忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

屍姫 赫 第8話「安らぎ」

「屍姫 赫」第8話、絵コンテ:水島精二、演出:佐伯昭志、作監:横井将史。
伊佐木修二の屍姫ミナイをメインに据え、屍姫の未練と運命、そして翻弄されるオーリを描く。會川昇脚本の食い足らなさは変わらないが、アニメーションにしたときのドラマ部分はコンテと演出で随分良くなってきた。契約僧伊佐木からは人形扱いにされる悲劇の屍姫ミナイで、かなり得点を稼いでいるのだが、それでも素直に見直すと不可もないレベルだ。

屍スミヨシが元のクラスメイトの声をオーリのケータイ経由で聞いて、元の人間の姿に戻るパートは少し稚拙な脚本で気恥ずかしい。幼児向けヒーローアニメならばアリだと思うけど。
あれほど冷徹で大口を叩いていた伊佐木がチンピラに刺されて死亡。契約僧を失った屍姫ミナイは、やがて単なる屍になる運命。
他の屍姫たちがミナイを殺す行動に出るが、その前にオーリとミナイの心の触れあいとケータイの番号交換のエピソードを挟んで、オーリの絶望を増す仕掛けになっている。
段々と女性声優陣の演技には慣れてきたが、オーリの芝居は足を引っ張っている感じだ。

ミナイの手を引き、喫茶店にかくまうオーリ。彼は自分が勤めるこの喫茶店の店長が光言宗の僧侶で、アキラが屍姫とは知らないようだ。
オーリを新たな契約僧とすることを暗に店長に勧められるミナイだが、あれほど酷い仕打ちをされた伊佐木に義理立てして断ったことが暗示され、店内で死んでいるミナイとライフルの手入れをするアキラが描かれている。ちょっと切ないが良いまとめ方だろう。
しかし今回活躍した屍姫のアキラや早季がキャラも立っていないのに起用されているので、感情移入を妨げられる感じだ。そのフォローもほとんど無い。なし崩し的な登場のさせ方で、このシリーズ構成はまずいだろう。
水島精二のコンテ、佐伯昭志の演出でも、ここまでが精一杯か。

Beautiful fighter(通常盤)オリジナル・サウンドトラック 屍姫 赫屍姫 赫 第一巻【初回限定版】

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

屍姫 赫 第8話 「安らぎ」 感想

償いだと、思っていた。 でも今は違う。 ありがとうって、言ってくれた―

屍姫 赫 第8話 「安らぎ」 感想

★★★★★★★★☆☆(8) ガンダムOOの水島精二監督が絵コンテ、演出が佐伯昭志と 豪華スタッフでお送りする伊佐木&ミナイ組退場回。 ...

屍姫 赫 第8話「安らぎ」

博士「サブタイが一気に普通だなぁwww」 助手「確かにwww」

屍姫 赫 第8話「安らぎ」(感想)

こちらは感想です(内容)前回の予告から誰かが、多分ミナイが亡くなるのだろうなあとは思いましたが…呪いつきになってしまったミツヨシを倒すため、脳破壊してその反動を受け已む無く…とか勝手に思っていたんですけどね。呪いは掛けるまでにわずかながらも時間を要する...

屍姫 赫 第08話 「安らぎ」の感想。

屍姫 赫 第08話 「安らぎ」 評価: ── 私は死にたくない ありがとうと言ってもらえた・・・! 脚本 會川昇 ...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]