忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「WHITE ALBUM」の記事一覧

WHITE ALBUM 第25話「他人が悪い。自分は悪くない。他人だけが悪い。自分だけが―」

閉ざされていた冬弥の記憶と女神との出会いが明かされ、スキャンダルと事件は形を変えつつ明星音楽祭へ向けて収束し始めた「WHITE ALBUM」第25話。
数話前までは拡散を続けて、着地点など霧の彼方であったのだが、ようやく26話で終わるだろう、終わらせるだろうことを実感した伏線整理の話数だった。それというのも急速に主要人物のポジションを獲得した神崎社長が音楽ビジネスの側面での伏線を入院中の理奈に語りかける形で整理し、冬弥の欠落した記憶は驚くべきことに元祖・女神のめのうが種明かしをする親娘競演となった。多くのヒロインたちは全話までに戦線を畳んで姿も見せない。シリーズ前半は強気だった緒方は一気に凋落して、脱税事件の重要参考人に成り果ててしまった。その分、神崎のフォローが光っている。やや良い人になりすぎな気もするのだが、理奈の根性と相性が良さそうではある。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

WHITE ALBUM 第24話「夜は何もしてくれないよ。色あせるのは太陽のせいだし」

森川由綺は緒方英二の女神になりそこねたのか、または由綺自身が女神であることを拒んだのか、M3プロと緒方プロを襲う同時多発スキャンダルの仕掛け人は田丸だけではなさそうだ。
収束に向かう伏線と依然拡散を続ける伏線が絡み合い、残り2話となっても落としどころを掴ませない。アイドルのスキャンダルに食らいつく芸能誌やテレビ、週刊誌の表紙に「財テク」という死語を見ると、浮ついて喧騒の一歩手前だったあの時代の空気が蘇るような居心地の悪さを感じてしまう。そんな「WHITE ALBUM」第24話。

拍手

 RSSリーダーで購読する

WHITE ALBUM 第23話「看病や手料理を期待して、風邪をひきたくなる。後の苦しみは想像もしない」

正月を過ぎ、大学入試やバレンタインデーの2月。ドラマの大きな流れは2月末の明星音楽祭のステージでの由綺と理奈の対決に向かっている。神崎サイドからのキャラクター相関も明らかになり、冬弥たちの過去の関わりも語られ出した。
そして冬弥の周りの女神たちも、終結に向けて別れの儀式に臨んでいるようだ。あのオヤジさえも。
結末を推測するのは早計だが、孤独な冬弥に寄り添うのは女神でない由綺のような気もする。もちろん孤独なままで物語を終える冬弥もありだ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

WHITE ALBUM 第22話「口べたで悩んでる?目で会話してみるといい、すぐにしゃべりたくなるから」

主人公の周りで女神たちが乱舞するドラマも22話目。大詰めは明星音楽祭での由綺と理奈のステージ対決を目指して進んでいると漠然と思うものの、この段階に至っても何の確信はない。
消えたと思った美咲ルートに田丸、平良木、そして松山めのうが絡んでメインラインを補完する体制になってきたり、マナはともかく、芸能関係に縁のないはるかの芽は消えたと思っていたが冬弥に体を開いた。女神たちの翻弄に戸惑いがあっても然るべきだが、その冬弥ははるかを救済するかのように取り繕う。独り取り残された理奈が冬弥にそこまで依存していたとは意外だが、次回は理奈のターンか、まだ美咲さんか。
記憶の限りでは冬弥は由綺を女神と呼ばず、彼の日常の一部分としか認識していなかったが、今はどうなのだろう。そんな冬弥の日常を守るために女神たちが体を張って居るようだ。その意味においては主人公は冬弥、メインヒロインは由綺で間違いはない。どんなに留守電だけの一方通行の会話ですれ違いが続こうとも。

拍手

 RSSリーダーで購読する

WHITE ALBUM 第21話「別れ道まで戻りたいと思う。右にすれば良かったって。後悔だけのそんな道程」

視聴者を幻惑する「WHITE ALBUM」も、おそらくは大きな一枚の絵があり、そこにドラマの全てが描かれているはずだ。
一枚絵をジグソーで切り抜き、ピースをバラバラにすることには飽き足らず、似たようなピースばかり並べて謎解きに淡い期待を与えたかと思えば、似てはいるけれども微妙につながらない断片ばかりを差し出して楽しんでいるかのようだ。このシリーズでの監督や脚本家たちは、芝居がかった自らの制作に陶酔しているかのように見える。
神の眼で鳥瞰するとパズルの完成は造作もないことかもしれないが、我々は当惑しながらもまだまだドラマに付き合わなくてはならない。望む声はそう多くないだろうが3期までやったってかまわない。

拍手

 RSSリーダーで購読する

WHITE ALBUM 第20話「恋愛は理屈じゃない。そう語り合う恋人達は、詩人、評論家、哲学者」

まさかの緒方回をAパートにもってきたが、その他は毎度フラフラしている冬弥を中心に女神たちが舞う「WHITE ALBUM」の第20話。
学生課の山本さんにフラグを立てるかと思ったが冬弥本人にはそんな気もないようで、ディナーを途中ですっぽかす不誠実さ。マナの母が芸能プロの社長と、情報が聞けたら後は捨てたような印象だ。
それにしてもいまさら美咲の事情を掘り下げるのか…さらなる伏線を回収する気があるのやら。
冬弥を駅で待ち伏せの上、アパートまで付いてきたあげくに勝手にシャワーを使いビールの買い出しにまで行かせるまのう。冬弥の連絡で彼女のマネージャーに引き取られていったが、「冬弥くん」と呼んでいた親しさから二人は幼なじみ説が浮上。主人公はそれを覚えていない設定は都合良すぎるが、珍しくもない。めのうの親しさに少し戸惑い気味な冬弥。

拍手

 RSSリーダーで購読する

WHITE ALBUM 第19話「飽きるから次に進めるという。大抵は、進む前にもう飽きてるみたいだけど」

冬弥とのキスをアッサリと告白した理奈のターンかと思えば、伏兵の松山めのうに流れが傾きそうな「WHITE ALBUM」第19話の展開。
シリーズ後半のエンディングに見る登場人物の過去の姿、前半で由綺が気にしていた冬弥との昔の話、はるかの亡き兄のことなど、冬弥の因業は現在にあるのではなく過去にある。病室でのオヤジと由綺の会話も過去に絡むことだろうか。
堕天された冬弥の記憶を揺り覚まし、新たな物語のページを書き進めるべく女神たちが入れ替わり立ち替わり訪れる物語のようだ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]