忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「喰霊-零-」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

喰霊-零- 第12話「祈 焦 ―いのりのこがれ―」(最終話)

番組タイトルの「零」が示すように、原作のbeforeにフォーカスを当てて構成された「喰霊-零-」もラストの第12話。原作の時系列につなぐためのエンディングと、2年後の神楽の姿は予想通り。予想通りであったことに落胆しているわけではない。
この最終話の戦いで神楽が姉と呼んだ黄泉を倒すまでの心揺さぶるドラマは素晴らしかった。結末が予想されながらも飽きることなく見つづけられたのは、ギミックな第1話の仕掛けに始まり、制作側の面白くしようとする力が感じられたからだろう。
上松範康の劇伴や挿入歌のクオリティも高く、ドラマを盛り上げてくれた。音響効果も色々考えられていて、細かいことだが次回予告での神楽と黄泉のユニゾンは雰囲気が出ていた。

黄泉によって壊滅に近い状態の環境省対策室。岩端さんとナブーの片方と神楽だけ。紀之は姿をくらましたが、神楽のピンチを救い出し自らが手を下せなかった黄泉の倒滅を神楽に託すことになる。黄泉を倒すのは、お互いの望みの果ての結末を宿命として強く想う者ではないと難しいと言うことだろう。
決心をつけかねていた神楽も紀之の話から黄泉が自分を殺して欲しい望みを知り、また黄泉も「妹」の神楽を守る望みに気付き、戦いは終わる。
戦闘シーンは相当頑張っていて、コンテも作画も見せ方としては文句ない。これまでの二人の物語が収束した美しい幕引き。
黄泉を倒した神楽の心の震えが白叡を開放し、今まで苦手としたカテゴリーDを一掃。退魔師としてもう戻れない神楽の慟哭を遠くからフォローする岩端さんとナブーのセリフが渋い。
メインヒロイン二人の輝きだけではなく男性キャラもしっかり描いている事も、少女の過酷な宿命のドラマに深みを与えてくれる。

2年後の光景で原作につながるのだろう。意外だったのは死亡したと思った神宮寺室長は入院中ながらも健在。さらに驚いたのが桐ちゃんの記憶障害か幼児退行状態。室長を姉と思っている。頼むから「私を姉と呼ぶな」なんて桐ちゃんに言わないで下さい、室長。いや元・室長。
対策室の室長は老女風の姿。少し大人になった神楽は退魔師を続けて、コンビを組んでいるのは弐村剣輔らしい。ヤッチンとミクは高校も同じみたい。紀之は占い師家業。岩端・ナブーコンビは対策室にいるみたい。
三途河も目的はわからぬが、まだまだ戦いを続ける模様。
無事に原作につないだようだ。
神楽・黄泉編とも言うべきこのシリーズから、原作準拠の神楽・剣輔の物語もアニメ化するのかはわからぬが、実現するなら期待したいと思う。

脚本:高山カツヒコ、コンテ・演出:あおきえい、作監:牧野竜一、栗田新一、川村幸祐、河野悦隆、渡辺るりこ、堀内修。渾身の作監修正で満足できるレベル。
この最終話でDVD購入に決心がついた。
喰霊-零- 1(限定版) [DVD]喰霊-零- 2(限定版) [DVD]喰霊-零- 2(通常版) [DVD]喰霊-零- 挿入歌&イメージソング集「百合ームコロッケ」TVアニメ「喰霊-零-」キャラクターソング Vol.1 神楽&黄泉
TVアニメ『喰霊-零-』キャラクターソング Vol.2 神宮寺菖蒲(相沢舞)&二階堂桐(土谷麻貴)
TVアニメ「喰霊-零-」ドラマCD

キャラソンのペア、狙ってるな… ナブー兄弟デュエットキャラソン希望

拍手

 RSSリーダーで購読する

喰霊-零- 第11話「運命 乱 ―うんめいのみだれ―」

父に助けられたものの、心の迷いから黄泉に止めを刺せなかった神楽。父の遺志と殺生石、喰霊・白叡を受け継ぎ、黄泉との決着へ心新たにする、クライマックス直前の「喰霊-零-」第11話。

自由に行動するラングレンを使う黄泉は体に自由が効く。土宮父の操る白叡は強大な力ゆえか、鎖でコントロールしなければ戦わせることも難しいのか。鎖を利用して黄泉を縛ったところまで良いが、やはり神楽は黄泉に止めを刺せなかった。
室長と桐が合流して抑えたものの、形勢逆転した黄泉が土宮父を斬りつけ止めを刺す寸前までいっている。殺生石に増幅された憎しみが黄泉をそうさせるのだろうが、止めなければあの場で土宮父を殺していた事だろう。桐への恨みも垣間見せているが、紀之とのデート偽装を根に持っていたのかもしれない。

殺生石の強大な力に無敵状態の黄泉だが、素の自分に戻る不安定な瞬間もある。我に返った時には自分の首を撥ねようとしても死ぬに死ねないのは殺生石のせいか。今回姿を見せない三途河だが、最終話では黄泉の殺生石と関わってくるだろう。
対策室の観測点を次々に潰し、残る対策室メンバーと向かい合う黄泉。ラングレンとの戦いでナブーの片方は死亡、岩端さん両目をやられたようだ。
黄泉との直接対決では爆死させたと思った隙に、逆襲され室長を庇った桐は死亡か。悪霊化した婚約者を自らの手で殺した過去を想像させる室長のシーンもあったが、もうちょっと前回までに触れていても良かったかな。桐のプライベートも。
完全武装の車椅子と捨て身の攻撃も、黄泉には敵わず。

重傷とはいえ一命を取り留めた形で、父から娘への殺生石と白叡の相続が自宅で行われるシーンを作ってきた。現場で即死の設定ならば、お努めの宿命に縛られた父娘の運命を噛み締めながら、最後の安らぎと別れの場面は見られなかったことだろう。父との死別にも自らの宿命を心に秘め、再び立ち上がる神楽の凛々しい姿を見ることが出来た。
神楽の最後の戦いへのはなむけは、マイケル師匠謹製の舞蹴拾参號(マイケル13号)。
対策室の仲間のほとんどに、肉親も失った神楽を褌姿のマイケル師匠が見送る光景も悪くない。
神楽の魂は、彼女にとっては今も「姉」である神楽に届くだろうか。
室長は絶体絶命のピンチ。ヘタレたままで終わるか、紀之。
どのような結果でも、最終話の結末を見届け、受け止めたい。

コンテ・演出は大槻敦史、作監に前田明寿、制作はXEBECのグロス。さすがにジャイアンツには出さずに本体のメンバーで、作監補が石原満、高見明男、岡勇一ら沢山。

今期の作品の中ではDVDを買いたいと思わせる最有力の1本。
喰霊-零- 1(限定版) [DVD]喰霊-零- 1(通常版) [DVD]喰霊-零- 挿入歌&イメージソング集「百合ームコロッケ」
TVアニメ「喰霊-零-」キャラクターソング Vol.1 神楽&黄泉
TVアニメ「喰霊-零-」ドラマCD

拍手

 RSSリーダーで購読する

喰霊-零- 第10話「悲劇 裏 ―ひげきのうら―」

三途河に殺生石を埋め込まれた黄泉が病院を出て、一時姿を隠すかと思ったが意外にもすぐに復讐に動く「喰霊-零-」第10話。ここで第1話から第2話の北池袋から数寄屋橋、日比谷の共同溝の事件に時間がそろう事になる。
2回目に使うシーンが多いから、制作面では楽だっただろう。Webラジオでは最終話のコンテ(あおき監督?)が上がっていないと伊藤プロデューサーが言っていたが、納品はギリギリになるのだろうか。
単なる使い回しではなく、第2話で触れられなかった紀之サイドの物語が見られたのは良かった反面、彼の真面目さとヘタレさに憐憫の情が湧いてくる。少しは格好いいところもあるけれど、目の前で黄泉に斬られる桜庭を見殺しにし、自分は黄泉の憐れみに救われた、いや見捨てられたように見える。殺される価値もないのか。それともやはり紀之は殺され、悪霊化するオチでもあるのか?黄泉の無実を解く鍵を見つけたようなことを言っていたのだが。
この黄泉とのシーンでは、紀之の葛藤のドラマが良く出来ていた。

既に冥を殺し、煮詰まってきた憎しみの果てに、家督の問題で自分の運命を狂わされた叔父を殺し、そして対策室メンバーの前に現れた黄泉。もう少し周囲の戸惑いと黄泉が直接行動に出るまでの内面を描いてから、このパートにつなげて欲しいとは思う。少し性急過ぎて、岩端さんじゃないが「何て一日だ」と言いたくもなる。しかし残り2話だから、ゆっくりしてもいられないのだろう。

三途河に逃げられたものの神楽の危機に黄泉の前に現れた土宮の当主、神楽の父。
憎しみの果てに暴走する黄泉の救済はできるのか?
黄泉に「意気地なし」と蔑まれた紀之の活躍を密かに期待している。でもハッピーエンドは訪れない気がしてならない。

喰霊-零- 挿入歌&イメージソング集「百合ームコロッケ」喰霊-零- 1(限定版) [DVD]喰霊-零- 1(通常版) [DVD]
「百合ームコロッケ」は即予約したが、DVD限定版特典のサントラが欲しいけど悩み中。「ストライクウィッチーズ」の例を見ると、角川のイニシャルプレス数は少ない見積もりのようだから難民になる可能性もあるし…
TVアニメ「喰霊-零-」キャラクターソング Vol.1 神楽&黄泉
TVアニメ「喰霊-零-」ドラマCD

拍手

 RSSリーダーで購読する

喰霊-零- 第9話「罪 螺旋 ―つみのらせん―」

命は無事だったとはいえ全身の腱と神経を切断、右目と咽頭にも傷を負った黄泉。彼女をひとおもいに殺す事なく、疎外と不信の中で黄泉の憎しみがゆっくりと熟成されるまで待っていたのだろう、三途河は。奈落に落ちる間際の黄泉と神楽の、いままで通りの姉妹でいたひと時がかえって悲しみを増す「喰霊-零-」第9話。

事件の事情聴取で、神宮寺室長は冥を殺した事を確認したものの、あまり認めたくはない様子。声が出ない黄泉の指サインでの返事もためらいがちだったのは、事実を話しても認めてもらえないと思っていたのか、それとも三途河にハメられていることを悟り、諦めているのか。
絵的には家督相続を恨んで冥を殺したと喚く叔父、紀之との婚約の破棄を告げにきた紀之の父、この二人の行動が黄泉にとってはインパクトが強い。
しかし内面的に重要なのは、頼りたい、助けて欲しいと思ったときに紀之が見舞いにも来ないショックがまず一つ。これがあるから婚約の破棄のダメージが大きい。
そして、紀之の事情を薄々知っていながら気を使って教えなかった神楽にも疎外感を感じた事と思う。その神楽が「黄泉がいなくても一人で立派にお勤めができる」(by神宮寺室長)ことも孤独感を増したに違いない。
養父の死から家督争いに始まり三途河の謀略と冥によって、運命によりお勤めが全ての生活、家もお勤めの生活を奪われた黄泉の心は、神楽によってかろうじて保たれている。

世話をする神楽に対して、黄泉は嘘をついている。
「黄泉は憎しみで人を殺したりしないよね?」その問いかけは、命乞いをする冥を刺した憎しみの記憶を蘇らせる。黄泉がその記憶を心に押し込める限り、三途河の格好の材料であることに変わりはない。
席を外した神楽の隙に、殺生石を持つ三途河が登場。傷を修復する殺生石の力に、三途河への憎しみよりに先に、喜びに震えエクスタシーが全身を駆け巡る黄泉の表情。黄泉の全身を舐めまわすような殺生石プレイの絵はエロティックだが、黄泉の恍惚の表情から痛みや悩みが消え、心に残った「純粋」な憎しみだけが見える。この先の善悪の概念は別にして、現時点で彼女が得たであろう安らぎと救済が表現された良い演出だ。Cパートで石を埋め込まれた表情は怖かったけど。108箇所の刺し傷痕が消えると黄泉の煩悩も消えるのだろうか。
家柄も組織も彼女を救済できないなか、それが殺生石だという皮肉が終盤のドラマを味わい深くさせてくれることだろう。

微かにつながっている神楽との絆がいきなり途切れるとも思えないので、「妹」として愛した神楽との決定的な亀裂が待っているのだと思う。
退魔師一族や対策室は完全に敵に回るだろうが、土宮雅楽と白叡の動き、それを受け継ぐべき神楽の対応が気になるところだ。第1話で特戦四課を潰した時点まで、黄泉が姿を消す場面があるのだろうか。

喰霊-零- 挿入歌&イメージソング集「百合ームコロッケ」喰霊-零- 1(限定版) [DVD]喰霊-零- 1(通常版) [DVD]

イメージソング集のタイトルが「百合ームコロッケ」か…買うしかないな。エレガファンとしても。

拍手

 RSSリーダーで購読する

喰霊-零- 第8話「復讐行方 ―ふくしゅうのゆくへ―」

養父諌山奈落が殺された後、黄泉に悲しみが襲うよりも早く、叔父と冥の家督を巡る欲望がたたみかけるように彼女を襲う「喰霊-零-」第8話。おおむね予想されている範囲の流れだが、Cパートで一気にあそこまで駒を進めるとは思わなかった。
ひとまず神楽は1回休みで、黄泉中心に話が進む。

通夜の前の分家会議で跡目を取ることを一方的に宣言する叔父、当主代理は冥が務めると。
遺言にあったと叔父は言うが、黄泉の反論も逆に男と遊び歩いていたと責められ言葉を失う黄泉。
飯綱紀之の父も黄泉との縁談を白紙に戻すことになるらしい。
冥は悪霊になったと言うよりは殺生石の力で憎しみや欲望をエネルギーに三途河に操られているのは近いだろう。時々元の自分に戻る瞬間がある。
失意の黄泉に、本宅を移して来るから部屋を明け渡し神楽の部屋に移るように。そして神楽は家を出るように宣告する冥。輪をかけて宝刀獅子王を取り上げる冥。獅子王を取られると乱紅蓮も使えないことになる丸裸の黄泉。
追い込みかけるって、こういうことかという見本。

那須方面で発生した特異点、カテゴリーA。高速移動する火車を追う対策室処理班。
ヘリで防衛省の対策室も登場するが、環境省処理班を足止め。
黄泉を電話で呼び出したのは冥。眠ってしまっていた神楽の舞蹴拾弐號を持ち、バイクで那須へ。乱紅蓮を使い黄泉を仕留める覚悟。地下の大谷石採掘場跡での死闘。
冥が殺生石の力で斬られても復活すること、憎しみを露わに諌山奈落を殺したことを告げる冥。
この問い詰めの様な冥の呪いの言葉の数々がefにも似て、脚本は同じ高山カツヒコ。

石の力が切れたか我に戻り命乞いをする冥に「それ以上口をきくな」と冥の薙刀でひと突きした黄泉。
「あなたが私の最後の宝物」と、ついさっき神楽に話した黄泉とは別人になってしまうのか。彼女に芽生えた憎しみが増幅し、三途河に一瞬で殺された(?)黄泉は殺生石を埋められ操られることになるか。
このCパートの舞台は那須の殺生石だろう。

三途河の最終目的が何なのか、冥は黄泉を捕らえる捨て石のようだが退魔師の殲滅が目的なのか、別にあるのか。バチカンへ派遣された教授の息子だったと思うが、対策室に恨みでもあるのか、後半は黄泉と退魔師、対策室の関係は敵対へ、神楽との姉妹の関係も変わるのだろう。
制作はGONZOのグロス。「ストライクウィッチーズ」第8話グロスのお返しだろうか。でも出来はあまりGONZOっぽくない気もする。
脚本:高山カツヒコ、絵コンテ:林宏樹、演出:玉田博、作監:堤将生、輿石暁
上松範康の劇伴は毎回クオリティが高い。サントラがDVD限定版特典で付くらしいが、CDでの単発はしないのだろうか。サントラ目的でDVDを買うのもアリだが…

喰霊 -零- 全6巻セット 【限定版】 ※キャラアニ特典付き
喰霊-零- 挿入歌&イメージソング集
TVアニメ「喰霊-零-」キャラクターソング Vol.1 神楽&黄泉
TVアニメ「喰霊-零-」ドラマCD

拍手

 RSSリーダーで購読する

喰霊-零- 第7話「呵責連鎖 ―かしゃくのれんさ―」

退魔のハードなシーンと神楽と黄泉の日常の明るさが陰陽巧みに切り替えられ、単調さを感じさせない「喰霊-零-」も、この第7話は転換点。土宮家の家督を継ぎ悪霊に立ち向かう神楽の迷い、諫山家を継ぐ黄泉への妬みと謗りがあざなうように二人の心に影をさしてきた。
スク水クラスメイト二人の眼前で美鈴先生を斬り捨てた神楽。死者とは言え顔見知りを斬った呵責と、それを責めるクラスメイトのやっちん。墓参で出くわした神楽の涙での説明を聞くまでは「お努め」のことなど知る由もないが、なかなかキツイ。神楽の説明にクラスメイト二人は納得と同情か、お互いに抱き合うまでに理解し合えたのは意外。シナリオ的にはこの段階で神楽を突き落とすことはしないようだが、今回の理解が次回の一層の絶望のスパイスになるのではないかと少し恐れている。
神楽を巡っての演出では、新任の保健医が足の包帯を巻きなおしてくれるシーンが、死んだ美鈴先生のトレスで神楽の呵責を浮き彫りにしてくれると同時に、まさかまたこの先生も…などと一種の恐怖を与えてくれる。一つのシーンから多角的にドラマを見せてくれ、地味ながらも凝っている。
学園内を彷徨う神楽を追うカメラと静かに流れる上松範康の劇伴が、彼女の心象風景を映してくれる。

アバンでさっそく悪霊として復活した冥がBパートでの黄泉への刺客となる。
黄泉を諫山家の家督を譲る時期を早めるという養父の言葉が、冥を跡目にしようとする彼の弟のそねみ。その負の感情を栄養に、悪霊化した冥が黄泉に直接ではなく養父を襲う。
三途河に操られているのかもしれないが、間接的に黄泉を狙い退魔師たちと対策室を分断する戦略だろうか。
過日、嫌味を言って去っていった叔父に付き添っていた冥に何かを感じたあの時を逃していなければと思わせる伏線も効いている。
その事件現場を帰宅した神楽が発見する前のパートに、神楽と黄泉の稽古シーン、携帯も切ってオフの紀之とのデートを楽しむ神楽、夕食のメニューの会話などの明るい日常シーンを用意して、神楽の衝撃と黄泉の絶望を一層深いものにしている。また細かい事に、病院で待ち構えていた叔父が皮肉を言うのが神楽の呵責を増す効果がある。
第1話で全滅した防衛省特戦四課のナツキとトオルが墓参シーンで通りかかって、一瞬アレッ?と思ったが、時系列ではまだ元気だったんだと思い直した。合掌。神楽は二人に見覚えがあるらしい。

これで単純に黄泉が心の隙を突かれて悪霊化するはずもないと思うし、その直接の相手が冥とも思えない。二段三段のダメージにひび割れた黄泉の心に、意図せずに神楽が止めの釘を打ってしまうのではないかと、さらなる絶望に向けたシナリオに期待している。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]