが深夜2時。この時間は大雨でタクシー乗り場も大行列で1時間待ち、帰宅したら4時頃だったため、参加中止の予定でいた。9時に目が覚めたので天気も回復しているようだし、企業ブースのぞくつもりで12時頃に会場到着。入場待機列はなく、フリーになっている。

情報と感想は企業ブースだけになる。
TYPE-MOONは、コスプレ広場の階段を上がり、別ルートで待機列生成に向かうように改められている。まっすぐ裏の駐車場側の階段を1階に下り、外周を半周してスロープから上るルートを取っている。このため13時前の状況だと、スロープは大混雑。下からは上記ルートで迂回してきたTYPE-MOONに加えビジュアルアーツ、Navel、オーガストと混沌としている。

ビジュアルアーツの最後尾では17時閉会までに購入できない可能性があることを繰り返しアナウンスしていた。実際は2時間ほどの待ちで購入できた模様で、閉会30分前だとスロープの待機列も無く10分待ちで購入できていた。商品は大量に搬入しているので3日目まで問題なさそう。
TYPE-MOONは、15時頃でも購入できたのではないだろうか。
なのはブースは、午後は大きな行列も無く閉会まで販売続行していたが、全商品揃っていたのか定かではない。アニメも終わり大きな目玉が無いからか?ヴィヴィオ抱き枕カバーでは、ロリ不十分なのか?
minoriは大量に持ち込んだようだが、初日で全品完売。再販も不透明。2日目以降は販売なし。若干旧商品在庫を持ち込む告知は出ていた。2日目は無料配布、3日目はラジオ公録のみの開店休業状態か?
ef - Second Fan Mixは、一般発売でどうぞ。
ef - Second Fan Mix

Nice Boat.(Over flow)は、悪乗りのブース名で、紙袋もボートに乗った言葉様の絵柄。
ブース位置が島中のため客捌きと待機列整理が難しく、屋外に待機列が出来ていたものの、少し待てば買える状態。閉会直前だと並ばずに買えたもよう。
イエティ/レジスタは雛子の中の人がゲストに来ていた模様で、ブース前は一時身動き取れず。準備会からペナルティ食らわなければ良いが。
コットンソフトは14時前後は待機列無し。前身を思うと寂しいものだが、その後初日分は完売した模様。
オーガストはスロープ中ほどまで待機列が出来るが、相変わらず手際良く列を消化している。発売予定のFORTUNE ARTERIAL グッズセットともう一品だから会計も早い。
FORTUNE ARTERIAL 初回限定版 (予約特典「FORTUNE ARTERIALマテリアルコレクション」付)

全体的には14時頃まではかなり混雑している印象だった。屋外待機列の数も多く、ちょっと休憩と言う訳にはいかない。それでも15時頃からは空いてきて、16時半頃が余裕を持ってブースを見て回れる。この時間は商品が完売も多いが、デモムービーやディスプレイを見て回るのには良いようだ。
今が旬だろう、初音ミク関係の出展が多い印象。
2日目は参加しない予定です。

コミックマーケットC73 のレポートは、ポにゃペぺ堂さんコミックマーケット73特設ページで!(毎年お世話になってます)
アクセス集中で503エラーが出やすいようですが、時間を置いてお試しください。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

「ひだまり荘管理組合 Presents “超ひだまつり”」イベントレポート

定刻17時ちょうどに開演。横浜BLITZの1Fオールスタンディングで、ほぼ満杯で始まる。
最初は偽オープニングで「さよなら絶望先生」のセルフパロをシャフトが制作。コンテは尾石達也が手がけている。もちろんオープニング曲は「人として軸がぶれている」
ひとしきり笑わせてもらったあと、真オープニング「スケッチスイッチ」をキャスト4人でライブ。
ひだまりイベント初登場の吉野屋先生を呼び込み、写真にセリフをあてるコーナーを5人で。
随分と松来未祐がいじられていた感じがある。
このイベントの司会進行は「ひだまつり」でも務めたニッポン放送の吉田尚記アナウンサー。

幕間のコマーシャルまで作っていて、資生堂シャンプーTSUBAKIっぽいコンテでひだまりキャラが演じている。音楽はまんま。
開けてバルーンファイトはバルーンを膨らませる間に古今東西ゲームを行う定番もの。これに怖がるのは阿澄、新谷、松来の3人。水橋、後藤の2名は怖がらないのでハンデつき。
次の幕間のCMは校長先生にインテルが入っていたら…

ここで原作者・声優・キャラソン歌手のマルチタレントうめ先生登場。
もはやひだまりイベントでは必須の「お絵かき大会」
お題は「もののけ姫」「鉄人28号」「ガチャピン&ムック」
新谷画伯、阿澄画伯の衝撃は初回イベントほどではなく、松来画伯の誕生を目の当たりにした。

幕間のCMは「ひだまり生命」音楽は小田和正のまんま。
ちなみにこのイベントは、このような権利関係で絶対にDVD化はされない。
テレホンショッキング風にうめ先生がタモリ風の黒サングラスで登場。結構グダグダで友達の紹介としてmarbleを呼び込んだだけに終わる。
そしてそのmarbleのライブでエンディング曲の「芽生えドライブ」初回イベント違い、バックバンド付きにパワーアップ。miccoの儚げで澄んだヴォーカルが会場に響く。2月にはこの曲を収録したアルバムが出るようだ。
引き続きキャラソンライブをゆの、宮子、ヒロ、沙英、吉野屋先生、もう一回ゆの、うめ先生の順で披露。
宮子は縦ノリの振り付けで、水橋ステップは返上。その水橋ステップはうめ先生に伝承されたようで振りつきで唄っていたが、うめ先生は歌も上手いし照れるのが可愛い。吉田アナ曰く、同じ会場で司会した時の上●彩より会場が盛り上がったとの事。
いまさらだがひだまりのキャラソンアルバム買わないといけない。
既にイベント開始から3時間は経過しているが、オールスタンディングでも皆元気。

エンディングに再度「スケッチスイッチ」、そしてアンコールでもう一度。
最後にスタッフから感謝の気持ちとしてスペシャル新作映像を放映。「8月26日 超ひだまつり」
新規の映像でアフレコも新収録。ひだまり荘の部屋で集まる4人だが、ここで第2期放送発表。
「ひだまりスケッチx365(さんろくご)」を2008年放送開始。
ラジオも1月から1年間放送決定。
本当の最後に6人で「スケッチスイッチ」スペシャルで締めた。21時に4時間にわたるイベント終了。作品コンセプトに馴染むステージ構成とファンの一体感が心地良いイベントだった。

ステージでキャストも製作からの手紙でも言っていたが、当初はイベントもキャラソンも特別編も予定無く、放送終了とともにフェードアウトする予定だったのだが、そんな彼らの思惑を超えて予想以上の共感を持って視聴者に迎えられた作品となり、関連商品のセールスも好評だったと聞く。やはり製作委員会のモチベーションはDVD売り上げに左右されるのは間違いないようで、この作品は第2期製作を決意させるまで伸びたようだ。
第2期も当然シャフト制作でキャスト変更も無いはずだが、ぜひ制作スケジュールには余裕を持ち、富士山を書くことの無いように願いたい。

リンク:ひだまつりのイベントレポート

ひだまりスケッチ キャラクターソング集
ひだまりスケッチ キャラクターソング集

12/3追記 
東京アニメセンターの写真付き取材記事で、ある程度の雰囲気はつかんでいただけると思います。
http://www.animecenter.jp/jp/200711/30152330.php

拍手

 RSSリーダーで購読する

東京ゲームショウ TGS2007 初日

東京ゲームショウ TOKYO GAME SHOW 2007 本日と明日はビジネスデイ。コンシューマーソフトの事情には疎くなってしまったので、新作情報などは他のレポートに譲ることにして、当サイトの常連の方むけのピンポイントネタをいくつか。


・「CLANNAD -クラナド-」 Xbox360 に移植決定!! 2008年春 発売予定
・「神曲奏界ポリフォニカ」 3&4話完結編 PS2版 2007年12月発売予定
・「神曲奏界ポリフォニカ」 0~4話フルパック PS2版 2008年春発売予定

 
 以上、プロトタイプ(1-S2) で配布されていた「プロトタイプ通信」表紙より
 ポスター3種(ポリフォニカ、クラナド、アラビアンズ・ロスト)いずれか1部をブースにて配布
 その他の一般公開日の配布情報は公式サイト

・「ゼロの使い魔 夢魔が紡ぐ夜風の幻想曲」PS2版 開発版公開
 マーベラスエンターテイメント(2-N17) TGSスペシャル2台デモ中
 ステージにてトーク&ライブ 9/22 13:00~
 出演者:日野聡さん、小清水亜美さん、ICHIKOさん

ディースリー・パブリッシャー(4-N10)
 ラブ☆ライブ2007 9/23 15:00~16:00
 恒例の後藤邑子ライブだが、待機列形成スペースは昨年並みで充分確保されている
 しかしステージが通路正面に切ってある(昨年は角に切っていた)
 ステージ前の収容人員は昨年より少ない印象、当日の波乱が懸念される


テイジイエル企画(5-N5)
 バルドのポスター貼ってるだけで、コミケのほうが似合う気もする

以下は物販コーナー、抱き枕カバーが多いか?

アクアプラス(7-N2)

 Leaf/AQUAPLUS として夏コミに出られなかった憂さを晴らすかのように、2小間出展
 一般公開日にかなりの販売を見込んでいるのか、1小間分はダンボールの山が埋めているものの本日は閑散

音泉(7-N15)・コスパ(7-N10)
 商品は夏コミ分+新作、やはり本日は閑散
 CLANNADコスのレイヤーさんがチラシ配布しています


マーベラスエンターテイメント(7-N16)
 TGS2007限定抱き枕カバーを予約受付中、完全予約受注生産とのこと
 【ルミナスアーク】は2絵柄を選んで表裏に
 【ゼロの使い魔】は、横たわるルイズ様の表裏一枚絵
 【ゼロの使い魔】PS2新作準拠で、ルイズ様&アンリエッタの表裏絵柄



LINK
TOKYO GAME SHOW 2007公式サイト
デジタルARENA TGS2007 速報STATION

拍手

 RSSリーダーで購読する

コミックマーケットC72 3日目(最終日)のもよう

2日目は荷造りまでしたものの、体調に不安があり参加中止。涼しかったし、一般参加者も少なかったようで良かったのでしょうけど、家で大人しく3日目のサークルチェックしてました。
今回は1日だけの参加となるので、あれもこれもと欲張らずに捨てる技術で対応。潔く企業ブースはほぼ割愛したので、買い物もレポートもありません。一人で回れる範囲のサークルの情報だけでご容赦を。

始発の前、5時着。それでも東駐車場は25列目(半分くらい埋まってます)
始発組で一気に10列ほど埋まったでしょうか。7時過ぎの時点で48列満杯。残りは入場口に向かって横8列1本。それ以降は路上待機列でしょう。東駐車場から後半の入場よりは、違う入場口からの路上組先頭が有利な気もする。
昨年3日目より、やや多い印象。
待機列圧縮が8時20分開始予定、中盤には9時頃に及んだが、列移動が遅く圧縮状態が長く不愉快。
しかし、昨年同様に薄曇で直射日光は少なく、海風も吹く気候で熱射病の危険度は少ない。
10時過ぎには東6方面へ入場。以下、関連サークルのみの情報を移動順に。

・シ17 apricot+ (蒼樹うめ)
新刊 「オキラクガキ」 ひぐらし&ぼくらの本
配置はシャッター前。C71の島中の惨劇(おおげさ)から改善。
待機列整理を、うめさん自身がしてた。小さい人がいて 可愛らしい人がいてすぐわかった。
「頑張ってください」に「ありがとうございます」と丁寧に返事をくれる、いつもいい人。阿澄佳奈が度々言ってる「唄って踊れる原作者」に期待半分。
新刊本は、うめ風味の梨花ちゃんが可愛い。列捌きも早く15分程度の待ち。
ひだまりスケッチ 1 (1)ひだまりスケッチ 2 (2)
ひだまりスケッチ 1 (1)
ひだまりスケッチ 2 (2)

・シ17 MATSUDASTYLE(MATSUDA98)
お隣はうめさんの戦友、MATSUDA98さん。
新刊 「MAT-COLOR」二次創作とオリジナル。うちわなどついたグッズセット。
ほのかLv.アップ! 1 (1) ほのかLv.アップ! 2 (2)
ほのかLv.アップ! 1 (1) (電撃コミックス)
ほのかLv.アップ! 2 (2) (電撃コミックス)

・ネ11 みずきちゃんくらぶ (ごとP)
新刊 「iM@S GRAPH」 アーケード版アイマス本
アーケード版アイマスに興味は無いけれど、ここはデフォ買い。
島中で待機列なし。
なごみ日和―ごとPアートワークス〈2〉 (DENGEKI‐HIME)CLANNAD 光見守る坂道で―Official Another StoryドラマCD CLANNAD  -光見守る坂道で- 第1巻ドラマCD CLANNAD  -光見守る坂道で- 第2巻ドラマCD CLANNAD  -光見守る坂道で- 第3巻ドラマCD CLANNAD  -光見守る坂道で- 第4巻
なごみ日和―ごとPアートワークス〈2〉 (DENGEKI‐HIME)
CLANNAD 光見守る坂道で―Official Another Story
ドラマCD CLANNAD -光見守る坂道で- 第1巻
ドラマCD CLANNAD -光見守る坂道で- 第2巻
ドラマCD CLANNAD -光見守る坂道で- 第3巻
ドラマCD CLANNAD -光見守る坂道で- 第4巻

・A08 SOLDIER FROG (樋上いたる)
mixi で新刊告知をしていたので待機列に。壁配置で待機列は細く外に1列。40分待ち。
東1の外側(西館側)の待機列は途切れたり混乱中のサークルもあり、待機列生成場所も足りない。
新刊 「blue」 はリトバス本、もう1冊の新刊「WHITE」はkanon本でアニメ放送終了記念。
DVDオーディオコメンタリーでは喋ってくれないが、今回はKey移籍の事情を書いている。
ネットの記事(多分Wikipedia)は間違いであると。絵が下手でクビになった彼女を麻枝氏たちが庇って移籍したのは誤り。
他にも色々書いていますので、興味がある方は入手をしてみてください(ショップ委託するのか不明ですが)
リトバスがらみで忙しそうだったから今回は期待していなかったが、新刊2冊も出し予想を裏切る出来で嬉しい。
リトルバスターズ! 初回限定版Kanon ~Standard Edition~ 全年齢対象版
リトルバスターズ! 初回限定版
Kanon ~Standard Edition~ 全年齢対象版

・キ37a ワーズワース (あんころもち)
新刊 「その瞳に映るもの」ワーズワース本(18禁)
好きなのでデフォルト買い。
ブースはご本人一人だけのようでしたが、待機列無くまったりしてる。
商業作品の次回作も期待。
ラムネ Vol.1ラムネ Vol.2ラムネ Vol.3ラムネ Vol.4ラムネ Vol.5ラムネ Vol.6
ラムネ Vol.1
ラムネ Vol.2
ラムネ Vol.3
ラムネ Vol.4
ラムネ Vol.5
ラムネ Vol.6

・A84 まんどらごらすとらいかー (秋乃武彦)
新刊はコピー本だけのようで完売済で買えず。

・シ74 A.O.I PROGRAM(きみづか葵)
新刊「AQUAMARINE」
デフォ買い(忘れてなければ…)
壁サークルだけれど、この時間は余裕で購入できる。この時点で11:30頃。
きみづか葵画集「FRI-FRI」 (Sofgare books)
きみづか葵画集「FRI-FRI」 (Sofgare books)

ざっと東4~6を一周しなおしたが、うめ先生はまだ待機列整理してました。日焼けに注意!
未練があったので西館企業ブースへ。東館の外から見ていたら今日の企業ブースは、待機列にスロープを使ってなかった気がする。
最終日の3日目昼ともなれば、販売物も無くなり開店休業のブースも多い。
それでもオーガストは10分ほどの待機列で通常の2限販売。お布施で夏コミセット購入。
なのはとTYPE-MOONは近寄っていないので判らないが、当然完売だろう。
企業ブースで買い物をするなら1日目が理想。

劇場版CLANNAD と TBS が通路を挟んで CLANNAD のデモムービーを流している。同時に流れるタイミングがあり、見比べるのも一興。TBS は、アニメフェスタ以降の新情報は無いと思う。
アニメ化情報など、企業ブースの情報は今回はお役に立てないので、ポにゃペぺ堂さんのコミックマーケット72特設ページを参考にどうぞ。
東館に戻り、13:00過ぎ。

・リ20 TeaPot (楓菜あきの)
新刊「藤傘」、「On The Way 05」
偶然ネットで見つけた同人作家さん。ラグナロクものが多いが、今回の新作は和物のセンスが良い。
ドラゴンシャドウスペルアンソロジーコミック
ドラゴンシャドウスペルアンソロジーコミック

・マ32 ドクーガ渋谷支部 (佐伯昭志)
新刊「RAKUGAKICYOU-3」
既刊「この醜くも美しい世界 資料集」
忙しい中、新刊が出るだけでも感謝。忘れてた、この醜資料集も入手。
改めて見直して、この人の監督orコンテor演出で高村キャラデor作監作品をもう一度見たいものだ。
この醜くも美しい世界 01<初回限定版>この醜くも美しい世界 02この醜くも美しい世界 03この醜くも美しい世界 04この醜くも美しい世界 05この醜くも美しい世界 06
この醜くも美しい世界 01<初回限定版>
この醜くも美しい世界 02
この醜くも美しい世界 03
この醜くも美しい世界 04
この醜くも美しい世界 05
この醜くも美しい世界 06

・ポ31 ロケット野郎(岡田斗司夫
ガイナックスつながりで岡田氏のブースへ。べっかんこうの方ではない。岡田氏ご本人もブースに。確かに痩せてる。
テレビで痩せた姿は見ていたが、あれは3DCGとか合成ではなくリアルに痩せてる。
最近痩せる本を出してますが、会場ではオタクの歩き方を販売。セット売りディスカウントが功を奏し、オタクの歩き方日本編は完売みたい。
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)オタク論!
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
オタク論!

絞り込んだ結果、ほぼ目的を達成し14:00頃。
いつもなら更に2時間ほど各サークルを順にサーチしていくのだが、今回は気力無し。
ざっと見た感じ二次創作では、なのは本が盛り返した感じはある。コードギアスは2日目に行ったかな?ゲーム系では、Key より Leaf が多いかも。

5時間待機で4時間しかいないが、無理せず引き揚げ決定。
毎度ながら、サークル参加の皆様、一般参加の同志、準備会の皆様ご苦労様でした。
日程がずれたせいか、感覚的には昨年より多い参加者の下、大きな事故無く無事に終えて幸いでした。救急車や担架は時々見たが、特に一般参加者は無理する必要が無いので、体調の見極めを早めに。購入グループに入ってると勝手には出来ないだろが、出来るだけ自分なりの楽しみ方で時間と心にゆとりを持って参加して欲しいと思う。

以下、来年のためのメモ

拍手

 RSSリーダーで購読する

コミックマーケットC72 初日のもよう(参加中止)

夏休みは各自が取る職場なので、昨年と1週間ずれたものの今年も本日は休暇予定。
しかし、先月から故障者・妊娠発覚・親族の不幸などの非常事態がチームを襲う。スケジュールが押してきたので、休暇は幻の彼方に。それでも有明まで抜け出そうと画策するも頓挫。
本日の模様は一部予定稿まで用意していたが、行けないのでは掲載断念。

東館のものは、後日のショップ委託で入手しよう…
企業は、物欲そそるものが少ないので、2日目以降に買えたらラッキー程度で。
コットンは通販申し込み済みだし、オーガストの行列さばきは神業だから、今回はあまり焦らない方向で。
体調と暑さを考えると、今回は迂闊に行動するとシャレにならない気がする。
本番は3日目、それに備えて本日は参加中止。レポートを期待されてた方はいないと思うが、情報提供できずに申し訳ありません。
日経平均も大幅続落してるし、そっちも気になる。

コミックマーケットC72 のレポートは、ポにゃペぺ堂さんの、コミックマーケット72特設ページで!(毎年お世話になってます)


拍手

 RSSリーダーで購読する

コミックマーケットC72対策個人メモ

なぜか今年は物凄く忙しい、7・8月。もうコミケ目前。相変わらずカタログチェックが進んでいない。
想定される基本パターン
・第1日目 通常勤務!いかに外出するか…
東館の目的は、ともさんのところ(ステージ☆なな)だけだが、昼から行って買えるか?
ブースは変な位置だし、あの「私立さくらんぼ小学校」がお隣とナイスな場所だが、待機列はどこに?
企業ブースは、特に無いが何か買えれば程度。

・第2日目 女子向け
気合い入れずに企業ブース中心。

・第3日目 いろいろ
始発組の予定で、東館中心。

企業ブースの配置・情報はVectorのGalge.comが便利。
今回は、吸着剤として期待された企業に出展していないところがある。
Leaf が前回C71の搬入トラブルのため、ペナルティ食らったようで出展していない。
minori は不参加(牛歩でペナルティ食らったわけではないと思われる)
以上、2社は不参加。

なのはプロジェクトは学習が進んできて、前回から大した混乱は無い。大きくなった魔法少女に需要は少なくなったと見て、はやて・ヴィータ・リインフォースII の抱き枕カバーを投入したが、少々中途半端で弱い。エリオで女子の需要、キャロとリインIIで大きなお友達の需要も開拓すれば良いのに。残念ながら吸着剤の役目は果たさないだろう。

その意味ではTYPE-MOON も、以前ほどの破壊力は無いかもしれない。
Navel は今回も売り物に乏しく、前回のように待機列が消滅する時間帯もあるかもしれない。
オーガストは、いつも通りセット販売のみで、淡々と消化するだろう。3日目も大丈夫のはず。
アニメ化作品を立て続けに3本送り出した芳文社は要注意。抱き枕カバーのデザインは未だに発表されていないが完売必至。
以上、壁のブースは大きな混乱も無さそうな予感。

早くカタログチェックしなくては…

拍手

 RSSリーダーで購読する

TBSアニメフェスタ2007(8/11)の作品・イベントの感想

チケットは早々に完売したようだが、ゲストの関係だろうか女子少な目の会場(前年比)
座席の位置が原因だろうが、マイク音声の定位が悪く聞き取りにくい。
以下、イベントの模様をダイジェストで。

・怪物王女
ゲストが2チームに分かれて、公式サイトで実施されたキャラの人気順位を当てるゲーム。
温情的ルール変更で、能登麻美子・清水愛・森永理科チームの逆転勝ち。
次回放送予定の第19話「海洋王女」の上映。私は放送の視聴は打ち切ったが、相変わらずの感じ。

・ロミオxジュリエット
散々使われた原作なので視聴対象外だったが、見ておけば良かったかと思い直す。

・神曲奏界ポリフォニカ
今更ではあるが、原作は続いているしDVDやグッズのリリースはあるので、まあ2期があったら体制整えてやって欲しいところ。
名古屋の現役女子高生(受験生)戸松遥はいつもの黒オーバーニーソで登場。ステージ慣れしている佐藤利奈が司会役で、二人のトークと、ボウライを初めて戸松が生アフレコで見せる(番組では川澄綾子・水樹奈々・佐藤利奈が順にあてていた)
オープニング曲の「コンコルディア」をeufoniusがライブ、事前に出演告知は無かったが、CLANNADがらみでの出演が予想されていたので、想定内。

・逮捕しちゃうぞ フルスロットル
懐かしさが先に立つが、第1話の見せ方は今までのファンには申し分の無い、掴みはバッチリ。
新規ファンをどの程度捕まえられるか?
富豪の息子ランディーの登場で、少し舞台が広がってしまうことがシナリオ上の不安。
下町ドタバタアニメを期待しているのだが…
「ああ女神様」と言い、藤島原作に頼るのも限界ではないのだろうか。

・ヴィーナス ヴァーサス ヴァイアラス
高垣彩陽があんなに緊張しているのは見たことが無い(2回目だけど)
茅原実里はスミレのキャラが出来ていないけど、もう役を忘れたのだろう。
Rirykaのオープニング曲ライブは、このイベントでの一、二の出来。楽曲の良さと歌唱の力強さが目立つ。

・ひだまりスケッチ
このイベントでの一番盛り上がったステージ。
キャストだけではなく、この作品の世界観が多くの人に受け入れられているのだと思う。放送開始前の「ひだまつり」イベントの時には想像もつかない。
特別編の制作はパストラルのグロス。夏休みで帰省前のひだまり荘メンバーの1日を描く、水着とスイカの前編。確かイベントと同じ8月11日のサブタイ。
大家さんや吉野屋先生も登場だが、校長先生のアクションには会場大爆笑。
オープニング曲ライブは、この次はうめ先生も是非!
夏コミ前で忙しいのに出てきてくれました(夏コミに何出すのでしょうか?今回は壁だから待機列形成に問題ないだろうけど)

・CLANNAD
eufoniusがアニメオープニング曲「メグメル」を唄う。劇伴も含めてゲームの音楽そのまま使うのが最近のKey原作アニメだが、アニメオープニングにはふさわしいとも思えない。
エンディングのだんご大家族のように革新的なチョイスが欲しいもの。ゲームとアニメのヴォーカル曲の使うタイミングは違うのだから、kanonの時もそうだったが違和感がある。
エンディングも出来ていて、放送出来る完全な状態になっている。昨年のKanonと同じタイミングでのアニメフェスタ出展だが、出来は早い印象。
第1話は、渚との出会いと演劇部、朋也が渚の家に上がりこんで夕食まで展開している。もちろん春原、杏、椋はゲーム序盤と同じように登場しているし、智代の族撃退シーンも盛り込んでいる。幻想世界も入れて圧縮した感じ。2クールだろうが舞台説明を急いでいる印象。
ことみや風子は、これからだろう。オープニングでは有紀寧や芽衣も出てくるから、出番はあるだろう。
会場が一番沸いたのは、秋夫さんと早苗さんの古河家の掛け合い。
退屈になりがちなゲーム日常シナリオからのピックアップポイントは間違っていないと思う。
キャスティングはPC版ではCV無しだから先入観も無いが、早苗さんが一番フィットしていると思う。渚は?

この第1話だけでは出来が良いかはわからないが、秋の期待作。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]