忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち- 第1話「猫は笑わない」

AT-X開局10周年記念作品の「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」
視聴年齢制限の通り、その内容は酷い。アニメーション作品として酷いわけではないが、そのテーマと表現方法はエログロの程度と言うよりは偏向性癖の許容レベルの高さを求められる。
瞼・乳首は言うに及ばず女性器にチェーン付きの全身ピアッシング拷問、撲殺、銃殺、スナッフフィルムのような人体解剖、ゾンビ等々のサスペンスバイオレンスホラー。お子様は言うに及ばず一般人は見てはいけない。

1990年、新宿の街に事務所を構える麻生祇燐(あそうぎりん)役に能登麻美子。
キャラ原案に元ニトロプラスの中央東口。すえた臭いの漂うような西口から東口、歌舞伎町の背景には彼のキャラが似合っている。このペンネーム自体が新宿駅の改札口から採ったと思われる。
燐の相棒には年齢不詳のミミ。子供風ツルペタだが揉む程度にはある模様。キャストは釘宮理恵。キャラ二人とも酒には強い。

歌舞伎町で偶然拾った男、前埜光輝の欠落した記憶の謎と追っ手の男たちのバックに燐が挑んでゆく第1話。尺は60分(実質45分くらい)
この尺の中で燐は3回死んでいる。作中の描写で燐には樹木と胞子状のものが見えるのがヒント、今話のエンドでは不死身だと言うことを明かしている。
製作委員会が「ユグドラシル管理委員会」って時点で、ネタの方向性はバレてる気もする。
「ユグドラシル計画」としてアニメ版「SHUFFLE!」で使われているし、世界樹のモチーフは最近では「ロミオxジュリエット」などアニメ・ゲームに多くに見られる。
メンバーはVAP、AT-X、ショウゲート、創通、ジェンコの5社。

燐を付け狙うローラ役に大原さやか。
超弩S研究者、山之辺沙耶羅(やまのべさやら)。燐へのピアッシング拷問の狂気の様とゾンビに襲われる哀れさの演技の幅は田中理恵の持ち味が充分に出ていた。1話で退場は惜しい。
乳首に全裸にパンスト股間皺、手淫にフェラとエロカットは充分なはずだが、グロとバイオレンスに隠されてちっともエロくないので、その方面は期待してはいけない。あくまで偏向性癖向け。
ヌルイ視聴者としては、例えば神宮寺シリーズのような探偵事務所風のサスペンスとアクションに新宿の風景を重ねて見られればと思うが、それは許されないようだ。
毎月1話放送で全6話。
脚本:大野木寛、コンテ・演出:うえだしげる、作監:石原満、アニメーション制作:XEBEC

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

Mnemosyne -ムネモシュネの娘たち- 第1話「猫は笑わない」

重い

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]