忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

恋姫†無双 第2話「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

公孫賛に客人格で仕える趙雲との出会いを描く「恋姫†無双」第2話。関羽を中心に武人が集まり、ロードムービー展開がしばらく続くのだろう。最後は乱世を治める者を主人として仕える事になるのだろうか。まさか百合学園モノに化けるオチは無いとは思うが…
序盤に劉備の存在が鍵になって黄巾の乱で関羽と張飛、その後に公孫賛と関わる流れだと、公孫賛の出番もあるが、予告で茶化されていたように今回限りかも。劉備なしでどこまで見せてくれるか…
「三国志」「三国志演義」が日本人に与えた影響は現代に至っても大きいが、現代HENTAI日本人が解釈したアニメ「恋姫†無双」を現代中国の動漫世代がどのように受け取るのか、少し興味が湧いてくる。

前置きはさておき、第2話も予定調和の展開。趙雲がパーティーに加わった!
おっぱい・百合シナリオが基本か?さすが雑破業。シリーズ構成とともに全話脚本を書くのかもしれない。趙雲x関羽だと関羽は「受け」だが、張飛はお子様キャラだからそれを感じさせるシチュエーションは無い。人質の村娘の生乳房を山賊が揉む程度の描写は、放送規制されないみたいだ。
武闘シーンに多くを期待してはいけないが、デフォルメキャラを効果的に取り入れながら、絵の方は安定している。
真名で呼び合うことにこだわる張飛がちょっと可愛かったかな。
関羽の強敵は山賊よりも、趙雲の「攻め」かもしれない。

今回の公孫賛の依頼による山賊討伐自体には重い意味は無く、関羽と趙雲がお互いの実力を認め合い、旅を共にするきっかけ。山賊の根城を探すだけの目的が、勢い余って討伐してしまったところがミソか。後方で連絡を待ち出陣の準備十分の公孫賛の肩透かしオチ。
演義にある程度忠実で、白馬自慢だったり趙雲に見切られる公孫賛の姿が描かれている。所々細かいところが怪しいので、原作ゲームはともかく、吉川三国志を読み直そうかと思うが大作だから時間があるかどうか。

Flower of Bravery(初回限定盤)(DVD付)テレビアニメーション 恋姫†無双 OPテーマ 通常版 Flower of Bravery恋姫†無双 1 生産限定特装版恋姫無双 関羽(真名:愛紗)フィギュア(1/8スケールPVC塗装済み完成品)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

【趙雲子龍】恋姫†無双 第2話「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

あらすじ 関羽と張飛は旅に出ている途中、領主の公孫讃に乞われて、城へ招かれる。 そこで公孫讃は山賊退治に苦慮している事を話し、関羽...

恋姫†無双 第2話 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」 感想

五虎大将軍の一人、趙雲が仲間になる話。恋姫†無双 第二席 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」 のレビューです。 趙雲はいいキャラでし...

恋姫†無双 第2話 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」 感想−百合回

恋姫†無双 第2話 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」の画像付き感想です。 これが、百合か。 くっそww正直この綾波みたいなキャラが...

恋姫†無双 第2話 『関羽、趙雲と死地に赴くのこと』 感想

■恋姫†無双 『お主には私の事を真名で呼んでもらいたい。 これで良いな鈴々♪』 主人公が劉備みたいな配役だったのに、どうするんだ...

恋姫†無双 第2話 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

趙雲が仲間になる話! 関羽と張飛は、「マナ」で呼び合ういい関係に。

恋姫†無双 第2話「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

恋姫†無双 第2話「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

恋姫†無双 第2話 『関羽、趙雲と死地に赴くのこと』

今週もしっかり見ました! 恋姫無双の感想です 張飛は真名である【鈴々】(りんりん)と呼んでくれないことが気にいらないようです。 姉妹の契りを結んでいるので真名で呼びたいと。 ってことで、関羽は真名【愛紗】(あいしゃ)を教えます。 それで機嫌を直した張...

恋姫†無双 第2話「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

ライバル?のGGをブログレビューでは圧倒の恋姫†無双。 お互いを真名で呼ぶというのが上手い発想だと思います。 新キャラ、趙雲がパーティーに加わるお話。 こういうRPG的展開は好きなので見てて楽しい。 ばいんばいんの関羽。真名は「愛紗」。 とってもキュー

★恋姫†無双 第02話 山賊のアジトを突き止めろ!新たな武将・趙雲登場。

             早くも新ヒロインが仲間に!! 恋姫†無双の2話目「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」より。 小領主・公孫賛の依...

Navigation189 関羽、趙雲と死地に赴くのこと 恋姫†無双

第二席 関羽、趙雲と死地に赴くのこと 公孫賛、只今参上

(アニメ感想) 恋姫†無双 第2話 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

恋姫†無双 1 生産限定特装版 張飛と共に旅を続ける関羽。途中関所を通った際に、兵士の一人がどうしても主に会わせたいと関羽に話しかけてきた。それを承諾し、その人物との面会を果たす関羽と張飛だが・・・。

恋姫†無双 第2話『関羽、趙雲と死地に赴くのこと』感想

感想 イラスト 恋姫無双 恋姫†無双 第2話 ↑この世界の姉妹の契りは、受けとか攻めとかそういうのみたいです。 †//続...

恋姫†無双 第1話 『関羽、趙雲と死地に赴くのこと』

張飛は真名(リンリン)と呼んでくれないことが気にいらない。 姉妹なら真名で呼びたいと。 ってことで、関羽さんは真名(アイシャ)を教え...

恋姫†無双第二席「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」感想

スーパー弟タイム・・その領域がまだだろう――TVアニメ「恋姫†無双」オープニングテーマソング::flowerofbraveryそんな感じの2話。スーパー弟タイムは一部だけで盛り上がっているネタかと思っていたが、なかなかメジャーなのか?それにしても河原木姉さんが中の人ネタ...

恋姫†無双 第二席「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」感想

今週は開始時間が遅かったので感想が朝になってしまいましたf(^_^) てか、27時って………。 まぁともあれ、あらすじと感想です。 <あらすじ> 旅を続ける二人はお互いを真名で呼び合うことにします。 で、とある村。 ここで趙雲とここの領主、公孫賛にあう....

恋姫†無双 第2話 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

趙雲「私はその気が無くもないのでむしろ大歓迎だ」 趙雲がまさかのそっち系キャラで狭い箱の中では関羽の喘ぎ声が飛び交うエライことにw

恋姫†無双 第二席 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

愛紗はこのまま美人と言う噂が流れてるお母さんキャラとして定着してしまうのだろうかw 黒髪だけ美しい吹いたw 髪だけじゃないんで安...

恋姫†無双 第2話 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

  いろいろと…おもしろくなってきたな。

恋姫†無双 第二席 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

恋姫†無双 第二席 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」 なんかいい感じになってきたよ このアニメはキャラです どんどん出て来い ...

恋姫†無双  第02話 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

サイドポニテの関聖大帝菩薩が主人公の本作。

恋姫†無双 第02話 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

年中騒がしい張飛にとっては、五分の我慢も難しいよう。

恋姫†無双 第2話 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

恋姫†無双 第2話 「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」 見ましたぁ〜 姉妹の契りを結んだのに真名で呼んでくれない。 鈴々は怒っち...

恋姫†無双 第2話

第2話『関羽、趙雲と死地に赴くのこと』 今回は、関羽が趙雲と山賊の隠れ家に潜入する話。 なにやら、関羽が呼び止められました。 呼び止めたのはいいけど、絶世の美女だと聞いていたから、危うく見逃すところだったって・・・ 何も本人を前にそんなこと言わなくても。 つ..

恋姫†無双第2話関羽、趙雲と死地に赴くのこと

→仲間(星)が加わっても真に使えるべき主である一刀がいないからね…公孫賛は影が薄いやボロクソ言われて。攻めと受けを聞いてくるなんてさすが星。百合百合結構〜むしろ推奨しますよb…愛紗は2人っきりにされて服が乱れるほど攻められていたけど。もちろん俺は攻めか...

アニメ感想:恋姫†無双 第2話「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」

恋姫†無双 第2話「関羽、趙雲と死地に赴くのこと」の感想です。 恋姫†無双 1 生産限定特装版ポニーキャニオン [監督] 中西伸彰, [俳優] 黒河奈美, [俳優] 西沢広香, etc.45分/DVD発売日:2008-10-01価格:¥ 6,224 [24%off]Amazon.co.jpで詳細を見る・・・

恋姫†無双 第二席

関羽が趙雲と出会って山賊のアジトに乗り込むお話。 この趙雲が何気に良いキャラしすぎていると思います。 少々そっちのケがあるらしいのが何とも、とりあえず姉妹の契りと聞いて攻め受け云々の発想は凄い(笑)。 張飛は関羽のことを真名で呼びたいということで、愛紗....

恋姫†無双 第2話「関羽、趙雲と死地に赴くとのこと」

死地

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

はじめまして。

  • by 五遷・主簿
  • 2008/07/17(Thu)22:35
  • Edit
五遷・主簿といいます。現在はこのアニメ記事をブログで書いてもTBよりコメント傾向気味です。
>現代HENTAI日本人が解釈したアニメ「恋姫†無双」を現代中国の動漫世代がどのように受け取るのか、少し興味が湧いてくる。

 まさか我が国の作品を改変したから日本の作品をもらってもいいだろうというんじゃないでしょうか?いや、言いかねん。またドラえもんもどきみたいなことをされる。

>関羽の強敵は山賊よりも、趙雲の「攻め」かもしれない。

 ふうん。それで曹操と趙雲で関羽の奪い合い戦争か。。。

>吉川三国志を読み直そうかと思うが大作だから時間があるかどうか。

 おお、懐かしい。吉川三国志は文量多いからなぁ。私は北方三国志で泣いて、横山三国志で堪能し、蒼天航路で曹操の魅力を再確認した。 

Re:はじめまして。

  • by wataru
  • 2008/07/18 20:26
五遷・主簿様、コメントありがとうございます。
アニメファクトリーとしての大陸中国は成長中ですが、クリエイティビティについては未だ眠れる獅子だと思っています。同時に模倣の先に創造の時代が遠からず訪れるだろうとも思います。
その時に日本のクリエーターたちが育っているか、大変不安でもあります。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]