忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「プリンセスラバー!」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

プリンセスラバー! 第12話「プリンセスラバー!」(最終話)

ハルトマンをラスボスに持ってきたのはアニメオリジナルかもしれないが、単なる私怨にしか思えない動機と小物ぶりには萎えてしまう「プリンセスラバー!」最終話。
シャルエンドと言っても良いのかもしれないが、事件解決後の学園の様子を見るとシャルが一番の様に見えて、他のヒロインにも充分チャンスは残されているハーレムエンドでもある。
普通の学生が両親の不幸のあと、お金持ちの跡取りになり、華麗な学園生活に馴染む様子はスムーズすぎるがお話としては悪くも無い。
両親の謎の死の原因究明や国際情勢に貧困問題などサスペンスタッチの撒き餌は撒いただけで、深入りしなかったのは懸命だと思う反面、後半の展開の物足りなさを思うと中盤以降に盛り上げる材料として積極的に取り入れても良かったのではないだろうか。ハルトマンのへたれっぷりを思うと特に。

prilover1201prilover1202prilover1203prilover1204prilover1205prilover1206prilover1207

そんな中では主人公哲平の振る舞いは爽やかだった。ラッキースケベの中に秘めた真っ直ぐな想いをぶつけてくる展開は悪くない。ただし今回の列車対決ではハルトマンに対して妙に説教くさいし、両親の殺人犯に寛容すぎるのが難点。
爆発する列車からシャルをかばい飛び出す哲平は、シャルとの出会いの第1話と同じ構図で対になっている。
シリーズ通してみると悪くは無いけれど、何をしたかったのか良く分からない哲平の学園生活と有馬家後継の身分。これだけの騒ぎを起こしても、お金持ちには暇つぶし同然で損害など痛くも痒くもないというのが教訓だったら嫌すぎる。
テレビ放送ではスカートの中は黒くて、DVDでは描いてあることがスタンダードになる教訓も嫌だ。
社運を賭けていると豪語するフロンティアワークスだが、力が入りすぎたのかツボを外していて微笑ましい。次回作は力まないことを期待しておきたい。

鈴木信吾のキャラデは好きだし、GoHandsの制作もムラはあるけれど良いほう。もう少し違うタイプの作品に本領を発揮するスタジオなのではないかと思う。オリジナルで「マジカルマリア」も悪くはない。

prilover1208prilover1209プリンセスラバー! Eternal Love For My Lady(初回限定特別同梱版) 特典 ドラマCD付き(今冬発売予定)プリンセスラバー! Vol.1【コレクターズエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.2【コレクターズエディション】 [DVD]

拍手

 RSSリーダーで購読する

プリンセスラバー! 第11話「騎馬隊と列車」

シャルの誘拐事件解決に乗り出すタイミングで、哲平がフラグをベキベキとへし折って最終話につなげたのは見事だと重う反面、「温泉協定」がなし崩しになったヒロインたちは少々かわいそうな気もする「プリンセスラバー!」の第11話。

優は私情を殺し、メイド長として哲平に仕える形ではあるが、その救済は一心エンドか。義父エンドの一種だが、名よりも実を取ると思えば悪くない。日常の中にチャンスは転がっているのだから。
聖華の場合は、尊敬するビジネスパートナーエンドで、これはこれで無難な形。
シルヴィとは婚約者とは名ばかりで何も進展していなかったのだが、察しの良いシルヴィから言わせたことはあまり褒められない。剣の良きパートナーとして落ち着くのだろう。

prilover1101prilover1102prilover1103prilover1104prilover1105prilover1106prilover1107
prilover1108prilover1109prilover1110prilover1111prilover1112prilover1113prilover1114

国際列車に幽閉されたシャルを取り戻す作戦だが、スパイ映画ほどの緊張感ある展開ではない。内面の恐怖を抑えてシャルがわざと明るく振舞っているようには感じられるが、あのシャルのことだから哲平の助けを信じているだけかもしれない。
ハルトマンの寵愛を受けられない僻みか、助けに現れた哲平ごとシャルを撃とうとしたジョセフィン。ハルトマンの手で始末されてしまうのだが、あまり哀れを感じられないのはキャラ立ちが良くなかったからかもしれない。有馬家を恨むハルトマンの動機もちっぽけなものだと思うが、これも取って付けた感があるから筋立てがパッとしない。
ただ、最終話を目指して伏線の整理とタメを作る姿勢は評価したい。
こでらかつゆきコンテに池畠博史の演出回だった。

プリンセスラバー! Eternal Love For My Lady(初回限定特別同梱版) 特典 ドラマCD付き(今冬発売予定)プリンセスラバー! Vol.1【コレクターズエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.2【コレクターズエディション】 [DVD]
TVアニメ「プリンセスラバー!」キャラクターソングアルバム Princess Diva!
TVアニメ「プリンセスラバー!」オリジナルサウンドトラック

拍手

 RSSリーダーで購読する

プリンセスラバー! 第10話「喪失と再生」

人質から解放されたシャルが再び囚われの身となる「プリンセスラバー!」の第10話。原作に沿っていないと想像するが、物語は意外にも国際サスペンスの様相で大詰めを迎えそうだが、それが吉と出るのか、この話数を見た限りででは大変不安な仕上がりだ。

ハルトマンに連れ去られたシャルはウラジオストクで専用列車に。ユーラシア大陸を横断してヘルゼルリンクへ向かうのだろうか。
迂闊にもハルトマンたちの陰謀を見逃した哲平の傷心、シャルとの想い出を辿るセンチメンタルジャーニー。回想でカットの使い回しが多い分、再放送のように見えてしまう。終盤に来て、制作救済目的とは思いたくは無いが、誠につまらないAパートだ。
いまさらのようにシャルに対する気持ちを確信する哲平の演出だが、他のヒロインたち、特に形だけといえ婚約者のシルヴィへの心痛は感じないのだろうか。
もっともヒロインたちは哲平を元気付ける名目で、聖華は哲平に強制キスするは、聖華から後事を託された優はベッドイン(膝枕しただけだが)するは、消極的ハーレム状態でも仲が良いから気にしても仕方が無い。

prilover1001prilover1002prilover1003prilover1004prilover1005prilover1006prilover1007
prilover1008prilover1009prilover1010prilover1011prilover1012prilover1013prilover1014

列車ではシャワー中のシャルの胸を掴み罵るジョセフ。ハルトマンの忠実な部下であると共に「オンナ」のようで、止め絵の様子ではハルトマンに見られながらの一人プレイを想像させるシーンも。
仕事と肉体だけの関係で、ハルトマンの気持ちが自分に向いていないのをわかっているから、シャルを巡って破綻しそうな関係に見える。
次回は列車を追って大陸での追跡劇、国際政治ドラマになりそうな気配だが、ハルトマンたちが事件を起こす動機が底が浅そうで心配だ。
学園ハーレムアニメで終わるのも感心しないが、変に凝るのもどうかと思う。
フロンティアワークス、この作品に社運を賭けているんじゃなかったっけ…
しょせん宣伝文句だとしても誠実さが感じられないし、煽るポイントを間違っているんじゃないだろうか。
ネット配信で乳首や下着を修正しなかったのも、販促を意図した話題作りなら萎える。

プリンセスラバー!  初回版プリンセスラバー!ビジュアルファンブック (MAXムツク PUSH Selected)プリンセスラバー! Vol.1【コレクターズエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]
プリンセスラバー! ~Eternal Love For My Lady~(初回限定特別同梱版)(2009年冬発売予定)

拍手

 RSSリーダーで購読する

プリンセスラバー! 第9話「赤と青」

有馬ヒルズで人質になった者たちをテロリストから救出の後、仕掛けられた爆発物の起動装置解除に奔走する「プリンセスラバー!」の第9話。
トゥルースと名乗るテロ組織を現場で率いるジョセフィンたちは退避してしまって、妨害工作もなく動きもないのは残念だ。シャルを監禁していた三下コンビがはぐれメタルのように現れても、妄想ばかりで全く手ごたえはないし、貧困からの境遇を語っていた少しは骨があると思っていた奴もあっけなく哲平に倒されてしまうのにはガッカリ。階級闘争に起因するエピソードなど膨らませるつもりはないのだろう。
とすると、シャルの今後の処遇も決まってきて、国際問題に翻弄されそうだ。
最後に現れた迎えの偽運転手=ハルトマン=トゥルースの一味だとすればハルトマン死亡はお芝居で、彼はシャルの婚約者の立場を利用されると共に自分でも核施設などの利益に目がくらんだのだろう。

prilover0901prilover0902prilover0903prilover0904prilover0905prilover0906prilover0907

監禁されたり、爆発物探したり、シャッターをチェーンソーで切り裂いたり、事態の深刻さと比べてしまうとシャルは実に生き生きとしている。哲平と共にいる条件付だが。
そんなシャルの健気さに修正を忘れたのではあるまいが、座り込むカットでは下着がしっかり見えている。
今回の事態に「温泉協定」組は、実働部隊にシルヴィアと聖華、作戦本部に優の布陣で臨んだが、更なるシャルのピンチにどう立ち向かうか。それぞれが哲平への想いを正直に吐露しはじめて、微妙な関係になりそうでもある。ここは主人公補正でかまわないから、有馬家次期当主として哲平主導で解決してもらいたいところだ。
ヘリ内でのシルヴィアと聖華との哲平への思いを語るシーン、富豪へのやっかみをテロリストに語らせるシーンなど、改めて語らせるほどでもないようで、少し尺を取りすぎな気もする。今回の話数の内容ならば、Aパートで済んだのではないだろうか。
prilover0908prilover0909prilover0910prilover0911プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.1【コレクターズエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.2【コレクターズエディション】 [DVD]
プリンセスラバー! ~Eternal Love For My Lady~(初回限定特別同梱版)(2009年冬発売予定)

拍手

 RSSリーダーで購読する

プリンセスラバー! 第8話「楽園と真実」

ハルトマンの巨乳秘書が手引きしていることはミエミエだったが、黒幕は別にいるのだろう。有馬ヒルズを占拠したテロリストによるシャルのピンチに、ヒロインズの「温泉協定」が発動する「プリンセスラバー!」の第8話。
大きな流れとしては、有馬グループに恨みを持つような犯人グループの出現に、有馬グループ次期当主として哲平がどのように立ち向かうか。自分の両親を殺された恨みとのバランスで揺れるのか、その始末をどうするのかがひとつの流れ。
シャルのサイドにも重要な筋を立ててきたのが意外で、雄弁なテロリストが語る富豪と平民の格差に、シャルの中で何かが芽生えたところ。何も知らないお嬢様としてシャルのキャラを立てていたから、この先の展開では効果的に機能するだろう。但し、国際問題やシルヴィとの確執を表面化させると後味が悪くなるかもしれない。ここでは銃弾に斃れたハルトマンにさらに犠牲になってもらって、円満な婚約解消からシャルの精神的な自立を描くのが綺麗だ。

prilover0801prilover0802prilover0803prilover0804prilover0805prilover0806prilover0807

聖華の指示で鳳条院グループによるマスコミ規制で、テロリストたちの犯行声明や現場の中継などはカットされ、アイドルグループのゲリラライブ中継に差し替えられた。
優もメイド隊を率いて、敵が制圧する有馬ヒルズにハッキング攻撃。鳳条院グループのヘリで哲平とシルヴィの突入などに、意外とアッサリテロリストたちは撤収したと思ったら、時限爆弾のお土産を残していた。次回は全員爆死のピンチを切り抜けるところからか。
舞台設定やセレブっぷりには違和感もあるけれども、キャラクター間の感情の揺れなど意外と良く描けている。

prilover0808prilover0809prilover0810prilover0811プリンセスラバー!  初回版プリンセスラバー!ビジュアルファンブック (MAXムツク PUSH Selected)プリンセスラバー! Vol.1【コレクターズエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]
プリンセスラバー! ~Eternal Love For My Lady~(初回限定特別同梱版)(2009年冬発売予定)

拍手

 RSSリーダーで購読する

プリンセスラバー! 第7話「婚約者と花びら」

カオスの温泉回からシリアスな国際犯罪事件へ舵を切った「プリンセスラバー!」の第7話。
鳴りを潜めていた哲平の両親殺害事件の犯人の関与が浮かび上がり、その標的が有馬家または親交のある資産家たちを狙ったテロのようでもある。
ヒロインたちの関係では、見たところ押しの強さでシャルが一歩リードして、「温泉協定」は何処へ行ったのかと思わせる。シャルに婚約者ハルトマンがいたことが明かされ、知らなかった一同が驚くことは当然として、堅物シルヴィも心穏やかではない。実感はなくとも自分の婚約者の哲平とベタベタしているシャルが、自らも婚約者がいることを隠していたのだから、表情が歪むのも無理はない。お互い幼なじみだっただけに、なおさらショックだろう。

prilover0701prilover0702prilover0703prilover0704prilover0705prilover0706prilover0707

ヘイゼルリンク公国とフィルミッシュ公国の国境付近でのリゾート開発に有馬グループも一枚咬んでいるようだが、知らぬ間に何者かがリゾートを隠れ蓑に核兵器保管庫を建設したという国際問題に話を広げた。ヘイゼルリンクの実業家ハルトマンに仕える巨乳メガネ秘書だが、自らいかにも怪しげだと宣言しているも同然。有馬、ファン・ホッセン、ハルトマンと見かけによらず脇の甘い3人。
このまま寝取り寝取られ、ヒロイン間のドロドロの展開になりかねないところを、テロリストという共通の外敵を置くことで回避させるようだ。シャルの危機に、シルヴィ、聖華、優の「温泉協定」が発動し、敵に立ち向かうことになるのだろう。哲平に見せ場があるのか気になるところだ。
お姫様抱っこされるシャルの下半身に強烈な逆光でハレーション。これはもう諦めたとしても、ドサクサ紛れにシャルの胸をつかむ哲平はラッキースケベぶりの方がもっと気になる。

prilover0708prilover0709prilover0710prilover0711プリンセスラバー!  初回版プリンセスラバー!ビジュアルファンブック (MAXムツク PUSH Selected)プリンセスラバー! Vol.1【コレクターズエディション】 [DVD]プリンセスラバー! Vol.1【セレブエディション】 [DVD]
プリンセスラバー! ~Eternal Love For My Lady~(初回限定特別同梱版)(2009年冬発売予定)

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]