忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

紅 第7話「女」

九鳳院の家を出て半分ほどの自由を得た紫だけれども、真九郎のいない五月雨荘では自由すぎる住人たちにより、年端もいかない子にしては豊富な知識を得てゆくのが末恐ろしい「紅」第7話。
男遊びと称して大学に行く環に見たものは、自由そうで強そうな顔の裏に隠された女の弱さ。
男は自分から振るものだと言いながらも、男からの別れを切り出される予感に紫をダシに使って切り抜けようと謀った環を責められまい。
「こんな時ビールでもご馳走できれば」などと殊勝な態度の紫。
紫にとって今回の外出の教訓は「男は身近にいて、ちょっと弱そうな女を選ぶ」
そこで紫の脳に閃くのは、天敵の崩月夕乃。真九郎が篭絡されはしないかと慌てて五月雨荘に戻り「今すぐ夕乃と別れろ」とのご宣告。

紫視点での環お当番回的なエピソードだが、シリーズ後半への転機の回だろう。
ファミレスで紫を九鳳院紫と知る男。紫の居所は九鳳院蓮丈の知れる所となり、紫を取り戻そうとリン・チェンシンが動くことになるのだろう。
九鳳院家での蓮丈と紅香、亡き蒼樹と紅香の関係も回想シーンで登場する。
これまで明瞭に語られていたか記憶が無いが、蓮丈と蒼樹は実の兄妹で近親姦で生まれた子供が紫。九鳳院家に生まれた女子は「奥ノ院」に一生囲われる。蒼樹の友人だった紅香が紫を連れ出して第1話が始まると理解している。
紫と九鳳院の話は随分進んできて、次回以降でひと騒動ありそうだ。
真九郎側の物語は誘拐事件から紅香の世話で崩月家で修行したようになっているが、銀子が真九郎に「ラーメン屋一緒にやろうと思っていた」と言わせる幼馴染みのエピソードが無いが、これから挿入されるのかスルーされるのか、後者なら惜しい。

キャラの目元や頬の線に特徴があると思えば、作監はごっきーこと後藤圭二。第1話で原画もやっていたが、テレビシリーズの作監は久しぶりかも。

Love Jumpcrossing days紅 1

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

紅 kure-nai 第7話「女」

都合のいい女。

紅・第7話

「女」 真九郎の留守中、環、闇絵と共に過ごす紫。そんなとき、大学にいく、という環に紫もついていくのだが… 紫、社会勉強をする! の...

紅 第七話 「女」

女として得られる普通の幸せ。

紅kure-nai 第7話 「女」

前半・後半と意味合いは全く異なるものの殺伐とした内容でしたな~。 次回以降はシリアス度が増しそうですが。

紅 kure-nai 第7話「女」

紫・環・闇絵の3人が真九郎の部屋にて怪しい会話……相変わらず環さんは紫に余計な事を語り、利口な紫はそれを吸収していく。本当、この2人は一緒にいてはいけないよなぁw 真九郎はロリコンにされてしまうしw 真剣に「私はいい女だ! だから真九郎はロリコンになっ....

紅 kure-nai 第7話・「女」を観て寸評

 あわわ…相変わらず凄いというか生々しすぎるだろコレ。

紅 kure-nai 第7話「女」

縲守エォ縺ォ螂ウ縺ィ縺励※縺ョ蝟懊?縺御ス輔°繧堤?蠑√☆繧狗腸縲ょスシ螂ウ縺ッ縲√h繧頑キア縺冗衍縺」縺ヲ繧ゅi縺?◆繧√↓縲∫エォ繧貞、ァ蟄ヲ縺ォ騾」繧後※陦後¥縲ゅ◎縺薙〒迺ー縺ッ縲∽コ疲怦髮ィ闕倥↓縺?k縺ィ縺阪→縺...

紅 -kurenai- 第7話 「女」

紫を自分の大学に連れ出した環さん。 いったい何を教えるつもりなのですか?(^^; 環さんの通う大学だけに、なんというか恋愛フリーダ...

紅kure-nai 7話「女」

紅 7話「女」 このところ仲がよくなった紫と環、闇絵の3人。紫に悪影響を与えっぱなしだが、話を聞いていると面白い。真九郎が心配するのをよそに、環は紫をつれて大学へ。そこに出てきたキャバ嬢風の女の人、「沢城みゆき」だよね?しかし、子供がいても一切気にし...

(感想) アニメ 『紅』 第7話 「女」

今回はドロドロ恋愛模様が見られましたね{/kaeru_shock1/} プチ人間不信になりそうですよ{/hiyo_shock1/} 大食い選手権っぽいテレビを見ながらイイ男はいないかなどと話している闇絵と環{/kirakira/} 紫は真九郎がいいと言うのだが、この二人にはしっくりこないらしい…{/face_ase1/} そして、環さんが会わなきゃいけない人がいるので、大学に行くと言い出す{/face_sup/} 環さん、大学行くんですね{/eq_2/} なんだか意外{/3hearts/} そして大学...

紅 Kure-nai 第7話 『女』 感想

紅 Kure-nai 第7話の感想とイラストですよ 銀子、ますます影が薄くなる(本編絡まない夕乃でさえアノ シーンで登場したのにw ...

[アニメ]紅-kure-nai-:第7話「女」

 今回ので、環というキャラが寄り一層好きになりましたよ。  環の女としての生き方。恋愛感。失望。誇り。いつもの明るさからは考えられない色々な悩みを抱えて生きてきて、せめて五月雨荘の人たちには、そんな悩んでいる姿を見せたくない、環なりの誇りもあったのでし....

[アニメ]紅-kure-nai-:第7話「女」

 今回ので、環というキャラが寄り一層好きになりましたよ。  環の女としての生き方。恋愛感。失望。誇り。いつもの明るさからは考えられない色々な悩みを抱えて生きてきて、せめて五月雨荘の人たちには、そんな悩んでいる姿を見せたくない、環なりの誇りもあったのでし....

紅 kure-nai 第7話「女」

修羅場だ〜(;´・Д・`)

紅 -kure nai- 第7話「女」

紅真九郎が学校に行っている間、いつもの如く部屋でテレビを見る九鳳院紫。闇絵と武藤環の2人も一緒に横になってテレビを見ていた。 いつもの如く、7歳の子供相手に女性の善し悪しを語り出す環。 真九郎はロリコン扱いされています。 珍

紅 -kurenai- 第7話 『女』

環ってよく見ると美人だね!強い女だと思っていたけどツンデレだったんだー。 環は紫

(アニメ感想) 紅 -kurenai- 第7話 「女」

紅 1 紫に女としての喜びが何かを熱弁する環。彼女は、より深く知ってもらうために、紫を大学に連れて行く。そこで環は、五月雨荘にいるときとは少し違う姿を見せる。しばらく歩き回った後、座って休んでいると、ふたりの前に環のボーイフレンドである里志が現れた。和や....

紅 #7

紫が環と一緒に大学に行くお話でした。いつも下ネタばかり話している環は、風俗関係のお仕事をしているのかと思ったら、何と女子大生だったんですね!(^^;いつもは大学に行かずに、紫...

紅‐kure-nai‐ 第7話「女」

今回のお話は、紫が環さんに連れられて大学へ行くというお話でした。 まずは、環さんと闇絵さんとTVを会話する紫さん。この2人、もう真九郎さんの部屋に入り浸っているみたいですねぇ。 TVを見ながら、女性に関する話へ。 環さんのことを「いい女」だという紫さん。まぁ、その理由というのが、電気ストーブをくれたからだというのは微妙ですけどねぇ。 で、闇絵さんは、自分の意外は興味がないみたいで、これはさすがは彼女って感じだと思います。 「いい男いないなぁ・・?」という環さんに、真九郎さんのことを上げる...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]