忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「宙のまにまに」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

宙のまにまに 第12話「星空ループ」(最終話)

最終話では高見女子との合同合宿に加え、フーミンたち文芸部も温泉回。タオルガードが固いのは仕方あるまい。変なサービスシーンは期待しないが、浴槽にタオルを入れるのはマナー違反だと思う「宙のまにまに」第12話。
愛知ではマナー違反だからと、タオルを消す修正はしないのだろうか(しないに決まっているが…)

最終話はオープニングも短縮して、変則的な3パート構成だ。3割ほどを受験生の路万部長と野木城高校の近江あゆみのデートシーンに充てている。同じ受験生同士なのだが根を詰めている路万部長へのプレゼント代わりなのか、中華レストランに誘って健康に良さそうな食事のあとに、バルコニーからカノープスの遠望をプレゼント。男女逆のリードパターンだが、この二人はこれで良いような気もする。路万はすっかり忘れているようだが、近江が慕ってくれる理由はDVD特典で明かされるようだ。
1クールだから細かなエピソードを拾えず2クールあればと思ったが、パッケージで補完してくれるだけ良心的だろう。

soramani1201soramani1202soramani1203soramani1204soramani1205soramani1206soramani1207

冬の合同合宿は初日の姫の遭難騒動も落ち着き、最終夜の観測会。
美星が父の遺品のアイピースを取り出し、高見女子の望遠鏡に取り付け、朔が土星に焦点を合わせる。星を見上げる人たちのリレーがつながり、空には春の星座も見え始めて季節が巡りつながっていることをシンプルに、しかし力強く表した良パートだ。ズームしながら回り込むカメラワークも、ここぞとばかり効果的に使ってきた。
第1話のバスの走行CGには違和感があったが、星空を表現する空気感や神話を彩る物語にはCGがマッチしていた。

そして季節は一巡して3年生は卒業、進級した美星たちの天文部は新たな活動を開始する、一種のループエンドになった。
新入部員を最低1名獲得のノルマに、新部長の美星の行動は第1話を思い出させて、3ヶ月前のこととは言え懐かしい感じだ。
最終話は原由美子作監。原画に伊部由起子がいたが誰の伝手だろう。
シリーズ通してスタジオコメットの作画は安定していた。高松信司監督の全話脚本や演出もけれんみがなく、安心して見ることが出来た。
1クールで終えるのが惜しい作品だったが、この「中締め」的なエンドで第2期への期待も残してくれたのだろう。
パッケージセールスの様子は分からないが、たくさん売れて記録を残す作品ではなく、見た者の記憶に長く残る作品として評価されるのだろう。

soramani1208soramani1209宙のまにまに Vol.3 (初回限定版) [DVD]宙のまにまに Vol.3 (通常版) [DVD]宙のまにまに Vol.4 (初回限定版) [DVD]TVアニメ「宙のまにまに」オリジナルサウンドトラック宙のまにまに キャラクターソング&挿入歌集 星空とハルモニア

拍手

 RSSリーダーで購読する

宙のまにまに 第11話「それは白い雪のように」

蒼栄高校天文部は高見女子との合同冬合宿。女性原作者だと視点が違うからか、女子高との交流での浮いた話にしないところがいかにも「宙のまにまに」らしくて、これはこれで納得できる。
夏から冬まで細かな掘り下げはカットして駆け足で来たのだが、今話の冬合宿、いや、ほとんどは姫の遭難話で1話使うとは意外だった。
原作者やアニメスタッフから姫は可愛がられているのかなと思う反面、全体のバランスは欠いているのかも知れない。もっとも、メインヒロインの美星に明確な恋愛要素を背負い込ませない分、天文バカひと筋ではない普通の女子高生の喜びや不安を姫に分担させているから、理屈に合う構成なのだと思う。

冬の天体観測では防寒対策が重要だが、姫は雪だるま遊び程度の認識で可愛さ優先、薄着で到着。途中で見かけたコンビニまでちょっとインナーを買いに出かけた姫が遭難事件を起こす。
朔と美星の自然な振る舞い(お互いの気持ちに鈍感すぎるとも言える)に対し、常に肩肘張って突っ張って生きる姫はさぞかし疲れるだろう。雪道で倒れた姫の頭の中を走馬灯のように回想シーンが回るが、何がそんな彼女にさせたのか、そのあたりにも触れていると理解が増すのだが、遭難シーンを描くだけに終わっていたのが物足りない。
向こう見ずにも美星が単独で探しに来て発見に至ったのだが、雪洞にビバークする二人の会話からいよいよ姫からの恋のライバル宣言、それを正面から受けて立つ姫と、竜虎相打つ展開かとの期待。だが超鈍感の美星のことだから、星のライバルと勘違いされて振り出しに戻ることに。
高見女子にも魅力的なキャラクターが揃っているのだから、もう少し個別に活躍の場を与えて欲しかった。もちろん尺が足りないのは承知している。

soramani1101soramani1102soramani1103soramani1104soramani1105soramani1106soramani1107

朔と美星に姫の関係はこの先も進展しないままだろうか。少女漫画的なパターンだと何も発展しない中での日常を切り取って進めるのが正解だと思うが、節目節目では成長してゆく彼女たちの姿に触れたいとも思う。
こうして見てくると、美星は主人公を支えるメインヒロインと言うよりもメインヒーローで、朔がサブヒーローに近いのだろう。
アニメの1クールでは朔が前面に出てリードする場面は見られないから、もしかすると原作では違った朔の一面が見られるのかもしれないが、これは次のアニメ化の機会を待つしかないだろうか。

soramani1108soramani1109soramani1110宙のまにまに Vol.2 (初回限定版) [DVD]宙のまにまに Vol.3 (初回限定版) [DVD]アフタヌーン新書012 宙のまにまに 天体観察「超」入門 機材ゼロでも大丈夫!
星屑のサラウンド(TVアニメ『宙のまにまに』EDテーマ)
TVアニメ「宙のまにまに」オリジナルサウンドトラック(仮)
宙のまにまに キャラクターソング&挿入歌集

拍手

 RSSリーダーで購読する

宙のまにまに 第10話「いっしょに」

美星たち2年生の修学旅行が終了したようだが、遠い北海道の空で流星群を見る美星と朔の電話でのエピソードは映像特典で収録されるようだ。
「宙のまにまに」第10話は、美星の父親の伏線を回収。
朔がこの街に戻った時に家庭の話題に触れたときの美星の曖昧な表情、草間が語る恩師(美星の父)の回想など、いかにも事情がありそうな伏線だったから、良くここで回収してくれたと思う。

休日に示し合わせて出かけた美星と草間をつける朔、姫、江戸川。中央快速で郊外へ。駅前で3人を見かけて追ってくるのが小夜らしい。
観測会の帰り、交通事故で亡くなった父の墓では、詳しいことを言いそびれていた美星に一同しんみり。
カラ元気を出す美星を元気づける企画を朔が密かに進めるが、朔の気持ちを察してあくまで生徒会長として毅然と、しかし思いやって相談に乗るフーミンが輝いていた。美星が自ら輝く恒星なら、自らが輝くよりも静かに照らす月のようなフーミンの持ち味が出ていた。

soramani1001"soramani1002soramani1003soramani1004soramani1005soramani1006soramani1007
soramani1008soramani1009soramani1010soramani1011soramani1012soramani1013soramani1014

何かと朔の話に絡む、文芸部の吉成と和泉も加わり、それは他の天文部員にも伝わり、美星のために学校の屋上での双子座流星群観測会。部長、姫と場所を替わってやるべきだろうが、気が利かないのも彼らしい。
美星の泣き笑いもベタな展開だけれども、胸のつかえも下りたところで素直に受け止められるショートドラマだった。
制作は第4話と同じテレコム・アニメーションフィルムのグロス回。

宙のまにまに Vol.2 (初回限定版) [DVD]宙のまにまに Vol.3 (初回限定版) [DVD]
星屑のサラウンド(TVアニメ『宙のまにまに』EDテーマ)
TVアニメ「宙のまにまに」オリジナルサウンドトラック(仮)
宙のまにまに キャラクターソング&挿入歌集

拍手

 RSSリーダーで購読する

宙のまにまに 第9話「高校天文ネットワーク」

野木城高校の近江あゆみのビデオレターに誘われて、高校天文ネットワークの観測会へ初参加の蒼栄高校天文部。冒頭のくだりだと近江は路万部長を知っているらしいが、気付かない様子の路万。
今回は個性豊かな各校の天文部員たちも賑やかに、観測会の一夜を描いて1話を終えたが、やはり展開が速いようだ。前話の記事でコメントをいただいたが、原作2巻分を1話に構成したようだから、高天ネットワークのサブキャラクターたちはキャラが立つ時間も無いようだ。
今回はかろうじて姫とのからみで野木城高校の武佐が目立った程度だが、それも正部員ではなくイベント部員とのこと。彼ではこれ以上話は深まらないだろうな。姫のイケメン嫌いというか、恋愛初心者らしい(少し極端な反応だが)リアクションが見られたので、武佐も咬ませ犬以下とは言えども役割は果たした。

観測会では機材には恵まれないけれども、人間正座早見表の美星(そういえば今回は美星は自重気味だった。小夜のおまじないが効いたのか)や、路万部長のラジオの気象情報で天気図を描ける技など、アナログスキルの高さが目立った。見かけによらずロマンチストな路万部長の星の神話を語る姿には、ひょっとして「それを教えてくれた人への恩返し」と近江が言っていたのは路万ではないかと想像させられる。ラストで握手を求めた近江の気持ちは鈍そうな路万に通じたのか怪しいものだ。

soramani0901soramani0902soramani0903soramani0904soramani0905soramani0906soramani0907

たくさんのサブキャラが登場した今話だが、キャスト表を見るとスフィアのメンバーは全員出揃ったようだ。あまり声優に詳しくないので、本編中では武佐役の小野大輔しか判別できなかった。朔を演じるのは前野智昭だが、秋からの「WHITE ALBUM」後半に戸松遥や高本めぐみと共にスライドすることを思うと、何となくニヤニヤしてしまう。
次回は予告を一見したところ草間と美星のデート回のようだが、今まで明かされていない美星の家庭の話ではないのかなあ?
今回出会った高天ネットワークの仲間たちとの話が膨らめばよいのだが、それには尺が足りない。話が広がり、エンジンがかかり始めたところで収束に向かうには惜しい。
もう終盤だから、ラストは3年生卒業くらいの時点でまとめるのかもしれないが、今までに拾い切れていないサブキャラクターサイドの話を補完する機会があると嬉しいのだが、それで第2クールは難しいかな…
小夜もフーミンも踏み込んだ話がないのがもったいないと思う。

soramani0908soramani0909宙のまにまに Vol.1 (初回限定版) [DVD]宙のまにまに Vol.2 (初回限定版) [DVD]
星屑のサラウンド(TVアニメ『宙のまにまに』EDテーマ)
TVアニメ「宙のまにまに」オリジナルサウンドトラック(仮)
宙のまにまに キャラクターソング&挿入歌集

拍手

 RSSリーダーで購読する

宙のまにまに 第8話「イルミネイト グラウンド」

手作りプラネタリウムも何とか間に合い、文化祭が始まった「宙のまにまに」第8話。
文化祭のシーンは平凡ながらも手堅い構成で、ちょっと拗ねて文芸部にエスケープしていた朔と美星のよりを戻し、天文部員一同の団結も深まったと言うところ。
もぐり天文部員の江戸川が一番充実していたように見えたのは気のせいじゃないだろう。ホームの写真部では、来場した妹2人にセミヌードを見られて呆然。上の妹の反応の速さは特筆モノで、あのキック力と瞬発力なら女子サッカー部のエースになれる。ゲストキャラに近い存在で、出番が多くなさそうなのは残念。その江戸川役と朔の母親を兼役でやっている高木礼子だが、いつもながら芸の幅広さには感心する。
天文部の展示にフーミンが顔を見せなかったのは意外だが、こっそりと観察していたとか原口に逐一報告させていたと勝手に補完しておく。
開場当初は閑古鳥が鳴いていた天文部に人を誘導しようと、晴子さんがサクラで朔と小芝居をしていたのだが、この晴子さんのポジションがピンと来ないことと演技もパッとしないこと。もう少しいじらないと、空気キャラよりも始末の悪いお邪魔キャラになってしまいそう。

soramani0801soramani0802soramani0803soramani0804soramani0805soramani0806soramani0807

後半は文化祭が終わり、呆けた天文部一同。季節は中秋の頃。夏空から秋の空へと天体観測に良い時期だが、気力を取り戻した美星はまず観月会で、場所は小夜の家というか寺。
ようやく小夜の私生活が見られるかと思ったが、住職である父親の騒がしさだけが目立つ。来客の長男を差別するのは、小夜には婿をとれと言うことだ。
この観月会のインターバルをはさんで、高校天文ネットワークへのお誘いから新たなステージに進むようだ。他校キャラの出番も多くなるだろうが、自校のサブキャラも魅力的だったから、もう少し掘り下げて欲しいと思う。だが1クールでは先を急ぐしかないのだろう。
soramani0808soramani0809soramani0810soramani0811soramani0812soramani0813宙のまにまに Vol.1 (初回限定版) [DVD]
星屑のサラウンド(TVアニメ『宙のまにまに』EDテーマ)
TVアニメ「宙のまにまに」オリジナルサウンドトラック(仮)
宙のまにまに キャラクターソング&挿入歌集

拍手

 RSSリーダーで購読する

宙のまにまに 第7話「月とキンモクセイ」

幼い頃の美星と草間先生のつながりに少しばかり疎外感を覚え、成り行きで文芸部の助っ人に入った朔。表面に出さないがフーミンは歓迎してくれるし、文芸部の2人組メガネっ娘は大歓迎。朔が星のイメージから紡ぐ言葉に、一気に表紙を描き下ろす2人組のスキルは侮りがたい。
ここでも幼い頃から美星をよく知っていて、美星と小夜と遊んでいた草間が警察に通報されたこぼれ話を聞かされることになる朔。引越しを繰り返して来た彼が想い出と呼べるものは、この街で過ごした美星たちとの短い日々だったことを再確認することになる。悪夢と思い距離を置こうとした美星との関係は、朔にとって今でもかけがえのないはずだ。

soramani0701soramani0702soramani0703soramani0704soramani0705soramani0706soramani0707
soramani0708soramani0709soramani0710soramani0711soramani0712soramani0713soramani0714

真っ直ぐで歪みない美星にしても、やはり朔が離れることには複雑で、これは幼なじみの小夜や幼い頃を知っている草間にはすぐに気付く。やはり朔は、この街での想い出を改めて振り返った上で、前に進む切り替えが必要みたいだ。文化祭が彼にとって、そのきっかけになればよいと思う。
朔もいないし、文化祭出展に新機軸で手作りプラネタリウムを作る天文部員一同はパニック状態。
そんな中で製作過程を一生懸命ノート取る姫が健気だ。熟女(フーミン)対策を考えている隙に年増先輩と朔の接触を許してしまった恨みがある。
それでも朔を待ち構えて手渡したプラネタリウム製作日誌から、姫の想いも多少は伝わったことと思いたい。製作日誌ではなくて交換日記を渡しているように見えたりするが、姫からの一方通行なのが残念。

スタジオコメットの作画は盤石。今回は展示用教室での回り込みシーンが目を引いた。
文化祭準備で賑やかな空気にキャラクターたちの想いを静かに乗せた演出が心地よい。絵コンテ・演出はマイメロシリーズ監督の森脇真琴。

soramani0715soramani0716soramani0717宙のまにまに Vol.1 (初回限定版) [DVD]宙のまにまに Vol.2 (初回限定版) [DVD]
星屑のサラウンド(TVアニメ『宙のまにまに』EDテーマ)
TVアニメ「宙のまにまに」オリジナルサウンドトラック(仮)
宙のまにまに キャラクターソング&挿入歌集

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]