忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

屍姫 玄 第5話(18話)「性と未練」

交通事故死したトモハルの屍が引き起こす事件に嵩征とイツキの出会いと絆を描く序盤。いくら心の奥に隠そうとしても屍姫を人として見てしまう、愛しているという感情を否定しない嵩征の過去はオーリへの教訓となるのか疑わしいところだ。わずか半年の修行のまねごとのみで実戦経験もなく、契約したマキナからも契約僧とは扱われないオーリに、その言葉を受け止める達観はないだろう。
その割には物わかり良く、リカやサキが同行したからにせよ、マキナの窮地を救いに向かう姿に迷いはない。兄貴と慕う景世から契約を譲られたからだけではない、純粋な情熱を感じさせる部分もあるが、彼の成長物語を描くにはすでに遅く、単にマキナとの関係修復や敵対する七星との死闘にだけ焦点が絞られたように思える。

隠密行動だった貞比呂とアキラが前面に出てきたり、背後での光言宗内部の軋みも匂わせるが、中途半端に掘り下げて本線から逸れない方がよいと思う。
今回のエピソードのイツキを除いて、他の屍姫は姿は度々見せるものの断片的な役目しか与えられていないのでもどかしい。この際だから最後は屍レンジャーで、対七星オールスター戦でも構わない。
断片的というか、今回は意味のない動きで攪乱してくれたのは、お胸様。オーリを探して夜の五諒山までやって来させる。必死でマキナを探すオーリにスルーされて、失恋の事実を明らかにしただけ。これが未練となり、不慮の死で彼女が屍になる伏線ならば意味もあるが、さてどうするのだろう。

嵩征とイツキのエピソードを受けて、偽景世に立ち向かうオーリとマキナのシーンに絞れば良いと思うが、ネタを盛り込もうとする癖が抜けないようだ。しかし、ここまで来ると確信があってのシナリオだろう。素直に素材を出してくる作風ではないから、我々はその雑然の中から汲み取らねばならない。
まさか1クール目が壮大な捨て回だとしたら、逆にそこから終盤に期待が湧いてくるのだが、まだ少し視界不良だ。しかしオーリよりも視聴者に修行を要求していることは間違いなさそうだ。
グロス先はStudio Blanc. だが、原画だけじゃないだろうか。他はfeel.メンバーが多い。それにしても作監修正がバラバラで、ものすごく可愛らしいイツキの表情もあったり、手が入ってないような引きのカットが多かったりと安定しない。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

『屍姫 玄』#5「性と未練」

「忘れなくていいよ」 自分の性に抗って生きるのが人。 七星の囮・鞆春に誘い出され、送儀に連れて行かれたオーリ。 そのころ、マキナは景...

屍姫 玄 第5話「性と未練」

「僕と契約しても、兄貴との縁は残しておけばいい」 イツキが屍の鞆春を倒す話。 倒し終わった後、嵩征は七星が動いていると推測。 一...

『 屍姫 赫/玄 』#18:「性と未練」(玄5話)

― オーリの選択 彼の煉獄の道は”逆螺旋” 「在りの儘」を容れて歩む ―

屍姫 玄 第5話「性と未練」

博士「これはあの娘と○っとけば    良かったという・・・」 助手「あなた、最低ですwww」

屍姫 玄 第5話「性と未練」

マキナの前に現れた景世。 もちろん偽物ですが…ひどいナルだし(^^; 嵩柾は、過去に清算しそこねた鞆春を倒す。 性(さが)は誰にもで...

屍姫 玄 第5(18)話「性と未練」

久しぶりに登場のお胸様@春日望。花神旺里に合う為に、修行しているという五諒山へ。出てきたはいいけど、存在価値がいまいち宙ぶらりん。星村眞姫那の下には田神景世の屍が現れたと壬生貞比呂に連絡があったようですが、彼は景世が屍になる可能性はゼロと否定。しかしマキナの事

屍姫 玄 第5話「性と未練」(感想)

こちらは感想です(内容)4年前とは違う異月と崇柾。嘗ての親友鞆春は崇柾に、何故自分を屍姫にしてくれなかったのか?異月とどこが違うのか?問う。屍姫はある年代の少女の屍にしか使えない限られた術。そして鞆春は人を殺してしまった。それは裁かれねばならない。屍姫に...

屍姫 玄 第05話「性と未練」の感想。

屍姫 玄 第05話 「性と未練」 評価: ── 助けに来たぞ眞姫那・・・ 脚本 會川昇 絵コンテ 岡田雅裕 ...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

はい、ブロガー(若しくは視聴者)も試されていますよ、と。

  • by ペンギン座
  • URL
  • 2009/02/01(Sun)01:04
  • Edit
ご無沙汰しております。
>視聴者に修行を要求>
はい。この点に思いが至る視聴者(orブロガー様)が居られることが、わたしには慶びです。
>確信があってのシナリオ>
はい。確信犯ですね、これは。それ故に、
>壮大な捨て回>
につき、弊記事では、 「(とっくにor既に)回収に入っている」との立場 を採用しております。

そして、わたしはですが、
所詮は 半年程度のしかも飲み込みの悪いオーリくん に、さしたることは期待できませんので、
16歳の少年に「達観」を要求するよりも「純粋な情熱」そのまま にぶつかって行くその様を期待しています。

気合の入った記事が拝読できて嬉しく存じます。
今後とも宜しくお願い致します。

Re:はい、ブロガー(若しくは視聴者)も試されていますよ、と。

  • by wataru
  • 2009/02/01 10:31
ペンギン座様
コメントありがとうございました。

オーリが主人公だと鵜呑みにすると、メッセージの受け手として自由度を縛ってしまう事になりそうです。
物語の担い手である屍と屍姫に焦点が絞られてきたようではありますが、このようなリソースの浪費が出来る作品は、他にそう多くありますまい。
最終回までおつきあいください。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]