忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「化物語(物語シリーズ)」の記事一覧

偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」

何だか貝木にはぐらかされたような、いや作品そのものに肩透かしを食らったような「偽物語」第7話。これが前編の火憐の物語の最終話だろう。
この「偽物語」そのものが「化物語」のファンブックかファイヤーシスターズ特別編のような位置付けだからか、これで良いのかもしれない。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

偽物語 第6話「かれんビー 其ノ陸」

スズメバチの怪異の毒を吸い取るという、近親故に許されるキスの効果も半分ばかり。
根本的な回復は貝木を捕まえて治させないとならないのか。
このままでは貝木との対決も1話くらいで終えてしまいそうな予感の「偽物語」の第6話。

拍手

 RSSリーダーで購読する

偽物語 第5話「かれんビー 其ノ伍」

火憐に何があったか聞き出そうとする月火パート、そして回想による火憐vs.貝木パート、羽川翼との会話を挟んでからの火憐パートと分けたハッキリした構成。
しかもいつものシャフトと変わりないが、回想場面はビスタサイズ風に上下黒帯を入れて区別をつけているから、無用な混乱もない。

拍手

 RSSリーダーで購読する

偽物語 第4話「かれんビー 其ノ肆」

役者は登場しているのに、脇役と外堀を埋めることが優先でなかなか事件の本筋に入らない「偽物語」。
それでもこの第4話では、過去の戦場ヶ原ひたぎが詐欺にあった事件や千石撫子の蛇に取り憑かれたおまじない事件、そして学校で流行しているというおまじないの真相を突き止めようとする火憐、それらに共通する関係人物の貝木と、このシリーズの構図が見えてきた。

拍手

 RSSリーダーで購読する

偽物語 第3話「かれんビー 其ノ參」

今回は火憐と月火の姿はなく、シリーズ序盤は「化物語」のヒロインたちをフォローする展開が続く「偽物語」の第3話。
神原駿河の家でハーレム談義の後、阿良々木暦は怪しげな貝木泥舟と出会い、ひたぎに監禁される第1話アバンのシーンへとつながっていく。

拍手

 RSSリーダーで購読する

偽物語 第2話「かれんビー 其ノ貳」

今回ついたオープニングと、ひたぎが前話で示唆したかのような蜂の話から、火憐が出会う怪異はBee=蜂なのだろうと想像できる。
しかし彼女はまだ何かを探っていて、解決までにあと一歩手前だとだけ言って第2話での役目を終えている。正義感の塊と称されるファイヤーシスターズだが、それを偽物だと言うほどには阿良々木暦の行動も褒められたものではないと思う。

拍手

 RSSリーダーで購読する

偽物語 第1話「かれんビー 其ノ壹」

「化物語」の続編または番外編のような第一印象を受けた「偽物語」の第1話。このシリーズの主役は阿良々木暦の二人の妹、「化物語」では予告担当だった火憐と月火であるようだが、続き物としての性格上、この第1話は前作のキャラクターが中心となって話をつないでいるといったところだ。

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]