忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「To LOVEる -とらぶる-」の記事一覧

To LOVEる -とらぶる- 第15話「密林のプリンセス」

ジャングルでの狩りの結果、宇宙一のハンターの称号とトロフィーを手にした春菜の勝利エンド。宇宙一の男を目指すリトの勝利の日は遠い。
ギアナ高地の地下深くにあるバローズ星の秘密の狩場が舞台として重要で、カーター王子の存在に大した意味はない。説明的なAパートを端折ると、実質はBパートの尺で十分なシナリオボリューム。Aパートで強いて残すとしてもプールの旧スクシーンくらいだが、シチュエーションとしては意味はないかもしれない。
そんな「To LOVEる -とらぶる-」第15話は、上げ底回。

残りはキングコングとアマゾネスを下敷きにして組み合わせた。
原作コミックでどのように描いている話数なのか知らないが、パロディならばオリジナルを少しでもrespectする点が見受けられないと、単なる学芸会シナリオになってしまう。
コングが手の中の春菜をのぞき込んだりするのは、常々フィギュアに対して穿いているか確認する我々の行為と同じ。ごもっともなのだが、あまりオタクを弄らない方がよい。
木曜深夜の番組が過密になってきたので、この話数を見て録画視聴を後回しにする踏ん切りがついた。2クール目に入っても低空飛行のままで、少しは本気を見たいところだが、無理なのだろう。
実質はスタジオジャイアンツの制作で回しているけれども、この話数のメインの春菜のキャラの修正は全然出来てない。良かったのは唯のアイキャッチだけ。
春菜のパンツはNGでも、アマゾネスの褌はOKの基準は不可思議。

オープニングでXEBECのクレジットの場面、ララの尻がぼやけて反射するカットはRONDO ROBE 2008 で見た時には割れ目くっきりだったので、それがDVDバージョンなのだろう。乳首スッキリでDVDセールスしようという商魂は認めるけれども、肝心のシナリオや構成は直せない。
そんなにひどいのか、ひどくないのか、原作に当たろうと思うのだけれども、そんな視聴者が他にもいると、コミックスのセールスには寄与するのかもしれない。
アニメの方はそろそろ面白くなって下さい、よろしくお願いします。今の打率は1割くらい?

To LOVEる-とらぶる 1 (1) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 2 (2) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 3 (3) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 4 (4) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 5 (5) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 6 (6) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 7 (7) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 8 (8) (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 9 (9) (ジャンプコミックス)
第10巻も近日発売To LOVEる-とらぶる 10 (10) (ジャンプコミックス)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

To LOVEる -とらぶる- 第14話「ふたりだけの秘密」

もう秘密のまま封印してくれても良いと思う「To LOVEる -とらぶる-」第14話。
アバンを丸々前話の回想シーンで潰すほど難しい話ではないはず。ララパパの「宇宙一の男になれ」などは別に深い意味があるはずも無く、勘違いしたリトの空回りシーンを見せるためのトリガーにしかならないはず。リトの努力と成長の物語に期待するはずも無い。

奥手の春菜とリトの一進一退を描くのであれば、終盤の全裸リトが春菜に体を重ねるところ、春菜姉の視点と落ち込むリトを見る結城家の視線を膨らませればよいのだが、それをしない。二段オチにせずに終わらせてしまっているのは、作り込む粘りが足りないのだろう。
淡白と言えば綺麗だが、投げっぱなしなのはよろしくないと思う。
公園デートの一連のシーンはプロットを時系列に並べただけで、あれほど尺を取る意味も感じられない。脚本の無意味さから伝わるのは、ある意味シュール。ある意味では10分で片付く脚本をエロエンドに向けて引っ張る、ひと昔前のピンクアニメみたい。
春菜のお当番回と位置付けるにしても、リトと春菜の1対1では1話すら構成できないのは予想できないのだろうか?サブヒロインは絡まずに、ララと美柑も有効に使わないで、直球一本勝負で来たがコントロールが甘い。せめて春菜の姉の秋穂でも上手く生かしてくれればと思う。

2クール目になってエンディングだけは春菜バージョンに切替えてきたが、その他に新味も無く後半への意気込みも感じられない捨て回に近い。
1クール目のエンディング曲をイベントと関連のない劇中に漫然と流すセンスには脱帽。

DJCD「ラジオTo LOVEる-とらぶる-~明乃・紗友里の彩南高校放送部~」第1巻To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その1To LOVEる ワクワク!林間学校編(限定版) 特典 つんつんホルダーくん付きTo LOVEる-とらぶる- ドキドキ! 臨海学校編(限定版) 特典 「ドキドキちゅう☆下敷き」付き

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第13話「宇宙一の男」

ララの婿殿を見るために地球に立ち寄ると言うララパパ。実はララパパの登場など何も描く必然性が無く、リトの偶然エッチの日常を描くための方便に過ぎない「To LOVEる -とらぶる-」第13話。
話中のエピソードの間延びが酷く、屋上でリトを誘った金髪女や御門先生、ララパパの関係は謎のまま。大和屋センセイはシリーズ構成に止め、脚本書かないほうが良いのではないだろうか?
「酷い脚本は絵コンテで直してしまえ」の法則も発動せずに、唯の緊縛悶えカットには学校の遠景カットが挿入されている。そそられる程度には声の演技がされていたので、DVDではパンチラくらいは見せる作戦なのだろう。
作画も低調でキャラ修正甘い。
脚本:大和屋暁 絵コンテ:DOJAG-A-GEN 演出:日下直義 作画監督:清水泰夫
スタジオジャイアンツの制作かな。AIC SpiritsやARMSの方が出来が良い。

イベントシーンも脈絡が無く、出せばいいやと刹那的な展開。
リトの夢でのヒロインズと全裸(乳房上にかかる雲もDVDでは晴れるのだろう)ハーレム、ルンのスカート内に顔を埋めるリト。
学校にも出没するヤミにルンの「パンツ丸見えだよ」の映像は脳内で補完してください。
ゴミ捨てに向かう春菜のバックカットは「ぱんつはいてない」感じ。穿いているとしたらTバックなので、こちらも脳内で補完してください。

サブヒロインたちも良いものを持っているのに、戦力の集中を欠いた戦術では威力も薄い。それだけに整合性は多少無くとも、力技で乗り切った前話の肉弾戦、総力戦はインパクトがあった。どうもそのあたりの勘所がプロデューサーに無いのかもしれない。
エピローグでの美柑のバックの絶対領域は良かったよ、それだけは自信を持って言える。あの結城家の日常にあるから、ピンでも光っている。

なんだか原作コミックの方が面白いのではないかと思い始めた今日この頃(読んだ事は無い)
コミックの販促に効果があるアニメかも。
止めに入ったララに免じたかララパパも引き下がって、リトの「俺たちの戦いはこれからだ」風に1クール終わり。次回予告は意味不明気味でカオス。

To LOVEる 第1巻DJCD「ラジオTo LOVEる-とらぶる-~明乃・紗友里の彩南高校放送部~」第1巻To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その1To LOVEる-とらぶる- ドキドキ! 臨海学校編(通常版) 特典 「ドキドキちゅう☆下敷き」付きTo LOVEる ワクワク!林間学校編(通常版) 特典 つんつんホルダーくん付き

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第12話「戦慄!体育祭」

オチが無くて頭の悪そうな展開に不思議と作品がマッチしていたが、原作ファンはどう思うかわからない「To LOVEる -とらぶる-」第12話。
小中学生が作品と現実とを混同しない事を願うが、その年代の男子の願望を反映した、有りそうで無さそうなボーダーラインのシチュエーションを上手く構成している。
借り物競争のリトが四つんばいの春菜の短パンをバックから引き下ろし、「かのこん」の「尾てい骨舐め」プレイを連想させるシーンは、ちょっと危ないかなあと思うけど…
「ララがダメなら春菜を食べればいいじゃない」とは行かないだろう、リト。

ララの羞恥の無い全裸は、こちらも慣れっこになってきたが、ララの怪しげな発明品を登場させるとシナリオや演出は楽だろうが、リトやクラスメイトたちをそれによって強制的に巻き込んで展開してしまうから、春菜や他のヒロインたちとリトの胸タッチや着衣・水着切断なども単なる他動的な偶然、世界ドッキリフィルムみたいで主体性が無いのが寂しい。
リトの設定が巻き込まれタイプ無自覚で、主人公なんてその程度で良いし、原作読者にも等身大に感じられるから、そうなるのは止むを得まい。
しかし、今回は天条院沙姫お嬢様も輪をかけて空気読めない飛び道具の「カッター扇子」など繰り出してララの上を行くから、収拾がつかない。
それでも体育祭の種目の進行でテンションが切り替わるから、単調にならないのが幸い。

高校に関係のない美柑やヤミが出ないのは残念だが、唯の扱いが悪いのは気のせいだろうか。
春菜の胸を揉んだり、保健室のベッドで重なったりと事故続きのリトだが、少しは春菜との関係も修復できたかな。元々お互いに気にし合っているのだから、寸止めの巻き込まれ事故さえなければ、もっと関係が深まっているはず。二人がくっつくとお話はおしまいだから敢えてしない。
全体としては素晴らしくも無いけれど、ひどくも無い、原作っぽいそれなりの展開に感じた。
画はアップのキャラは良いけれども、モブやヒロインの引きはダメ。キャラが多いとクオリティは厳しい。
脚本:下山健人、絵コンテ:アミノテツロ、演出:白石道太、作監:川村幸祐でAIC Spiritsのグロス。原画に牧竜見つけた。

To LOVEる 第1巻DJCD「ラジオTo LOVEる-とらぶる-~明乃・紗友里の彩南高校放送部~」第1巻To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その1To LOVEる ワクワク!林間学校編(限定版) 特典 つんつんホルダーくん付きTo LOVEる-とらぶる- ドキドキ! 臨海学校編(限定版) 特典 「ドキドキちゅう☆下敷き」付き

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第11話「金色の闇」

ここ最近の話数よりは面白く感じた「To LOVEる -とらぶる-」第11話。
ヤミ(金色の闇)がフェイトに似ているのは気のせいかもしれないが、あの宇宙人ラコスポのキャラは鳥山明から苦情が来ないか気になるところ。同じ集英社だから気にしないのか?この話数がDVDで差替えにならない事を祈る。
もうひとつ、主人公の殺害を目的に商店街や住宅地で凶器を繰り出して追いつめるシーンは、このご時世に微妙ではあるが、小うるさい方面からスルーされるように祈っておく。作り事のお話と現実を区別できないファンタジー脳の大人が多すぎる事が問題。

小言はさておき、なかなか良いキャラをしているではないか、ヤミ。
殺し屋なのに羞恥の表情への切替えギャップが良いのだろう。
福圓美里もロザバンの黒乃胡夢とも違って悪くない演技だったから、7月のストライクウィッチーズも楽しみになった。
初登場回での他のヒロインたちに比べてみたら、随分と扱いが良い。沙姫、唯、レン/ルンにはガッカリだったが、今回はスピード感もあり、校長ではないが想像力をくすぐるレイアウトの妙もあって退屈しない。
ボーイミーツガールのシーンでは、ヤミは鯛焼き食い逃げ【検索結果 約 7,290 件中 1 - 10 件目 (0.27 秒)】のお約束は実行せず。

校長の気合の息吹きかけにパンチラのヤミ「えっちいのは嫌いです」
似た事を言っていたアンドロイドメイドさんがいたが、これは割り引いて聞いておかないといけない。
それまでのヤミのスカートが翻るカット見てると「ぱんつはいてない」に見える。ヤミがTバックかGストでも穿いてれば、あの大腿の露出ゾーンも納得できるのだが、DVDでのハロ修正の結果は果たして?
ヤミに顔面騎乗された、リトのセリフでフォローしてくれれば良いのに…
ヤミへの依頼主宇宙人ラコスポは重要な役回りではなく、巨大カエルのイロガマ(そのまんまのネーミングだ)が重要。
「服だけ溶かす粘液」の発射がヤミには少ないんじゃないか?ララは全裸近くまで盛大に溶けてたし、リトはパンツ以外全部溶けてるのに、発射精度が悪くないか。ヤミのストライクゾーンを外している。

久しぶりにザスティンの活躍も見られたが結局はボケ役で落とされたり、いつもは空回りのララも本気モードのタコ殴りで決めたりとサブに回ったキャラも立っていた。
少し残念なのは春菜の使い方に無理があったか、リトとの絡みは中途半端な感じ。お互いに気になるのに一歩先に進めない晩生さは出ているから、今後に生かせれば良いだろう。
キャラ作画が、ちょっとね。アップは修正効いているけれど、引くとダメだった。背景も無機質だし。でもヤミのメインカットのレイアウトが優れていたから評価したい。

地球に残り、リトを狙いつづける事にしたヤミのデレと羞恥シーンに期待することにしよう。
次回はおっぱいチームの活躍が目立ちそうな、体育祭。それよりも美柑のお当番回、まだ?

To LOVEる-とらぶる-バラエティーCD その1DJCD「ラジオTo LOVEる-とらぶる-~明乃・紗友里の彩南高校放送部~」第1巻To LOVEる 第1巻To LOVEる-とらぶる- 金色の闇(1/8スケールPVC製塗装済完成品)To LOVEる-とらぶる- 西連寺春菜 ~アニマル喫茶Ver.~ 1/8組立済完全彩色フィギュアTo LOVEる-とらぶる- ララ・サタリン・デビルーク 制服Ver.(1/8スケールPVC製塗装済完成品)To LOVEる ワクワク!林間学校編(限定版) 特典 つんつんホルダーくん付きTo LOVEる-とらぶる- ドキドキ! 臨海学校編(限定版) 特典 「ドキドキちゅう☆下敷き」付き

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第10話「宇宙の女芸人…」

「To LOVEる -とらぶる-」第10話は、女宇宙人のステラ登場。ララのファンクラブ会長で、ララを宇宙デビューを口説きに地球へ。春菜にも目をつけてリトたちとの騒動を描く。
アニメオリジナル回らしいが、こんな濃い宇宙人キャラを出さずとも、既出のヒロインを起点に同じ話が回せるのではないだろうか。サブヒロインたちを早めに登場させたのに、使い方を知らないらしく、影も形もない。
アイドル探しならば既存ヒロインによるミスコン話でもやれば、各キャラの出番もあるのだが、一度に沢山のキャラを出さないのは制作が面倒なのか、音響制作費を抑えたいのか?
一般的にはxx編のようにメインのシナリオが何本か続いて、途中に番外編や温泉・海・プールが息抜きに挿入されるシリーズ構成が多いのだが、このシリーズはまだトレーラーや序盤のキャラ紹介に考え無しに番外編を突っ込んでるみたいな落ち着きのなさを感じさせてくれる。
キャラが出揃って本編が始まるのは、2クール目になってからのつもりなのかもしれない。

春菜がお色気担当、いじられキャラだと言う制作の姿勢は一貫しているけれど、今回は春菜の活躍で1話凌げた感じだ。ステラはいらないだろう。
この話数の骨格は悪くはない。
アバンではパンツ…ではないアンスコにスポブラ姿で迫る春菜をリトの夢オチ。
固まったステラのバックで進行する、洗濯する美柑にシャワーのララ、テレビゲームのリトと緩やかな(間の抜けた)日曜の結城家の光景。
女芸人姿の春菜を妄想するシーン。
ステラが捕獲しようとする春菜を救うリトの3連続シーンに春菜のパンチオチ。
基幹は良くても枝葉の膨らませ方に既視感が強いし、キャラ間の親愛や信頼が深まるでもない投げっぱなしエンド。あえてキャラ相互の感情に白黒つけない古典的なラブコメ構成だが、そろそろ飽きが来ている。

キャラたちが話の中で自然と動き出す面白さは期待できないだろう。制作者は面白がって作っているのかもしれないが、放映話数の中から感じ取る事は難しい。
またも次回は新キャラ登場だが、原作知らなくて言うがフェイトみたいな子との魔法バトルなのだろうか?使い捨てキャラでないことを祈ろう。

To LOVEる ララ・ドレスフォームビッグタオルTo LOVEる-とらぶる- 金色の闇(1/8スケールPVC製塗装済完成品)To LOVEる-とらぶる- 西連寺春菜 1/8組立済完全彩色フィギュア

拍手

 RSSリーダーで購読する

To LOVEる -とらぶる- 第9話「光星より愛を込めて」

ララは空気で春菜も美柑も出番なし、三木眞一郎の無駄使い、御門先生の微妙さに戸惑う。もう2ヶ月も放送しているが、ずーっとプロモフィルムを見ているようで本編はいつから始まるのだろうかと、つい愚痴ってしまう「To LOVEる -とらぶる-」第9話。
いちいちサブキャラをメインに持ってきてしまっては話が前に行かない。新キャラ紹介だけでキャラ同士の絡みも少ないまま、ここまで来てしまった。
シリーズ構成、誰だっけ…大和屋センセイか。各話脚本ならまだしも、シリーズ構成としてはどうなんだろうか。企画も甘い。

サブタイはウルトラセブンの「遊星より愛をこめて」のリスペクトなんだろうが、あの未放映話をこれで補完したなどと制作側が思っているわけではない(と思いたい)。ピカリーとやらはセブンというより、スペクトルマンみたいなキャラだったけど。
ララの婚約者を自称する、宇宙人当て馬キャラをメインにしても無駄だろう。
過去の婚約話の真偽は別として、ララも昔の男には冷たい…
御門先生も保健医なんだから保健室特有の身体測定イベントなどがあってもいいのに、リトにララが騎乗しただけ、それも2回使いまわしってのは無気力感が伝わってくる。
シナリオの薄さをコンテと演出で尺を引き伸ばしただけだから、実際はAパートで済む程度の内容。ギャグと微エロをシーンをきちんと挟んでくれば1話闘えたはずなんだが。
叩くつもりはないけれども、製作者・制作者の作品への愛が感じられない。サブタイが自虐ジョークのようだ。

確実に褒められるのは美柑のアイキャッチだけとは。
作画もイマイチ。
セルDVDだけ乳首解禁商法も感心しないけど、この作画とシナリオではセールス厳しくないだろうか?
そろそろ温泉でも海でも修学旅行でもやってテコ入れしてもらいたいが、次回はまた新キャラ?それとも春菜触手プレイ?

関連グッズだけは沢山出ますね…
To LOVEる-とらぶる- 金色の闇(1/8スケールPVC製塗装済完成品)To LOVEる-とらぶる- 西連寺春菜 ~アニマル喫茶Ver.~ 1/8組立済完全彩色フィギュアTo LOVEる-とらぶる- ララ・サタリン・デビルーク 制服Ver.(1/8スケールPVC製塗装済完成品)To LOVEる-とらぶる- ドキドキ! 臨海学校編(限定版) 特典 「ドキドキちゅう☆下敷き」付きTo LOVEる-とらぶる- ドキドキ! 臨海学校編(通常版) 特典 「ドキドキちゅう☆下敷き」付きTo LOVEる ワクワク!林間学校編(限定版) 特典 つんつんホルダーくん付きTo LOVEる ワクワク!林間学校編(通常版) 特典 つんつんホルダーくん付き

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]