忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

屍姫 玄 第2話(15話)「我が敵」

赤紗と七星に対し、内部の不協和音を響かせながらも光言宗の屍姫と契約僧のオールスター戦の幕開けを感じさせる「屍姫 玄」第2話。
屍姫となる前、生前のマキナと家族を殺した七星。その狭間がマキナの素質を見込んでいたかのような発言。それと同じ期待は景世もマキナに感じていたのだろう。屍として七星たちのように性(さが)を拠り所に生きるのか、屍姫として浄土に行く希望を持ち生きるのか、ほんの些細な差が二者を分けるのだろう。
前者の象徴として何もないまま屍となった、純粋な存在として北斗の強さを見せつける。後者の屍姫たちは現世利益に釣られて今を生きる存在にも見えるが、泥臭くも悩みながら人との関わりの中で成長してゆく。その点でマキナの心理を前期でもっと掘り下げておいて欲しかったが、表面的な描写に終始してしまったのが惜しまれる。
ミナイのスペシャル回は別として、他の屍姫たちも掘り下げが浅いまま七星編に入ってしまったのが惜しい。

未練に縛られつつも消化or昇華して進む転機がマキナに訪れた重要な回でもある。次からは本格的な七星戦が始まるのだろうが、温泉回のような予告に不安と期待。
今回の内容で第1話として構成しても良かったのではないだろうか。極論すると前期から通しての第1話に今話を持ってくれば、つかみは良かったに違いない。
長い長いプロローグが終わったと思えば、この先に期待も出てくるだろう。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

屍姫 玄 第2話「我が敵」

「未練如きで、俺達を滅ぼせるものか」 マキナと七星が再会する話。 呪いを解放したマキナは狭間と互角の勝負をするのですが、当然乱入し...

『 屍姫 赫/玄 』#15:「我が敵」(玄・第2話)

― 人間の敵は人間 己の敵は己 然らば「我が敵」何処に在り哉 ―

屍姫 玄 第2話 「我が敵」 感想

戦う理由

屍姫 玄 第2話「我が敵」

博士「儂の場合は児○法!!」 助手「とっとと捕まっちまえwww」

『屍姫 玄』#2「我が敵」

「俺たち七星を動かすもの、それは性だ」 性とは逃れがたい心の叫び、つまり、人の本性。 マキナを助けに現れたオーリのおかげで、マキナ...

屍姫 玄 第2話「我が敵」

眞姫那が旺里に謝るのが前回のラストでしたが…。 景世を守れなかったことの謝罪。 景世への想いだけで眞姫那は動いていて。 旺里の眞姫那...

屍姫玄 2話 我が敵

つくずくオウリは報われないなあ・・・

屍姫 玄 第2話「我が敵」

オーリに助けられた格好となったマキナは景世が大切にしていたオーリを危険な目に遭わせたくなく、オーリを契約僧と認めず、自分の契約僧は景世只一人だと言っていましたね。 そうなると契約僧のいない屍姫は朽ち果てる運命にあるから、屍姫として七星を倒そうしていたマキナはどうするつもりなのでしょうか。矛盾を感じますな。

屍姫 玄 第2(15)話「我が敵」

花神旺里の霊気(ルン)を受け入れて復活した星村眞姫那。田神景世を守れなくてごめんなさいと泣きながら謝るマキナに、オーリはしどろもどろ。それはそれとして、オーリがやってきている事と、オーリの恰好について追求。オーリが契約僧となるべく修行をしていると知って、憤慨で

屍姫 玄 第2話 「我が敵」 感想

★★★★★★★☆☆☆(7) 光言宗の総本山に乗り込んできた七星との前哨戦。 人間が生まれながらに持っている性(さが)を戦う理由とする七...

屍姫 玄 第2話(第15話)「我が敵」(感想)

こちらは感想です(内容)景世を守れなかった事を謝るマキナ。頬を伝う涙…前回にもあった感動(後半)な場面でした。マキナの涙に慌てて焦ってハンカチを出すオーリ。その手を取り…捻り上げた!?景世が守ろうとしたオーリ自身が契約僧としてマキナの前に立った事で…思い...

屍姫 玄 第02話 「我が敵」の感想。

屍姫 玄 第02話 「我が敵」 評価: ── ごめん、、、景世を守れなくて 脚本 會川昇 絵コンテ 高柳滋仁 ...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

重要話回に同感です。

  • by ペンギン座
  • URL
  • 2009/01/10(Sat)15:32
  • Edit
お世話になって居ります。 コメント欄ではご無沙汰です。

>消化or昇華して進む転機がマキナに訪れた重要な回>
同感です。凄く意義のある話回のはずなのです。
「景世イベント」に続く2枚目(「水薙生イベント」を含めれば3枚目)のカードを切った、と捉える訳ですが…
なのですが…その辺はスパンっと斬れ過ぎたせいか…「滲み出してくるのはジワジワ」なのかもしれません…。

コメントにあたり作品該当貴記事一通り拝読し直してみましたが、
あの頃はキツかったですね…~6話辺りは…(遠い目)。

今後とも宜しくお願い致します。

Re:重要話回に同感です。

  • by wataru
  • 2009/01/10 22:23
以前の記事までお目を通していただき、ありがとうございます。

少し面白くなってきたと思いますが、イマイチ詰めの甘さが感じられて惜しいと思っています。工夫すれば1クールで仕上げられそうなのですが。

今後もよろしくお願いします。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]