忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   
カテゴリー「CANAAN」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

CANAAN 第13話「キボウノチ」(最終話)

ファクトリー壊滅以後のエピソードは余計かなと思っていたが、シリーズ中で尺を取った国際情勢のサスペンスもアクションも飾りに過ぎず、シンプルな人間ドラマとして最終話をまとめた。
アクション期待で見ているとドラマが物足りず、ドラマに期待しているとキャラクターの芝居が物足りない、そんな帯に短したすきに長しの状況も、一応は納得の行く形にして見せた。

CANAAN1301CANAAN1302CANAAN1303CANAAN1304CANAAN1305CANAAN1306CANAAN1307
CANAAN1308CANAAN1309CANAAN1310CANAAN1311CANAAN1312CANAAN1313CANAAN1314

悟りを求め歩む者、過去の呪縛から逃れられなかった者たち、以前と同じ日常を暮らす者、それぞれの心の中に少しの変化をもたらして上海での事件は幕を閉じた。
Cパートのカナンの描写は余韻を壊しそうにも思ったが、マリアの光を感じられる限り、夏目の依頼がある限り、アルファルドがいる限り、シャムを失った後のカナンが生き続ける理由になる。
マリアの光、アルファルドの闇が彼女を生かす。しかし希望の地・約束の地はまだ遠い。希望の名を持ちながら絶望の淵を歩くカナン、アルファルドの物語は終わりそうにない。

テキストで読ませると面白いシナリオだと思うが、アニメーション化してさらに魅力を引き出せたのかについては何とも言い難い。
安藤真裕監督らしい筋肉質な接近格闘アクションは楽しめたが、全体を見渡したときのアクションの位置づけがシリーズ構成と各話脚本の中でしっくり馴染んでいないような異質感も感じた。

CANAAN1315CANAAN1316CANAAN 1 [Blu-ray]チャイナ気分でハイテンション!

拍手

 RSSリーダーで購読する

CANAAN 第12話「忌殺劣者」

ファクトリー崩壊がクライマックスだったような気もするが、カナンとアルファルドの確執やマリアがカナンを通して求めた「見えないものが見えること」への憧れなどにケリはついていない。最終章の始まりの「CANAAN」第12話。

車の故障で御法川を残して列車で先行する3人に、「蛇」とアルファルドの待ち伏せ。絶対的な優位を自覚しているのか、カナンを殺すチャンスに殺さないのはアルファルドの流儀なのだろう。
特殊な感覚に頼る今のカナンは、本当のカナンではないことはシャムの回想か幻が告げている通りで、その本気を引き出すためにアルファルドはマリアを利用するつもりだ。マリアの腹を撃ち、ユンユンと供に時限爆破装置を仕掛けた車輌に監禁した。
カナンの弱点は共感覚ゆえに少しの異常でも反応し、連鎖する記憶を全て引きずり出してしまうことだ。射殺された乗客たちに、死んでいったシャムやハッコーたちの幻を見てしまう。その隙にまんまとマリアとユンユンを隔離されてしまった。

CANAAN1201CANAAN1202CANAAN1203CANAAN1204CANAAN1205CANAAN1206CANAAN1207

カナンとアルファルドの決闘シーンは説明セリフが多く退屈だ。カナンが本気を見せていない以上、アルファルドは手加減している。
傷を負ったマリアの頼みで爆破装置を積んだ車輌を解結するユンユン。マリアのピンチで覚醒するのか、そのカナンと対決する事でアルファルドの望みも叶うのだろうか。
ここまでのところ、事件の設定に対してキャラクターの動きが伴っていないことが多いと感じるシリーズだが、最終話くらいは期待したいと思う。

CANAAN【1】 [Blu-ray]チャイナ気分でハイテンション!
TVアニメ「CANAAN」イメージソング集
TVアニメ「CANNAN」オリジナルサウンドトラック

拍手

 RSSリーダーで購読する

CANAAN 第11話「彼女添」

最終話のようなオープニングと本編の引きでファクトリーの最後を描いた「CANAAN」第11話。
「蛇」の狙う利権や国際情勢にからむミステリー要素を夏目、サンタナ、CIAで引き受けた形だが、それほど深く解説されているわけではない。日本の情報機関は夏目を尖兵として、その国際利権に手を突っ込んだ形だが少し食い足りない引き際には、フォローの機会があるのだろう。政治ミステリーに話をそらすことはないから、程々で良い。
カナンよりもよほどシャムと過去に囚われているのがアルファルド。残りの話数ではカナン相手に過去の清算を仕掛けるに違いない。

アルファルドへのリャン・チーの偏愛は、第1話でのCIAに囚われのアルファルドにつながっていた。シャムの名で書いた手紙でアルファルドを呼び出し、CIAに情報を流し捕まえさせたのはリャン・チー。そして自分でアルファルドを助けるという自作自演の出来の悪いシナリオだったことにアルファルドは気付いていた。カミングスにリャン・チーを斬り捨てろとは、そんな所にも理由があったようだ。
そんなねじれた愛も、カミングスの手で終わらせることになった。同時にカミングスの命を伴って。

CANAAN1101CANAAN1102CANAAN1103CANAAN1104CANAAN1105CANAAN1106CANAAN1107

死んだハッコーとベッドを供にし、生前は決して囁きかけることの出来なかった愛を語るのはハッコー。御法川の依頼で連れ戻すように言われたカナンも手の打ちようもないか。
決して咲かない花、実を結ぶことのない愛が潰えた無情さを感じるのだが、大詰め前に話しのタメを作らずに一区切りしてしまった成否が気になる。
盛り上がって続くのではなく、残った者たちの清算で残り2話をどう描くのか期待したい。

CANAAN1108CANAAN1109CANAAN【1】 [Blu-ray]
チャイナ気分でハイテンション!
TVアニメ「CANAAN」イメージソング集
TVアニメ「CANNAN」オリジナルサウンドトラック

拍手

 RSSリーダーで購読する

CANAAN 第10話「想執」

色々な愛の形、贖罪のサンタナと薄幸なハッコーの愛の区切り。リャン・チーの愛の形はまだ見えない「CANAAN」第10話。
ルーツと贖罪を求める者たちが「蛇」とCIAの研究施設、クリーチャー製造施設「ファクトリー」に集まる。任務を外れてやってくることはないタイプの夏目も単身乗り込んでくる。今話の引きと次回予告から推測すると、カナンと同じ「共感覚」を持つサンプルを破壊するのか奪うつもりなのか、大きな目的がありそうだ。

ファクトリーに侵入したカナンたちの行動はリャン・チーが監視している。行動がバラバラになってしまった中からハッコーを利用することは、当初からリャン・チーは考えていたようだ。サンタナのピンチを救うため、リャン・チーの指揮所で、その声を武器にしたハッコーの相手は捕らえられて縛られた身代わりのサンタナ。愛する者に殺される形となっても、愛の言葉をせがむサンタナの最期はあまりに痛々しい。
通常の者には音声を打ち消し、共感覚を持つカナンにのみ音声が届くリャン・チーの仕掛けで、ハッコーの声で倒されそうなカナンを救ったのは御法川。ハッコーを抱きしめる御法川は、ハッコーへの愛というよりもサンタナの遺言を果たそうという気持ちが強いのだろう。

ファクトリーに到着しているアルファルドとカミングズの動きは次回だろうか。
ファクトリー地下で氷の下の共感覚保有ボナーのサンプルらしき死体?を発見したマリアとユンユン。その2人に銃を向ける夏目。
大きな組織の動きが感じられる終盤に、大切な者を守るというカナンはどのように行動するか、リャン・チー歪んだ愛の形はどうなるか、混沌としたまま次回へ。

CANAAN1001CANAAN1002CANAAN1003CANAAN1004CANAAN1005CANAAN1006CANAAN1007
チャイナ気分でハイテンション! (ネネ)
TVアニメ「CANAAN」イメージソング集

拍手

 RSSリーダーで購読する

CANAAN 第9話「過去花」

サブタイは人体実験で咲かなかった花「アンブルーム」と過去話とをマージしたのだろう。ハッコーとユンユンの故郷の村、UAウィルスに消された村で当事者たちが語り始める「CANAAN」の第9話。
ユンユンを拾って村に着くまでは一同の珍道中になるかと思えば、運命を背負った者たちのシリアスな展開。「蛇」のくびきから逃れても、固有のワクチンが切れたら死の運命。サンタナの独り言によって、「ファクトリー」へ行けば打開策がありそうな伏線。
ボナーにもなれない実験の出来損ないアンブルームが襲うが、ハッコーの発声により悶絶死。そのハッコーとフラグが立った御法川だが、それを確認したサンタナは自分がラングレー時代に犯した罪と向き合うと死亡フラグを立てている。
ユンユンとの再会も、マリアは淡泊な演出だが、ユンユンが死と直面する事実に驚いたというのが先なのだろう。アンブルームの死体を「撮れ」と御法川に促され、目に見える現実と隠された真実に切り込む覚悟は出来ただろうか、マリアは。
短いAパートの中にも、それぞれの運命を映し出している。

CANAAN0901CANAAN0902CANAAN0903CANAAN0904CANAAN0905CANAAN0906CANAAN0907
CANAAN0908CANAAN0909CANAAN0910CANAAN0911CANAAN0912CANAAN0913CANAAN0914

到着した村ではサンタナによるラングレーと「蛇」が組んだUAウィルス散布事件の真相、ラングレーを抜けた後にNGOの夏目と出会ったいきさつなどを中心に描き、背景では故郷を懐かしむハッコーとユンユンの姿。
一時静かだった画面もリャン・チーのヘリ空襲で騒然となり、リャン・チーを始末しようとするアルファルドがさらにヘリで登場。恥じらいもなく「愛」を連呼するリャン・チーとカミングスに興味を持ったか、翻意してリャン・チーの追撃はしなかったようだ。このアルファルドの判断は、大詰めでの波乱の種になりそうだ。
空爆のショックか、カナンは色が取り戻せたのだろうか?アルファルドを灰色、シャムと同じ色と言っている。気絶したカナンを「お前の本当の名は絶望だ」と言い残し、「呪われた花園」ファクトリーへ向かったアルファルドとの決着は、そこでつくのだろう。

アクション一本槍だと少し弱いが、事件と感情と過去が交錯するシナリオは岡田麿里の得意なところ。その脚本を「true tears」でのコンビ、西村純二がコンテに起こしている。
散らばった大きな伏線を回収し、終末へ向けて整理する手際の良さを感じられる話数だった。

チャイナ気分でハイテンション! (ネネ)
TVアニメ「CANAAN」イメージソング集

拍手

 RSSリーダーで購読する

CANAAN 第8話「乞」

UAウィルスに消えた村へと、事件の発端に話を遡りそうな「CANAAN」の第8話。
テロ現場への誘導ミサイルのハッキングのため能力を使った後遺症なのか、人の感情の「色」が見えなくなったというカナンは、今では常人並みの能力しか持たないのかもしれない。
だが共感覚に頼らないことでマリアとの距離も近くなったようだ。自分の力で輝けるようになりたいというマリアの気持ちの変化も、それを手助けしているようだが2人の関係が盤石になったとはとても言えない不安定さがつきまとう。荒野で夜空を見上げる2人の姿に先にある不安を感じるのは、UAウィルス感染経験があるマリア、アルファルドとの過去や能力の秘密が明かされていないカナンだからだ。

CANAAN0801CANAAN0802CANAAN0803CANAAN0804CANAAN0805CANAAN0806CANAAN0807

消えた西の村へのナビゲーターはサンタナとハッコー。
ハッコーの能力は言葉が他人の神経を冒す事なのだろうか。喋れないのではなく喋らない。村を消したのは「蛇」のメンバーだったサンタナ。
「あなたのせい」とサンタナの口の動きが語っていた。カナンのせいで「蛇」に村を消され抗ウイルス薬の実験材料にされたというのだろうか。ハッコーがカナンを敵視する理由は村に着けばわかるだろう。
屋外のコンサート会場の外れでネネの歌に合わせ歌ったのはハッコーの未練がそうさせたのだろうか。自ら村に案内するというハッコーが過去と向き合う決意を感じさせる回だった。

予告では跳ねっ返りのリャン・チーが乗り込んできそうだし、アルファルドも何らかの対応するだろう。そして道中ではマリアたちはユンユンと再会する。物売りをしながら故郷の村に帰る途中。
消された村で当事者たちが一堂に会する乱戦となる展開になるだろう。

CANAAN0808CANAAN0809My heavenCANAAN【1】 [Blu-ray]

拍手

 RSSリーダーで購読する

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]