忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち- 第3話「花は涙を流さない」

月1回放送の「Mnemosyne-ムネモシュネの娘たち-」第3話。今期のXEBECは、おっぱい・お尻アニメだけではない。スナッフフィルムになる限界でAT-X10周年記念作品で視聴年齢付き。精神的な大人だけが見ることをお勧めする。

物語は第2話から20年過ぎた2011年の名古屋から始まる。
第二次大戦中の生物兵器の実験、そしてそれを引き継いだ米軍による通称死人島の生き残りの者を狙う連続爆破殺人事件が結びつくなか、今もその実験を行うマッドサイエンティスト山之辺沙耶羅の陰謀。
第1話で登場した山之辺沙耶羅は死んでいなかった。時竺の実を食べ、燐たちと同じ不老不死になったようだ。
燐への復讐を兼ねた沙耶羅の実験が始まる。

燐に能登麻美子、ミミに釘宮理恵、沙耶羅に田中理恵と人気声優を揃え、普段はあまり開かないであろう役者の引出しを開かせている。
さらわれた燐の行方を女情報屋から得る替りに、少女体型のミミにガチのビアンとのベッドプレイ。
前埜の前での羞恥プレイに「見ないでぇ…」と悶え、釘宮理恵によがり声をあげさせるから、お子様は見てはいけない。

登場する前埜光輝は20年経ったとはいえずいぶん老け込んだ。もう初老の雰囲気だが、家庭をもち子供もいる。奥さんは第2話の依頼主だった女子高生、「天使」として死んだ兄の遺影の前のジュエルケースに入れていたのは、その時の竺の実だったか。
窮地の燐の前で、その時竺の実を体に入れ自ら「天使」となり、まだ残る自我の中で燐を助けた後に沙耶羅を喰い死んで行った前埜が今回のヒーロー。
エイポスは、燐の時竺の実を熟成させてから喰おうとしているのだろうか。今回タンカーから海に落ちた時竺の実は二人の天使を生んで、次回に因縁を残した感じだ。
前埜が出かけるときに死亡フラグ立っていたから、奥さんも覚悟は出来ていた様子。この先の話では息子も関わってくるのだろうか。

1話約45分を月1回の放送ペースってのは、この手の作品には向いているかもしれない。
設定は共通でも、時間経過の中で1話完結形式の事件を描くから、構成上もアニメーション制作上も無理が来ないと思う。
第3話の制作は銀画屋のグロス。

MNEMOSYNE

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

Mnemosyne -ムネモシュネの娘たち- 第3話「花は涙を流さない」

父親

Mnemosyune ムネモシュネの娘たち 第3話

生きることは、死なないということと同意ではない。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]