忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「To LOVEる -とらぶる-」の記事一覧

To LOVEる -とらぶる- 第26話「ララ」(最終話)

どちらのヒロインも選ばない+「私たちの戦いはこれからだ」と、がっかりのループオチで終えた「To LOVEる -とらぶる-」最終話。
地球の命運を握るというリトの障害物競走も危機感薄く、サブヒロインたちの最後のチームワークを見せたかったみたいだが、なぜか服だけ溶かす触手の餌食で恥辱プレイ。
この結果だけで「宇宙一の男」とリトを認める構成に無理がある。
仮想的のラスボス、デビルーク王も迫力なし。
たとえばデビルーク王が恐妻家で、奥さんに叱られて仕方なくとかであれば変化も見て取れるのだが、リトの勝利を認めるにしても、こんなものかと思えてしまう。

リトとララのいきなりの結婚式。ララのささやかな、それでいて最初で最後かもしれない大胆な父親への反抗。ゼロから頑張ってみたいと地球人から記憶を消す展開は、悪くはないと思う。
最終回、少し悲しげに幕引きしてもよいと思ったのだが、そんなことを考える制作スタッフや作風ではなかった。
発明品の記憶消去ツール「バイバイメモリーくん」は不発。成功したと思っているのはララだけだったか…いかにもララらしい。
全くの新人として転入してきたはずのララに、学校の皆は忘れているはずもなく「これからもよろしく」エンド。

アニメ独自のインスパイアもなく、キャラの魅力を引き出せたわけでもない。宇宙人を登場させたアニメオリジナル回は、最大の勘違いインスパイア。
コミック原作があって、その「アニメ化」というタイトルだけのために製作したのかと勘ぐりたくなる、そんなシリーズだった。
アイキャッチと2クール目エンディングは良かった。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

To LOVEる -とらぶる- 第25話「地球最後の夜」

最終回に向けてシリアスに振った展開は悪くないと思うけれど、人間関係の伏線がザルだったから心理描写も薄くて、リトの悩みや周囲の心配があっさりしすぎている。これは演出の狙いかもしれないが。
少年ジャンプの「友情」「努力」「勝利」のキャッチフレーズから、大詰めになって「友情」だけ引っ張り出して最終戦のキーに持ってきたみたい。それで何らかの「勝利」が得られたとしても、宇宙一の男になるためのリトの「努力」など見せられていないから、一歩引いて見るしかない。
第一「宇宙一の男」などという課題が曖昧すぎて、努力の表現しようがない。

その最終戦ももっと工夫のしようがあると思うのだが、巨大ツル植物をかいくぐってデビルーク王の宇宙船にリトが到達するか、失敗して地球が滅びるのかの二択。
単に触手プレイを描きたかっただけなのではないか?ツルに捕らわれてあえぎ声を出すのは女性市民だけだし…
制作者自ら空気読まないから、シリアスに徹しようもなく、このノリがアニメ版「To LOVEる」の作風だと納得するしかあるまい。部屋を訪れた御門先生に妄想とはいえ欲情するリト。この尺は美柑や春菜に譲るべきが大人の配慮なのに、微妙な力のいれ具合で御門先生プッシュするのは解せない。
キャラ作画はダメ。ちょっと引くと明らかに怪しいし、アップもキャラ修が効いてない。
アイキャッチとエンディングだけは良い。

最後になってから唯の活躍が見られるのも皮肉だが、次回も頑張ってもらおう。
次回予告のララのナレーションは地球から去るかのようだが、騙しだと推測。
リトが春菜に「たどり着いたら、本当の気持ちを聞いて欲しい」と死亡フラグ的なセリフを吐くが、最終話では他のヒロインたちも参戦して友情の勝利だろう。
最後くらい綺麗にまとめて欲しいところだ。

To LOVEる-とらぶる- ドキドキ! 臨海学校編(限定版) 特典 「ドキドキちゅう☆下敷き」付きTo LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その3To LOVEる-とらぶる- 2009年カレンダーコミックカレンダー2009 To LOVEる-とらぶる-

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第24話「はじらいながら」

この制作スタッフは中途半端というか、徹底できないね。
「コロット風邪」という都合の良い、ある意味では最終ツールを用意して、ララの日替わりキャラチェンジでツカミは良かった。でもドラマを作りたがる癖があるのか「アンドロイドで地球征服」とばかり、春菜や猿山たちまで引っ張り出して、尺潰しのレトロタイプロボットバトル。しかも同士討ちじゃあ燃えっこない。次回のデビルーク王の登場へ伏線をつなぐ意味はあったにしても、スカスカ。
「おバカ回」と呼ばれるくらい、キャラチェンジだけでかき回した方がスッキリしたかも。

「コロット風邪」は地球人には感染しないと言うけど、ならばこそヤミや御門先生にこそ感染していただいて、普段見せない性格でララと絡ませれば1話分のシナリオ書けるのに。
地球征服アンドロイドよりも、風邪っぴき宇宙人たちにリトや春菜が破廉恥に巻き込まれても面白いと思う。
キャラチェンジは、恥じらいの春菜タイプのララ、体育会系後輩、ツンデレ、お笑い芸人、そしてその地球征服司令官と、テンプレ通りの性格や外見で面白みはないものの、戸松遥の演技・ボイス見本としては良くできていたかも知れない。エロキャラにチェンジしなかったのは残念。

キャラチェンジで見せたララがリトを気にかかる気持ち。混乱の中、ドサクサ気味にララが好きだと告白したリトだが、御門先生の指摘通り最初のキャラが春菜コピーで、それがきっかけだとしたら春菜の代用品にしかならないと思うのだが、その感情をどう処理してシナリオを書くだろうか。

ワクチンが届くのを待つ尺、意味のない御門先生シャワーシーンサービス、Bパート後半はだるい出来。熱意ある製作・制作スタッフは盛り込みたいこと、やりたいことが多すぎて、尺に収めるために泣く泣く切ってゆく事が多いと聞くが、この作品ではそんなこともなさそう。予算があって2クール使えるから、何とかネタ集めて埋めてるだけかも知れない。間違っていたら指摘して下さい、「とらぶる製作委員会」の出資者の方。

次回はララを回収したデビルーク王の登場かと思ったが、総集編みたいな絵。騙し予告なのか、制作が間に合わないのかは知らない。
今回は相変わらずスタジオジャイアンツ制作。

To LOVEる-とらぶる- 2009年カレンダーコミックカレンダー2009 To LOVEる-とらぶる-

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第23話「猿山の大奥物語」

大事なことだから時代劇ごっこを2回繰り返したのかと思ったら、DVD乳首券発行を匂わせるだけだった、とても正視に耐えない「To LOVEる -とらぶる-」は第23話目。早く最終話にならないだろうか。レビュー始めた責任感だけで、今回もテンション低く感想書きます。

猿山の夢オチを何発繰り返せば満足するのか、このシナリオライターは。しかもララの発明品で強制的に夢送りにするのにはあきれてしまう。
その夢の出来事が面白ければ我慢も出来るのだが、TV時代劇モチーフに学芸会、いやそれこそ猿芝居。女性キャラたちの魅力も感じられず、以前も書いたけれど、その扱いにおいてもキャラを貶めているとしか感じられない。
猿山じゃなく視聴者こそ放送電波に乗った悪夢を見せられている事に、製作委員会は気づいていないだろう。
夢オチ繰り返す猿山に「またですか…」「やっぱり…」と言わせるあたり、制作スタッフは薄々は悪夢のような作品評価に気づいているのかも知れない。
打ち首にされかけた猿山だが、このシリーズに於いてそうされるべき誰かを暗示していると思っておく。
制作スタッフとスタジオ選定のミスとしか思えないアニメシリーズだ。製作プロデューサーの責任。

出番が何故か無いルンのアイキャッチが一番まともだった。

To LOVEる ワクワク!林間学校編(限定版) 特典 つんつんホルダーくん付きTo LOVEる-とらぶる- ドキドキ! 臨海学校編(限定版) 特典 「ドキドキちゅう☆下敷き」付き(2008年10月発売予定)コミックカレンダー2009 To LOVEる-とらぶる-To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その3To LOVEる 第3巻

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第22話「戦慄!文化祭」

大和屋暁シナリオも相変わらずセンスないが、サブタイもどうかと思う「To LOVEる -とらぶる-」第22話。
話中に戦慄のエピソードなど何もないが、このシナリオを通したことが戦慄。
文化祭の準備が進む裏側ではヤミが暗殺の仕事を求めて延々と就職活動をしているが、冗長すぎ。アニマル喫茶のコスプレ姿だけでもピンポイントで輝かせた方が可愛らしいと思うのに。
文化祭の準備、しかも出し物が「アニマル喫茶」とくればワクワクするようなシチュエーションが用意されても良いと思うのだが、女子生徒のスリーサイズ測定が精一杯か。コピペのスポブラ姿でお茶を濁すだけ。

ちょっとピント外れだけれども一生懸命な唯から主導権を奪って、猿山に指揮を執らせた設定がよろしくない。唯へは春菜が一応のフォローを入れた形だが、昆虫喫茶の沙姫にしてもサブヒロインたちを貶めてスルーした展開は正義に反すると思うんだ…
猿山は犠牲を払ってでも主人公を輝かせないとならないポジションだと思うのだが、前に出すぎた設定が多い。そもそも、この話の主人公ってリトだっけ?巻き込まれタイプだとしても、主人公と言うならば学園祭といえども、もっと前線で戦わなければならないのに、傍観者的なんだなあ。
主人公もサブ男キャラも位置関係が中途半端。

盛り上がりもしない盛り下がりもしない、浮かばれぬままのアニメシリーズの落とし前はどうつけるのか、早く最終回を迎えて欲しいと思う。
少しでも良いところを見つけたいのだが、もう無理だと思う。
グロスはDANGUN PICTURES、悪くもないけど良くもないが、Bパートは止め絵ばかりで動いてない。
加戸監督、この作品をコロコロの読者層と同じに考えているんじゃないのかなあ。それなら、このセンスはわからないでもないけど、面白くないことに違いはない。変な宇宙人を出さなかった点だけ、今回は褒めてもいいかもしれない。

To LOVEる-とらぶる- ララ~アニマル喫茶Ver. 1/8組立済完全彩色フィギュアTo LOVEる-とらぶる- 西連寺春菜 ~アニマル喫茶Ver.~ 1/8組立済完全彩色フィギュアTo LOVEる-とらぶる-オリジナル・サウンド・トラック1To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その2To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その3DJCD 「ラジオTo LOVEる-とらぶる-~明乃・紗友里の彩南高校放送部~」Vol.2

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第21話「結城亭血風録」

リトとララの旅館ごっこと赤穂浪士か…
15分尺で宇宙船やアイテムに気を配って玩具アニメに仕立てれば(スポンサーがつけば)、まだ可能性もあったかも知れないと思う「To LOVEる -とらぶる-」
敵宇宙人の登場は結構だが、どれもこれも魅力なし。悪でもグロでもサドだとしても、ヒーロー・ヒロインの相手に相応しい強さと品格を持たないものだから、それにマジに相手をするリトもララも、それに今回は援護するヤミやザスティンも敵と同じレベルに堕ちてる。こんなの倒しても美しくないでしょ。
敵のドラマも掘り下げていないで、やっつけでやっているから三文芝居。
ひょっとしてギャグアニメなのかも知れないが、自虐アニメとしか感じられない。

チャンバラを描く一方で、地球人の女子生徒の水着姿もやっつけで、止め絵を意味なく挿入して尺を稼いでいるのか、サービスカットのつもりか。前者なら同情もするが、後者なら監督は勘違いをしている。
春菜に至ってはパンチラ(アンスコだが)要員で、他に意味なし。お静さんも美柑も「出しとけ」程度。
クランみたいな巨大宇宙人やコピペ侍のシーンを描くなら、レギュラーキャラにきちんと仕事をさせて欲しいものだ。

地球一だ宇宙一だと言っているから、とうの昔に忘れたデビルーク王への誓いを思い出したリトかと思ったのに、本編では番頭さんですか。
たぶんスタジオジャイアンツの制作。脚本:千葉克彦、絵コンテ:DOJAG-A-GEN、演出:日下直義、作監:清水泰夫
次回は学園祭か。定番ネタで転けたら目も当てられないが、そんな可能性も高そう。次回のスタッフは脚本:大和屋暁、絵コンテ:西森章、演出:うえだしげる、作画監督:小山知洋・清水祐実
原作にある話だと思うが、大和屋センセイ、大丈夫だろうか。

ラジオTo LOVEる-とらぶる-~明乃・紗友里の彩南高校放送部~Vol.2To LOVEる-とらぶる- ララ~アニマル喫茶Ver. 1/8組立済完全彩色フィギュアTo LOVEる-とらぶる- 西連寺春菜 ~アニマル喫茶Ver.~ 1/8組立済完全彩色フィギュア

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]