忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

図書館戦争 第12話「図書館ハ誰ガタメニ」(最終話)

図書館の自由を巡る戦いとヒロインと王子様のラブコメの間で、最終回にはバランス良く着地したと思う「図書館戦争」
第12話は水戸図書館の県展の攻防戦の後を描く。
失認状態状態で入院中の堂上には郁、銃傷を負い意識不明で入院中の玄田には世相社の折口が付き添う。
負傷者たちを心配する図書隊員には腹立たしいマスコミの偏向報道と執拗な取材記者のつきまとい。堂上の入院先で見つけられた郁が本を踏まれて一瞬感情的になるものの、堂上の言葉を思い出し冷静にアジテーション気味にカメラに向かう様は最終話のハイライト。ややオーバーな演出で煽ってから、彼女と図書隊の気持ちが全国の視聴者へ届き、励ましの便りとカミツレの鉢植えのプレゼントにしんみりと落す抑揚がついている。

1クール通しては、同じ「自由」を目指すのにも図書隊とは手段を分かった手塚の兄と未来企画の手口は柴崎絡みで描かれたが、もう少し世相とリンクしての大局的、俯瞰的な活躍を見せてほしいところだった。エピローグで手塚慧の働きかけで図書隊への世論の風圧が和らいだと挿入されていたが、ここで持ってきても蛇足な感じがする。
原作は2冊ほどしか読んでいないから行き着く先がわからないものの、図書と表現の自由を巡る戦いは道半ばの印象。
アニメは口当たりの良いさわりの部分を描けば良いのだろうが、原作はもっと先の重い部分を書かないとならないと思うのだが、これは原作の未読巻を読んでから判断したいと思う。
サブキャラたちは皆良い味をしており、柴崎はなかなか魅力的。
1クールのシリーズでは本線から大きく逸れる事が出来ないのは理解できるが、もっとも残念なのは小牧と毬江ちゃんのエピソードが全カットになった事。何かの機会に補完してくれるだろう。

銃火器を持っての戦闘などはオーバーに思うものの、表現の自由を侵しかねない世相とリンクする部分もあり、女性作家の原作でノイタミナ枠としては男性でも見やすい作品だった。
エピローグは訓練に励む郁が堂上と事故キスで締めたけれども、この演出に気恥ずかしさを感じるようでは、ノイタミナ作品を見る資格が無いのかもしれない。
ノイタミナの次期作は見ないので、次は秋の「のだめ2期」で感想を書くかもしれない。

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻図書館戦争 オリジナル・サウンドトラック

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

図書館戦争 第12話 最終回 感想

 図書館戦争  状況一二 最終回 図書館ハ誰ガタメニ  −キャスト−  笠原 郁:井上麻里奈  堂上 篤:前野智昭  小牧 幹久:石田...

図書館戦争状況一二 図書館ハ誰ガタメニ

                                                                                                                              ...

図書館戦争 第12話(最終話)「図書館ハ誰ガタメニ」

図書館戦争 第12話(最終話)「図書館ハ誰ガタメニ」

アニメ『図書館戦争』の感想/状況一二『図書館ハ誰ガタメニ』

図書館戦争 【初回限定生産版】 第五巻角川エンタテインメント発売日:2008-12-03amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)●状況一二『図書館ハ誰ガタメニ』県展の警備で良化隊に死傷者が出たことで、検閲に対抗する図書館への批判が噴出。 図書隊も玄田と堂上が重症を負ったこ...

図書館戦争 状況一二 (第12話)「図書館ハ誰ガタメニ」(最終回)

「図書館戦争」公式サイト 笠原の成長、堂上と関係進展ということで締められてはいますが、結局、何処にも着地できなかった…というのが本作の印象。 すべてが中途半端といった感じがぬぐえず、残念に思います。 確か、数年前、「メディア良化法」を連呼する知人から前説....

図書館戦争・第12話

「図書館ハ誰ガタメニ」 水戸図書館での戦闘で負傷し、意識を取り戻さない玄田。機能的には問題がないものの、意識の混濁が続く堂上。そん...

図書館戦争 #12 [最終回] 「図書館ハ誰ガタメニ」

手塚は柴崎によって尻に敷かれるタイプだな(笑) 当初、郁にツッケンドンでとっても偉そうな態度をとっていた手塚ですが 今では柴崎に調...

「図書館戦争」12話 図書館ハ誰ガタメニ

蝣ゆク翫?譯亥、悶こ繝ュ繝?→縺励※繧九?縺九→諤昴▲縺ヲ縺溘i莠区腐縺ョ繧キ繝ァ繝?け縺ァ螟ア隱阪?縺翫h縺ウ驕り。梧ゥ溯?髫懷ョウ縺ォ縲ゅ≠縺ョ轣ォ縺ョ豬キ縺ォ縺輔i縺輔l縺溘す繝ァ繝?け縺ィ縺励※縺ッ縺。繧?▲縺ィ驕...

[終]図書館戦争 #12

#12『図書館ハ誰ガタメニ』 堂上教官は外傷は特にないけど、 ショック状態による一時的なものだが、 人の顔や話している内容の認識、 自発的な行動ができなくなってしまった。 良化隊に死傷者が出たことで 世間では図書隊に対する反発の声が

Navigation159 図書館ハ誰ガタメニ 図書館戦争(終)

状況一二 図書館ハ誰ガタメニ ”かみつれ”すべてはここから始まった

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」

堂上は精神的ショックで入院。 玄田は重症…。 死傷者が出たことで図書隊を叩く世論が吹き荒れる…。 数話前のラブコメ展開がウソのような...

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」(最終回)

失認および遂行機能障害の症状に陥ってしまった堂上さん。 怪我した時のショック状態に起因する一時的なものとのことですが・・・ 大火傷し...

図書館戦争 状況一二「図書館ハ誰ガタメニ」

『死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。 カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自分...

(アニメ感想) 図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」

図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂上の快復を信じる郁。いま自分にできること、愛するものを守りぬくこと……。郁たちが見つけた答えとは?

図書館戦争  第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」

玄田隊長と堂上教官が無事で良かったですね。

図書館戦争 第12話(最終回)「図書館ハ誰ガタメニ」

私が感想を書いてる作品としては、今期一番に最終回を迎えたこの作品。最後は盛り上げてくれて、面白いところで続きになってましたので気になってました!! 死闘の末に傷ついた図書隊。世論が逆風となって襲う中、稲嶺はある決意を抱く。カミツレの花言葉を胸に、堂...

図書館戦争 第12話(終)

第12話『図書館ハ誰ガタメニ』 図書館戦争、ついに最終回です。 玄田は意識不明、堂上はショックで、自分を見失っているようです。 まぁ、とりあえずは、2人とも死ななくてよかったです。 なにやら、マスコミが変な報道をしているようですね。 確かに、テレビに出てる..

図書館戦争 状況一二『図書館ハ誰ガタメニ』【最終回】

さて図書館戦争も最終回を迎えたわけで。終わりってのは寂しいね。 最終回はオリジナル展開9割の原作展開1割といったところ。 ・・・堂上がほとんど喋らないというのが残念であった(涙)

図書館戦争 状況一二(最終回)『図書館ハ誰ガタメニ』

図書館戦争 最終回です。 堂上は生きていた!!! とりあえずよかったが、事故のシ

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」(最終話)

最高の最終回だったと思う 図書館戦争第12話。 ↑1日1票お願いいたします↑

図書館戦争 #12

全身に銃弾を浴びて、玄田は重傷。そして堂上は、たいしたケガはなかったものの、精神にダメージを受けて、自らの意志を失ってしまいました。そんな郁たちに、さらに追い打ちをかける...

図書館戦争第12話「図書館ハ誰ガタメニ」

  茨城で開催される県展の最優秀作品「自由」を検閲する為、良化隊が集結した。対する玄田 率いる関東図書隊は、精鋭のタスクフォースを中心に、地元茨城第一図書館の防衛部員が対抗 する。手塚の兄慧の情報を受け、検閲は県展初日開始前の1回のみだと知り、自由を美術館

図書館戦争 状況一二 「図書館ハ誰ガタメニ」

図書館戦争 状況一二 「図書館ハ誰ガタメニ」 最終回? 火の海から救出された王子さまは・・・ お姫さまのキスで目覚めた!!(嘘) ...

図書館戦争 12話「図書館ハ誰ガタメニ」

茨城県展での攻防に関してのテレビ等の報道では図書隊に対して批判的で、玄田と堂上の意識は戻らず、重苦しい雰囲気でしたね。

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」 見ました。 最終回です。 ちょっとウッって来ちゃいました。 泣かなかったけれど、い...

【最終回】図書館戦争 第12話「図書館ハ誰ガタメニ」の感想。

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」 評価: ── ありがとう 脚本 古怒田健志 絵コンテ 浜...

『図書館戦争』#12(最終回)「図書館ハ誰ガタメニ」

「私の一番大切なものが今戻ってきたから」 茨城県展の警備で負傷した堂上と玄田は入院することに。 しかし、世論はメディア良化隊に死傷...

[アニメ]図書館戦争:第12話(最終回)「図書館ハ誰ガタメニ」

 最後の部分だけ、ちょっと納得がいかない最終回だったかな。  2期を意識しているのかもしれないけどね。  堂上教官は外傷はないものの、ショック症状からきた認識力の低下のせいで、笠原を誰か認識できない。そんな中、小牧が堂上のために、堂上が幼少の頃から読んで...

「図書館戦争」最終話 〜勇ましき業が深き男の勇退をとくと見よ〜

2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊して本を...

図書館戦争 12

= 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」 = {{{遅くなりましたが図書館戦争最終話です。 この作品も1クールだったんだね、あっという間でした。 世界観が面白いだけに、2クール作ってほしかったです。 手塚の兄貴との戦いもケリ付いてないし、これは2期を期待しましょう。 図書隊と良化隊の戦いに関するメディア・世論の動きはかなりリアルでしたね、 本当にああいう風になりそうです。 今も昔も、メディア(TV・新聞・雑誌・ネット)は社会や人の考え・見方に大きな影響を及ぼしま...

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  前回の良化隊との激しい戦闘の末、負傷した堂上と玄田隊長。  両者とも意識不明で入院中。    玄田隊長は良化隊の発砲を全て受け止めるという無茶をしたが、奇跡的に命だけは助かった。  だが、その代償は大きく、未だに意識を取り戻さない状況。    堂上は、外傷はたいした事はない。だが、失認の為に、こちらの話している事を認識出来ず、自発的に行動する事も出来ない状況だという・・・  つまり、怪我した時、ショック状態に陥ったようだ。 &n...

「図書館戦争」最終回のおはなし

ちょっとびっくり・・・堂上さん、無事だって信じてたけどまさか失認って。 あ、玄田さんはだいじょぶだって思ってましたー。例え防弾チョッ...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 通りすがり
  • 2008/06/27(Fri)13:17
  • Edit
カットになった小牧と毬江のエピソードはDVDに収録されるらしいですよ。

Re:無題

  • by wataru
  • 2008/06/27 13:36
DVD収録ですか。購入は躊躇していますので、レンタルされたら見てみましょう。
情報ありがとうございました。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]