忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

図書館戦争 第6話「図書隊ハ発砲セズ」

ヒロインを山猿呼ばわりするのは失礼だと思うけれど、やはり檻の中に閉じ込めずに郁を動かした方が面白いと思った「図書館戦争」第6話。
山梨の古書店まで「預言書」を受領に向かう郁。
小牧と組ませた事で、また違う視点で描き出してくれる。郁と堂上の相似点を炙り出すのに柴崎あたりの客観的なツッコミを使わずに、新人時代の堂上を知るクールなようでいてホットな小牧の見方はこんな事件でもなければ出せないだろう。
こうやって堂上と郁の図書、児童書に対する情熱の類似点が書き足されていって徐々に外堀が埋まって行く、臆病なような慎重なシリーズ構成になっている。
狙撃され足を怪我した小牧と郁の間には決してフラグが立たないで進む展開だと言うことも、視聴者の意識に刷り込んでいる。

良化隊の追っ手から逃れるために高速を降りて逃げ込んだのが日野だと言うことは、「日野の悪夢」を知っている者に心理的な圧迫を演出するかと思ったが、そんなことは何もなしに追走劇。
逃げ込んだのは日野操車場。パラレルワールドの日野には操車場がある設定。
貨車に逃げ込んだ小牧と郁は、別の留置電車に「預言書」を隠し投降。
援護に来た図書隊の堂上が小牧を狙撃した事に腹を立て、良化隊を殴ると思ったが大人の自制を見せてエンド。
セカイ系の人たちやミリオタや鉄オタは、この作品の設定・世界観に突っ込むと負け。

今話の柴崎は、陰のヒロインとして連絡の取れない郁を心配する。朝帰りの郁にとっては眠れる森の美女といったところか。
住宅地での発砲で住民からのクレームに、不自然な事に早朝から司法省が動いて良化隊が撤収するのは手塚が噛んでいるのか。第4話の拉致事件の際に原作と異なりその権力を利用しなかったのだが、彼の家族についても後に語られるのだろう。

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻図書館戦争

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

図書館戦争 状況〇六 (第6話)「図書隊ハ発砲セズ」

「図書館戦争」公式サイト 今回も図書の回収。 「予言書」とかいわれ、映画化もされたが、メディア良化委員会の検閲により、今は見ることができないとのこと。 今までよりは世界観を描きつつあるようにも思えるものの、基本は軍事オタクの何者でもない今回のエピソード。 ...

図書館戦争 第6話 「図書隊ハ発砲セズ」

メディア良化法を予言したような『予言書』。 回収した郁と小牧は良化隊の襲撃を受け追詰められる…。 銃弾を受け小牧は負傷し救援を待つこ...

アニメの感想「図書館戦争」 第6話

イイハナシダナーな回でした みなさんいい人ですね 出来た仲間に囲まれて主人公は恵まれていると思います もちろん主人公の笠原も充分出来た人物ですが いきなりピンチでした スーパーピンチです けどあれだけじゃ、まだアルターはまだ発動しないね 気分だけはヒー....

図書館戦争 第6話 「図書隊ハ発砲セズ」 感想

原作には無いオリジナルストーリーであり、世界観を説明するのが主な目的なのでしょう。 図書館戦争 状況〇六 「図書隊ハ発砲セズ」 のレ...

図書館戦争・第6話

「図書隊ハ発砲セズ」 60年前に描かれた書籍を受け取った図書隊。だが、その帰還途中、良化委員の襲撃を受ける。何とか逃亡を図る小牧と...

図書館戦争 #06

#06『図書隊ハ発砲セズ』やたらと熱くて足の速い少女と、笑う正論小牧は最悪の事態となっていた。激しい検閲を受けて市場には

図書館戦争 第6話 「図書隊ハ発砲セズ」

そろそろ説明だけで1話丸ごと使ってほしい気が 私の理解力なさの頭じゃそろそろきついです><

図書館戦争 状況〇六「図書隊ハ発砲セズ」

『良化隊がつけ狙う本──『予言書』を回収した郁と小牧。襲撃から逃げるさなか、小牧は、郁と昔の堂上の姿を重ね合わせる。堂上班誕生のエ...

図書館戦争 第6話「図書隊ハ発砲セズ」

図書館戦争 第6話「図書隊ハ発砲セズ」

図書館戦争

#6「「図書隊ハ発砲セズ」 この作品は、お話よってストーリーの落差が激しいだけど…今回郁が動くとおもしろいことに気づきました。 郁は、どこまでも堂上にそっくりなんだね~。 いや、今までもあったから「やっぱり」ってカンジなんだけどね。 彼女は動き回っている姿の方が生き生きしてて、好きだなぁ。 小牧さんは笑い上戸なんだけど、こういう非常時の時も落ち着きと笑えるだけの余裕があるのは、さすがですね。^^ それと小牧さんが牽制するシーンも良かったです。 でも今回のお話は...

図書館戦争 #6 「図書隊ハ発砲セズ」 感想

あらすじは公式HPから。良化隊がつけ狙う本──『予言書』を回収した郁と小牧。襲撃から逃げるさなか、小牧は、郁と昔の堂上の姿を重ね合わせる。堂上班誕生のエピソード、そして絶体絶命のピンチを切り抜ける小牧の作戦とは。今回はナレも石田・小牧で、本編も魅力炸裂!!...

図書館戦争#6ルールは破る為にある

「予言書」を守る攻防は続く。市街地での発砲というルール違反に憤る郁。小牧は、それが彼らのやり方だと言うが・・審判に見付からねば何をやっても良いのはこの世界でも同じらしいですよ( ゚д゚)状況○六「図書隊ハ発砲セズ」相変わらず、郁がまったく読書もしないと思...

「図書館戦争」6話 図書隊ハ発砲セズ

銃での撃ち合いがサバイバルゲームのようと書かれてるサイトさんを見たりしてたんだけど、サバイバルゲームなんてやったことも見たこともな...

図書館戦争 #6

図書館戦争ED「changes」BaseBallBear良化隊にとって法律はちょうど言い具合に破るためにある・・・・。まさに大人の裏社会・・・現代社会に精通してやがる・・・っ!ですが、今回は裁かれましたね。発砲に市民からクレーム。・・・え?あんな音で?深夜に起きてたのか・...

(アニメ感想) 図書館戦争 第6話 「図書隊ハ発砲セズ」

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 良化隊がつけ狙う本──『予言書』を回収した郁と小牧。襲撃から逃げるさなか、小牧は、郁と昔の堂上の姿を重ね合わせる。堂上班誕生のエピソード、そして絶体絶命のピンチを切り抜ける小牧の作戦とは・・・。

図書館戦争 第06話 「図書隊ハ発砲セズ」 感想−郁と柴崎

図書館戦争 第06話 「図書隊ハ発砲セズ」 感想です。 郁と教官は山梨に「預言書」と呼ばれる重要書籍をとりにいくことに。 翻訳SFであ...

図書館戦争 6話「図書隊ハ発砲セズ」

郁は小牧他2名と共に古書店で貴重な本を回収した帰りに良化隊に襲撃され、本は小牧と郁が抱えて逃げ、残りの2名は囮となったが直ぐに捕まり、郁と一緒に逃げる小牧は市街地であるにも関わらず、良化隊から発砲を受け、足に軽症を負った。 この時、郁がキレましたね。 道路に飛び出して「発砲したの誰? 前に出なさい、引っ叩いてやるから」なんて言っていたような(笑)。 郁は状況を全く分っていねえーよな(笑)。

図書館戦争 第6話「図書隊ハ発砲セズ」

今回のナレは「熱くて足の速い少女」と郁を称した小牧(^^) 良化隊がつけ狙う本──『予言書』を回収した郁と小牧。襲撃から逃げるさなか、小牧は、郁と昔の堂上の姿を重ね合わせる。堂上班誕生のエピソード、そして絶体絶命のピンチを切り抜ける小牧の作戦とは。...

アニメ『図書館戦争』の感想/状況〇六『図書隊ハ発砲セズ』

『図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻』角川エンタテインメント井上麻里奈・前野智昭・石田彰・鈴木達央沢城みゆき・鈴森勘司・佐藤晴男・田中理恵浜名孝行(監督)発売日:2008-08-06amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)予約は上記アマゾンで26%引きだそうな!! しかも...

図書館戦争 第06話 「図書隊ハ発砲セズ」

図書館戦争   お勧め度:お勧め   [ノイタミナ]   フジテレビ : 04/10 24:45〜   関西テレビ   東海テレビ   原作 : 有川浩   監督 : 浜名孝行   シリーズ構成 : 古怒田健志   キャラ原案 : 徒花スクモ   キャラデザ : 中村悟   アニメ制...

図書館戦争 #6

街中で発砲しちゃいけないのにサイレンサーまで付けて殺る気満々じゃないですか! てかさ、そんな装備まで許されるの? 正直、良化隊がクーデターでも起こしたら警察じゃ足止めも出来ないな。 良化隊も何故にいつも後手後手なんだろうか? たまには図書隊に先んじて本を....

やたらと熱くて、足の速い郁と笑う小牧の生きる現実がここにある、、、やはり、笠原と堂上は似ている。

 【郁】と【小牧】の逃走劇から物語は始まる。逃げる【郁】と【小牧】の激しい息遣いが聴こえた。追う者たちは、銃器を装備した良化特務機関。川原と橋での攻防、、、なんとかやり過ごす。はく息が白かった、、、そんな冬の季節。【郁】の俊足さを実感する【小牧】。その【小牧】に言われ基地に連絡をする、、、最悪の事態ですと・・・。とても永い夜になりそうなそんな感じがした。【小牧】と「山梨県」の古書店に、、、「予言書」と呼ばれる貴重な本。店主は沢山の人に読んで欲しいと、、、その想いを受け継いだ図書隊員なのだ。その本は「良化法...

図書館戦争 第6話

第6話『図書隊ハ発砲セズ』 今回は、なかなかハラハラドキドキな話でした。 郁と小牧は予言書を守るために良化隊から逃げているようです。 ところで、予言書って本はすごいですね。 何年も前に、今のこの世界を書いていたなんて。 その本には、その時代の終わりについても..

図書館戦争 状況〇六『図書隊ハ発砲セズ』

小牧と走っている女性 誰かわからなかった。郁だったんだね。 『予言書』を回収した

図書館戦争 #6 「図書隊ハ発砲セズ」

「うちの女子隊員に手荒な真似をしてみろ。後悔することになるぞ。」 小牧教官がブチギレるところが見てみたいっ! いつもニコニコ笑顔で...

アニメ感想:図書館戦争 第6話「図書隊ハ発砲セズ」

図書館戦争 第6話「図書隊ハ発砲セズ」の感想です。 今回は「予言書」と呼ばれる焚書をテーマにした本を預かり、逃げるという展開から。「主人公は本を焼く仕事をしている」「SF」など話を聞いている限り、レイ・ブラッドベリの「華氏四五一度」がモデルの様子。焚書を扱....

図書館戦争 #6

郁が小牧教官と一緒に、禁書になった本を古本屋から図書館に搬送するお話でした。通称・予言書と呼ばれている本を、郁たちが古本屋さんから譲り受けることになりました。その本はSF...

ダブルスタンダード ~ 図書館戦争 第6話

図書館戦争 状況〇六「図書隊ハ発砲セズ」であります。いやあ、やっと郁がわめきちらさない回がやってきてくれて、心ゆくまで楽しめましたですよ。 以前から「本をめぐる戦闘は滑稽だ」ということを書いてきました

図書館戦争 状況〇六『図書隊ハ発砲セズ』

『やたらと熱くて足の速い少女がいた・・・』 小牧にとって郁ってのはそ~ゆ~イメージなワケやね(笑)。 堂上もイイオトコですが小牧もこれまたイイオトコだわ。

図書館戦争 状況〇六「図書隊ハ発砲セズ」

良化隊がつけ狙う本──『予言書』を回収した郁と小牧。襲撃から逃げるさなか、小牧は

図書館戦争 第6話感想

一般層には大人気みたいですがどうもアニオタ層には評判がよろしくないようで(設定的な意味で。 たしかにあれな部分もありますがそんな悪い...

図書館戦争 第6話 「図書隊ハ発砲セズ」

図書館戦争 第6話 「図書隊ハ発砲セズ」 見ました。 相変わらず不思議な世界です。 ミリタリーに興味ないあたしでもつっこめるとこ...

驚愕の新事実判明!

ぼたもちさん、またまたGJ!! 本日ご紹介したアニメ「図書館戦争」でC.Kがキャラデザインモデルの登場人物がいること判明しました! もちろん彼女です!!!   柴崎 麻子(しばさき あさこ) 声: 沢城みゆき 武蔵野第一図書館・図書館業務部の図書館員。一等図書士。身長157cm。22歳。明晰な頭脳と端整な容姿を備えた郁のルームメイト。口は悪いが、素早い情報収集能力と超S級の如才無さで郁を助ける。 「情報網ってのは広げ方にコツがあるのよ」 ...

図書館戦争 状況〇六「図書隊ハ発砲セズ」

 まるで「メディア良化法」が制定された今の世界を描いたような本、  通称『予言書』を回収した郁と小牧だったが、良化隊に襲撃され  逃げるさ中、良化隊に発砲され負傷する小牧。  それを見て、撃った奴出てこいやぁ!とブチ切れる郁。 そんな郁に昔の堂上の姿を...

Navigation108 図書館隊ハ発砲セズ 図書館戦争

状況〇六 図書館隊ハ発砲セズ 絶体絶命を切り抜けろ!!

図書館戦争 第6話 「図書隊は発砲セズ」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  最悪の事態発生。  その夜、郁と小牧教官は“予言書”と呼ばれる貴重な書籍を譲り受けに、山梨の古書店に行ったのでした。      譲り受けた“予言書”市場にはもう存在していない、大変、貴重な本。  内容は本が刈られる世界をモチーフにしたSF小説。  主人公は良化隊のような組織で本を焼く仕事をしているという。 この事が60年も昔に書かれていた・・・・なので予言書と言われているらしい。  今回、山梨の古書店の店主が図書館に置いてもらい、...

図書館戦争第6話「図書隊ハ発砲セズ」

 両親の突然の訪問に戸惑った郁。ばれたら実家に連れ戻される危機を向かえた。仕事振りは まだまだだが、自分の目指した仕事に就き、意思の強さを父親の克弘が認め、無事続ける事が出来た。しかし今回郁の身に、危険が迫っていた。  夜の住宅地良化隊の追っ手から、必

[アニメ]図書館戦争:第6話「図書隊ハ発砲セズ」

 小牧教官の微笑が古泉に見えて仕方ないww。  えー、えー、諸君に告ぐ。こちらの戦況は不利である。フジテレビの策略にはまり、録画失敗のため、後半部分の視聴することができず、感想も尻切れトンボになってしまう可能性が存分に高い所存であります。  小牧は自分....

図書館戦争〜第6話・図書隊ハ発砲セズ

図書館戦争ですが、笠原と小牧は予言書を取りに行きます。これは近未来のSF小説ですが、焚書など現在の状況を予言している内容で良化隊に襲われます。良化隊は緩衝地帯の住宅地で威嚇射撃しますが、跳弾が小牧に当たって負傷すると笠原が猛抗議します。(以下に続きます)

「図書館戦争」第六話 〜彼奴みたいな無鉄砲故に役所が必要なり〜

2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊して本を...

図書館戦争 状況〇六 「図書館隊ハ発砲セズ 」

図書館戦争 状況〇六 「図書館隊ハ発砲セズ 」 今回は郁と堂上の直接のぶつかり合いは無かったのですが、似たもの同士というのがさらに明ら...

意外とビックリした堂上の過去!! 図書館戦争第6話『図書隊ハ発砲セズ』

 深夜の住宅街を逃げ回る郁&小牧と、2人を追いかける良化隊の面々。  追われている理由は、郁と小牧が回収した本にあったのです!!!  いき...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]