忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「我が家のお稲荷さま。」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

我が家のお稲荷さま。 第24話「お稲荷さま。初詣に行く」(最終話)

年の瀬から新年にかけて高上家に起きた事件を解決し、登場人物一同の大団円を迎えた「我が家のお稲荷さま。」最終話の第24話。
クーが高上家の大掃除などにこき使われているように見えた、天狐玉耀。兄弟(姉妹か)の天狐空幻を封じられた憎しみをまだ引きずっているのか、天狐玉耀の企みにより高上兄弟を誘拐して祠に封印。意趣返しのつもりなのだろう。
天狐としての誇りを忘れたかのように、人の世に馴染んでいるクーを叱責する流れの方が気持ちよい気もするが、「家族」をキーワードにシナリオを展開してきた。

天狐玉耀を軸に事件を回す前半だが、あまり出番も伏線も無かったから話に馴染みにくい。
玉耀に「高上家には近づかない」と約束して三槌家の祠に戻ったクーを呼び戻しにゆく展開。食い意地張ったクーには天の岩戸作戦で祠の外でお汁粉作り。
もう少し頑なに高上家に帰るのを拒むかと思ったクーだが、呼びに来てくれるのを待っていただけかも知れない。クーの葛藤が描けていないから、尺をつないだだけのパートに過ぎないのがもったいない。

初詣から高上家鍋パーティーへの流れで、月読や槐が登場しないのは仕方ないかと思うが、Cパートでシロちゃん(白鬼)の様子には触れてもらいたかったなあ。天狐玉耀を加えた程度の大団円オチでは物足りず。
昇への新年の挨拶、美咲の「今年はよろしく」と紅葉の「今年もよろしく」の違いにポジションの差が見えて可笑しい。六瓢を見た美咲が「呪われている」と看破したとおり、高上家って女難の家計なのかも。

長い2クール全体を通すと、原作と乖離することなくシナリオが書かれていたと想像するが、シナリオをなぞる点に注意が行き過ぎてしまったように感じる。陰陽五行バトルなど添え物で、ご町内人外ハートフルドラマとしては成功していると思うけれども、バトルや葛藤が薄い分、キャラが充分に立たない恨みがある。残念キャラ、妄想キャラとして佐倉美咲は予想外に可愛がられていたと思うけれども、サブヒロインのコウの活躍は後半ほとんど無しで、単にドジッ娘ときどきサカサエン程度に終わったのが惜しい。
登場キャラが多い割に、自分の持ち分を終えたら舞台裏で演技していない、演技させてもらえない感じのキャラクターが多い印象だ。
まあ、この物足りなさや何事もなく終わるのがこの作品らしいところだろうし、岩崎良明監督作品らしくもある。

我が家のお稲荷さま。 キャラクターソングアルバム我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第参巻我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第四巻

拍手

 RSSリーダーで購読する

我が家のお稲荷さま。 第23話「お稲荷さま。だいえっとする」

狼人間編は残念な出来だったけれど、シリーズ通してみると盛り上がりもせず、かと言って破綻もせず、いかにも岩崎良明監督らしい「我が家のお稲荷さま。」
その23話は原作の短編に相当するのか、佐倉美咲ダイエットスペシャル。最初は単なる妄想ドジッ娘、掻き回し担当だと思っていたが、制作陣には愛されているキャラかも知れない。
超鈍感男の昇とは案外良いコンビ。美咲の健気さも昇のスルーっぷりで一層引き立つ。

季節はクリスマス後、冬休み前の年末。その割に慌ただしさを画面から全く感じさせないのも、お稲荷様ワールド。世間の動きとは関係なく、美咲の妄想と思い込みでこの世界は回っているかのような閉塞感ある構成は1話完結の話数では効果的かもしれない。
最大の事件は年末年始を前に、美咲の体重が増えたこと。
家計費節約を命じられたクーとコウも、美咲のダイエット大作戦に巻き込まれて話が進む。
成り行きで高上家でのダイエット合宿は、美咲にとって願ったり叶ったり。
お泊り準備をする美咲に勝負下着としてパンツ渡す思いやりは良いけど、そこはブラも揃えた上下セットで渡すだろうと、突っ込まずに入られない。
勝負パンツを使うまもなく、料理の準備や自分をさらけ出せない気苦労から、合宿明けはフラフラの美咲。合宿効果は出たようだけれど、自分を飾ってまで超鈍感男を振り向かせるのは大変。
何となくこのまま行きそうな、この先宮部紅葉との鞘当てもありそうな、美咲シナリオのプチエンド。

ダイエット中のコウは巫女装束の中にサカサエンはじめアイテム一杯。そのまま量れば、そりゃ重いわ。ドジッ娘も良いが、そろそろ護り目の活躍を見たいのだが。
普段見ないコウのジャージ姿やプールでの水着シーンは良かったのに、アイキャッチの出来が酷い。今回のグロスのクレジットはA-Lineだが、スタッフ見ると実質制作はスタジオマーク。ちょっと画が荒れている。

我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第参巻我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第四巻

拍手

 RSSリーダーで購読する

我が家のお稲荷さま。 第22話「お稲荷さま。パーティーにのりこむ」

宮部紅葉と狼人間編は、捻りもなくあっさり終わった「我が家のお稲荷さま。」第22話。
クリスマスパーティーへ昇を招待した紅葉の狙いは、宮部家当主の使いキヨマロによって簡単な伏線が話中で張られていただけで、動機の描写と謎解きのシナリオが弱い。
弟の透の血を吸いたいから、兄の昇を使って弟を呼び出す計画は、見かけだけ華やかなパーティーの空疎さと共に、その動機も薄っぺらい。
でも、パーティーにやってきた昇は天狐空幻のダミーの土人形で、紅葉に対する反応が無感情に見えたのは、種明かしされて見れば悪くない演出だった。

特殊な能力を持った紅葉の、父にかまってもらいたいが為の狼人間ウイルス感染騒動のオチは、どうにも子供じみている。そんなキャラだと思っていなかったから、紅葉の救済につながる昇のフォローも、スッキリしない。
学園のアイドルの華やかな裏側を、今まで伏線なしで来ているから、あまり今回のドラマで演じきれてない恨みが残る。学園エピソードの中で、もう少し昇やクラスメイトの中で紅葉の姿を描いていればと思うのだが遅かった。
保管係のパトロンが宮部家だった種明かしも、何も伏線として生かされておらず、もったいない。あまりにも緻密さに欠ける設定とシナリオが残念。

原作に準じたシナリオなのかもしれないが、物語に力がない。かと言って、ユルさも感じられない展開で、他のサブキャラの活躍のチャンスはない。天狐空幻への調査依頼主の保管係汨羅が動いたくらいか。

Cパートでの紅葉から美咲へのライバル宣言、キャラ作画の変化は唐突な感じで収まりが良くない。
手伝いの報酬に天狐空幻が汨羅から得た、白鬼の消息が救いか。

拍手

 RSSリーダーで購読する

我が家のお稲荷さま。 第21話「お稲荷さま。治療する」

終盤になってからの新事件は宮部紅葉がらみか?再び汨羅も登場して、狼人間騒動が展開するシリアス気味な「我が家のお稲荷さま。」第21話。
本編の絡み方からして紅葉編なのだろうが、意外や導入部の今回は超戦闘美少女佐倉美咲編で、いままでの不遇を多少なりとも挽回した回。

アバンでは高校用務員の拝一刀の夜警。女子制服やブラにパンツが廊下に慎みなく落ちている。女子生徒が狼人間に変身する前に、脱ぎながら廊下を歩く様を想像するとエロティック。やはり狼人間は着衣をバリバリと破りながら変身するのが王道だと思うけれど、変身シーンもなしで妙に慎み深い狼女。
狼人間が街中の噂になっているし、一体だけではないみたい。感染源が意図をもって流行させているみたい。それも狙いは高上昇なのかな。

汨羅は原因を察知してか、密かにワクチンを用意しているし、連携して天狐空幻も行動を起こしている。天狐空幻の怪しげなドリンクを疑わずに飲む美咲だが、このドリンクは昇の危機を感知して覚醒する薬なのだろう。
ギアス眼をした友人が狼人間に変身し昇を襲うが、誰かからコントロールされて昇を連れ去るように行動している。突如戦闘少女に化した美咲が割って入り、昇をお姫様抱っこして校舎3階からジャンプ。無事に天狐空幻もとへ送り届けて気絶。
天狐空幻のいない学校での監視役には、いつも昇のことを気にしてみている美咲が最適だったのだろう。
美咲を利用した感じがして印象が良くなかったが、きちんと天狐空幻のフォローがあるのは救い。
美咲へのご褒美は昇のおんぶで、少しいい雰囲気。

話の本線は宮部紅葉のクリスマスパーティーに昇も誘われた事。紅葉がやってきて教室で招待券を渡したのが、昇ではなく友だちの橋本緑の方。この時点からすでに不自然な動き。
その橋本が狼になって昇を襲っているわけだし、Cパートの夜の屋上で「必ず手に入れてやるんだから」と一人つぶやくのは紅葉だろう。
昇の前で一人暮らしを強調するあたりも、狙いがあってのことだろうか。
次回はパーティー本番にクーも乗り込むらしいが、事前準備も良さそうだから勝算ありか。白鬼編では活躍の場が少なかった天狐空幻のアクションが見られるだろうか。
シリーズ全24話と聞いているので、残り3話だと思う。この事件を解決して大団円エンドで終わってくれれば良し。

我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第壱巻我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第弐巻我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第参巻

拍手

 RSSリーダーで購読する

我が家のお稲荷さま。 第20話「お稲荷さま。再び旅行する」

第12話以来、また温泉回の「我が家のお稲荷さま。」第20話。
くじ運が良いのか悪いのか、焼肉目当てにクーが回した抽選器からは特賞の温泉旅行。前回懲りた面々は参加せずに、女クーと昇の二人旅。
パンフレットの華やかさが嘘のような、鄙びた山中の温泉旅館が事件の舞台。2時間サスペンスドラマに凝ってるクーの想像力を掻きたてる舞台設定に、いわくありげな宿の客たちに従業員と役者も揃っている。

今回は名探偵(迷探偵?)天狐空幻の独擅場だから、女クー役のゆかなスペシャルみたい。あちらの作品で強気の喋りが聞けなくなっているから、彼女のファンには良かったかも。
第12話と違い、今回の怪事件は妖怪や幽霊は登場せず。
流行らない温泉旅館を立て直そうと、地元に伝わる伝説をでっち上げて心霊スポットとして売り込む陰謀。仕組んだ番頭も若女将にも悪意が無く演出するのが岩崎監督の流儀だろう。原作もこんな感じだろうけれど。

悪くは無いのだが、本編の展開に関わらない番外編的な扱い。2クールあるし、原作もボリュームが無さそうだから、余裕ありすぎるアニメシリーズだと思う。
季節は徐々に動いていて、晩秋の装いだから、本編の次の事件への中休み回。しかし残り4話だとすると、もう終盤だから何らかの急展開があるだろうか。それともまったり、このままのペースで進むのだろうか。
グロス制作は、A-Lineがクレジットされているが、実際はアニメアールじゃないだろうか。

我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第壱巻我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第弐巻我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第参巻

拍手

 RSSリーダーで購読する

我が家のお稲荷さま。 第19話「お稲荷さま。芋を焼く」

「我が家のお稲荷さま。」第19話は、白鬼編を終えて短編的な貧乏神のお話。季節は秋のハロウィン、芋を焼く焚き火の暖かさも恋しい頃。
面倒見の良い高上家の「主夫」昇は、町内の子供たちを引き連れて、ハロウィンの仮装イベントへ。チャンスとあらば時を逃さない美咲も参加して、魔女っ子の姿。
ひたむきで妄想あふれる美咲にも、たまには良い思いをさせてあげたいと思ったのはCM明けのアイキャッチ見たから。美咲の妄想が悪を倒す「魔法少女美咲ちゃん」なんて作ってあげても良いかもしれないなどと、このゆるい作品を見ていると思う。

貧乏神を捕まえると賞金10万(ドン)を贈ると、商売の神様恵比寿のお触れで、町内の妖怪たちに混ざって、なぜかコウや透も10万に釣られて参加中。
一方の昇の方は、町内の子供に混ざって貧乏神もお菓子をねだって町内巡り。どうもこの貧乏神、無口で人見知りらしく、お菓子をもらえないでいるところを昇から分けてもらって懐いた様子。
久しぶりの拝一刀なども混ざった、貧乏神争奪町内ドタバタコメディをはさんで、ささやかな幸せオチ。たまたま貧乏神を連れて神社の恵比寿の前に現れた昇へ、貧乏神から昇への親切のお礼は、もらったお菓子相当の10万(ドン)の懸賞金と引き換え。700円相当の幸せと言うのが、このお話に相応しい。このささやかさが、この作品の魅力なのだろう。

A-Lineのグロス制作回。脚本:根本歳三、絵コンテ:下田正美、演出:岡村正弘
クーのバストが増量気味なのが気になる。
エンディングも変更。柴又十哉の作監だが、特徴的な絵柄。
歌はクー・コウ・タマの3人に変わったが、今さらなぜタマと思わなくもない。コウのピンでも良かった気もする。
次回、また温泉?予告を鵜呑みに出来ないので、見るまでは何とも言えない。

我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第壱巻我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第弐巻我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第参巻我が家のお稲荷さま。オリジナル・サウンドトラック

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]