忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「ご愁傷さま二ノ宮くん」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

ご愁傷さま二ノ宮くん 第12話「歩き出そうよ」(最終話)

予定調和と寸止めの「ご愁傷さま二ノ宮くん」最終話。
予定調和も、そう悪いものではないから演出面でのカバーがあると一層良いのだが、少々不足のシリーズだった。
二ノ宮くんとヒロイン二人の幼時の約束、記憶の欠落した二ノ宮くんを覚醒させる特訓を軸にドタバタ気味に描くのだが、肝心のご愁傷様感というかトホホ感に欠けるオチ続き。シリアスとコメディの表現幅がどっちつかずで、小さくまとまってしまった。
設定のサキュバスってのは、それほど重要でもない気がするのだが、記憶欠落者の主人公を登場させるのに構成上必要になるのは理解できる。
毎回幼時の回想シーンを引っ張ってきたが、回想回としてまとめた方が良かったか、散漫に感じる。

サブキャラの使い方も大雑把で、綾川日奈子などは美味しいポジションでキャラ立ちしてきたが、対抗勢力的な奥城の二人が、これもどっちつかず。
麗華お嬢様に忠実な保坂が最後に意外な健闘を見せてくれたが、こちらは伏線が全く無しだから、彼のドラマにならずに勿体無いことをした。
沢城みゆきのバラエティに富んだ演技は満足。(当時まだ中学生だった彼女を発掘したのが、ブロッコリーの最大の功績だろう)

一応は二ノ宮峻護の記憶も回復し、真由と麗華もお互いこれから再スタートだから成長の後は見えるのだが、ループエンドにも近い。原作はまだ続いているのだろうから、俺たちの戦いはこれからだエンドで無難な気もする。
いつもの富士見・角川アニメらしく2クール展開だったら、また違ったシリーズ構成が出来たのかもしれない。
素材としては良いと思うので、料理の仕方にもう一工夫あればと思わずにいられない。

ご愁傷さま二ノ宮くん 限定版 第1巻ご愁傷さま二ノ宮くん オリジナル・サウンドトラック

拍手

 RSSリーダーで購読する

ご愁傷さま二ノ宮くん 第11話「逃げないでよ」

真由失踪、涼子と美樹彦のテロリスト疑惑、そして二ノ宮峻護の拘束と、終盤へ盛り上げて前回引いた「ご愁傷さま二ノ宮くん」
毎度の特訓ネタかと思っていたが、どうやらマジで構成してきたようだ。
しかしアバンのオープニングコントは宇宙人の秘密を探る涼子ネタで、相変わらずの無関係さ。

覚醒したサキュバス黒麗華様指揮による、北条コンツェルンの総力をあげた作戦で二ノ宮峻護を手中にする。普通の麗華の意識は裏に隠されてしまった状態みたい。
毎回の思わせぶりな回想シーンの繰り返しも、ようやく今回で過去エピソードの種明かし。
やっている事はサキュバスとかコンツェルンとかテロリストなどシリアスな設定を逆手に、お色気とドタバタ。幼少時の同一の時間と場所での主要キャラの約束と確執に集約する、ピンポイントでマイナーな世界。
壮大な世界観など望むべくもないが、そもそも何でサキュバス?ってところは説明が欲しい。最終話でフォローしてくれるのだろうか。

その他にも投げっぱなしな、二ノ宮峻護に対する涼子と美樹彦の関係や麗華の事情を知る保坂、奥城一族の野望などの伏線は回収できるのだろうか。
奥城たすくと、いろりがラブラブなのは許すとしても、何よりがっかりなのは二ノ宮峻護を救出する「良いヤツ」に成り下がってしまったところ。たすくにはヒールで通して欲しかったのだが、変心する伏線も足りずに唐突だった。黒麗華を知る保坂は最後にどのように振舞ってくれるだろう。
まあ最後は大団円なのだろうが、もう少しドラマを見せてもらいたい。
最終話前にタメが出来た回だから、次回は脱力で終わる事の無いことを期待したい。
今話での見どころ・聞きどころは、キャラの表裏演じ分ける沢城みゆきの演技くらいか。

ご愁傷さま二ノ宮くん 限定版 第1巻ご愁傷さま二ノ宮くん オリジナル・サウンドトラック

拍手

 RSSリーダーで購読する

ご愁傷さま二ノ宮くん 第10話「遊びに行こうよ」

「ご愁傷さま二ノ宮くん」は1クール放送らしいが、富士見/角川にしては珍しい気がする。過去の回想シーンを頻繁に挿入しながら、この第10話で修学旅行後編を締めて、残り2~3話で収束する雰囲気になってきた。
奥城たすく、いろりは兄妹だと思っていたのだが勘違いのようで、奥城一族に属し、たすくは幼児時代の因縁で二ノ宮峻護を恨み続けているらしい。同時に真由を篭絡し、サキュバスの力を手に入れようとしているような行動をとりつづけている。
いろりの方は二ノ宮くんを手に入れようとしているようだが、忍者集団のような奥城一族の思惑があるみたい。いろりのキスは二ノ宮くんを脱力させる能力があるようだが、やはり特異体質の持ち主らしい。
修学旅行の京都という奥城一族のホームで、二ノ宮峻護たちは逃げ回ることになる。

異常能力集団の因縁は、幼時に遡る子供同士の諍いに始まっているようで、回想シーンでは二ノ宮・真由・麗華・いろり・たすく全員が同じ場所で何かをめぐって喧嘩していた事になる。
その事を二ノ宮峻護は覚えていないようだが、彼女たちの出現で彼は覚醒しつつある。
涼子と美樹彦の彼に対する「特訓」も、その記憶と能力を覚醒させるためのものだったのだろう。
特異体質のグループ間対立が、この作品の中心にあるのだろうか。それをお色気シーンでコーティングしているだけ?

自由行動の日、消極的な真由も意を決して二ノ宮峻護をいろりから奪還。ついでに麗華お嬢様も一緒に京都観光へ。奥城の忍者集団に襲われるが、クラスメイトに日奈子、保坂としのぶ、なぜか涼子と美樹彦も助太刀に乱入。
いろりが二ノ宮くんを好きだと勘違いしたままだった、たすくの甚だしい勘違いオチで、いろりはたすくのことが好きだったと、キス。このべたなオチがマジだったら激しく萎える。

帰りのプライベートジェットで突然に麗華の暗黒面発動。しのぶを飛行機から排除した保坂は知っているのか、その麗華のサキュバス覚醒を待っていたのか、何らかの真相を隠しているみたい。
二ノ宮の屋敷では「ごめんなさい、さようなら」の書置きを残して真由失踪。
朝刊紙面には、涼子と美樹彦のテロリスト扱いの記事。特殊部隊が進入して二ノ宮くんを拘束して次回に続く。
さて真相は3択だとどれなんだろう?
1.実は奥城一族の執拗な作戦行動
2.覚醒した麗華の北条コンツェルンの罠
3.今まで通り、涼子と美樹彦による特訓のネタ
終盤はシリアスに展開しそうだけれど、釣りじゃないかと思う。

今話は、アド・コスモとフロントラインの制作協力クレジット。

拍手

 RSSリーダーで購読する

ご愁傷さま二ノ宮くん 第9話「奪っちゃえよ」

「ご愁傷さま二ノ宮くん」第9話は修学旅行回。女湯覗き・夜這いの定番エピソードと二ノ宮峻護を狙う奥城いろり、真由を狙う奥城 たすくの暗躍を描いている。
仕事がらみで京都に来ていた麗華も修学旅行の一行に合流していたが、学年は一つ上だよね?北条コンツェルンの力か生徒会長特権なのか、この不条理さは深く問うまい。
空気読んだか、アバンのコントも涼子と美樹彦の出番もなし。

奥城たすくの回想シーンでは、幼い頃に二ノ宮峻護と真由、奥城 たすくと奥城 いろりの4人は出会っていて、なおかつ奥城の側には恨みがあるよう。
麗華にしても幼い頃の二ノ宮峻護との因縁を引きずっているから、各キャラの原点が1点に集まっているのも単調で制作の都合良い設定に見えてくる。
この先の見せ方で変わるかもしれないが、単なる「パンツアニメ・おバカアニメ(褒め言葉)」でないとしたらば、もう少し伏線の組み方に工夫が欲しいもの。
ひょっとして原作ノベル通りなのかもしれないが、アニメで見せる場合は物足りない。

そんな本線シナリオと関係なく、お色気方面はまずまず。やはりこっちがメインなのか?
女湯では綾川日奈子による、真由のデカ乳揉み。浴槽にタオルを入れるのは禁止です!露天風呂なら湯気は薄めに!
それでも崖に向かって立つ麗華お嬢様のスッポンポン全面ご開帳を拝観できた二ノ宮くんは、幸せ者です。たとえ断崖から墜落しようとも。

「夜会」と称する男子夜這いの作戦司令室には笑った。こういうノリは悪くない。次々とトラップに捕らえられる生徒たちを尻目に、奥城たすくは真由への夜這いを宣言。二ノ宮峻護への宣戦布告か。
司令部を解散して特攻に向かう男子一同の犠牲の下に、二ノ宮峻護は女子棟へ潜入するも、奥城いろりから強制キス。いろりも何かの力持ってるんだろうね、サキュバスとは違う感じだけれど異常能力者だらけで、日奈子が一番まともに見えてくる。
キスを目撃した真由・麗華・たすくが次にどう動くか?シリアスになるのか?
修学旅行は続くようだが、京都は奥城のホームグラウンドのようだから、まだ仕掛けがあるのだろう。
今話はA.P.P.Pのグロス回。

ご愁傷さま二ノ宮くん 限定版 第1巻ご愁傷さま二ノ宮くん 8 (富士見ファンタジア文庫 149-11)

拍手

 RSSリーダーで購読する

ご愁傷さま二ノ宮くん 第8話「食べさせてよ」

色々と意味のわからない点では不条理アニメの仲間かもしれない「ご愁傷さま二ノ宮くん」
深く考えても仕方が無いが、サキュバスの存在とそれに対する特異体質の二ノ宮くんの覚醒を目的とする存在が底流にあって、表面上は特訓とドタバタエロの反復で構成されている程度の理解でいる。

アバンは前回から「ジーク!貧乳」ネタを引きずって、サラシを巻いて抑えた爆乳が弾ける真由。
しゃがみこむ真由の胸揺れやパンチラは手抜きせずに描いている。
どうしても見どころが、この辺に集中してしまうのは致し方ない。

今回の特訓は、ラーメンが食べたいと言い出した涼子に対して調理方法や食材探しの二ノ宮くん。
そしてスープ番として留守を預かる真由、応援に呼び出した日奈子の趣味全開のコスプレ騒動を描いていて、特に事件が起こるわけでもない。
やはり見どころはコスプレ日奈子。真由と向き合うポジションでは良いキャラ立ちしている。
厨房の熱で暑くなりタンクトップ脱ぎかけのブラチラ、真由に止められてからは紺スクにエプロン。
裸エプロンほど狙っていないけれど、惜しむらくは胸当ての無いエプロンなら良かったのに。
そんなところで真由にも強制コスプレ、服剥がし中。尋ねてきたいろり、帰宅したしのぶも強制紺スクエプロンでスープ番。
熱にあたって意識が薄い演出なのかもしれないが、棒をさすりながら「硬くて太くて逞しくて…」って真由に言わせるのは脈絡無いけれども、まあいいか。

ようやく出来たラーメンも、麗華お嬢様の北条コンツェルン特製カップ麺に先を越されて無駄に。
麗華お嬢様は出番少な目だが、最後のオチをさらって行きました。
田無のマジックバスのグロス回。

ご愁傷さま二ノ宮くん 限定版 第1巻ご愁傷さま二ノ宮くん オープニング・テーマ「ユビキリ」

拍手

 RSSリーダーで購読する

ご愁傷さま二ノ宮くん 第7話「元気だしてよ」

「ご愁傷さま二ノ宮くん」も各話のコンテは定型化してきた感じで、アバンはフリーなネタ、涼子と美樹彦による二ノ宮峻護の特訓、二ノ宮くんの途切れな記憶の回想を入れながらの本編といった感じでループしている。
その本編はデレフラグ出現しつつある麗華お嬢様、それが気になる真由の微妙な三角関係を形成しているけれども、それほど深刻なシチュエーションに至っていない。
この先のサキュバス関係や二ノ宮くんの記憶に関連して話が進むと思われるのだが、未だに日常ネタで展開している。
修学旅行の準備で奥城いろりが二ノ宮くんに近づいてきたから、この娘も何か裏でもあるのだろう。いろりの兄だか従兄だかの男子生徒も真由に絡んでくるから、修学旅行では何かが起こる伏線だろうか。二人とも京都弁なのがカギか。

アバンの麗華お嬢様の微乳・貧乳ネタは掴みどころが違うんじゃないかなあ。
真由の巨乳ネタでいじるのならわかるが、麗華は微乳ではないだろう。全国の微乳キャラファンに謝罪を!

Bパートは熱に倒れた二ノ宮くんの看病ネタ。
ありがちなシチュエーションの数々で新味は無いが、結果として一人で看ることになった真由のオロオロぶりを楽しむ時間。
真由が電話で尋ねた結果、アドバイスは強精の処方ばかりで、二ノ宮くんは勃起が収まらず。
エロナース服のサキュバスの真由を前にして、据え膳食えぬ状態の二ノ宮くんを見ても楽しくないのは、このシチュエーションに向いてないからだろう。寸止めばかりで到達感・達成感が無いから元気も出ず、視聴者のカタルシスは訪れないのかもしれない。
メイド長はじめ新サブキャラが登場してきても、型にはまったポジションでしか動かしていないから、キャラとキャストの無駄遣い。コメディはサブキャラが演技し始めてから面白くなるのに、その域まで達していない。

ご愁傷さま二ノ宮くん 限定版 第1巻

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]