忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「Myself;Yourself」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

Myself;Yourself 第13話「きずな」(最終話)

「Myself;Yourself」最終回に詰め込んできたようにも見えるが、今までに張っていた伏線は菜々香の記憶の秘密と佐菜の手首の秘密を除いて回収済みだから、ほとんどを二人のトラウマの過去に集中してきた。
今となっては大して重要でもなくなった梶井婆さんの件、キャラメル先生や麻緒衣ちゃんも放置。

菜々香の火災の記憶から一気に展開して、リストカットで佐菜のトラウマにクロスさせる結末は見事。
放火犯は菜々香の父。バイオリンの先生は菜々香の父母とは高校時代からの付き合い。
ガンで死んだバイオリン先生の最後の告白が、親友だった父に打ち明けた不倫と菜々香の出生の秘密。
菜々香はバイオリン先生と母の子供になるのだが、母は結婚後も不倫関係を続けていたという事か。
しかし結婚した時に菜々香は腹にいたと母が告白しているから、結婚直前まで関係していて妊娠したのかもしれない。それは不倫とは言わないかもしれないが事実を隠しつづけた罪は重いし、実の父と娘を会わせるために母親がバイオリンを習わせていたと知った時の父の絶望は深い。

例えば菜々香と佐菜、修輔の関係が10年後に同じ修羅場を迎えないとも限らない、アナロジーを感じさせて面白い設定だと思う。実写のサスペンスドラマなどでは珍しくも無いキャラ相関設定だが、ギャルゲ系アニメにストレートに持ち込んだ事に新鮮さを感じる。
全てを思い出した後の菜々香は引きこもりの日々。面会は出来ないものの毎日通う佐菜の日々を静かに描くが、風呂場で静かなままの菜々香には早く気が付かないと。
まあ、佐菜が菜々香の後を追ってリスカするバッドエンドでないのは幸い。
大事に至らず療養する菜々香だが、他人を佐菜を拒絶している。
佐菜の腕時計の下に隠された秘密の告白に、菜々香のわだかまりと悩みが昇華してゆく。
この辺りのリスカトラウマカップルの描写をもう少し引っ張ってもらいたいが、慌しく10年後に飛ぶ。

エピローグは10年後。双子丘の桜は意外にもあさみの運動の結果残された。彼女なりの朱里への償いなのだろうか。バンド演奏こそ描けなかったが、公園のステージでは菜々香のバイオリン演奏会。
麻緒衣も雛子もキャラメル先生も変わったようには見えない。
手をつないだ修輔と朱里。他の友人たちと顔を合わせず、表情は映さないところに、幸せながらも事情を抱えている事をうかがわせている。

シリーズ構成と全話脚本は雑破業だが、やはり曲者。「ちょこッとSister」でも感じたが、この時の管理人さん(千歳さん)も、この「Myself;Yourself」の麻緒衣ちゃんも、巨乳メガネドジッ娘キャラなのだがあまり報われない。やっぱり世話焼き裏方のイメージがあるからだろう。正ヒロインにはなれない。
ツンデレ・ヤンデレ属性の裏表両面を菜々香に持たせたから、真裏のヒロインがいない。あさみはヤンデレで百合という新たなジャンルを築きかけたのだが、朱里と絡ませたため菜々香と裏表で対峙するシナリオでなかったから、やや描き足りなかった。
明るい正ヒロインに菜々香がなれなかったのは、裏の汚れヒロインがいないためでもあるが、全ヒロインにトラウマを持たせて両面を書こうとしたから、仕方の無い事でもある。
朱里と修輔、雛子は個別に近いルートで途中退場的に処理したが、それはそれで良かったと思う。
イジメ・リスカのトラウマを抱え街に戻った佐菜に対し、全部が全部昔と同じではいられない現実を突きつけ、成長を描く側面も成功した。

ラスボスは麻緒衣ちゃんではないかと思った事もあるが、ハートフルではないもののドラマ的王道エンド。
佐菜と菜々香の結婚を暗示して終わったが、実は「Myself;Yourself」アフターは佐菜と菜々香の娘がヒロイン。ある事故の前後の記憶が欠けている。彼女の実の父親は‥。
こんな第二期は無いだろうが、10年過ぎて大人になった彼らの「Myself;Yourself」も見たいような気がする。

脚本:雑破業、絵コンテ:下田正美、演出:松浦錠平、作監:曾我篤史
2クールやってもらいたいところだが、そこまでリスクは取れないだろうし、この作品はゲーム販促の役割も担っている。なかなか先の読めない展開は、ゲーム売上に寄与したのではないか?しかしメディアミックス展開が弱いのがマーベラスと製作委員会メンバーの弱点。

Myself ; Yourself Vol.1Myself;Yourself(通常版)

拍手

 RSSリーダーで購読する

Myself;Yourself 第12話「赤い記憶」

昔懐かしい大映テレビシリーズみたいなサブタイ。前話の次回予告から、火事の炎に菜々香の記憶が蘇るのではないかと予想しているが「Myself;Yourself」スタッフは裏をかいてくるから気が抜けない、そんな第12話。

追悼シーンのようなアバンといい、まるで形見の品のように送られてきた修輔の釣竿といい、若月姉弟駆落ち心中と錯覚させるAパート。学校でも二人がいなくなった後の駆落ちの噂や、3人だけの昼食風景、暗い劇伴で佐菜たちの喪失感を増幅している。あさみは入院中なのだろう、姿を見せないし、どのような態度で接するのかも想像がつかない。
キャラメル先生も落ち込んで公園に一人ボンヤリ。若月双子に相談してもらえなかった、相談されても対処が出来なかったジレンマに陥るところに、コンビニ帰りの佐菜。キャラメルをもらって元気付けられたお返しに、先生に栄養ドリンクを差し出す佐菜だが、ドリンクの効果はともかくその気持ちだけで元気になったに違いない。
Aパートの尺は、かなり短い。双子編のアフターだけで、話が全く進んでいない。佐菜・菜々香以外の伏線は未回収に終わるものも多そう。

佐菜、菜々香、麻緒衣ちゃんの3人で想い出の川に遊びに行く約束。
佐菜と菜々香を二人きりにしようと画策したのか、それとも難を避ける天性の勘からか、麻緒衣ちゃんは仮病で突如不参加。麻緒衣ちゃんはラスボスでも黒幕でもなさそうで、巨乳母娘エンドで終了か。
Bパートは渓流で遊ぶ二人を静かに淡々と描く。ネタは菜々香の卵焼き・クッキー弁当。男子「割礼」して見る佐菜。
全員が揃った第3話の賑やかさと対比した寂しさも醸し出し、先に起こる不幸なフラグが立ったようにも見える。

洞窟を目指す二人に雨が降り出すのはお約束。
しかしずぶ濡れになり、全裸で温めあう黄金方程式は思いっきり無視してきた。
佐菜の腕時計を気にして「彼女とかにもらった物なの?」とカマかけてくる菜々香は可愛いものだが、その秘密はスルーして先送り。
暖を取るために焚き火をした炎に菜々香のトラウマ復活かと思ったが、燃えていたのは夕焼けだった。
菜々香のすべての記憶が戻ったのか?
ずいぶん最終回前にタメ作った(作りすぎた)が、桜の木や梶井婆さんや双子、あさみのフォローも含めて、回収できるのだろうか?

次回予告、静か過ぎてシリアス。しかも過去回想シーンではないか。菜々香の家族とバイオリンの先生?菜々香が思い出さない方が良かった過去とは、母親と先生の不倫現場目撃とか、先生がバイオリンのレッスンと称して菜々香にいたずらしていたとか?
子供心に全て焼ければ清算されると、菜々香放火?伯父は真相を隠して菜々香をショックから守っていたとか。
最終話エンディングでベッドに横たわるヒロイン3人に黒フチ付きの鬱エンドなど、万が一にも勘弁願いたい。次回のtvkの放送、Nice Boat.で無いことを祈る。

今回の制作はゆめ太カンパニー、脚本:雑破業、絵コンテ:きみやしげる、演出:剛田隼人
最終話の絵コンテは下田正美、演出は松浦錠平のコンビ。
学園祭のバンドシーンは日の目を見ないで終わりそうだが、薄れゆく意識の中で佐菜が見る幻影だったとか、DVD特典で収録という伏兵を忘れてはならない。

Myself ; Yourself Vol.1Myself;Yourself(初回限定版:「プレミアムサウンドトラックCD」&「成瀬ちさと画絵本」同梱)Myself;Yourself(通常版)

拍手

 RSSリーダーで購読する

Myself;Yourself 第11話「告白」

「Myself;Yourself」第11話、良い最終回でした。若月双子編の。
ゲームでは攻略対象ヒロインの朱里を、姉弟駆け落ちルート(修輔x朱里)で締めるとは、やはり雑破・黒田はくせものコンビ。
姉弟の駆け落ちフラグは立っていたから「告白」のサブタイも視聴者のミスリードを誘うのに絶妙で、前話の引きから姉弟の禁断の告白シーンでも持ってくるかと思ったら、ラブホ投書犯人の告白、そして百合片思いの告白回想だったとは。

あさみの嫌がらせの意外な動機は、中学時代からの同級生だった朱里に告白してフラレたことが原因。あさみx朱里の百合フラグはクラッシュし、あさみは高校になってからも朱里に逆恨み、その余波か菜々香のフラグもクラッシュし続け、フラグクラッシャーと呼ばれるのに相応しい過去を持っていたということだ。
あさみが遊園地の観覧車の朱里の涙に反応して見せたのは、過去の告白を想い出したことと、朱里の想いが修輔に向いていることを瞬間に感じ取ったからだろう。
病室に見舞いに来た佐菜に、あさみの「バチがあたったのかな?」の後悔の言葉とともに真相の告白。
延々とした告白セリフを最初は淡々と、徐々に感情を込めて中原麻衣が熱演している。蒼乃姉さんとかナタ少女とか、トラウマ持ちキャラの演技が板についてきてしまった。
あさみに悪役を引き受けさせたシナリオで、彼女の持つトラウマを昇華するには必要なオチだろうが、今後もう少々フォローをして欲しいところ。

実の姉弟がラブホテルから出てきたというデマ醜聞を気にした父親は、朱里のロンドン留学を強制。
出発が決まった翌日、学校の中庭でいつものように昼食を共にした後、双子は黙って学校を出て駅へ。見送る者のない逃避行の旅立ち。
ここでも子安武人と田村ゆかりの演技は光っている。安定した演技の役者は聞いていて気持ちが良い。
なぜか修輔の事には勘の良い佐菜、一人学校を飛び出し駅へ。電車を追いかけ鉄橋から手を振る光景は、かつて幼い佐菜の旅立ちを修輔が見送ったシーンに重なる。
佐菜が戻って昔の仲間が揃ったのに、また寂しくなってしまった。これでオープニングの学園祭のバンドステージは本編では実現しない。元々バンドアレンジのオープニング曲に合わせて切ったコンテだから、仕方がないだろう。

梶井婆さんの伏線はこのまま放置かもしれないが、菜々香シナリオに絡めて回収してくるかもしれない。
本年最大のトラウマキャラクター群像劇も、残りはメインの菜々香と佐菜の伏線と空白の時間を回収して締めるのだろう。放火犯は菜々香説も捨てきれない。
あれ?麻緒衣ちゃんってトラウマ有ったっけ?何もない事自体がトラウマとか。
まさかどんでん返しで麻緒衣エンドとか、ラスボスは麻緒衣ちゃんとかないだろうな。

これだけのアニメ化が出来たから、これから発売になるPS2ゲームも期待して良いのだろう。
初回限定版にはキャラソンCDが付くのだが、一人???マークのキャラがいる。子安武人か立花慎之介が歌うのか?一般発売の予定はないみたい。

Myself;Yourself(初回限定版:「プレミアムサウンドトラックCD」&「成瀬ちさと画絵本」同梱)Myself;Yourself(通常版)Myself ; Yourself Vol.1

拍手

 RSSリーダーで購読する

Myself;Yourself 第10話「桜のために」

深読みや裏読みする視聴者の裏を狙って、いや裏の裏だから表側にストレートに回答を投げ出してきた「Myself;Yourself」の第10話。雑破業の脚本は一筋縄では行かないと感心するか、それとも視聴者がスレてしまっているか、いずれが正しいのだろうか。
王道ラブコメを標榜する割にはネタを仕込むのも忘れず、ビンタ一発不機嫌ヒロインやらフラグクラッシュヒロイン、そして姉弟相姦疑惑ヒロインまで登場させて各キャラのエピソードも賑やかに展開してきたが、シリーズ終盤を目前に怒涛の伏線回収が始まった。

今回は若月双子にフォーカスを当て、核心に触れる前のあらかたの伏線は浚ったようだ。佐菜や菜々香がメインの伏線は大詰めになってから回収だろう。
議員の後妻の座に潜り込んだ義母は嫌な女そのままだった。義理の娘に遠慮でもしていてぎこちないのかと思いきや、朱里の言う金目当てでセックスだけの女は実はもっと酷くて、ホストとホテルで浮気中。
実母の墓参帰りに修輔と朱里がラブホに行っていたとの目撃投書を学校に送ったのは、義母の意趣返しか誰かの入れ知恵と思うと辻褄は合う。「実は他に」と考えてしまうところなのだが、裏読みしない方が正解か?この投書事件の真相に雛子を絡めても面白いのだが、それは考えすぎか。

老人ホームの慰問。
苦手なりんごの皮むきで指を切った朱里の包丁と血を見たとたん、佐菜のトラウマが発動。
過去の事件はリスカなのだろうか。
なにやら表ヒロインになりきれないままのあさみ。
他人のフラグクラッシュどころではなく、今回は老人ホームの梶井婆さんに刺されることに。
双子丘の「姉が丘」の木に死んだ孫を生き返らせる願掛けをしたり、生贄にインコも猫も捧げて次は陣現の生贄が必要だと自ら告白しておいてから、一人になったあさみに斬りつけ流血の事態に。一命は取り留めるものの、終盤の展開が一層複雑になってきた。

近親相姦ラブホ疑惑、殺人未遂事件目撃と立て続けにショックを受けた朱里に、選挙前に世間体を気にする父親は、朱里のロンドン留学を急遽決定。これにも義母の思惑が絡んでいるか。それとも無関係か。
ショック続きの朱里と慰める修輔の関係は姉弟以上、まるで恋人同士に強い絆で描いている。これも前半の墓参からミサンガを贈りあい、手をつなぐことを躊躇するエピソードがあるから、一層引き立つ。この仲良さ故に誤解される面もあるのだろう。アニメでは禁忌は描かないにしても、このまま二人ベッドで体を重ねそうな雰囲気を描いている。それでもいいかなと思わせるほど、二人の設定と演出は決まっている。
このシーンは、子安武人と田村ゆかりの好演が光っている。

雛子ルートが潰れてから修輔はどう転ぶか思っていたが、朱里との近親相姦・駆け落ちフラグまで立ちそうな急展開。前話の観覧車のゴンドラで朱里の涙を見ていたあさみは、投書事件に無関係なのか?
双子丘の伝説が若月姉弟に災いを為すのか、まさか血まみれの展開は勘弁だが、駆け落ちっぽい次回予告の裏では回想シーンに死亡フラグが立っている。

今回は菜々香、麻緒衣は出番薄め。残りの尺を考えると麻緒衣ちゃんは前面に出てくることは無いだろう。
雛子もお当番回が終わったから、モブ的扱いで終盤迎えるか。
双子丘の伝説を絡ませながら次回で若月双子の伏線回収、その後2話で刃物トラウマの佐菜、炎トラウマの菜々香の空白を埋めて、青春群像劇が完結するのだろう。
製作側Pのマーベラスの伊藤誠氏、「School Days」に続き、先読みのしにくい作品を提供してくれた。

キャソン第2弾は12/7発売
「Never leave me alone」 TVアニメ「Myself;Yourself」キャラクターソングVol.4 若月朱里(cv:田村ゆかり)「青い鳥」 TVアニメ「Myself;Yourself」キャラクターソングVol.5 織部麻緒衣(cv:金田朋子)「未来観測」 TVアニメ「Myself;Yourself」キャラクターソングVol.6 藤村柚希(cv:豊口めぐみ)

拍手

 RSSリーダーで購読する

Myself;Yourself 第9話「がんばれ!アニメンジャー!」

「Myself;Yourself」第9話、犯人はヤスじゃなくて神主?そして電波将軍の正体は若本規夫、桜の伝説の回答は3番ってことで一件落着するはずも無く、サブタイとうらはらにシリアスなシーンが多い。
佐菜に対する菜々香の態度がしおらしくなって来たのは、昔のポストの約束を想い出してくれたからなのだろうか。鏡の前で謝る練習でしなを作る菜々香も悪くは無い。ようやくメインヒロインらしくなってきた。
でもね、制服に着替えるシーンから描いてないのは怪しからんと思うよ。DVDに未公開映像として追加なら予約してもいいかも。

今回はフラグクラッシャーのあさみも活躍していないが、観覧車のゴンドラ内で泣く朱里を別のゴンドラから見ていたのはあさみだけ。朱里の涙の意味を知っているのか、何か含むところがあるよう。
アニメではいまのところはキャラ立ちしていないから、このまま思わせぶりなサブヒロインで終わるのだろうが、エンディングの3ヒロイン(菜々香、朱里、あさみ)に含まれているのが気になるけど。

Aパートは、炎を上げた焼き魚で菜々香の火災の記憶が蘇る。忘れていた細かなこと、想い出しかけた犯人と思われる後姿は伯父の姿に重なる。
夢にうなされ起きてきた茶の間では伯父夫婦の会話。菜々香の記憶障害を医者に見せた方が犯人の手がかりも掴めるのではないかと妻。必要は無いと夫。犯人がわかると都合が悪いのかと妻。
菜々香の記憶がフラッシュバック。病院で事情聴取された菜々香に伯父と父が口論していたという田村正和刑事。
いかにも神主の伯父が放火犯だとの予断を与えてAパートは終わるが、ブラフだろう。
エロゲ原作じゃないから引き取った娘を育ててXXXなんてルートはないから、実は菜々香両親が不仲で夫婦喧嘩の末の失火だと気づいている伯父が、出火原因を隠しているってのが妥当じゃないか。

Bパートは一転、戦隊モノでボクと握手!
遊園地へ一同、あさみは誘われていないがストーカーのごとく登場したが菜々香へのフラグ潰しは回避された。麻緒衣ちゃんは喚声とと悲鳴で、久々の金朋タイム。
「動画戦隊アニメンジャー」のステージは本編に影響は無いのだが、スタッフが描きたかっただけだろうな。雛子に「シナリオ書いた奴の顔が見たい」って言わせる自虐さもあるけれど、悪役ボスの電波将軍に若本御大を呼びたかっただけなんじゃないか?
若本・子安・金朋に戦隊ごっこさせるんだから、無駄に豪華な構成。伯母さん役に池田昌子も呼んでいる。

観覧車では佐菜と菜々香のペア。佐菜に謝り、佐菜も菜々香に告白のようなそうでないような。
あさみと抱き合っていたのは事故だと言う佐菜の言葉を信じたとしても、いままでの粘着的な不機嫌さに比べて少々単純すぎる気がするが。
修輔と朱里の姉妹ペアは「人がゴミみたいだ」と朱里。同乗した弟の修輔は姉が義母に対して我慢しているのを知っている。こちらも次回、丘の公園の保存運動と議員の父と義母の伏線が回収されてケリがつくか。その他大勢チームのゴンドラからは、先に書いたあさみだけが朱里の涙を見ていた。

次回予告は「双子丘の桜の伝説」を3択で。出題ナレは田村ゆかり。
1.木の下で告白すると幸せに 2.魔法で永遠に枯れない 3.木のそばで麻緒衣ちゃんと踊ると楽しい
不正解の罰ゲームは、菜々香のビンタ30連発だそうだ。
田村ファンは2番か?ネタに走って3番か?不正解でビンタの快楽を選ぶのも一興。

Myself ; Yourself Vol.1Myself;Yourself(初回限定版:「プレミアムサウンドトラックCD」&「成瀬ちさと画絵本」同梱)Myself;Yourself(通常版)

拍手

 RSSリーダーで購読する

Myself;Yourself 第8話「秘密のポスト」

各ヒロイン攻略シナリオではなく、エピソードを巧みに取り入れた群像劇としてギャルゲ原案を上手く料理している「Myself;Yourself」
雛子シナリオ以外は、お当番回を作らずに複数の伏線を消化しつつ物語をたどる構成のようだ。そのせいかサブタイと内容が少しずつズレている気もするが、大きな問題ではない。
やはりメインは主人公の佐菜とヒロイン菜々香が、それぞれに持つトラウマと空白の時間を埋め癒しつつ未来に進むのだろう。主人公が全員とフラグ立てるようなイベント発生はさせずに、サブはサブなりにきちんとキャラを立てて活躍させているのが好ましい。

前話を引き継ぎ、まだ黒く重い展開。
学校を休んだ朱里は冒頭から明るく歌ってはしゃぐが、継母を巡っての父との確執は先に持ち越されている。公園への市庁舎工事に絡んでフォローされるはず。
そんな朝に登校する佐菜たちを無視して通過する菜々香。
校内では佐菜にズバリ「神社の近くで星野さんと抱き合っていたでしょう!」
余計な事言わなければいいのに、佐菜も「お祭りの夜、菜々香が抱きついてきたのと同じ単なる事故」などと同じレベル扱いして自らフラグ潰しにかかってます。菜々香はますますオカンムリ、いや病んでる。
廊下で図書室で下校途中で珍しく食い下がっている佐菜だが、廊下ではあさみの悪意なきフラグクラッシャーに遭遇。これに耐えられなければ、ゲームのマイユアの菜々香ルートも辛いのかもしれない。

廃ポストの鍵を持ち合い、佐菜と菜々香、二人だけの文通の記憶。佐菜が少し思い出してエロ本などの荷物から鍵探しの最中に、毎度タイミング良く麻緒衣ちゃん登場。床にティッシュの丸めたが転がってるから、お取り込み中だと麻緒衣ちゃんは誤解してオロオロは既に定番のお約束。
開けたポストからは大量の手紙。宛先を漢字で「佐菜君」とか書いてるから、小学生になっても中学生になっても投函しつづけて、中二の時の放火事件に出会ったわけだ。
赤い文字で「タスケテタスケテタスケテ‥」の演出にはゾッとするが、助けを求めた相手は遠く離れた佐菜だったかも知れないが、いったい何から助けて欲しかったのかが今後の鍵か。
空鍋、独り糸電話、独りケータイ、99件着信履歴の次は廃ポスト。ヤンデレ演出もここまで来たか。

ようやく修輔が語り始めた空白の期間の菜々香の事件。
火事の時に大事に抱えたバイオリンと引き換えというわけではないが、両親の死亡で忌まわしい記憶に変わっていたというわけか。
放火犯は不明で菜々香自身も調べられたようだが、引き取った神社の神主とか菜々香自身が犯人とか梶井婆さんが秘密を知っているとかのバッドエンドルートも有りそうで怖い。
落ち込んで公園で一人佐菜。通りかかったキャラメル先生が、幼い頃であった女子高生だと気づいた。
共働きの両親の元、自分で自分におやつを買うままごとのような先生の記憶。ちょっと良い話を聞いて頑張れるか。

想い出のポストの前で佐菜に心中を吐露した菜々香だけれど「私が一番苦しかった時そばにいてくれなかったくせに」って逆ギレ八つ当たりは始末が悪い。
その期間は佐菜も腕時計で隠した手首の何かにまつわる嫌な記憶があるはずで、どっちもどっちなんだが菜々香はそんなこと知らず。
佐菜は「強くなる。守りたい人が出来た」と急に前向きなんだが、愛の力というか同類何とかにしか見えないトラウマカップルの誕生か?
菜々香がバイオリンを再び演奏する日、それが佐菜の記憶の欠落も埋められる日なのだろう。

脚本:雑破業、絵コンテ・演出:松浦錠平、作監:曾我篤史は第4話と同じコンビ。
次回「がんばれ!アニメンジャー!」は朱里と修輔メインか?雛子もいたが。

「ANOTHER WORLD」 TVアニメ「Myself;Yourself」キャラクターソングVol.1 八代菜々香(cv:小清水亜美)「はじめてのKiss?(#^.^#)」 TVアニメ「Myself;Yourself」キャラクターソングVol.2 持田雛子(cv:村田あゆみ)「春のKISS」 TVアニメ「Myself;Yourself」キャラクターソングVol.3 星野あさみ(cv:中原麻衣)Myself;Yourself(初回限定版:「プレミアムサウンドトラックCD」&「成瀬ちさと画絵本」同梱)

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]