忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

図書館戦争 第7話「恋の情報探索(レファレンス)」

このサブタイはセンス無いと思うけれども「図書館戦争」第7話は、いよいよ手塚の兄、慧の登場。
彼の主催する研究会「未来企画」の思惑と行動が図書館と図書隊に影響を与えてくる。
シナリオでは慧は攻略対象の中ボス的な存在だろう。いかにも嫌味な小悪党のようなキャラデにしたものだ。

今回は郁は前面には出さずに、郁の親友柴崎が慧の指令を受けた朝比奈に接触される。焚書事件の研究目的で柴崎にリファレンスを依頼する朝比奈。賢い柴崎のことだから彼の目的は薄々感づいているはずだが、いつものようにバッサリ切り捨てる事も無く、彼女の中の「乙女」の部分を少し感じさせながらAパートを引っ張る。良化隊との儀式的な戦闘シーンが続いた後の幕間としては、ホッとする構成。
わざとらしく富士山の見える場所を案内させる朝比奈と、リファレンスの職務の一環の建前の柴崎。夕日が落ちる富士山の遠望に、その柴崎の建前がフッと崩れた演出は少々くすぐったいが、ラブコメパートとして悪くは無い。

もう一方で手塚慧は弟の光に接触。
仲違いから母の体調が崩れ家庭崩壊した元凶は兄にあると思い込んでいる光と、その一方で日野操車場の一件では司法省を動かす兄の力を頼るしか術が無い光の複雑な両面。原作では稲嶺指令誘拐事件の際にも監禁場所の割り出しを兄に依頼していた記憶がある。
手塚の父と光、それに対する慧、それぞれの立場は違えても目指す方向は似ているのだが、原則主義・現場主義の弟と覇権主義的な兄の手法はすれ違ったままで、武蔵野第一図書館と図書隊はそれに巻き込まれて行く。

「一刀両断レビュー」なる書評サイトの管理人は図書館業務課の砂川。その容赦ない切り口に反発する郁や手塚。
図書館公式サイトからレビューサイトにリンクされている事に市民からの反発があったかと思ったのだが、砂川が図書館の蔵書を密かに処分している事件を慧と「未来企画」に突かれることになる。
手塚に関する主要な伏線は回収したところで、慧のもう一方からの揺さぶりが図書館と図書隊、そして郁に直接襲い掛かる事になる。
不自然にすばやく記者会見をする図書館長、当事者の砂川への査問から彼が共犯として名指しした郁。そして郁が査問委員会にかけられる事になる次回へ。
柴崎や弟に対する仕掛けでは図書隊と図書館は揺るがないと見た慧の矛先が郁に向かう。

手塚慧に揺さぶられる図書隊を、複数の角度から描きテンポの良い展開。
伏線整理と終盤のエピソードへの導入として、なかなか良く出来ていたのではないかと思う。
しかし、このペースでは原作の小牧&鞠江ちゃんエピソードは省略されそうで残念だが。

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻別冊図書館戦争 1 (1)

拍手

 RSSリーダーで購読する

TRACKBACK

Trackback URL:

図書館戦争 第7話 「恋ノ情報探索(レファレンス)」

手塚の兄・慧登場…弟が光で兄の名がそれって別作品とかぶるんだけど(笑) 未来企画という団体の主催者の光。その信奉者は図書隊にまでいて...

図書館戦争・第7話

「恋の情報探索」 最近、しばしば利用者と同席している柴崎。郁は、そんな柴崎が気になって仕方ない。そんな中、図書隊では、隊員によるレ...

図書館戦争 #7 「恋ノ情報探索(レファレンス)」

小野Dキャラが好青年なわけがない(←褒めてます) 柴崎に近づいてきたイイ男・朝比奈@小野D、やはりイイ男のままではありませんでした...

図書館戦争 状況〇七『恋ノ情報検索』

23歳美少女?のお話 柴崎に春が訪れた!!! 情報検索からお茶に誘われ仲が深まる

図書館戦争 状況〇七「恋の情報探索」

『図書館に通う青年・朝比奈と仲を深める柴崎。同じ頃、手塚の前に現れた彼の兄・慧。 郁を陥れる罠。やがて朝比奈は、柴崎にある困難な選択...

アニメ『図書館戦争』の感想/状況〇七『恋ノ情報探索』

『図書館戦争 【初回限定生産版】 第二巻』角川エンタテインメント井上麻里奈・前野智昭・石田彰・鈴木達央沢城みゆき・鈴森勘司・佐藤晴男・田中理恵浜名孝行(監督)発売日:2008-09-03予約は26%引き。『 そんな人間が創る社会なんて 真っ平だ!! 』 (手塚)・・・よ...

図書館戦争 第7話 「恋の情報検索(レファレンス)」 感想

待望の柴崎回ですが、原作をかなりハイペースに消費しています。図書館戦争 第7話 「恋の情報検索(レファレンス)」 のレビューです。 ...

図書館戦争 #07

#07『恋ノ情報探索(レファレンス)』自称優雅さを忘れない美少女に焚書(書物を焼き捨てること)について調べているという朝比奈光流(あさひなひかる)が近づく。

図書館戦争 第7話「恋の情報探索」

図書館戦争 第7話「恋の情報探索」

図書館戦争

#7「「恋ノ情報探索」 柴崎メインのお話で、朝比奈さんとと手塚の兄・慧が登場しました。 柴崎のほんわかした恋物語と思いきや…違うみたいでちょっとガッカリ。(・´з`・)ぷぅー 朝比奈さんは、柴崎を利用した男にしか見えないし、名刺捨ててるとこなんかアッサリ柴崎を捨てた…みたいで感じ悪いなぁ。 原作は未読なのでわかりませんが朝比奈さんって、こういうキャラなの? さて手塚兄。Wikiで調べたときに手塚に兄がいるのは知っていたけど…私が...

図書館戦争 状況〇七 (第7話)「恋ノ情報探索」

「図書館戦争」公式サイト 今回、柴崎に近付いた朝比奈は、手塚の兄、慧の主宰する「図書館未来企画」という団体からの回し者。司法省の人間ととうことで、前回、メディア良化委員会を撤収させたのはやはり手塚が兄に頼み、その後、朝比奈が動いたということなのでしょう。 ...

図書館戦争 第7話 「恋の情報探索(レファレンス)」

「図書館がメディア良化隊からの激しい検閲から表現の自由を守るため武装化。両者の戦闘は激化の一途を辿った。しかし、そんな戦いの中でも...

図書館戦争 第7話「恋の情報探索(レファレンス)」

今回は、優雅さを忘れない美少女(?)麻子のナレで♪ 図書館に通う青年・朝比奈と仲を深める柴崎。同じ頃、手塚の前に現れた彼の兄・慧。郁を陥れる罠。やがて朝比奈は、柴崎にある困難な選択を突きつける。その真意は何か、そして柴崎の出す答えとは──。 焚...

(アニメ感想) 図書館戦争 第7話 「恋ノ情報探索」

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 図書館に通う青年・朝比奈と仲を深める柴崎。同じ頃、手塚の前に現れた彼の兄・慧。郁を陥れる罠。やがて朝比奈は、柴崎にある困難な選択を突きつける。その真意は何か、そして柴崎の出す答えとは・・・。

図書館戦争 第07話 「恋ノ情報検索」

図書館戦争   お勧め度:お勧め   [ノイタミナ]   フジテレビ : 04/10 24:45〜   関西テレビ   東海テレビ   原作 : 有川浩   監督 : 浜名孝行   シリーズ構成 : 古怒田健志   キャラ原案 : 徒花スクモ   キャラデザ : 中村悟   アニメ制...

navigation115 恋ノ情報探索 図書館戦争

状況〇七 恋ノ情報探索 そんなっヾ(・ω・`;)ノ柴崎がっ

図書館戦争 第7話 「恋ノ情報探索(レファレンス)」

図書館戦争 第7話 「恋ノ情報探索(レファレンス)」 見ました。 図書隊員は戦争ばかりしているんだと思っていました。 違いました...

図書館戦争第7話「恋ノ情報探索」

   「あのちょっと調べたい事が、あるのですけど?」麻子に質問して来た青年朝比奈光流。その質問内容は、焚書(ふんしょ)と呼ばれる、焼き捨てられた書物について。「図書館で物騒な 事ね。」焚書を調べる事を「物騒」だと思いながら、案内した麻子。こうして出合った2人。

図書館戦争 第7話 「恋ノ情報探索」

【あらすじ】 図書館に通う青年・朝比奈と仲を深める柴崎。 同じ頃、手塚の前に現れた彼の兄・慧。 郁を陥れる罠。 やがて朝比奈は...

図書館戦争 7話「恋の情報探索」

喫茶店での手塚と郁の柴崎への探索ぶりと題名から今回はラブコメかな?と予想したけど政治的なお話でしたね。

図書館戦争 #7

柴崎に朝比奈という男がまとわりついてきました。それと平行して、手塚の兄・彗が動き始めました。今回は「図書館内乱」にあった査問会のお話の前哨戦でした。このところ柴崎のまわり...

図書隊不要論 ~ 図書館戦争 第7話

「美少女」に対する郁のツッコミは、お前もいい年だろうと言いたいw、図書館戦争 状況〇七「恋の情報探索」です。 恋愛のきっかけをつかむのにサプライズはよい手法ですが、柴崎があんなに簡単に引っかかるという

図書館戦争 第7話 「恋ノ情報探索(レファレンス)」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  “今なら揉み消しがきくと言ったらどうしますか?”    柴崎は最近図書館で調べ物をしに訪れている朝比奈と最近、仲良さげでなのだが第3者から見ればいい雰囲気に見える。  という事は柴崎にもようやく春が訪れた。  と、思ったのだが、この朝比奈という男、実はある企みを持って柴崎に近づいてきたのだった。  図書館観全体に関わるある情報を柴崎に提供するのだが、これを聞いた柴崎はどう出る?  柴崎に選択が迫られます。 今回はこんな展開へ発展。さて、ど...

図書館戦争 状況〇七「恋の情報探索(レファレンス)」

ちょっと調べたいことがあるんですが・・・  「焚書」について調べたいと、柴崎に近づいてきた朝比奈と名乗る男。  図書館問題だかの研究をしてるとかなんとか。  そして図書館員から話を聞きたいと言う理由で柴崎をお茶に誘うよう  になるのだが・・・実に胡散臭....

図書館戦争 状況〇七 「恋ノ 情報探索」

図書館戦争 状況〇七 「恋ノ 情報探索」 これまで郁と堂上を軸に話が進んできましたが、サブキャラのバックグラウンドが見えてきたり(手塚)...

図書館戦争 状況〇七『恋ノ情報検索』

『優雅さを忘れない美少女が居た』とオノレを評する麻子。 美少女っつ~よりはイイオンナだと思うがな!

図書館戦争〜第7話・恋ノ情報探索

図書館戦争ですが、柴崎に焚書について調べているサラリーマンが接近します。笠原の同期・砂川や手塚の兄なども登場しますが、砂川は図書館の公式ホームページに辛口の書評を載せています。(以下に続きます)

図書館戦争 7

= 第7話 「恋ノ情報探索」 = {{{ずっとサボっててすみません、何かと忙しくて・・・。 アニメ見る時間もあまりないですねぇ、唯一紅と図書館戦争は何とか追いついてますが。 今週はとりあえず図書館戦争だけでも簡単に。 今回は柴崎がメイン。 彼女の大人っぽさ、艶っぽさがさらに引き立った回だったでしょう。 てか、やっぱ柴崎ってモテるんだねぇ、朝比奈という男からも一方的に。 びしっと切るあたり柴崎らしいけど。 恋模様と平行して、図書館内でのトラブルも進展...

「図書館戦争」第七話 〜情報屋の妾に知らぬもの等無き事だが〜

2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊して本を...

図書館戦争 第07話「恋ノ情報検索」の感想。

図書館戦争 第07話 「恋ノ情報検索」 評価: ── 色々な過ちを犯してきた組織だという自覚のうえで 図書隊制度が運用される...

優雅さを忘れない様に、査問委員会へ逝ってきます!! 図書館戦争第7話『恋の情報探索(レファレンス)』

 第6話の堂上の昇格話には笑っちゃいましたが、今回と次回はなんと2度目の前後編!!!  とにかく優雅さを忘れないように、図書館戦争第7話『恋...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]