忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「咲-Saki-」の記事一覧

咲-Saki- 第11話「悪戯」

「咲-Saki-」第11話、県大会決勝は中堅戦。清澄は久の出番だが、キャプチャーが少ないのは気のせい。対局の外ではエトペン騒動で衣の活躍?シーンだが、会場に到着してからなかなかチームに合流できない。咲の出番は仮眠室で眠り続けるだけなのだが、今回は眠っている咲に和が悪戯する場外プレイのお話だと思わせるのはサブタイが悪い。
エトペン盗難騒動や、龍門渕の中堅で両手チェーンの国広一の中学時代のイカサマなどを全てひっくるめてのサブタイだろう。

乗り違えた電車でさらに寝過ごすマホは、出オチ担当になってしまっている。駅のホームは見たところ塩尻駅のようだ。応援する和の副将戦までに会場にたどり着けるのだろうか。
試合は久の中堅戦。悪い待ちスジ、地獄単騎(地獄待ち)がゲンが良いのだろうが、対戦者の想像の埒外の分が有利なのだろう。回想シーンでは、デジタル打ちの和には理解されない場面があるが、対局のスタイルは生き方と同じで様々。長いスパンで勝率を上げる展開では、高校生活最後の大会になる3年生の久には時間がないこともわかる。それぞれのスタイルを崩すことなく、チームのベクトルを全国大会出場に向けてゆく細密な仕掛けが施されている。スポ根でもなく、日常学園アニメでもない絶妙なポジションを確立したようだ。

saki1101saki1102saki1103saki1104saki1105saki1106saki1107
saki1108saki1109saki1110saki1111saki1112saki1113saki1114

最下位に落ちた龍門渕。両手に枷をされた国広一もすり替えの誘惑を抑えて何とか挽回。中学大会の汚名返上となるか、後半戦の活躍にかかっている。前半戦終了までに風越が点を削られて、ほぼ横一線。すぐに泣き出す風越のキャプテンは、久の打ちスジを中堅に伝えていないことを悔いていたが、アドバイスは後半戦に生かされるだろうか。素人の次鋒が健闘した鶴賀は、鳴かず飛ばず。

会場入りしたものの、未だにチームに合流できないでいる天江衣。初めてのお使いのごとく、エトペンを和に届けようとするが、妨害されてぬいぐるみは壊れる。子供のように泣き出す衣だが、エトペンなしでは和も泣き出したくなるはず。
仮眠室で咲の寝顔に微笑む和だが、エトペンがいないことに気付いて会場内を探しに。副将戦を前にして、和にピンチが訪れるのだろうか。
小野監督の雑誌インタビューによると、県大会が終われば水着回が待っているそうなので楽しみに待ちたい。

咲-saki- 新オープニングテーマ bloooomin’(Little Non)
咲-saki- 新エンディングテーマ 四角い宇宙で待ってるよ (原村和,片岡優希,染谷まこ,竹井久,宮永咲)
咲-saki- ボーカルアルバム
saki1115saki1116咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD]Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 2009年 07月号 [雑誌]咲 -saki- 麻雀牌 ver.2.0

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

咲-Saki- 第10話「初心者」

県大会決勝の先鋒戦を終えて悲喜こもごもの各校の様子から、次鋒戦と中堅戦開始までを描く「咲-Saki-」第10話。次鋒戦では鶴賀学園の人数合わせ素人、妹尾佳織のビギナーズラックの波乱。
龍門渕の大将、天江衣も本格的な顔見世だが、藤田プロに愛玩物扱いされただけ。このお子様キャラの本番でのギャップが見せ場のひとつなのだろう。

試合も大事だが、咲と和の仮眠室でのベッドインはもっと大事。
二人がていねいにスカートをたたんだカットに、試合開始を告げる会場のアナウンスが乗り、これから仮眠室では二人のプレイが繰り広げられる期待が。この演出は狙っていたに違いない。手も恋人つなぎだし。でも二人はガチで眠って何も起こらず。
事件は和のエトペンがいたずらで持ち去られたこと。予選で当たったキャラの影の薄い学校(名前は忘れた)の仕業だが、それが天江衣の手に渡り、和に返すことになるが(藤田プロは、初めてのお使いだと言う)これも場外で波乱の予感がする。

saki1001saki1002saki1003saki1004saki1005saki1006saki1007
saki1008saki1009saki1010saki1011saki1012saki1013saki1014

先鋒戦後の龍門渕の井上に「楽しかった、また打ちたい」とのセリフを吐かせたのが、この作品の良心かもしれない。ヒールだが、麻雀へ取り組む姿は汚れていない。現時点では風越のコーチのスパルタぶりが目立つ。気楽そうに見える優希も、負けた悔しさの涙を同級生相手に見せずに、上級生の二人にだけ許す。それを察して咲の手を引き仮眠室に向かう和も、単に中学からの友だちという理由だけではない気遣いの細やかさを見せている。
各キャラクターとも大小何らかのトラウマや心のトゲを持っているが、シナリオは対局中のみならず場外でもフォローすることを忘れていない。

saki1015saki1016saki1017saki1018saki1019saki1020saki1021
saki1022saki1023saki1024saki1025saki1026saki1027

まこがメガネを外した次鋒戦。実家の喫茶店が雀荘時代から多くの対局をイメージ化して記憶する彼女。しかし定石などない鶴賀の妹尾の手には翻弄させられる。文字通りの初心者の妹尾の四暗刻で沈んでしまった。
優希とまこのすがるような視線に送り出された中堅の久。語られることのなかった彼女の過去は、全中のライバルだった風越のキャプテン福路が解説してくれる。当時の苗字「上埜」から現在の「竹井」に変わっていた久の事は、モニターで姿を見るまで気づかなかった福路。全中の試合も3回戦で棄権した久の過去は次回掘り下げられるにしても、その打ち筋に福路は怯えている。その警告は会場の自校中堅には届かない。清澄の逆転の目は、久の試合で見られるだろうか。

制作はアクタスのグロス。この作風のキャラ作画とは相性が良い。作監は内野明雄、原画に久しぶりに牧内ももこの名も見た。脚本は浦畑達彦だが、全話書く勢い。絵コンテに小滝礼、演出に矢花馨。
決勝戦の中ではつなぎ的な話数だが、試合の進行と天江衣のキャラ立て、咲と和のプレイなど、全体の配分、目配せが行き届いている。
冒頭に電車に駆け込んだ新キャラ、夢乃マホは和の後輩で応援に行くようだが、シリーズ後半で活躍の伏線だろうか。
2クール目のオープニング曲は、Little Nonにチェンジ予定。咲-saki- OP主題歌

咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD]Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 2009年 07月号 [雑誌]咲 -saki- 麻雀牌 ver.2.0

拍手

 RSSリーダーで購読する

咲-Saki- 第9話「開眼」

県大会団体決勝は先鋒戦、清澄チーム的にはタコス回だったが、終わってみれば魔眼開眼した風越女子のキャプテン福路美穂子がさらっていった「咲-Saki-」第9話。
鶴賀学園の先鋒はキャラからして目立つ気配もなかったが、やはり見せ場なしで終わる。東場で先行逃げ切りタイプのタコスの手の内を読んで鳴き、流れを変えるのは龍門渕の井上純。対戦直前にタコス(優希)のタコスを差し入れと思って食べてしまった井上は、食い意地が張っているのか巧妙な作戦なのか。決勝は半荘2回勝負なのに1食分しか持ち込まなかった優希も甘いのだけれど。
福路からもらった弁当のタコさんウインナーで復活する程度の「タコ」好きならば、タコスよりもたこ焼きを常用する方が手軽だと思うのだが…

saki0901saki0902saki0903saki0904saki0905saki0906saki0907

後半戦は京太郎が買いに出たタコスの補給で充電完了の優希。調子に乗りかけるけれども、相変わらず井上のチーに手筋を潰される。気分にむらがある優希の合宿の効果は、点数計算の算数ドリルによるものではなく、この本番では合宿中に言われた部長のひと言「立ち止まらず、一歩一歩進んでゆけば見えてくるものがある」
あきらめてしまえば簡単だけれども、団体戦は総合力の勝負。1点でも多く積み上げたほうが勝つ。
気合入れ直して優希が大股開くカットではアクセサリーの猫が驚いているけれど、「恋姫†無双」の鈴々の猫みたいだ。

ただ、この後半戦は魔眼福路が大活躍。前半では薄い気配で井上についていたけれど、流れを変えると一気に畳み掛ける。開いてみれば、彼女の眼はオッドアイだったんだ。
絶対の自信で力で押す井上と対照的。優希には敵に塩を送るようでいて井上の点を削ることが主目的であることはおろそかにしない。しなやかでいて、したたかな福路の打ち方が光っていた。
出鼻をくじかれた形の清澄だけれども、次鋒からの巻き返しが期待されるし、優希にとっては得るものが多かった負けだろう。
Cパートでは龍門渕のハギヨシが迎えに行った先で、天江衣が姿を現す。幼い外見の割には難しい言い回しをするギャップ。龍門渕チームの面々はテレパシー能力でもあるのか、今回は大将戦で当たる咲に天江衣のオーラが届いたようだ。

saki0908saki0909saki0910saki0911saki0912saki0913saki0914

撮影はGONZOから切り離され、キューテックへ売却された新会社グラフィニカがさっそく担当。実質はGONZOの一部門と変わりないのではないかと思う。3Dのサンジゲンはだいぶ前にGONZOから独立している。すっかり身軽になってしまったいまのGONZOに残るのは、この5スタとシャングリ・ラの1スタだけだろう。
DVD初回限定版第2巻の特典は抱き枕カバーだが、咲と和が全裸で抱き合う。抱き合っているキャラの抱き枕は新鮮な視点かもしれない。「きみある」や「アキカン」など最近のポニーキャニオンの特典は布モノが多い。第1巻につけるのが常道だが、間に合わなかったのだろうか。
メガミマガジン7月号も大変なことになっていて、表紙はおとなしいが折込版権はまるでゲーム化でもされそうな清澄高校麻雀部の脱衣麻雀対局。お約束どおりで和が全裸、しかも田中宏紀の原画だから興味のある向きは是非。他にも薄衣一枚だけまとった天江衣のベッドシーツ絵柄レイアウトの版権も。このまま販売店の予約特典にでも採用されそうな感じだ。
saki0915saki0916saki0917咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD]Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 2009年 07月号 [雑誌]

拍手

 RSSリーダーで購読する

咲-Saki- 第8話「前夜」

県大会決勝に進んだ4校。本命は龍門渕、雪辱を期す風越、大穴鶴賀学園、そしてダークホース清澄といった位置づけだろう。予選終了後、決戦前夜の各チームの様子を描くと同時に、久とまこの麻雀部での出会い、ネット対戦だけだった和が優希と出会った中学時代などを掘り下げる「咲-Saki-」第8話。これまでは咲が麻雀部に入部してからを追っていたから、他のメンバー同士の馴れ初めは説明が詳しくなかった。決戦前の整理とタメの回だ。
内容的には1話丸々引っ張らんでもと思うけれども、地味だった久の麻雀部の後輩に託す思いは細やかに描けているし、風越のキャプテン福路美穂子の過度な自己犠牲的思考も興味を引く。
何よりも無自覚なジゴロのような咲の一挙手一投足に、心揺らしドギマギする和の表情に多くの枚数を使っていて、制作スタッフから愛されているというかいじられているというか。電車の中では人目がなければ、眠った咲にキスしているに違いない。視線を泳がす和はスキを狙っているに違いない。

saki0801saki0802saki0803saki0804saki0805saki0806saki0807

鉄道は飯田線がモデルだろう。咲と和を囲むように乱舞する蛍も、沿線の辰野町が名勝地だからモデルにしたのだろうか。夜が早い田舎の風景と星空の雰囲気が良く出ている。あんな寂しい駅前にラーメン屋台もないとは思うが、街道筋のファミレス出すよりは良い演出だ。部活モノの大会帰りにはラーメンが定番。牌は右手を使っているが、ラーメン食べる姿から和はサウスポーだったんだ。

saki0808saki0809saki0810saki0811saki0812saki0813saki0814
saki0815saki0816saki0817saki0818saki0819saki0820saki0821

風越はホテル泊まり。スパルタのコーチと犠牲的キャプテンの組み合わせは不思議なチームだ。優勝を逃した昨年のメンバーが残っていることをコーチが嫌っているとの見方もあるようだが、コーチと部員の軋轢などはスポコンモノの定番。いかに本番で打ち勝つかを風越チームが見せてくれるのだろう。
しかし機械オンチなのか美穂子キャプテン。ケーブルに緊縛されて「らめぇー」とでも言わせてくれるかとの期待は裏切られた。GONZOなのに。ファティナと中の人が同じなのに。
龍門渕チームは天江衣をまだ秘匿している。予選当日は朝から晩まで寝ていたとの設定だが、決勝では出てくるのだろう。出ないとしても代打ちのメイド歩のオロオロ姿を見られるならかまわないけれど。
これまで鶴賀学園は露出が少ない。黒い妖気が漂うメンバーが勝利の秘策だろうか。決勝リーグのルールは知らないが、勝ち抜き戦だと最初に脱落するタイプのチームなのだが、未知の力で掻き回してくれるのだろうか。

saki0822saki0823saki0824saki0825saki0826saki0827saki0828
saki0829saki0830saki0831saki0832saki0833saki0834saki0835

次回「開眼」って、あの風越のキャプテンの魔眼が能力発揮して開くのか、びっくりして開くのか、波乱の決勝リーグになりそうだ。
第8話まですべての脚本は浦畑達彦。シリーズ構成とともに全話のシナリオを書くのだろうか。タメの回でも人間ドラマを抜かりなく描き、手抜きなし。
絵コンテに麦野アイス、演出は木村寛。作監は沈宏と菅井翔。
エンディングは元に戻った。
saki0836saki0837saki0838saki0839saki0840熱烈歓迎わんだーらんど咲-Saki- 1  初回限定版 [DVD]

拍手

 RSSリーダーで購読する

咲-Saki- 第7話「伝統」

「咲-Saki-」第7話は、初出場の清澄高校の第1回戦突破を和の副将戦を中心にAパートに、前年優勝の龍門渕と捲土重来を期す風越女子のシード校の対局やら思惑やらを中心の第2回戦をBパートに配した。
咲の対局は1回戦、2回戦ともに描かないで先のお楽しみと言うところだが、プラマイゼロで和了がる消極姿勢は失せて、強い相手との対局を心待ちにしているように描いている。天江衣も姿を見せないまま試合が進んでいるが、咲も天江衣も出し惜しみではなく、効果的な対局シーンの演出を狙ってのことだろう。

saki0701saki0702saki0703saki0704saki0705saki0706saki0707

清澄の第1回戦は和の副将戦。和の心理描写やモノローグは入れずに、実況アナウンサーと藤田プロの客観的な視点、のどっち=和だと疑っている龍門渕のお嬢様透華の主観あふれる描写で押し通している。和にライバル意識みなぎらしている透華お嬢様は、目立ちたい性格をよく表して賑やかだ。黒執事のセバスチャン改めハギヨシは慇懃に静かで、良い対照で透華を引き立てている。
観戦する清澄チームは、和の実力を信じているからか前面に出てこない。タコスは居眠りしてる。
部長は予選対策で、和にエトペンのぬいぐるみを抱かせている。自宅でネット麻雀を打つときと同じにリラックスさせるそうだが、絵ヅラからは肩こり防止のために巨乳を支えているように見えて仕方がない。それにしても対戦相手の3人はいかにも負けそうなキャラ。モブに毛が生えた程度で、変にキャラ立てないデザインが見事。

saki0708saki0709saki0710saki0711saki0712saki0713saki0714

小さい手で和了がる消極的な対戦をせずに、2順目以降は手が早い和の対局。
ケレン味あふれる演出で、和はのどっちに違いないとの確信を観戦する透華に与えて圧勝。同じ副将同士、決勝トーナメントで当たることになるのだろう。
咲の大将戦は描かなかったが、東福寺の46800点を削って圧勝のようだ。
昼食の休憩時間にわざわざ清澄チームを訪れた藤田プロがつぶやく、決勝に勝ち進んだ時の龍門渕高校天江衣との対局が、咲の麻雀生命を賭けた戦いであることを示唆している。
咲はスカート下の太腿の動きで心理状態を表す作法が身についたようだ。

saki0715saki0716saki0717saki0718saki0719saki0720saki0721

Bパートは伝統校の戦いを中心に、シード校の龍門渕と風越女子は2回戦から登場。
龍門渕は遅刻の天江衣の代打ちにメイドのあゆむにウサ耳つけて打たせる覚悟。ボクッ娘の国広一は透華専属のメイドだそうだから、メイドばかりで紛らわしいチームだ。
天江衣が来なくても、先鋒の井上純が蹴散らして終了。透華のワンマンチームではなく、それぞれが強い個性を持つ打ち手のチームのようだ。
風越女子は副将戦でネコ耳の華菜が圧勝するが、倍満振り込みそうになったのをキャプテンの指導不足とコーチにビンタされ、華菜も締め上げられるなど、古い体育会のノリのチームだ。
いつも左目しか開いていないキャプテンの美穂子の右目が開き青い光を放ったが、魔眼の娘なのか。まだ美穂子と華菜しかキャラ立っていないが、チームにわだかまる空気を感じさせる。

saki0722saki0723saki0724saki0725

絵コンテ・演出はセトウケンジ。作監は藤崎賢二・山本晃宏・斎賀政樹。
エンディングが新しくなった。コンテ・演出は金崎貴臣。曲は咲と和で「残酷な願いの中で」
和は胸のボリュームが圧倒的で、のどっちの印象もありドレスが似合っているが、咲がドレス着ると着慣れないのか女装子に見えて、それはそれで悪くない。いずれにしても二人の信頼と愛情(友情ではなく)が出ていて良いコンテだと思う。
saki0726saki0727saki0728saki0729saki0730saki0731熱烈歓迎わんだーらんど

拍手

 RSSリーダーで購読する

咲-Saki- 第6話「開幕」

合宿明けて、謎特訓の効果はあるのかないのか?
「咲-Saki-」第6話は、いよいよ県大会に臨む清澄高校麻雀部。
強豪校のキャラクターも登場し始めて画面は賑やかになってくるが、初出場の清澄高校は和が有名な程度で、団体戦としてはノーマークであることがわかる。
前年度の県大会優勝校、龍門渕高校メンバーもフルに顔見せしてしておらず、親善試合で藤田プロを破ったと言う天江衣も未登場。井上純とボクっ娘の国広一が和と咲にガンを飛ばすが、咲にただならぬオーラを感じるシーンを少し前の段階で見せている。龍門渕透華のキャストは、高飛車お嬢様役は珍しい茅原実里。
まだ前哨戦で腹の探りあいの様子。

saki0601saki0602saki0603saki0604saki0605saki0606saki0607

団体戦は先鋒にタコス。東場の勢いで他校はペース乱され、次鋒のまこはメガネ外すと人が変わるタイプか。中堅の部長の対局シーンは場外での和と咲と龍門渕とのさや当てシーンで見られなかったが、安い手で6回和了って勝った様子だ。
副将戦は和の出番だが、次回へ。このまま突き放して大将戦の咲はプラマイゼロで和了っても勝てるとのオーダーだろうか。
和はネット麻雀の「のどっち」で、龍門渕透華がかなり意識している様子だ。初戦は清澄高校が勝ち抜けそうだが、その先の対戦に波乱が待っているのだろう。

saki0608saki0609saki0610saki0611saki0612saki0613saki0614

大会開会の様子と新キャラの顔見せが多い回だから大きなドラマもなく、打ち手のスタイルや設定を簡単に紹介した回だ。
アクタスのグロスで西尾公伯作監。
同じGONZOでも「シャングリ・ラ」の制作は不安定だが、こちらの第5スタジオは死角なし。
saki0615saki0616咲-Saki- 1  初回限定版 [DVD]TVアニメ『咲-Saki-』OPテーマ Glossy:MMM (橋本みゆき)TVアニメ『咲-Saki-』EDテーマ 熱烈歓迎わんだーらんど

拍手

 RSSリーダーで購読する

咲-Saki- 第5話「合宿」

「咲-Saki-」第5話は、麻雀部は県予選前の合宿。部長が各自に与えた特訓メニューが効果があるのか、付け焼刃といった感じがしないでもないが、新1年生の性格や打ち筋を観察する部長の目が鋭いことを語っている。
廃部寸前だった麻雀部を諦めずに3年生で大会出場までこぎつけ、上位進出も望める新部員たちも加わった感慨は良く伝わってくる。かといって力を入れすぎず、サバサバとした部長の性格が清澄高校麻雀部のカラーを作っている。

合宿・温泉・浴衣となれば唯一の男子部員京太郎には気の毒だが、彼の見せ場はない。福山潤キャスティングの無駄遣いにも感じるところだ。
慎みのない咲とタコスは浴衣をはだけているが、お嬢様の和は浴衣に着替えもしない。結果、まこの命令でタコスに剥かれることになるのだが、抵抗の後の姿は「事後」のような乱れ姿。もちろん咲は顔を覆ったふりして、現場をしっかり凝視していたけれど。
無邪気な咲に対して、意識たっぷりの和の絡み合いが定着したようだ。

saki0501saki0502saki0503saki0504saki0505saki0506saki0507

大会前の中継ぎ回だが意外と良かった。温泉の湯気が大量で、ハレーションも盛大に裸体を覆い隠すが、テレ東だから仕方ないだろう。
大会が始まると対局シーンが中心になるだろう。効果線や3Dエフェクトを多用して、今回とは違う作りになるだろうから、貴重な息抜き回ではあった。
和に対してタコスの攻めだったが、普段は誘われ攻めテクニックを無意識に駆使する咲を、ストレートな攻めに覚醒させ脱線演出しても良かったかもしれない。もちろん自制した意図も理解できる。咲のキャラを崩すのは、大会を勝ち進んだ別の機会に期待したい。
次回からはライバル校の新キャラが順次登場で、そちらに目が移りそうだ。まさか県予選は脱衣麻雀ではあるまいな。

脚本は引き続き浦畑達彦で安定している。絵コンテは小野学監督、演出の池畠博中は、別名の多い池畠博史でしょう。Bパート滝のシーンの作画が特徴的だが、誰が担当だろうか。作監は海堂ヒロユキ。
saki0508saki0509saki0510saki0511TVアニメ『咲-Saki-』OPテーマ Glossy:MMM (橋本みゆき)咲-Saki- 1  初回限定版 [DVD]

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]