忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「true tears」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

true tears 第13話「君の涙を」(最終話)

眞一郎が乃絵と比呂美のどちらを選ぶのか最終話まで引っ張った「true tears」第13話。主人公の視点で見れば「比呂美を選んだ」と言えるけれども、乃絵の立場では「選ばれない事を選んだ」ような感じでもある。珍しくも普通の(と言うにはアクが強いが)ヒロイン比呂美エンド。
前話から「嫌な女」と自覚するほどの比呂美の行動の演出から、そのまま乃絵エンドかと思っていたが、比呂美の意外な巻き返し。この間の比呂美の変化に眞一郎の心が動かされた描写は無いので、やはりずっと「心の底に湯浅比呂美」がいて、第10話でトラックを追いかけた眞一郎の「全部ちゃんとするから」は嘘ではなかったと言うこと。でも、フラフラ揺れながら手間取った終盤だったけれど、好意的に解釈すれば中高生の世代では良くあることだろう。

演出は感心するところもあるけれど、相変わらず思わせぶり。
特に比呂美に関しては「普通」の部分とよそよそしさを感じさせる暗い部分のブレが大きく、最終回までつかみ所のない感じ。
開脚ストレッチは何の特訓かと思ったが、意味はない。
祭りの翌日の教室、自らの存在を周囲に示すように眞一郎を部屋に誘い「いいよ…」と眞一郎を試す。
「私の涙が綺麗だなんて嘘」「どんどん嫌な子になってく」
これは乃絵の呪いでしょう。
停学事件の後で多少理解し合えた眞一郎の母のブリ大根が比呂美を救った感もある。
「待つのって体力いるのよね…」自分の体験でしょうね。明示はされなかったものの、比呂美の母親と眞一郎父を争った事を暗示している。
血は繋がってないのに良く似ている二人だと思うし、だから眞一郎が惹かれるポイントなのかも。
竹やぶで眞一郎の告白に「嫌っ!」って戸惑いの比呂美の反応は良い演出。

頑なな乃絵に、眞一郎は絵本を紙飛行機に折り海に飛ばす。それを拾い集める松葉杖の乃絵。
タイミング的に被るのは仕方ないが、「ef - a tale of memories.」の千尋の日記を拾い集める蓮治似たシチュエーション。
乃絵に「オレ、比呂美が好きだ」と眞一郎。それは乃絵に真実を見せたことであるし、自分で歩くように背中を押す一言。
映し出す乃絵の背中に、その先の未来を感じさせるスペシャルエンディングにつながる。
これを見ると誰の勝ちってことでもなく、それぞれの道を選ぶことが出来た清々しささえ伝わり見終えることが出来た。この作品の語る「真実の涙」は、人と人の触れ合いに心が震える事から始まるという解釈で良いのだろう。

シスコン純は、妹に「何も知らない事って悪いこと」と言わせたり、比呂美には「あんたは関係ない」と最後まで自分勝手を貫き通したが、都会に就職したかのようなフォローせずに投げっぱなしエンド。ヒールに徹したわけでもなく最終回のからませ方には少々疑問が残るところ。
ヒロインたち学校内だけでなく、家族や兄妹の関係を描く事をおろそかにせず進めた構成は意義あるものだった。コンパクトに1クールに収めたが、2クールでも第二期でも構成できるような幅は持たせている。永谷Pのプロデュース作品第二期って記憶にないが、今度は飛ぶ羽を得た乃絵の成長物語の「true tears」も見てみたいところ。

最終話は堀川さんの古巣のI.Gに仕上げを出している。アニメーション制作はスケジュール管理(行き着くところは製作費なのだが)がきちんとできて、情熱があればここまで出来る事を見せてくれた良いシリーズだった。制作会社としては珍しく地方にあるピーエーワークスが実力を発揮できた事も喜ばしい。バンダイビジュアルの永谷Pの担当作品は「sola」「もえたん」に続き大変満足なのだが、オリジナルに近い作品が多い関係か関連商品の展開が薄いのが惜しいところ。あまり商売っ気ばかりでも嫌なものだが、もっと強力な製作委員会を組んでくれればと思う。

音楽はeufonius の菊地創の劇伴を含めて高水準。
この作品のDVDは是非お奨めしたいが、バンダイビジュアルから他作品のブルーレイタイトルがリリースされ始めたので悩ましいタイミング。出ても何年か先だろうから気にしなくても良いが、この作画ならBDで見たい。

リフレクティアセカイノナミダtrue tears オリジナルサウンドトラックtrue tears 挿入歌&イメージソング集「Tears...for truth」

拍手

 RSSリーダーで購読する

true tears 第12話「何も見てない私の瞳から…」

麦端祭り本番を迎え、全部ちゃんとできるのか眞一郎。外見よりも意地の強い比呂美と見た目よりも脆い乃絵を前にして、踊りの花形としてのプレッシャーなど忘れそうな「true tears」は大詰めの第12話。
少し分かり合え、新たな歩みへ向かい始める兆しの比呂美と眞一郎の関係。
他人が決め付けたことでは飛べないし泣けない乃絵、踊りも絵本も自分の限界が怖くて踏み込めない眞一郎の苦悩は、シンクロし始めた。でも解決への道程が重なるとは限らない、それが青春群像劇らしい新たな悩み。

強度のシスコン兄、乃絵が純を想うより「もう少し好きだった」と純の告白。キスも家族の挨拶を越えて、唇に求める恋愛の対象として見ていた事を明かす。この原因が描き足りていないので、単なるシスコンに見える。契約関係で比呂美との関係を続け、乃絵の心を眞一郎に向けて離れさせる、自分が痛みを負わずに離れる打算的作戦。さらに悪く言えば乃絵を置いて東京に就職するつもり。
純のカタルシスが足りないし、乃絵の心の中から眞一郎に続き兄を消し去ってしまいかねない。それを受けての乃絵のショックは、演出でカバーしているが想像よりも薄く見える。こちらのルートは消化不良気味。
愛子x三代吉ルートは比較的さっぱり消化しているが、この人間関係のウェイト配分が群像劇の難しさだろう。

乃絵が視界に入ることにより、眞一郎の心が離れるのではないかとの比呂美の不安。
キス以上の肉体的な関係はないだろうが、比呂美の自信がそう言わせるのだろう「彼女は私です」
乃絵「綺麗よ、あなたの涙」
この一言で攻めの立場の比呂美が攻守逆転。単に守備に回り逸らすのではなく、本質に迫る乃絵の一言は比呂美に反論を与える隙はない。
自分の気持ちに素直になった比呂美が流す涙が、彼女の真実の涙。これは比呂美ルートのエンドだろう。踊りを終え乃絵を探す眞一郎を追うことが出来ず、下駄を片足脱いで幼い想い出に立ち戻るしかない彼女の限界に見える。

誰のためでなく自分のために踊り、飛ぶ。全部出来なくても、どこへ向かえば良いのか気付いた眞一郎。
飛べないニワトリの事も他人の気持ちも、何も見ていないことに気付いた乃絵。
木の上から跳んだような落ちたような乃絵と、駆けつけた眞一郎の物語で次回最終回を迎える。ヒロインが意識不明で眠るエンドは勘弁を…

リフレクティアセカイノナミダtrue tears オリジナルサウンドトラックtrue tears 挿入歌&イメージソング集「Tears...for truth」

拍手

 RSSリーダーで購読する

true tears 第11話「あなたが好きなのは私じゃない」

終盤を迎えて「true tears」第11話は不安定なシナリオ。「全部ちゃんとするから」と言いながらも、全然ちゃんとしていない眞一郎の心中を映し出し、どう転ぶのかもわからない。これは狙い通りなのだろう。
風呂上りの全裸で部屋干しのままのブラを足で取ろうとする比呂美から、一人暮らしを始めた開放感が伝わってくる。やっぱり青ボーダーパンツがお気に入りなのか…
朋与からの電話で「男も引っ張り込み放題」に「うん」と答える明るさと、眞一郎の気持ちを確かめた安心感がうかがえ、眞一郎との色違いのカップとベーコンエッグの朝食に急速に接近した関係が感じられる。
でも、防波堤で乃絵の姿を重ねる眞一郎に、封印するような想いを繋ぎ止めるような比呂美からのキスは、まだ眞一郎の迷いを感じ取っているから。

落ち着いたと言うか、また友達から歩み始めるのは愛子と三代吉。お互いのすれ違いをリセットして、リスタート。
石動純は契約をタテに比呂美との関係を続けようとするが、妹の乃絵のためと自己愛に満ちた目的を比呂美に看破されている。「あなたが好きなのは私じゃない」
帰宅しない乃絵を探す純からの電話。眞一郎への連絡を頼まれた比呂美の思いとどまるような素振りと、探しに出た眞一郎に思う暗い瞳。
眞一郎の絵本「雷轟丸とじべたの物語」を見て、眞一郎の心の隅には乃絵がいることは分かっている比呂美。「じべた」を飛ばせようとする乃絵にも、眞一郎の心の底に比呂美がいることは分かっている。
消し去ることなど出来ないにせよ、ちゃんとできるのか?眞一郎。

true tears 挿入歌&イメージソング集「Tears...for truth」
第10話挿入歌eufonius「そのままの僕で」、乃絵(CV:高垣彩陽)「アブラムシの唄」他、結城アイラ、伊藤真澄、yozuca*、アツミサオリ、kukui、Ritaが参加。

拍手

 RSSリーダーで購読する

true tears 第10話「全部ちゃんとするから」

「true tears」第10話。血のつながった兄妹ではない事を知った眞一郎と比呂美、安堵の心のつぶやき「兄妹じゃなかった…」
眞一郎の母の語りは狂言で済まされてしまった感もあり、ちょっと急ぎすぎている感じもあるけれども、これで救済には至らないのが「true tears」
比呂美は仲上家を出て一人で暮らす道を選び、愛ちゃんも「もう眞一郎の手は借りない」と卒業してゆく決意。踏み台と言うわけではないが、結局いつまでも飛べないのは眞一郎。
そして雷轟丸と眞一郎に飛ぶ事を託した乃絵、その乃絵の願いを叶える事が生き甲斐のシスコン純は救われない。
眞一郎の視線が比呂美に向いている事を知っていても、一瞬の喜びを消したり踊りを見られると表情に出したりと乃絵の情緒が安定しないこと甚だしい展開。
今頃気がついたが、乃絵の由来はノエルから?
恋人ごっこと承知しながらも、交換条件を盾に別れない純。
それぞれが自分のポジションを譲ろうとはしない中で、まだ真の救済は訪れまい。

絵的には引越しトラックを自転車で追う眞一郎と、車を止め駆け寄り転び重なる比呂美のシーンがハイライト。
このシーンのeufoniusの挿入歌「そのままの僕で」と、眞一郎のセリフ「全部ちゃんとするから」とベクトルがズレているような違和感はご愛嬌だ。
さて、「どのように」ちゃんとするのか眞一郎。

役者の演技についてはあまり触れていなかったが、ヒロイン3人の演技については特に何も感じないのはキャラと等身大に近いのだろう。上手いとも言えないが、不足はない感じ。
シナリオは悪くないのだけれど、次第に設定自体を語る設定で話を回しているようで停滞していると思う。

true tears 挿入歌&イメージソング集true tears 挿入歌&イメージソング集「Tears...for truth」

eufoniusの挿入歌「そのままの僕で」収録
乃絵(CV:高垣彩陽)の歌う「アブラムシの唄」収録
他の参加アーティストは、yozuca*、kukui、アツミサオリ、Ceui、他

拍手

 RSSリーダーで購読する

true tears 第9話「なかなか飛べないね…」

比呂美の救済から逆転、乃絵フラグ消失の危機に瀕した「true tears」第9話は、割り切り良く愛ちゃんの出番はない。眞一郎の三角関係の解消に向かうかもしれない。
一応は付き合っている形の純に無理を言いバイクを出させた比呂美。危険を承知でバイクで走る純には、そのクールな外見に似合わない必死さが内面に隠されている。交換条件と言え、そんなに妹の乃絵の願いを消さないようにしなければならない理由はまだ語られていない。

眞一郎の母から言われた「眞一郎の父があなたの父親と同じかもしれない」
仲上家に来たばかりの頃のこの言葉に封印した想いと眞一郎と乃絵の付き合いが深まる仲で、行き場を失った比呂美の心は平常ではない。
歪んだ関係の付き合いの果ては、スリップ事故に謹慎・停学。
バイクの二人をタクシーで追いかけた眞一郎が比呂美の無事に安堵して抱きしめる自然な振る舞いに、純粋な乃絵の心が反応しないはずはない。

優等生の比呂美の事件の噂から取っ組み合いの喧嘩をする眞一郎を、仁王立ちで睥睨する乃絵様。
眞一郎の絵本の雷轟丸もなかなか飛ぶことが出来ない理由は眞一郎自身にあることも、ズバリ見抜いている。「あなたが飛ぶところは、ここじゃない」
飛び立つ場所、高さ10mの崖の限界を何か自分が持つ制約に置き換えて語っているわけではないと思うが、眞一郎が飛び立つのは比呂美の下がふさわしいと婉曲に語る。
乃絵が一旦身を引いたように見えるけれども、そんなに単純な展開でもないだろう。最後の救済に求められるものは眞一郎の涙かもしれない。

眞一郎の母が比呂美に言ったのは嘘だと認めたわけだが、比呂美のことが相性が悪いと言うだけでは嘘の動機も単純すぎるし、バイク事故を契機とは言え比呂美を理解しようと距離を詰める変心も伏線がないから理解しにくい。やはり眞一郎の両親と比呂美の両親の過去の付き合い、比呂美が仲上家に引き取られた経緯を語るシーンを待たねばなるまい。
何も考えずに書くと、比呂美と眞一郎の母は似たもの同士で良く似ている。実の娘だなんてオチでも驚きはしない。逆に眞一郎が養子だったりしてね。

true tears vol.1true tears vol.2true tears vol.3true tears オリジナルサウンドトラック

拍手

 RSSリーダーで購読する

true tears 第8話「雪が降っていない街」

行き場を失った比呂美が望む「雪が降っていない街」
仲上家に引き取られた時の雪の記憶と眞一郎の母の言葉が重なり、比呂美の心が軋み出した「true tears」第8話は、降り続く雪が街の景色とキャラの心象をを彩る。

愛ちゃんからの不意打ちのキスと告白に、幼なじみお姉ちゃん&親友の彼女以外ではないと速攻でフラグへし折る眞一郎。彼女の想いと勇気を「忘れるから、なかったことに…」とは乙女心をわからないも甚だしいが、高校生男子を等身大に投影するとあながち間違いでもないだろう。
三代吉の想いを婉曲に断り退路を絶ち、眞一郎とのワンチャンスに賭けた、ヒロインの中ではいちばん生身の「女」を感じさせる愛ちゃん。このまま淋しく終わらせるには惜しいが、どうするか。

ひとまずスクエア関係から、一本へし折ってトライアングル関係に逃げた眞一郎は乃絵との関係を急加速。Aパートは劇伴の「リフレクティア」に乗せて、眞一郎と乃絵のラブラブスペシャル。
しゃがんだ眞一郎を抱きしめる乃絵の肩越しに見る空。中断していた絵本も雷轟丸をモチーフに執筆再開の眞一郎と続きを楽しみにしている乃絵。
眞一郎の踊りの晴れ姿と絵本の完成を「冬の終わり頃には」と期待する乃絵が期限を切っているのが終盤の伏線のような気もするが、今は純粋すぎる恋愛のさなか。
「もっと、もっと好きになってもいい?」
この天使のような笑顔に、比呂美が毒を吐く気持ちもわからないでもない。

その比呂美の折れそうな心と気持ちの行き詰まり。
眞一郎の母親が写真から切り取った比呂美の母の顔やアルバムを燃やし、邪険に比呂美に当たる理由は明かされずに引っ張ったまま。「おとなしそうな顔をして簡単に男の心つかんで」と夫と息子が比呂美に篭絡されているようで面白からぬ様子。
愛ちゃんとはまた違って過去の事情も含めて「女」の情念の深さを感じさせる比呂美だが、眞一郎の母から受けた仕打ちを他人にしている。
朝の洗面所で眞一郎に「仲いいのね、石動乃絵と」と軽いジャブ。
「そんな無邪気な顔で眞一郎の気持ち掴んじゃう」と乃絵にストレート。

乃絵の兄の純も謎の態度が続くが、フリースロー勝負で勝った比呂美が聞き出せたことは、過去に付き合った乃絵の男の数はゼロ。そして純はシスコン。
もう一つは比呂美とは眞一郎から頼まれたから付き合っているが、交換条件の眞一郎は乃絵と別れられては困ること。妹の何らかの事情で、時間が限られている事をうかがわせる。

外面は美人で勉強もスポーツも優等生な比呂美の内面は追い詰められていたのか、「ここに来たのが間違いだった」と眞一郎の母に言い返して家を飛び出し、乃絵の兄の純を試すかのように雪の街にバイクを出させ「雪が降っていない街」へ。
眞一郎の母の言うように母親と同じで「男たらし」の小悪魔なのか、屈折した気持ちがそうさせるのか。
彼女の過去と仲上家の関係が明かされるまでの秘密だろう。

true tears オリジナルサウンドトラックtrue tears vol.1true tears vol.2true tears vol.3
本編はもちろんだが、オープニングだけのためにDVDを買ってもいいかと思わせる

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]