忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ストライクウィッチーズ 第10話「信じてほしい」

ミーナ隊長は、お肌の皺と胃潰瘍に気をつけないといけないと思う「ストライクウィッチーズ」第10話。頑固者の魔眼女と宮藤の扶桑魔女コンビには手を焼いているご様子。
軍上層部からの圧力と言い、ミーナ隊長、どうりで年の割に老けて、いや落ち着いて見えるわけだ。
海を隔てたリベリオンやアルプス山脈が盾となるロマーニャ出身の二人など、本国が戦場になっていない隊員は、この情勢にも楽観的に描かれている。
宮藤が人型ネウロイに感じる親近感にこだわり、力説するのを受け止める態度にも、それぞれの立ち位置が表れて、混成部隊らしさがうかがえる。
ネウロイにより国が焦土と化したカールスラント3人組は、地位を別としても宮藤の話には厳しいし、「いらん子中隊」シリーズでは最前線のスオムスやオラーシャ出身者も懐疑的だ。
出身に関係なく、ペリーヌは坂本を巡る個人的感情から宮藤に厳しい様子が表現されていて、ペリーヌのキャラが生きている。

今話はドラマとして良く出来ていて、詰め込み気味な脚本がかえって失速感を与えず、西本由紀夫の演出が細かいところに行き届いている。その反面というか流れの中では戦闘シーンは控えめ。
墜落した坂本の救護から回復まで、宮藤の独断専行の軍規違反への懲罰、宮藤の脱走、ネウロイの巣、新型機出現から引きのマロニー登場まで各エピソードをつなぐが、その間の隊員同士の機微が面白く、むしろ見るべきはそちらかもしれない。

いままでペリーヌ回といえるものはなかったが、坂本と宮藤との関係を軸に活躍した。今回は意識不明の坂本を巡り宮藤へ平手打ちする感情の高まりから始まって、心拍数低下の危機に治癒魔法をかける宮藤の自信のなさへ入れる喝、坂本の回復に伴い変化する表情に名バイプレーヤーキャラだと再認識させられる。坂本から頭を撫でられるペリーヌは、この作品のショートシナリオでのペリーヌエンドを迎えた感じだ。
宮藤との私的決闘が不問なのは謎だが、忘れた頃にミーナ隊長の般若の怒りを喰らうと予想。
大人の頭を撫でる行為に、他国の視聴者はどのように感じるか興味がある。

独断専行の宮藤へは軍法会議ではなく、ミーナから禁固10日の命令。
なぜか直後に宮藤を慰める入浴展開になるが、宮藤を待って風呂に誘ったリーネのひとり指先遊びのしぐさが可愛らしい。
テレ玉では大量の湯気で、体の輪郭すら怪しい入浴シーン。エーリカが襲う「色よし張りよしのバルクホルン」が楽しみだったのに…あの第7話予告のエーリカの怪しい歌の秘密が明かされるところなんだが、東京MXに期待するかDVDで霧が晴れることを待とう。霧の下では高村監督渾身の乳首修正が行われているはず。
カールスラント組が風呂に入っているのは珍しい。エーリカはズボン無くしていないだろうか。
エイラの胸を舐めそうなサーニャのシャボンタイムは、公式予告動画では上手いこと切り出していたのがわかる。番組内の予告以外にも、この公式予告動画をDVDに収録してくれないだろうか。
深刻になりかけたところは、ルッキーニのおっぱい襲撃で丸く納めた。ルッキーニも動かしてナンボのキャラだから、彼女らしい活躍をさせることが出来た。

禁固中の宮藤をリーネが脱走幇助。いままで同じ隊の友だち止まりだが、意を決して宮藤と真の戦友になるべく同行を求めるけれども、頑として拒む宮藤。
ここでリーネは挫けて投げやりになる事はなく、宮藤と抱き合い「早く帰ってきてね」と一瞬にして正妻の位置に滑り込んだ手際は見事。
この脱走劇もミーナ隊長にはバレバレで、追撃命令は出るはリーネは身代わり(嬉しそう)に禁固刑になるは、司令部から撃墜指令は来るは、ペリーヌじゃないが大騒ぎ。

坂本を治癒する宮藤に対し、リーネは友だちポジションでトゥルーデ(バルクホルン)は姉の視線でいるのが興味深い。もう各隊員のポジションは確立したと言っていいだろう。これがこのシリーズでの「おっぱい星人」宮藤の戦果。
ミーナ=母親、坂本=上司、バルクホルン=姉、リーネ=本妻、ペリーヌ=お局様、シャーリー=外人、ルッキーニ=ペット、エーリカ=遠い従姉妹、サーニャ=義理の妹(非公認)、エイラ=妹の彼氏。

さて、宮藤がこだわるネウロイの親近感を確かめるための脱走劇。
撃墜命令が出されたとも知らず、人型ネウロイに導かれて大陸方面の上空に浮かぶネウロイの巣の中へ。ラピュタの竜の巣を連想させるが、冷蔵庫の裏に黒いものがゴソゴソ動く巣じゃなくて良かった。
その中で見せた映像から、ネウロイが何を伝えたかったか。急接近する無人機のような高速戦闘機。ビックバイパーかバルキリーかブラスレイターのパラディンに見えなくもないが、そこが問題ではなく、この機体はネウロイと似た戦い方をして、当のネウロイを圧倒。
むかし墜落したネウロイのコアを利用して、東方不敗の人が作り上げたのかもしれない。ウィッチーズへの予算削減の伏線は、新型機の開発へと伏線がつながっていたのだろう。マロリーの目的はわからないが、ひょっとして宮藤父は死んだ事にされて、この開発をしたのかも。

脱走した宮藤を引き連れて帰投したミーナたちに向けられるマロリーたちの銃口と着陸した新型機。
このあたりの陰謀パートは次回で片付けて、最終話の大団円へとつないで欲しいところだ。
次回予告では、隊の解散の印象があるけれども、事情を察知した坂本がペリーヌに手伝わせて、乾坤一擲の逆転劇でも見せてくれるだろう。暗いハンガー内で「上手くはいりますか?」「もうちょっと奥まで」と挿入シーンまで見せてくれた二人だから、次回も期待せずにはいられない。

ストライクウィッチーズ オリジナルサウンドトラックストライクウィッチーズ 限定版 第1巻ストライクウィッチーズ 通常版 第1巻ストライクウィッチーズ 限定版 第2巻
島田フミカネ Art Works島田フミカネ Art Works 10/25発売予定(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

ストライクウィッチーズ 第10話 「信じてほしい」

ネウロイに何か違うものを感じた芳佳だが、隊員にはそれを理解してもらうことができず・・・ 坂本少佐復活!そして百合に目覚め(ry なんにし...

ストライクウィッチーズ 第10話「信じてほしい」

少佐の目覚めって話でした。 ※ただいま更新中です。

ストライクウィッチーズ 第10話「信じてほしい」

わたし…どうしたらいいんだろう… やっぱり…確かめたい! いよいよ佳境に入ってきました。 軍律違反しまくりの芳佳だけど、 あまり責められなかったのは、 違反しまくりウッチーズだったからw 芳佳は当然のごとくミーナに呼び出されて禁固処分に。 意見は一切許して

ストライクウィッチーズ 第10話「信じてほしい」

ストライクウィッチーズテレビアニメ公式サイト ハルトマンのいい加減でアバウトな発言を連発するところがたまらなくよかった今回。 同時に、眼帯も無くなり、しっとりベッドに収まっているのかと思いつつも、何とも言えないくしゃみを一発の坂本少佐も捨てがたいですね。 ...

Navigation273 信じてほしい ストライクウィッチーズ

とうとう佳境ね・・・ 第十話 信じてほしい

ストライクウィッチーズ 第10話 「信じてほしい」 感想

おっぱいに反応しないとは、芳佳の悩みは深刻のようです。ストライクウィッチーズ 第10話 「信じてほしい」 の感想。 芳佳の独断専行は、...

ストライクウィッチーズ 第10話「信じてほしい」 感想。

アイキャッチが怖いんですけど

ストライクウィッチーズ 第10話『信じてほしい』

ネウロイと心通わせようとする芳佳。 一方、ネウロイを敵と疑わない坂本少佐は攻撃するも 魔力が足らずシールドを突き破られ撃墜される。 ...

ストライクウィッチーズ #10 信じてほしい

墜ちた少佐の運命や如何に?  そして芳佳は基地を抜け出しネウロイの巣へ。

ストライクウィッチーズ 第10話「信じてほしい」

ストライクウィッチーズ 第10話「信じてほしい」

ストライクウィッチーズ 第10話 「信じてほしい」

公式よりあらすじ。 ネウロイと遭遇した際の独断先行による命令違反で、ミーナから自室禁錮処分を言い渡された芳佳。だが、どうしても確...

ストライクウィッチーズ 第10話 「信じてほしい」

急展開すぎるような。

【感想】 ストライクウィッチーズ 第10話 〜信じてほしい〜

ペリーヌってお上品だけど、ご主人さまの前では隙を見せちゃう、ってかんじの子猫に似てるね。 さて軍が密かに何をたくらんでいた?気に...

アニメ「ストライクウィッチーズ」 第10話 信じてほしい

……ごめんね。 「ストライクウィッチーズ」第10話のあらすじと感想です。 これってもしやお役御免? (あらすじ) 芳佳の懸命の治療は...

ストライクウィッチーズ 第10話 「信じてほしい」 観賞( ゚∀゚)o彡゚

いよいよストーリーの黒幕が登場!? お風呂に戦闘になんかすげぇのが出てきたりした第10話

ストライク・ウィッチーズ 第10話 感想

 ストライク・ウィッチーズ  第10話 『信じてほしい』 感想  ・・・。  うざいな!えーと誰だっけあの男w    −キャスト− ...

ストライクウィッチーズ 第10話「信じてほしい」

見つめ合う坂本少佐と芳佳の、美しい百合百合な光景・・・・・・てなわけではなく、芳佳の行動を問いただし強く「敵だ」と言い聞かせている少佐の姿。割と理解ありそうな坂本だと思ってたけど、ネウロイに関しては一貫してぶれない強い意志。あんなに強く見詰められては、....

ストライクウィッチーズ 第10話「信じてほしい」感想

<感想> 今更ですが… この作品って結構おもしろいんじゃないでしょうか? 今回のは思わず見入ってしまいました。 明らかに怪しいのは上層部ですよね。 しかも、今回新しい可変型人工ウィッチ(?)が出できたことによりウィッチの存在意義が少なくなったわけですし、...

ストライクウィッチーズ 第10話 『信じてほしい』

撃墜された坂本…。 限界まで治癒魔法を使った芳佳も倒れる。 坂本は手術をするが予断は許されない状態…。 目覚めた芳佳はさらに治癒を行...

ストライクウィッチーズ 第10話。

『ストライクウィッチーズ』 今週のお話は、第10話 『信じてほしい』。 ストーリーは…。 ネウロイと遭遇した際の独断先行による命令違反で...

ストライクウィッチーズ第10話の感想的な何か。

湯気に対する憎しみが増えました。

ストライクウィッチーズ #10「信じてほしい」

育ってないけど恥ずかしくないもん!(需要はありますw) 芳佳の孤独の戦い。ぺったんこはネウロイと和解出来るのか(マテ ではストライクウ...

ストライクウィッチーズ 第10話感想等

ネウロイの攻撃を受けた坂本を治療する芳佳は、魔法力の使い過ぎでふらつきながらもな

ストライクウィッチーズ 第10話

第10話『信じてほしい』ストライクウィッチーズ 限定版 第1巻今回は・・・どうでもいい(いや、よくない)けど、風呂のシーンの湯気多すぎやしませんか?

ストライクウィッチーズ 第10話「信じてほしい」

どうやらネウロイそれ自体には善悪などは無く、純粋な自然現象とかテクノロジーの類で、軍部がそれを利用しようとしている、という事の様です。 最高司令官として融通は利かないぞと皆の前でアピールしつつ、有無を言わさぬ通達で芳佳の軍法会議を巧く避けさせたりして、..

ストライクウィッチーズ 第10話 「信じてほしい」

ストライクウィッチーズ 第10話キャプ感想です。 芳佳、脱走

ストライクウィッチーズ 第10話

芳佳が再び人型を取ったネウロイに会いに行こうとする話。 自室謹慎で済んでいるのは凄いことであろうに、その上で脱走は拙いですよねぇ。 でも話を聞いてほしいというのはごもっとも、責任を取れるなら抜け出し追いかけるのもいいんじゃないですかね。 美緒は思った以....

アニメ感想:ストライクウィッチーズ 第10話「信じてほしい」

ストライクウィッチーズ 第10話「信じてほしい」の感想です。ネットに繋がらなかった間の分なので1週間遅れです。

頑張れ!東京MX「ストライクウィッチーズ」

女の子の友情は男同士よりも臭くない。もとい、汗臭くない。 お風呂シーンがとっても伸び伸びします。 それなのに、こんなベストシーンに...

色々と明らかにされたネウロイが記した『黒歴史』??なんかとんでもない展開になってきたました!! ストライクウィッチーズ第10話『信じてほしい』

【10月28日完成っす(≧o≦)】  人型ネウロイの反撃レーザーで負傷した坂本さん。  ここは、芳佳が意識を失うくらいの治療魔法を行うも、ま...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]