忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

WHITE ALBUM 第9話「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言。」

幸薄い美咲さんのシナリオに区切りがついた感のある「WHITE ALBUM」第9話。
今話では由綺は重要な伏線を張ったようだが、理奈は姿もなく、はるかとマナも脇役を演じ、シナリオは迷うことなく美咲さんとの終幕に向けて突き進んでゆく。
学祭の演劇シナリオはパスしたものの、衣装・小道具の準備を押しつけられた美咲さん。あれだけ田丸の嫌がらせを受けながらも逃げない美咲さん。その理由がどこにあったのか、この舞台本番、正確には薄暗い照明室で演じられた芝居で全て明かされた。少なくとも美咲さんにとっては、自らの脚本全てが裏目となり呪いとなり降りかかった結末。

小道具の納品も、ゲネプロの舞台も決して一人では見ようとしなかった美咲さん。あれほど穏やかな人が感情むき出しに田丸とやり合うのは、本番の舞台を客席で冬弥と二人で見ることに拘ったからだ。
一人分だけでも有料でチケットをとろうとする冬弥に「よして、田丸君の言いなりになんか」と美咲さんこそ田丸のいいなりに見えて皮肉に聞こえるが、この日のために面従腹背で耐えてきたのだとすれば納得が行く。
席が取れなくとも、驚くべき行動力で倉庫の鍵を借りて照明室への進路を切り開く美咲さん。あくまで冬弥と二人で舞台を見るために。

彰の話を冬弥から振られて、逃げるような美咲さんの行動が立てかけてあった鉄パイプを倒し、舞台にもとどろく音響。そこで語る美咲さんの第4幕「不潔でよこしまな恋」に、彼女の気持ちが全て含まれている。
「きっかけは詩集・演劇台本・デザイン画・勘違いする・妄想が募る・後輩の彼女に嫉妬する・彼女の先輩に嫉妬する・彼女を裏切る・嘘をつく・後輩の友人の気持ちを知りながら受け入れることができない・なぜなら後輩は後輩に後輩を私を…」最後の言葉は冬弥の口封じのキスで止められてしまった。
それは嘘、シナリオを舞台に掛けるために冬弥を利用したと身を引こうとする美咲さん。それはキスをした冬弥へ送る免罪符にも見えるが、彼女の保身でもある。決して女神ではなく、いじましくも可愛らしい生身の彼女を演出するシーンだ。
今回の舞台シナリオ自体に今語った冬弥への想いの暗喩が込められているのか定かでない。ただ、冬弥に本番を見せたい、一緒に見たいと思ったのは自分の作品の成果を見てもらいたい以外の何かが込められていたのだろう。冬弥の気を惹き、同時に田丸を貶めるダブルトラップが美咲さんのシナリオに込められていたとは考え過ぎかも知れない。
照明室での事故で、図らずも美咲さんは冬弥一人のために自分のシナリオを自分で演じる、それこそ自作自演の最悪の芝居となってしまった。冬弥が去ったあとに現れた神父姿の彰からの告白、堕ちた女神には追い打ちを掛ける罰となった。彼女が自責の念から解放されるフォローを望むところだ。

あまりにも無自覚に接してきた冬弥だが、美咲さんに告白されてみて初めて悩む始末、そしてつぶやく「どうしよう、由綺」
その由綺とはスタジオでのぎこちない出会いのあと、学祭のステージに出演していたのに、またもすれ違う冬弥。由綺からの電話もすれ違い。そこで由綺が手紙に託す内容は何か?
楽屋で書き終えて、弥生さんの問いかけに「もう済みました」と吹っ切れた表情に、またすれ違いのドラマの予感がする。学祭ステージでの「お知らせ」と関係するのかも知れないが、そもそもお知らせの内容は作中では明かされない。クリスマスイベントだろうとは思うが。
美咲さんの区切りがついてもドラマは由綺へと向かわずに、次回ははるかの出番のようだ。

制作は銀画屋のグロス。コンテ・演出は岸川寛良、作監は岡野幸男、杉藤さゆり。
DVD/BDは「制作上の都合」で1ヶ月延発だが、きちんと仕上げてくれることを期待したい。
作中でマナの勉強部屋のシーンでラジオから流れていたが、中山美穂のカバー「ツイてるねノッてるね」が由綺のキャラソンとして収録されるようだ。原曲発売も1986年で同時代性を感じさせるし、同じキングレコードだから好都合なのだろう。
WHITE ALBUM キャラクターソング 1 森川由綺WHITE ALBUM キャラクターソング 2 緒方理奈WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray]WHITE ALBUM VOL.1 [DVD]

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

WHITE ALBUM 第9話「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言」

冬弥と冬弥の父親の協力で、小道具は無事に完成。 今回は学祭の話です。

WHITE ALBUM 第九頁「思い出に気の利いたシナリオは要らない。...

WHITEALBUMの第8話を見ました。WHITEALBUM DVDvol.1WHITEALBUM BDvol.1第九頁 思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言美咲と冬弥は何とか期限までに衣装と小道具を完成させ、演劇部の練習に美咲が完成させた衣装と小道具を持ってい...

WHITE ALBUM 第9話「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言。」

「すぐそこにあんな思いが転がってたなんてどうしよう」 キスで口を塞いでその後に「大好きだよ!」と開き直っちゃう冬弥大暴走中、最初の方は多少抵抗はしていたけどなんか吹っ切ったみたいね悪い意味で(笑)予想通りな形でしたが確かに美咲さんは冬弥に頼....

WHITE ALBUM 第9話

「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言。」

WHITE ALBUM 第9話

幕間劇(ぉ)、美咲先輩エピソード終幕かな。 ダメだしでさらに徹夜して直し、衣装はどうにか完成。 美咲先輩にとっては作品は我子みたいな...

WHITE ALBUM 第9話 「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言」 感想

WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray](2009/04/22)平野綾水樹奈々商品詳細を見る 気をきかせた言葉が、人をダメにする―

WHITE ALBUM 第9話

第9話「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言。」 ドロドロにしまくって、終わりですか(;^_^A 由綺は相変わらず不憫。 すれ違いもここまで来るとねえ。 電話より手紙のほうが確実だったような気が。 どっちみち一方通行になっちゃ

WHITE ALBUM 第9話「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言」

WHITE ALBUM VOL.1 [DVD](2009/04/22)平野綾水樹奈々商品詳細を見る 冬弥と協力して演劇の衣装を作り上げた美咲ですが、タマルにいちゃもんをつけられて...

WHITE ALBUM 第九頁[思い出に気の利いたシナリオは要らない。くちから出た瞬間、どうせみんなたわ言」

 美咲さんの終幕。 冬弥は由綺の隣に…?   今回は相当よくできていたんじゃないでしょうか。 美咲さんについては、一応の決着がつい...

WHITE ALBUM 第九頁

[関連リンク]http://www.whitealbum-tv.com/第九頁思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言今回はほとんど美咲さんの一人舞台ですそれにしても冬弥と由綺...

WHITE ALBUM 第9話

「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言」 を観ました。 冬弥くんに幻滅しましたぁ(笑)

WHITE ALBUM 第9話「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言」

田丸がまたムチャクチャ言ってます! やっと出来上がった衣装がイメージと違うとか。。。 「オレはモノトーンの雰囲気でいきたいワケ...

WHITEALBUM 第九頁 感想

「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言。」長いけど、なかなかカッコイイサブタイ。★【初回予約のみ】ステッカー付き!(外付け)WHITEALBUMVol.1(初回仕様)(BD)◆20%OFF!早速感想。舞台衣装が完成。冬弥と美咲さんが作り上げ...

WHITE ALBUM #9「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言。」

由綺への想いも存在感も下降中・・・ 一気に展開が動くか文化祭。残酷な1つの恋の結末・・・ ではホワイトアルバム感想です。 WHITE ALBUM Vol.1...

(アニメ感想) WHITE ALBUM 第9話 「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言。」

WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray]クチコミを見る 前回、冬弥は大人の階段を上ることが出来たのか?・・・まあ、由綺にも手を出せなかった男にそんな根性があるとは思えないので、あの後すぐ家に逃げ帰ったと私は解釈しております、はい。

WHITE ALBUM 第9話

第9話『思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言。』WHITE ALBUM VOL.1 [Blu-ray]今回は学祭の話。

WHITE ALBUM 第9頁 「思い出に気の利いたシナリオは要らない。 口から出た瞬間、どうせみんなたわ言」

澤倉美咲のターンと思ったら冬弥が寝ている隙を狙ってキスをする観月マナ。やるな。これは、Nice Boatの世界に突入しそうな勢いですね。

WHITE ALBUM 第九頁(第9話)「思い出に、気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言」

美咲さんとの演劇、終幕 WHITE ALBUM 第九頁「思い出に、気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言」 の感想です。

WHITE ALBUM第9話感想

#9「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言」

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]