忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

シゴフミ 第10話「デアイ」

文伽という名の少女と末期ガンの元ゲームグラフィッカー毅彦の出会いと別れを描く「シゴフミ」第10話。ゲーム感覚で過ぎる少女の日常と、リセットの効かない毅彦の人生。日常を食い潰す井戸端会議の主婦とステロタイプの枠に無職青年を押し込める権力が、職も友人も親との絆も失った毅彦をさらに追い詰めようとする。

あの時ツキにも見捨てられ、故障した車に文伽を置いて、毅彦は戻るつもりがあったのだろうか?
そして毅彦を追いかけた文伽の肩に伸ばそうとした手は、何を求めたのか?
警察に疑われたように幼女連れ回り犯として、そのままペドフィリアエンドにすることはしなかった。
文伽が持つ携帯ゲームのアラームが毅彦の目覚ましのように、そのゲームキャラが彼の手がけたものであること示して、突っ込むトラックから文伽を救済する自己犠牲エンドで終わらせた。
しかも葬儀の長いエピローグにフミカから文伽へ届けられた彼のイラストのシゴフミ。
毅彦の死もゲームの世界のように実感できない文伽の様子。それを救いがないと言ってはならない。
女児が少女になって行く頃には忘れてしまうことだろう。
むやみに余韻を残すことなく、病室で目覚めたフミちゃんに切り替わって引くのはスッキリしている。
余命のことは置いても「オジサン」と呼ばれる無職32歳青年の物悲しさは伝わる。
18禁と言うことではなく、キャラ萌えスパイス加えた少し切ない、精神的な大人向けの作品かもしれない。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

シゴフミ・第10話

「デアイ」 仕事を辞め、描きたい絵を探している、という青年・タケヒコ。そんな彼に、少女は語りかける…。 うん…今回は、かなり淡々と...

■シゴフミ 第10話「デアイ」

 若い頃は、自分の死と向き合う機会なんて、殆どありませんものね。  日比谷毅彦が、おじさん、って呼ばれる歳になっても、それは変わらなくって。  歳を取ったら、自

「シゴフミ」10話 デアイ

リセットとゲームスタートを繰り返しながら死について語り、死について理解したと思ったらゲーム機の電源を落とすというのはどういうこと?...

シゴフミ 第10話「デアイ」

脚本:大河内一楼 絵コンテ:二瓶勇一 演出:矢吹 勉 作画監督:高野和史・野村芙沙子 フミカを中心とする話も、おおかた8割ほど終わったシゴフミですが、 今回の話は、また「救えない話」にでもなるんじゃないかと心配していたのですが・・・ そんな10話の感想です。...

シゴフミ 第10話 「デアイ」 感想

死んでるものは元には戻せない…。ゲームじゃないのだから。まるで現代のゆとりを見て

シゴフミ 第10話「デアイ」

文歌目覚める!! 最後の最後で文歌がみんな持ってっちゃいました。思わず身を乗り出してしまった… 本編は「はあ?」というのと「ハラハラ」が交錯してました。 ヲタには心が痛む話でした… なんか一人で全部抱え込んじゃって、ポジティブの方向に進めなくて居場所がなくな

シゴフミ 第10.話 「デアイ」 感想

今回のテーマは「生きている意味」、あるいは「シゴフミの意味」でしょうか。シゴフミ 第10.話 「デアイ」 のレビューです。 結局シゴフミっ...

『シゴフミ』第10話

JUGEMテーマ:漫画/アニメ 小さい頃から絵を描くことが好きだった。アニメやゲームに夢中になり、気が付けばそれが将来の夢になっていた。念願のゲーム会社に就職した後は、ただひたすら友人と共にゲーム作りに奔走し、他のことなどなりふり構わずに生きてきた。だが、それが、こんな形で終わりを迎えることになろうとは。体の異変。静かに進む浸食。医者から告げられた残酷な告知。……ガンだった。余命は後幾ばくもない。途端に手がけていた仕事に価値が見いだせなくなり、会社を辞めた。恋愛など経験することなく生きてきたために、今で...

シゴフミ 第10話「デアイ」

 今回はあやうく無職男性が親戚の幼女を道ずれに死ぬ話になりかけましたね でも自分の作ったゲームを幼女が遊んでるのを見て悪い考えを捨て...

シゴフミ 第10話 「デアイ」

「こいつにコンティニューだ」 ゲーセン→絡まれるという流れから、この言葉しか思い浮かびませんでしたw 今回のキャラは30代ニート無職の...

シゴフミ 第10話「デアイ」

シゴフミ テレビアニメ公式サイト シゴフミ マル秘日報 まず、本編の大まかな内容としては、「死」というものの再確認、もしくは、生きることの証明といったところでしょうか。 かなり、自分にとっては痛い 冒頭からフミカと同名の少女(小学校1年生程度)が登場。でも....

シゴフミ  第10話

さて、今回も普通に良い話でちょっと驚きましたでも色々な意味が込められた話だったなぁとまぁ本筋にはあんまり関係はありませんでしたけど母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽は、従兄の日比谷毅彦と留守番をすることになる。突然ゲーム会社を辞めて、家族に不審がら...

シゴフミ 第10話「デアイ」

すごい一体感の映画館!

(アニメ感想) シゴフミ 第10話 「デアイ」

シゴフミ 一通目 母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽は、従兄の日比谷毅彦と留守番をすることになる。突然ゲーム会社を辞めて、家族に不審がられながら、自宅で絵を描いていた日比谷。彼は食事に出るついでに、ゲームセンターや映画館に文伽を連れて行く。しかし帰り...

シゴフミ 第10話「デアイ」感想感想

ぶっとんでいたり、サービス回かと思いきや中々良い話だったり、もう10話になるのに良い意味でよくわからないね、このアニメ。フミカの謎とかもまだあるし。そのあたり今回は進展があるのかな・・?2008年03月25日発売シゴフミ 一通目早速感想。不治の病。コンティニュ...

シゴフミ 第10話 「デアイ」

死んだものは帰ってこない。

シゴフミ 第10話 「デアイ」

死んだものは帰ってこない。

シゴフミ 第10話 「デアイ」

母親に連れられて親戚の家に来ていた文伽は、従兄の日比谷毅彦と留守番をすることになる。 突然ゲーム会社を辞めて、家族に不審がられ...

★シゴフミ 第10話 良い意味で予想外の一話。文歌ついに目覚める!

前回と変わって鬱展開かな…なんて思いきや!実は 感動な話だったということで良い意味で裏切られた一話でしたね(笑) 「本当の死」を知...

シゴフミ 第10話「デアイ」

ゲームでない現実は、命のやり直しはきかない。 死んだものは帰らない…。 だから逝く時に満足していけるかが大事というテーマの今回。 ラ...

アニメ「シゴフミ」第10話。

第10話「デアイ」 死んだものは元に戻せない。 リセットが効かない。だから戻って来ない。それが死。 ゲームじゃないのだから……。 今回...

シゴフミ 第10話「デアイ」

シゴフミの第10話を見ました。第10話 デアイ死んだ鳥の死体を触っている文伽に注意する母。「元に戻せる?」「ゲームじゃないのよ」勤めていたゲーム会社を突然辞めて以来、自宅で絵を描きながら日々を過ごしていた青年・日比谷毅彦のもとへ、いとこの文伽が母親に連れら...

シゴフミ 第10話

シゴフミ 第10話「デアイ」 自分の描きたい絵を見失ってグラフィッカーとして入社したゲーム会社を辞めた日比谷毅彦。末期ガンに侵されて...

シゴフミ 10

= 第10話 「デアイ」 = {{{久し振りのシゴフミです。 小学生文伽があまりにも可愛かったので記事化しました(爆) パッと見、あずまんがの大阪っぽかったよ。目の大きさとか、ぽかーんとしてるとことか。 それとは逆にストーリーは非常に重かったけどね・・・。 でも案外、最近の自分を描写してる気がして、人事とは思えなかったのも事実。 最初から文伽と呼ばれる女の子が登場したから、てっきりフミカの子ども時代の話かと思ったよ。 正体は同名の子ども。 無邪気なんだけど...

シゴフミ 第十話「デアイ」 ヒーローの引退とは猫の悟りと同義語である

シゴフミ 第十話「デアイ」 考える余地を残してくれたスタッフには感謝 そして、かっこつけてスタッフとか言ってみたオイラに乾杯  ...

シゴフミ 第10話 「デアイ」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  “シゴフミ・・・それは人に許された最後の奇跡”  偶然にフミカと同じ名前を持つ少女と出会いそして、そんな彼女へシゴフミを届けるお話です。  その少女はまだ死というものを理解していなかった。それが最後になってどんどんと理解していく・・・  そして、最後意外な展開へと発展する。いよいよ物語は最終局面へ・・・  日比谷毅彦という32歳。彼は日中、仕事もせず、家の中で絵を描き続けるというだらだらとした生活を送っていた。  以前、ゲーム会社に勤めて作...

シゴフミ 第10話

第10話『デアイ』 今回は、「死」についての話ですね。 まぁ、シゴフミらしい話でした。 文伽は、まだ「死」がどういうものか分かっていないようですね。 まぁ、まだ小さいんで仕方ないと言えば仕方ありませんが。 でも、今回の出来事で、生き物はたとえキノコを食って..

シゴフミ #10 「デアイ」

 絵が好きだった。  ゲームが好きで、ゲーム会社で絵を描く仕事に就いた。  ……でも、それも先日辞めてしまった。  僕は、世界に何を残せるのだろうか――? ★次回予告と全体考察へのショートカット ☆バンダイチャンネル ☆[B-ch]シゴフミ|アニメ....

シゴフミ 第10話

今回は、毅彦が末期癌を言い渡され会社を辞めたお話でした。 フミカと同じ名前の文伽という女の子が登場、まだ死ぬというものをよく分かっていないようで。 とりあえずあの警察はどうにかした方が宜しいかと(苦笑)。 毅彦は突然ゲーム会社を辞めて、ボーっと絵を描こ....

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]