忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

紅 第12話「われ存在り」(最終話)

サブタイは第11話とセットになって、この最終話で見せた紫のアイデンティティーを示す。
九鳳院での紫の自立、未来に余韻を残して引いたが、連載中の原作との兼ね合いからか、破滅もしくは幸福いずれにしても決定的な結末は迎えられないのだろう。
一抹の寂しさを感じさせるのは、ずっと後ろにいたと思っている紫が同じ位置にいて、未来を切り開こうと言う輝きがまぶしいからか、それとも九鳳院に取り込まれてしまう不安があるからか、なぜだろう?
少年は非日常の世界で、守るべき対象の少女に出会った。自分の生い立ちや境遇を紫に重ねて、同情を使命にすり替えたのだとしても、少年の純粋さで紫を見つめてきた。
ところが一旦九鳳院に戻った紫の、この最終話で見せた大人びた冷静な判断に戸惑ってしまう。
しかしそれに対して真九郎は大きな動揺を見せないし、蓮丈もいやに物分りの良さを見せている。
少女が少年を、娘が父親を乗り越えようとする瞬間の驚きが、この世界から伝わってこない。
これは残念な演出と言うよりは、非日常のこの世界では真九郎も蓮丈も覚悟を決めていたのだと思うのが妥当なのだ。

九鳳院の掟に従い、蓮丈の子を授かり死んでいった実妹の蒼樹。しかし奥の院の女である前に、一人の女として蓮丈を愛して死んだ蒼樹。明かされた事実の前に、自らを九鳳院の生贄と自嘲しながらも、女としての敗北を感じる和子。今まで九鳳院と淡々と接してきた和子の自尊心が崩れる様は、ある意味美しい。
真九郎も蓮丈も、かくも特殊キャラクターの女たちの中で生かされている。
揉め事処理屋とか九鳳院財閥とか異様な環境でも、その居心地の良い繭のような殻から男たちが抜け出す始まりの物語に過ぎない。
そして「奥の院の女」としてではなく「九鳳院の娘」としての紫の戦いはこれからだ。
松尾衡は父娘の戦いとして双方に救いもしくは希望をもたらしたのだが、彼らの人生のプロローグ、いわば「九鳳院編」のラストとして好ましい。

カーチェイスやバトルは真九郎と蓮丈が向き合った重苦しいシーンのBGMのようなもの。弥生や紅香の回復力の強さには違和感あるけど。
前回で弥生と真九郎の二人は紅香から伝えられた技で戦い、リンと竜士に見切られていた。今回のリターンマッチでは真九郎は崩月流で竜士を、弥生は真九郎から盗んだその崩月流でリンを叩きのめした。紅香を刺した竜士に対し、真九郎の角は反射的に出たが、普段押さえ込んでいても平常心を失うと出てくるのだろうか。

紫の意思を尊重し、蓮丈の遺志も潰えていない事を確認した紅香たちは九鳳院家を撤収。
五月雨荘の闇絵に環、学校の夕乃に銀子と、真九郎の日常が戻ってくるのだろうが、彼の戦いは続く。
短いシリーズの尺では崩月流と彼の過去も簡単だったし、銀子との関係、弥生のキャラ掘下げなど足りないところも合ったが、真九郎と紫にフォーカスしてバックに九鳳院を映す取捨選択の結果は間違いなかったと思う。
この真九郎の日常と新たな紅香の依頼での事件で新シリーズも出来るのではないか?原作との整合性をどうつけるか難しいだろうが、新編を一巡した10年後の九鳳院での紫の戦いの成果を真九郎と共に見てみたいものだと思う。
この出来ならDVDを購入しても後悔する事はないだろう。ポニーキャニオンのDVD価格設定はリーズナブルだ。

紅 1(Amazon)
紅 1 ◆予約先着特典:「紅」オリジナルスキミングバリアカード付き(Sofmap.com)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

【最終話】紅 kure-nai 第12話「われ存在り」

今期開始アニメ、では文句なしにトップを独走していたこのアニメも最終話。終わってみれば・・・・・・良いアニメでした。良いアニメでしたが、今回の最終話はもっとはるかに素晴らしい内容を期待していたわけで、肝心の締めが、精密さに欠ける突っ込みどころの多いアバウ....

紅 -KURENAI- 第12話 「われ存在り」

第12話 「われ存在り」(終)

紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」(最終話)

今期一番に最終回を迎えることになった「紅」 【あらすじ】 圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。 彼らの前に...

紅 kure-nai 第12話「われ存在り」

真に強きもの。

紅・第12話

「われ存在り」 紫を連れ出すため、一人で奥の院へと向かう真九郎。彼を追う紅香と弥生。そして、真九郎の前に、蓮丈が現れる… 「こんな...

紅 kure-nai 第12話(最終話)。

『紅 kure-nai』 最終回…第12話 『われ存在り』。 ストーリーは…。 圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前...

紅 -kurenai- 第12話 「われ存在り」

ふたたび奥の院に戻った真九郎は蓮丈と対峙。 紫を自由にしてやれと言い放つ。 真九郎の意思に、紫が選んだ決断は――。 今期の中でも高評...

「紅 kure-nai」12話 われ存在り

結局成長物語だったんだなぁという印象。 真九郎が紅香をも押さえれるほど力をつけてた竜士を倒し、 弥生は紅香と同じといわれた状態では負...

紅 Kure-nai 第12話 『われ存在り』 感想

紅 Kure-nai 第12話 12話 感想 イラスト 紅-kure-ani-。半年前から期待していて良かったです!個人的に久しぶりに秀作でした。 ...

紅 kure-nai 第12話「われ存在り」

『圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合いの...

紅 第12話

さて、いよいよこのアニメも最終回前回ボロボロにやられてしまった真九朗たちしかしそれでも紫を取り戻しに一人突っ走る真九朗それを車で追いかける紅香ということで前半はカーチェイスこの作品でこんな場面がみられるとはちょっと意外でしたしっかし色々壊しまくってるし...

紅 -kurenai-  第12話  「われ存在り」

視ていましたが、レビューしてませんでした。 いやいや、なかなか上手にまとまっていましたね。 マクロスとかも良いですが、紅も良作ですね。 良い最終回をありがとうございます。

(アニメ感想) 紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」

紅 1 圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合いの場を設けたうえで、真九郎たちを屋敷の外へ追い出そうとする。しかし、真九郎は紫ともう一度話をするために、単独で再度屋敷へ....

紅kure-nai 第11話 「われ存在り」【最終回】

見ていた作品の中でトップで終わりを告げたのは紅でしたか。 いわゆるハッピーエンドでは無かったけれど、 個人的には未来に期待が持てる、想像の余地のある終わり方で 結構気に入っております。

紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」

★★★★★★★★☆☆(8) 「じゃあまたな。真九郎。」 紫が選んだのは好きな人に守られるのではなく その人の隣で一緒に歩いていく事。...

(感想) アニメ 『紅』 第12話 「われ存在り」《最終回》

一人で九鳳院に潜入した真九郎。 それを追いかける紅香たち。 しかしリンに気付かれてしまい、窓に穴を開けられる…{/face2_shock_m/} 真九郎は屋敷の中で蓮丈に出会う。 一方紅香はリンとカースタント中{/m_0033/} 「オレは紫に会いにきた」 と言う真九郎に、蓮丈は「奪いにきた」んだろう??という。 「お前たちは異常だ」 そういわれても、蓮丈は自分が九鳳院が正しいとして譲らない。 紫は自ら光を捨てた。紫の真意さえ理解できないで首を突っ込むなと言われた真九郎は、紫の実の母、蒼樹はお前に殺...

ロリータは世界を救う。「紅(くれない)」

何がどうなって何の解決があったのだろう?最終話を見ただけでは理解できない視聴者はいませんでしたか? 子供子供していた紫ちゃんが急...

[アニメ]紅-kure-nai-:第12話(最終回)「われ存在り」

 この終わり方、最高やわぁ。( ;∀;) カンドーシタ  てか、終わってほしくない。もっともっと紫が見たい。真九郎にケチをつける紫をもっと見たい。あの口調と態度をもっと見ていたい。今までで一番、最終回となってほしくない作品でした。2期も作れるよね。いえ、....

紅 -KURENAI- 12

= 第12話 「われ存在り」 = {{{1クールは短いですねぇ。紅ももう終わりですよ。 世界観のスケールの大きさと放送期間が合いませんね、2クールくらいかけて作らないと すべてを網羅しきらない感じです。 ラストは予想通り、紫の奪還成功。 再び外の世界に出るのではなく、奥の院のみを出るという結末でした。 リンだったかな、最強ですが声が植田さんなんでどうしても可愛くなってしまいますね(笑) それと、走行中の車に蹴りを入れて窓ガラスを割りますが、 実際は...

紅 -kure nai- 第12話(最終回)「われ存在り」

「もし最初から自分を待ち受けているものがなんなのか判っていたら、決して出発したりしない。やれるかもしれないという楽観が、ただの好奇心かもしれないけど、新しい何かと出会う事を期待してる。それが人との出会いなのか、自分の新しい意志なのかは判らない。 でも、だか

紅 -kurenai- 第12話(最終回)『われ存在り』

紅 -kurenai- 最終回です。 予想外の結末でした。 五月雨荘でハッピーエ

紅 kure-nai 第12話 「われ存在り」

弥生さん。。。死にかけてるかと思ったら。。。

紅 -kurenai- 第12話「われ存在り」の感想。

紅 -kurenai- 第12話 「われ存在り」 評価: ── こいつが先だぁ! 脚本 松尾衡 絵コンテ 松尾衡 ...

紅 #12

真九郎と紫の物語も、とうとう最終回です。たった1人で、再び九鳳院へと乗り込んだ真九郎。それを知った紅香は、車で九鳳院の敷地に乗り込みました。もの凄い窮地にあるはずなのです...

「紅 -kurenai-」最終回のおはなし

いいなー、いいなー。家が広いと室内でカーチェイスができちゃいます。 ・・・って冗談はおいといてー。 「紅 -kurenai-」第12話最終回のお...

紅 第12話「われ存在り」

存在

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]