忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「WHITE ALBUM」の記事一覧

WHITE ALBUM 第9話「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言。」

幸薄い美咲さんのシナリオに区切りがついた感のある「WHITE ALBUM」第9話。
今話では由綺は重要な伏線を張ったようだが、理奈は姿もなく、はるかとマナも脇役を演じ、シナリオは迷うことなく美咲さんとの終幕に向けて突き進んでゆく。
学祭の演劇シナリオはパスしたものの、衣装・小道具の準備を押しつけられた美咲さん。あれだけ田丸の嫌がらせを受けながらも逃げない美咲さん。その理由がどこにあったのか、この舞台本番、正確には薄暗い照明室で演じられた芝居で全て明かされた。少なくとも美咲さんにとっては、自らの脚本全てが裏目となり呪いとなり降りかかった結末。

小道具の納品も、ゲネプロの舞台も決して一人では見ようとしなかった美咲さん。あれほど穏やかな人が感情むき出しに田丸とやり合うのは、本番の舞台を客席で冬弥と二人で見ることに拘ったからだ。
一人分だけでも有料でチケットをとろうとする冬弥に「よして、田丸君の言いなりになんか」と美咲さんこそ田丸のいいなりに見えて皮肉に聞こえるが、この日のために面従腹背で耐えてきたのだとすれば納得が行く。
席が取れなくとも、驚くべき行動力で倉庫の鍵を借りて照明室への進路を切り開く美咲さん。あくまで冬弥と二人で舞台を見るために。

彰の話を冬弥から振られて、逃げるような美咲さんの行動が立てかけてあった鉄パイプを倒し、舞台にもとどろく音響。そこで語る美咲さんの第4幕「不潔でよこしまな恋」に、彼女の気持ちが全て含まれている。
「きっかけは詩集・演劇台本・デザイン画・勘違いする・妄想が募る・後輩の彼女に嫉妬する・彼女の先輩に嫉妬する・彼女を裏切る・嘘をつく・後輩の友人の気持ちを知りながら受け入れることができない・なぜなら後輩は後輩に後輩を私を…」最後の言葉は冬弥の口封じのキスで止められてしまった。
それは嘘、シナリオを舞台に掛けるために冬弥を利用したと身を引こうとする美咲さん。それはキスをした冬弥へ送る免罪符にも見えるが、彼女の保身でもある。決して女神ではなく、いじましくも可愛らしい生身の彼女を演出するシーンだ。
今回の舞台シナリオ自体に今語った冬弥への想いの暗喩が込められているのか定かでない。ただ、冬弥に本番を見せたい、一緒に見たいと思ったのは自分の作品の成果を見てもらいたい以外の何かが込められていたのだろう。冬弥の気を惹き、同時に田丸を貶めるダブルトラップが美咲さんのシナリオに込められていたとは考え過ぎかも知れない。
照明室での事故で、図らずも美咲さんは冬弥一人のために自分のシナリオを自分で演じる、それこそ自作自演の最悪の芝居となってしまった。冬弥が去ったあとに現れた神父姿の彰からの告白、堕ちた女神には追い打ちを掛ける罰となった。彼女が自責の念から解放されるフォローを望むところだ。

あまりにも無自覚に接してきた冬弥だが、美咲さんに告白されてみて初めて悩む始末、そしてつぶやく「どうしよう、由綺」
その由綺とはスタジオでのぎこちない出会いのあと、学祭のステージに出演していたのに、またもすれ違う冬弥。由綺からの電話もすれ違い。そこで由綺が手紙に託す内容は何か?
楽屋で書き終えて、弥生さんの問いかけに「もう済みました」と吹っ切れた表情に、またすれ違いのドラマの予感がする。学祭ステージでの「お知らせ」と関係するのかも知れないが、そもそもお知らせの内容は作中では明かされない。クリスマスイベントだろうとは思うが。
美咲さんの区切りがついてもドラマは由綺へと向かわずに、次回ははるかの出番のようだ。

制作は銀画屋のグロス。コンテ・演出は岸川寛良、作監は岡野幸男、杉藤さゆり。
DVD/BDは「制作上の都合」で1ヶ月延発だが、きちんと仕上げてくれることを期待したい。
作中でマナの勉強部屋のシーンでラジオから流れていたが、中山美穂のカバー「ツイてるねノッてるね」が由綺のキャラソンとして収録されるようだ。原曲発売も1986年で同時代性を感じさせるし、同じキングレコードだから好都合なのだろう。
WHITE ALBUM キャラクターソング 1 森川由綺WHITE ALBUM キャラクターソング 2 緒方理奈WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray]WHITE ALBUM VOL.1 [DVD]

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

WHITE ALBUM 第8話「時間がないときほど、多くのことができる。やってしまう。もちろん、恋だって。」

「由綺はまだ手の届くところにいる」と理奈は冬弥に言うが、その「空気」のような日常の存在であったはずの由綺とは齟齬をきたしている。段々と距離が遠ざかりつつあるように見える二人。学祭前のゲネプロの準備に追われる美咲さんが、現在の冬弥の日常に見える「WHITE ALBUM」第8話。

由綺の対抗馬にしては人が良すぎるような気もする芸能界の先輩理奈だが、スタジオの駐車場でする冬弥との会話は、他のヒロインたちと比べて生い立ちや心情を最も掘り下げたシーンだ。
歌手引退後、緒方が理奈にかけた期待と、完成してしまった玩具に飽き始めたギャップに戸惑っているような理奈だが、表だって反発したりする様子はない。それは2年間の活動の成果に裏打ちされた絶対的な自信によるものだろうが、仮面の下に復讐心を秘めたりはしていないのだろうか。
由綺にかかりきりの兄と弥生にしっぺ返しの布石を打っているとは見えないが、冬弥への興味もその一つだとは穿ちすぎだろうか。直接的ではないだけに、思わぬところに打たれた石に冬弥も我々も気付いていないだけかも知れない。

緒方はさなぎが蝶に羽化する刹那を愛でたいがために由綺に入れ込んでいるのだろう。理奈が語る緒方からは、ナルシストでいわゆる「アーティストらしさ」が溢れる姿が見える。彼にとって変わらない「日常」などは罪悪。同じ由綺の歌声を聞いて緒方は可能性の煌めきに胸が苦しくなり、冬弥は変わらなすぎる「日常」、正確には「日常だった彼女」を感じて胸が苦しくなる。この相譲れない一線を越えて由綺が向かう先には冬弥が望む日常も永遠もない。

マナはこの物語のヒロインと言うよりは観察者のポジションに置かれている。はるかにとっては座敷童だそうだが、サブルート的に進むはるかの物語に観察しながらも関与している。但し、当初は事件の当事者が冬弥だとは知らないフシがある。
そして冬弥の恋人の「由綺」が「森川由綺」とは認識していない。
帰らぬ冬弥のアパートで「お兄ちゃん…」と泣いた前回から、夜の町をさまよい男たちに因縁をつけられるはるか。マナが偶然なのか尾行していたのか知らぬが、前回すれちがうカットがあったからマナにははるかに感じるところでもあったのかも知れない。
2年前の受験時に母が死に、折り合いが悪い父と離れて一人アパート暮らしで大学に入学した兄と言うのはマナの兄ではなく、冬弥の事を本人から聞いた上で比喩しているのだが、はるかへの気休めの言葉に過ぎないのだろう。自らの家庭環境の空虚さを埋める、自分語りだったのだろうか。それが冬弥に重なるとはるかが気付いたときには、マナの姿はない。

理奈の誕生日、冬弥はプレゼントを持ち理奈から渡されたスケジュールをもとにレコーディングスタジオへ。理奈のスケジュールは知っていても、由綺のスケジュールは知らない冬弥。それとも実は由綺のスケジュールを渡していたのか。理奈に試されたのかも知れない。
プレゼントを手渡すところを由綺に見られたバツの悪さ。理奈は平然としたものだが、久しぶりに会った由綺と冬弥の言葉は少なく、座る位置も遠い。

弥生さんも手紙や電話でストーキング被害にあっているようだから、彼女の掘り下げもあるかも知れない。
冬弥を送る弥生さんから、車中での「お仕置き」のキス。前回の「ご褒美」のキスには抵抗したが、舌と腕を絡ませる今の冬弥が心で詫びるのは由綺に対してではなく、帰りが遅くなることの美咲さんへの詫び。
ひびが入り始めた由綺との関係に、弥生さんが打ち込む肉弾攻撃のくさびは決定的な亀裂になるのだろうか。なかなか会えなくて「ゴメンね」と繰り返していた由綺だったが、今度は冬弥が「ゴメン」と負い目を背負いながら謝り続けないとならないのだろう。
非日常の弥生さんから帰った先には日常の美咲さんがいる。地味な彼女だが学祭イベントがらみでトラップが待っているだろう。気弱そうな美咲さん、イヤと言えない状況にハメられれば冬弥相手なら断らないはず。地雷でなければ良いのだが、由綺の電話に「家の手伝い」と誤魔化した負い目が吉凶いずれに転ぶか。

視聴率で桜団に負けた緒方プロ。アリーナイベントを譲って、逆転の秘策は何か?
由綺が理奈の歌を練習していることに関係があるのだろうか。理奈が緒方に話していたアイディアなのだろう。
WHITE ALBUM キャラクターソング 1 森川由綺WHITE ALBUM キャラクターソング 2 緒方理奈WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray]WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray]

拍手

 RSSリーダーで購読する

WHITE ALBUM 第7話「イメージはどんどん構築しなきゃ。ただでさえ、端から崩れてくものなんだから」

ヒロインたち、冬弥流に言うと「女神たち」が彼の日常に関わる様を描いてきた「WHITE ALBUM」だが、すでに折り返しの第7話になった。その冬弥の「日常」であったはずの由綺が、今では最も遠い場所にいる。彼の隣に生まれた日常のすき間に訪れる女神たちの物語。
単純に「誰々ルート」と構成しないで、パラレルに展開しているものの、はるかだけスルーされている。
アニメ公式サイトによれば今日2月15日は、はるかの誕生日。アパートに戻らない冬弥の名を呼びながら「お兄ちゃん…」と泣くシーンからは、兄を失った心の傷が深いことを示している。はるかのエピソードはこれから掘り下げるのだろう。

偶然の出会いで冬弥との関わりは見せてくれていたが、マナの家庭教師の本線が動き出した。美咲といたところを指摘するマナに、あれは由綺ではなく先輩だと笑う冬弥。マナの「それに私、由綺ちゃんの」で途切れた先は何だろうか。桜団のM&Mミュージックのことやら、音楽業界には詳しそうだが。
そして、案外と勉強はできそうなところも家庭教師の先生、冬弥に見せつけてくれている。
マナの家庭教師と言っても、不在がちな彼女の両親が遊び相手半分に派遣させているように思えてくる。

さて、舞台のゲネプロまでに衣装・小道具をそろえないとならない美咲さんの窮地。
ヒーロー冬弥の案で、彼の実家の父に場所とミシンを頼ることになるのだが、付き合っている彼女と勘違いされそうなところを否定しないとならない美咲さんの悲しさ。その気配は父親に伝わっても、罰当たりの冬弥にはわからない。
家庭教師のバイトに出かけるシーン、「エコーズ」で理奈を追うシーン、冬弥は2回美咲さんを見捨てた。二人で約束した「共同作業」もお預け。静かな怒りを秘めて、美咲さんの一人作業は間に合うだろうか。でも、一仕事終えた冬弥は、何事もなかったかのようにお節介するんだろうな。

「エコーズ」の隠し扉の奥には地下へ続く階段。理奈に連れられた先で冬弥が見たものは、広大な特別ルームと、そこで譜面をしたためる緒方。あの寂れた喫茶店の地下に秘密ルームを作らせたのは緒方なのだろうか。謎が多い、喫茶店のマスターの名はフランク長瀬。来栖川重工でマルチを開発した一族なのかもしれない。Leafには良くあること。
そして美咲さんとの関係を妙な誤解をされたまま、スタジオに拉致される冬弥。冬弥の弁解を緒方も理奈もわかっているのか知らぬふりなのか、曲解しながら追い詰め、反論の余地を潰してゆく技は見事だ。
理奈はまだ冬弥にご執心で、監視下に置きたい。冬弥に悪い虫がつかないように見張るのが由綺のためだとでも言いたげに。そして兄に、由綺とデュエット曲でもせがんだのだろうが、その狙いはわからない。
この欺瞞に満ちた関係も、スタジオで聴かされた「桁違い」の理奈の歌、才能に心動かされた冬弥の側から変わってゆくような予感で終わった。

デビュー間近な由綺には桜団の嫌がらせは続きそうだが、レコーディングスタジオで緒方の拍手と理奈のVサインに見せる安堵の涙が、このまま幸福の涙に変わるのか気になるところだ。
このアバンでの演奏が止まってからの静寂、調整室をパンしたカメラが理奈で止まり、見切れたところから緒方の拍手、敢えて間の悪いカットに仕上げて、緊張が解放される自然さを映している。一同が安堵の表情の中で、一人弥生さんだけが無表情なのが「らしい」

制作は、ぴぎーのグロスだった。少し癖があるけれどもまずまず。

WHITE ALBUM Vol.1 [Blu-ray]
WHITE ALBUM Vol.1 [Blu-ray] (Amazon)
WHITE ALBUM キャラクターソング 1 森川由綺 2009/4/1発売(Amazon)
WHITE ALBUM キャラクターソング 2 緒方理奈 2009/4/8発売(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する

WHITE ALBUM 第6話「悩みを忘れるいい方法。他人のトラブルに首を突っ込んでみるってのは、どう?」

由綺と会えないのは最近だけかと思ったら、大学に入ってからほとんど会えない冬弥。そんな彼を試すような弥生さんの「ご褒美」の肉弾攻撃。美咲さんが冬弥のヒーローアンテナに送る、強烈な庇護欲覚醒電波。このお姉様たちが感じさせる「女」の情念に立ち向かう冬弥の「WHITE ALBUM」第6話。

今のところ弥生さんは職務優先、冬弥に由綺のデビューの邪魔をさせまいとするだけで、精神的なシンパシーはなさそうだ。
演劇の公演に向けての美咲さんは問題を抱えている。冬弥たちが入学する前からの演劇部の田丸との男女問題を引きずったまま、台本を書き衣装に小道具の用意まで奔走する。
衣装デッサンの意見を求めに訪ねた冬弥のアパート。由綺から冬弥への電話を眠ったふりのまま聞いた美咲さんは、冬弥と由綺の関係が続いていることを再確認している。それでも冬弥からの手伝いの申し出を断らないのは、純粋な期待なのだろうか。田丸からのセクハラのトラウマも残したままで演劇部にこだわる理由は、その繊細そうな表情からは垣間見ることは出来ない。

買い物帰り、切り返しカットに見せる二人の表情は恋人同士。
すれ違いざまに二人に気づいたマナが後をつけるが、美咲を冬弥の恋人と聞かされていた由綺と勘違いしたのか、それとも由綺が恋人だとの冬弥の言葉を嘘だと思ったのか定かではない。
デビュー曲のレコーディングに手こずる由綺。彼女の日常は歌。そして彼女の女神は理奈かもしれない。
その理奈も冬弥へのアプローチはあきらめてはいない。冬弥が出なくても、ヒマをみては電話をかける理奈。これが一発大逆転への伏線になっているような気がしてならない。
次回は冬弥のアイディアが窮地の美咲さんを救うのだろう。だが、その行動は誤解により炎上しそうな気がしてならない。覚悟なく首を突っ込んだ他人のトラブルは、自分のトラブルとなって返ってくる。

由綺を暗喩で「日常」と彰が呼ぶように、1年以上前までは冬弥の隣には由綺がいた。その日常が非日常となってしまったいま、彼の日常は日替わりだ。入れ替わり立ち替わりする女神たちが彼に微笑みかけなくなったとき、この冬の物語も終わるのだろう。
WHITE ALBUM Vol.1 [Blu-ray]WHITE ALBUM Vol.1 [Blu-ray] (Amazon)
Blu-ray Disc TV WHITE ALBUM Vol.1 初回全巻購入応募抽選特典:発売記念イベント参加応募券付き(animate)
WHITE ALBUM キャラクターソング 1 森川由綺 2009/4/1発売(Amazon)
WHITE ALBUM キャラクターソング 2 緒方理奈 2009/4/8発売(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する

WHITE ALBUM 第5話「邪魔をするのが、近しい人間だけとは限らない。知らない人ほど、手厳しい」

由綺から引き離す代償に自分の体を与えようというマネージャーの篠塚、演劇の新作で追い詰められ助けを求める美咲さん、年上二人から攻められる「WHITE ALBUM」の第5話。

(篠塚)弥生さんのマネージャーとしての責任感は人一倍強そうで、過去に理奈に仕掛けられたスキャンダルや表面的な問題は一方的に解説してくれるからわかりやすいものの、彼女自身の本心は隠されたままだ。由綺の芸能活動のため万難を排するためだとしても極端だが、これくらいの毒を隠したキャラにして初めて行動に意味が出てくる。
由綺や理奈が冬弥に見せる「好意」ではなく、弥生さんの一方的で冷徹な「厚意」の押しつけである事が肝要だ。まだ今の段階では本格攻勢ではなく、胸を触らせキスする程度の小手調べ。本気ならば強制的にホテルに冬弥を拉致するところだ。
だが、今回の代替プランはそれなりに効果があったようで、由綺のためだと自分を納得させたか冬弥、由綺からの電話に敢えて出ない。ここでは字幕で「ゴメン」と冬弥が謝っている。二人が会えないことを謝っていたのは今までは由綺だったのに、二人の立場が変わった。
由綺の部屋で一夜を明かしたけれども、据え膳に箸をつけないままの冬弥。弥生さんへ牽制の口実を与えただけかもしれない。弥生さんは、あくまで二人の関係は自主的に考えろとの立場だから。
冬弥の「自主的」な行動、そこに由綺の想いが反映されているか、その有無で岐路が分かれる。

少し影が薄かった美咲さん。演劇の舞台台本の審査前、自信がないのか冬弥に感想を求めに。
冬弥が由綺の部屋で過ごした晩に、彼のアパートを訪ねたのは美咲さんだったか。運命の気まぐれ次第で美咲さんは冬弥と一夜を過ごす可能性もあった。
演劇部の田丸に美咲がした仕打ちとは?それを逆手に台本は認めてやるが衣装も小道具もゲネプロまでに間に合わせろと押しつけるだけの何があったのだろう。美咲さん、ハメられたのだろうが困窮して泣いて、冬弥に受け止める力はあるのか。
代替物の弥生さんの提案を振り払い、由綺のもとへ向かおうとする冬弥を引き止めた、その電話に逆に困惑する冬弥の次回は?

由綺の暗号のようなメモ、はるかは何故解読できたのだろう?むかし何かのエピソードが彼らにあって、冬弥だけが忘れているのだろうか。それともポケベルのコードか?
「パルテノン」の掃除道具部屋、あれは二重の隠し部屋になっているのだろうか。
冬弥を誘った理奈、先約が由綺ではないことに突っ込まないのが素敵。
次の句を継ぐ一瞬の間と、冬弥から「理奈ちゃん」と呼ばれた瞬間の少しキーが上がった返事。出番が少なかった理奈を強く印象づけた、水樹奈々の名演技だ。

吉成鋼のエンディングイラスト集、出版してくれないかな。

WHITE ALBUM Vol.1[DVD] 初回1~4巻連動購入イベント参加応募券付き(animate)

拍手

 RSSリーダーで購読する

WHITE ALBUM 第4話「想像を超えて分かり合えてるって、感じる時がある。逆の時も多いけどね」

携帯電話の普及していない時代設定を活用し、待ち合わせのすれ違いを描く古典的なシナリオ「WHITE ALBUM」第4話。客観的に見られる視聴者にハラハラ・イライラを誘うメロドラマの手法は、菊田一夫のラジオドラマ「君の名は」まで遡るのかもしれない。

土曜日、冬弥と由綺のデートの約束。早朝の理奈からの突然の電話は、由綺からの伝言として待ち合わせ時間の繰り上げ。由綺とのデート前に冬弥を借りようと、夕凪駅での待ち合わせは冬弥のいい加減な返事を鵜呑みにしてしまった理奈の失敗だろうか。でも大きなダメージは受けていないようだ。
冬弥と由綺の待ち合わせは、学校の最寄りの蛍ヶ崎駅。
理奈からの早朝の電話で寝ぼけていたにしても、冬弥の注意不足というか肝心のポイントに対しての集中力がないのか、待ち人来たらず。
攻略ガイド的に進めるとしたら10時に夕凪駅で理奈と会ってお茶、11時に蛍ヶ崎駅に移動して由綺と学校へ行くのが冬弥の正しい行動だろう。

しかし二兎を追って逃したものの、ニューヒロイン観月マナとフラグ立て。
マナとの出会いは偶然だろうが、マナの方は冬弥を知っている表情を見せる。でも冬弥には言わない。前回の家庭教師のバイトの流れとのつながりはわからない。
冬弥から逃げ痴漢呼ばわりまで、一連のマナの動きは丁寧に作画出来ている。由綺を待つ冬弥になぜ付き合ったのか、学校まで行ってすぐに帰ってしまうのも謎だが、マナのお当番回までの伏線だと思っておこう。他のヒロインたちが醸し出すトーンが重いから、相対的にマナの少女らしい無邪気さが引き立っている。その素顔はまだわからないが。

由綺とは典型的なすれ違いの一日。日暮れてから出会った彼女から、学校でデートしようと言った理由がようやく冬弥に伝わる。歌手になろうと冬弥に告げた思い出の場所が学校の校門だったから。でもこの二人、近くに住んでいることは知らなかったのも不自然だけれど、しばしば会話が空回りしているから、そうなんだろうと納得するしかあるまい。
シングルデビューを告げた由綺がマンションの部屋に冬弥を上げるが、この一夜がどうなるのか、寸前で冬弥がヘタレたり格好をつけると分岐が変わるだろう。このまま結ばれたとしても、歌手デビューする覚悟の由綺から冬弥への最後のプレゼントの予感がする。
理奈の好意を「オレに気がある」と自負していた冬弥も、理奈の工作を知ってどのような態度を取るか、相変わらず報われないパシリ役のはるかが絡むのか、1クールでどこまで描くのか注目したい。

深愛舞い落ちる雪のようにWHITE ALBUM  VOL.1 [DVD]
オープニング曲「深愛」を買いましたが良い出来です。視聴者に本編の予断を与えないオープニングアニメーションとマッチしています。
上松範康の曲に藤間仁のアレンジ。世界的アルパ奏者の上松美香が参加しているのはCDで聞いて初めてわかりました。兄と実妹に義弟(藤間仁は美香の夫)の上松ファミリーの強力なメロディーに、水樹奈々の切ないボーカルがマッチしています。Bメロはイマイチな感じですが、その直後のアルパで上手いことカバーされています。昨年からの上松範康とElements Gardenの活躍は、今年も勢いが衰えることなさそう。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]