忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「To LOVEる -とらぶる-」の記事一覧

To LOVEる -とらぶる- 第22話「戦慄!文化祭」

大和屋暁シナリオも相変わらずセンスないが、サブタイもどうかと思う「To LOVEる -とらぶる-」第22話。
話中に戦慄のエピソードなど何もないが、このシナリオを通したことが戦慄。
文化祭の準備が進む裏側ではヤミが暗殺の仕事を求めて延々と就職活動をしているが、冗長すぎ。アニマル喫茶のコスプレ姿だけでもピンポイントで輝かせた方が可愛らしいと思うのに。
文化祭の準備、しかも出し物が「アニマル喫茶」とくればワクワクするようなシチュエーションが用意されても良いと思うのだが、女子生徒のスリーサイズ測定が精一杯か。コピペのスポブラ姿でお茶を濁すだけ。

ちょっとピント外れだけれども一生懸命な唯から主導権を奪って、猿山に指揮を執らせた設定がよろしくない。唯へは春菜が一応のフォローを入れた形だが、昆虫喫茶の沙姫にしてもサブヒロインたちを貶めてスルーした展開は正義に反すると思うんだ…
猿山は犠牲を払ってでも主人公を輝かせないとならないポジションだと思うのだが、前に出すぎた設定が多い。そもそも、この話の主人公ってリトだっけ?巻き込まれタイプだとしても、主人公と言うならば学園祭といえども、もっと前線で戦わなければならないのに、傍観者的なんだなあ。
主人公もサブ男キャラも位置関係が中途半端。

盛り上がりもしない盛り下がりもしない、浮かばれぬままのアニメシリーズの落とし前はどうつけるのか、早く最終回を迎えて欲しいと思う。
少しでも良いところを見つけたいのだが、もう無理だと思う。
グロスはDANGUN PICTURES、悪くもないけど良くもないが、Bパートは止め絵ばかりで動いてない。
加戸監督、この作品をコロコロの読者層と同じに考えているんじゃないのかなあ。それなら、このセンスはわからないでもないけど、面白くないことに違いはない。変な宇宙人を出さなかった点だけ、今回は褒めてもいいかもしれない。

To LOVEる-とらぶる- ララ~アニマル喫茶Ver. 1/8組立済完全彩色フィギュアTo LOVEる-とらぶる- 西連寺春菜 ~アニマル喫茶Ver.~ 1/8組立済完全彩色フィギュアTo LOVEる-とらぶる-オリジナル・サウンド・トラック1To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その2To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その3DJCD 「ラジオTo LOVEる-とらぶる-~明乃・紗友里の彩南高校放送部~」Vol.2

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

To LOVEる -とらぶる- 第21話「結城亭血風録」

リトとララの旅館ごっこと赤穂浪士か…
15分尺で宇宙船やアイテムに気を配って玩具アニメに仕立てれば(スポンサーがつけば)、まだ可能性もあったかも知れないと思う「To LOVEる -とらぶる-」
敵宇宙人の登場は結構だが、どれもこれも魅力なし。悪でもグロでもサドだとしても、ヒーロー・ヒロインの相手に相応しい強さと品格を持たないものだから、それにマジに相手をするリトもララも、それに今回は援護するヤミやザスティンも敵と同じレベルに堕ちてる。こんなの倒しても美しくないでしょ。
敵のドラマも掘り下げていないで、やっつけでやっているから三文芝居。
ひょっとしてギャグアニメなのかも知れないが、自虐アニメとしか感じられない。

チャンバラを描く一方で、地球人の女子生徒の水着姿もやっつけで、止め絵を意味なく挿入して尺を稼いでいるのか、サービスカットのつもりか。前者なら同情もするが、後者なら監督は勘違いをしている。
春菜に至ってはパンチラ(アンスコだが)要員で、他に意味なし。お静さんも美柑も「出しとけ」程度。
クランみたいな巨大宇宙人やコピペ侍のシーンを描くなら、レギュラーキャラにきちんと仕事をさせて欲しいものだ。

地球一だ宇宙一だと言っているから、とうの昔に忘れたデビルーク王への誓いを思い出したリトかと思ったのに、本編では番頭さんですか。
たぶんスタジオジャイアンツの制作。脚本:千葉克彦、絵コンテ:DOJAG-A-GEN、演出:日下直義、作監:清水泰夫
次回は学園祭か。定番ネタで転けたら目も当てられないが、そんな可能性も高そう。次回のスタッフは脚本:大和屋暁、絵コンテ:西森章、演出:うえだしげる、作画監督:小山知洋・清水祐実
原作にある話だと思うが、大和屋センセイ、大丈夫だろうか。

ラジオTo LOVEる-とらぶる-~明乃・紗友里の彩南高校放送部~Vol.2To LOVEる-とらぶる- ララ~アニマル喫茶Ver. 1/8組立済完全彩色フィギュアTo LOVEる-とらぶる- 西連寺春菜 ~アニマル喫茶Ver.~ 1/8組立済完全彩色フィギュア

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第20話「爆熱少女マジカルキョーコ炎(フレイム)」

コミケやTBSアニメフェスタで忙しかったので、なんとなく後回しでもいいかなと思った「To LOVEる -とらぶる-」第20話の感想。録画は正常に出来ていたけど、この出来では見逃しても惜しくなかったかな。何も始まらないまま終末を迎えたテレビシリーズも久しぶりな気がする。原作コミックは評判良さそうなのにね。メディアミックスとして援護射撃にならないアニメだが、製作側はゲームや関連グッズを売る気満々で下品に鼻息が荒い。

マジカルキョーコ投入もテコ入れにならず、かえって「ハァ?」って言いたくなると同時に絶望感。キャラは良いけれども敵キャラもサブキャラもダメだから引き立たない。東映魔法少女のロケを西武線や東武線沿線商店街でロケしていた時代の、実写フィルムのチープ感は感じられた。
上石神井駅の南口から千川通りまでの狭い商店街で戦う、マジカルキョーコ炎(フレイム)の安っぽさはそれ以上かも。

絶望感の原因
・媒体にあらすじや本当の予告を流した事。シークレットで放送しないとインパクトが無い。
・通常のオープニングを流した事。そこまで徹底にしないと、スタッフ内輪受けに終わる。
・脚本もコンテも演出もダメ。キョーコの魅力を引き出していない。もしくはドジッ娘に徹底するか。
・バトルも動いているように見えるけれど、騒がしいだけ。
・アフロ宇宙人と家族の人情話にもならないオチ。ナベシン脚本かと思った。
・校長(署長)必要か?
・野沢那智の無駄遣い。キャスト数少ないから、帳尻は合うんだろうけど。
・何よりもキャラにも作品にも愛情が無いでしょう、この制作スタッフ。

加戸監督も、こんな半端なもの作らないで少年向け作品に戻った方がマシだろう。葦プロ時代に「ようこそようこ」や「ミンキーモモ」をやっているんだから、もう少し思い出しても良かったんじゃないだろうか。
今回はスタジオジャイアンツの実質制作回。
次回は期待…しない方が精神衛生的には良さそうだ。

ラジオTo LOVEる-とらぶる-~明乃・紗友里の彩南高校放送部~Vol.2To LOVEる 第3巻To LOVEる ワクワク!林間学校編(限定版) 特典 つんつんホルダーくん付きTo LOVEる-とらぶる- ドキドキ! 臨海学校編(限定版) 特典 「ドキドキちゅう☆下敷き」付き

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第19話「地獄温泉女宇宙人七色ポロリ」

世間一般の常識ではテコ入れの温泉回なのだが、入れる梃子も才能も持ち合わせないアニメーション製作委員会と制作スタッフでは何をやっても効果なし。独占免許の電波を使ってサイドカット・低画質・低品質の作品を垂れ流して無駄な資源を浪費するTBSこ省エネを語る資格なし。

絵は20年くらい前の少年マンガ、もしくは駄目な日アニ風。
制作はスタジオパルパル。この作風では萌え系に向かないだろう。ジャイアンツの方がマシに見える。
平日夕方にでも放送していれば、小学生男子は喜んだかもしれない。
肌色は多いけれども、それが何か?モグラのオチもひどい。「ポロリ」はサブタイ詐欺。キャラを生かし切れない。
費やす紙幅はあれど、記す内容がない。
次回も期待しないが、何も始まらないまま2クール垂れ流すアニメシリーズを終末まで看取る予定でいる。

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第18話「猿山がお土産」

猿山をフィーチャーするにしても、ちょっと良いお話で組み立てると途端に興ざめな出来になる「To LOVEる -とらぶる-」は第18話。バカキャラで弾けさせてやればと思うのだが、「宇宙人のお土産」にされること、その一点だけで展開しようとしても棒シナリオと棒コンテに棒演出、それに棒監督で話が全く膨らまない。猿山のおバカな行動に他のキャラの大多数は無関心、もしくはララのように無責任を装うしかあるまい。
宇宙ネコと猿山がそれぞれ織りなす独演を、他のキャラと視聴者は傍観するのみ。

このシナリオで1本構成するのは難しい。Aパートの冗長なバトルをララの全裸でお茶を濁し、父親不明の宇宙人のお土産に新巻鮭着ぐるみの猿山独演のBパート。
彼女になってくれれば「誰でもいい」という猿山に春菜がOKするのは解せないが、それでも唯一の救いはリトが侠気を見せて春菜を止めたこと。こんな時でないと素直になれないリトには困りものだが、アニメ主人公には良くある話。

傍観者に過ぎないキャラを沢山出してまで音響制作費をかけても、面白さにつながっていないのに…
原作コンテンツを食い潰しているとしか見えない。大変悲しい。
誰にこの作品を見せたいのか、集英社、エイベックス・エンタテインメント、ジェネオンエンタテインメント、XEBEC、TBSの製作者は猛省すべき。
監督:加戸誉夫、脚本:浦沢義雄、絵コンテ:DOUJAG-A-GEN、演出:日下直義、作監:清水泰夫

To LOVEる 第2巻To LOVEる 第3巻To LOVEる ワクワク!林間学校編(通常版) 特典 つんつんホルダーくん付きTo LOVEる-とらぶる- ドキドキ! 臨海学校編(限定版) 特典 「ドキドキちゅう☆下敷き」付き

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第17話「旧校舎の幽霊」

幽霊のお静ちゃん役に能登麻美子。「また能登か」と言われても仕方がないが、大沢事務所率高いキャスティング。好きなんだけどね、もう少しセーブしても良い気がする。
時候の旧校舎の怪談ネタ。ララ・春菜・唯にヤミも加えたレギュラーとお静ちゃん加えて、豪華なキャラなのだが上手く使えないんだなあ、この制作スタッフは。
シナリオ・コンテ・演出でキャラを動かすことは出来ても、自然とキャラが動き出すような躍動感と爽快感が感じられない。
タイムシートに乗っかって絵は動いているけれども、芝居しているようには見えない。
これだけ良い素材を手元に揃えながら、どのようにアニメーションの中で表現するのか、残念ながら制作者の情熱は伝わってこない。
たまには面白い回があってもいいと思うのだが?
A.P.P.Pのグロス制作だが、絵は案外良く描けている。
2クール目にエンディングは素晴らしくなったが、本編は低空飛行のまま。毎回のアイキャッチは良くできている。

To Loveる DVD第2巻To LOVEる ワクワク!林間学校編(限定版) 特典 つんつんホルダーくん付きTo LOVEる-とらぶる- ドキドキ! 臨海学校編(限定版) 特典 「ドキドキちゅう☆下敷き」付き

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第16話「ルンの突撃告白タイム」

メンバーに美柑を加えなかったのは大変不満だが、とりあえず水着回&ルンのお当番回だろう。
でもサブタイのセンスといい、大映テレビテイストなルンのアイドルへの道といい、わざと古くさいプロットを狙っているに違いない。
その狙いは悪くないものの、遊園地のプールでのルンの妄想ドタバタで1話引っ張るのはツライ。他のエピソードを組み合わせるか、さもなくばルンの回想で描いていたリトへのストーキングをAパート前半に振っておくのがわかりやすい。
ルンが唐突に「あなたを振り向かせたい一心で頑張ってきた」と言い始めた後に、男子トイレやゴミ集積所、ベッド全裸のストーキング回想でフォローしたが、タメが弱い。そもそもルンはリトの事を好きなんだっけ?

ルンも可愛らしく描けていたし、ゲスト的なヤミの水着も悪くない。リトにきつく言われた傷心ルンに絡む不良退治にヒロイン戦隊参上で、友情エンドで心温まるはずなのだが少し物足りない。
水着姿でリトに抱きついたルンがくしゃみをして、男レンに変身した2段オチでまとめると思ったのだが…
今回はアクタスのグロス。キャラ修出来てないカットが所々に。
脚本に物足りなさを感じるシリーズだが、それでも演出や作画、音響のトータルで盛り上げて欲しいと思うのだが低いレベルでバランスしているのは残念。このまま2クール流して終わりそうだ。

To LOVEる 第1巻kissの行方

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]