忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

屍姫 赫 第12話「夜明け」

大詰めになってようやく制作の本気を見た「屍姫 赫」第12話。
瀕死の景世と契約が切れかけ力を失い、まるで少女のような気弱な表情を見せるマキナと、景世の頼みでオーリと再契約した後の七星を倒す狂気を含みながらも凛として涼やかなNewマキナの表情のコントラストが素晴らしい。ひょっとして、この作品で初めて褒めたかもしれない。

他の屍姫たちを足止めして、その隙に景世とマキナを倒そうとする赤紗と七星のコワク。
操られ景世を刺すオーリ。景世の死に至る間際のドラマの中でオーリへの引き継ぎを描く。シナリオとしては単調だが、久しぶりに気合いの入った戦闘パートと、丁寧に膨らませた演出が光っている。
「屍としてでも生きていてくれたら」と一瞬願いながらも、景世の希望通り笑って見送るマキナを映すパートは良かった。
最悪の16歳の誕生日の朝を迎えたオーリだが、景世の死のあと自立に至るまでの過程は次のクールに譲られるのだろう。そしてマキナとの関係も契約僧の立場として、違ったドラマを見せることだろう。
景世が作りおいていたシチュー鍋はオーリでなくとも涙を誘う。

Aパート途中で特徴に気づいたが、特徴的な切り返しと高さと広さを感じさせるコンテは佐伯昭志。演出も佐伯昭志だから、今回の出来栄えは彼のファンとして嬉しい。
アクションシーンで揺れ・うねる動きは作監の平田雄三、久保田誓。
原画にも柴田由香や山口智の名も見え、ようやくガイナックスの本気が見えて来た。いまさらではあるけれど、2クール目の「屍姫 玄」に少しだけ期待が持てる。まずは次回、最終話を無事に締めて欲しいところだ。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

『屍姫 赫』#12「夜明け」

「未練だけじゃ足りないのか!!」 怒り加わる日。 大麟館に駆けつけた景世は、七星に操られたオーリに刺されてしまう。 何か感じるものが...

屍姫 赫 第12話 「夜明け」 感想

笑顔で…

屍姫 赫 第12話 「夜明け」 感想

★★★★★★★★★☆(9:素晴らしい!) 「笑ってくれ、眞姫那・・。 そしたら、この地獄のような場所から お前を救えたんだって思える...

屍姫 赫 第12話「夜明け」

「お前は最後には笑っていてくれ…… 笑ってくれ、マキナ。 そしたら俺はお前をこの地獄のような場所から、救えたんだと思えるからさ」鹿堂赤紗の座壇を追って大麟館に向かった田神景世だが、そこには七星・重無に操られた花神旺里がいて、景世の腹に独鈷杵を突き立ててしまう。

屍姫 赫 第12話 「夜明け」の感想。

屍姫 赫 第12話 「夜明け」 評価: ── 笑ってくれ、マキナ・・・ 脚本 會川昇 絵コンテ 佐伯昭志 ...

屍姫 赫 第12話「夜明け」

大麟館の子どもたちの安全を確認しに来た景世の前に現れるオーリ眠らなかったのかと尋ねる景世に眠ってなんかいられないよとふらふら近づくオーリはプツリと景世の腹を刺すこんな楽しい夜に…車の中でニヤリとする七星の一人重無景世の異変を感じ取るマキナ景世の死を臭わ...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]