忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

屍姫 玄 第9話(22話)「生者の価値」

屍の母親から生まれたオーリは人なのか、屍なのか。
オーリの出自と七星ヒズチの過去、マキナの祖先と北斗の因縁、その双方に影をさす七星と光言宗。積み上げてきた伏線がようやくクロスした。もっとも積み上げる段取りは褒められるものではなかったが。

未練も性もなく、ただ人身御供として死ぬためだけにあった北斗は存在自体が死であり、死こそが存在。七星を倒す事を未練として屍姫であり続けたマキナ、その頑なな想いに囚われたままの彼女は、北斗に敵わない。敗れ去る寸前に景世の名をつぶやく演出には「えっ?」と思わせておいてから、オーリとの縁が切れていないことを示す復活のシーンへの転換には感心した。
光言宗の読経が力になったのかは知らぬが、対七星や景世への未練を、窮地のオーリへの未練に鮮やかに転換させたのは納得が行く演出だ。

オーリは交通事故で死んだ臨月の母親から生まれた子。母は我が子を抱きたい未練により屍となり、子供たちを殺しはじめる。その中の一人がヒヅチで、彼の「食いたい」未練が彼を屍とし、他の子供たちは姿を変え黒猫となってオーリが人となるか屍となるかを見張っていたとのことだ。
ヒヅチが用意した、その時と同じシチュエーションによりオーリの記憶は蘇ってしまった。
屍に囚われたオーリが、子供たちを食らうのか、自らが屍に食らわれるのか、オーリの選択は生者として生き続けること。
駆けつけたマキナと力強い連携によりヒヅチを倒したあとの、マキナの「あなたが必要なんだから」とのツンデレマキナも良いものだ。

マキナを救出し、七星を急襲した梅原や嵩征たち。光言宗の目論み通りとはならず、七星たちが仕掛けた「大いなる穢れ」が厄災として起きるところで次回へ続くのだが、これはCパートに送るか次回冒頭でも良かったのではないだろうか。
オーリもマキナも、今回の事件で自分の出自を振り返り、お互いの縁を再確認して一件落着として欲しかったのだが、このまま流されてしまいそうな感じがして落ち着かない感じだ。

今回は演出も作画も良好だった。終盤、最終回間近のミニクライマックスとして良い出来だと思う。
絵コンテ・演出・屍デザインは平松禎史。作監に横井将史、レイアウト作監に貞方希久子、作監補に平田雄三と錚々たるメンバー。原画に西田亜沙子がいたのは珍しい気がする。

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

『 屍姫 赫/玄 』#22:「生者の価値」(玄9話)

―「己の価値」 マキナ「闘う理由」とオーリ「生きる理由」 それぞれの「人間の証明」を経て再び始まるふたり―

屍姫 玄 第9話「生者の価値」

「お前と俺は同じかもしれない。 それでも俺は、人として生きる!!」 オーリとマキナが協力して、歪質を倒す話。 頭屋の時は倒す前にマ...

『屍姫 玄』#9「生者の価値」

「お前と俺は同じはずだ!!」 子供を攫い、オーリをおびき出した七星・ヒズチ。 オーリの母親(屍)に自分達が殺された現場を再現したらし...

屍姫 玄 第9話「生者の価値」

なんだなんだあーつ 梅原鉦近はマキナを囮していたのかよーっ。 オーリの母親を殺した景世がオーリを引き取って大切にしていたのには償いの心もあったんだな。

屍姫 玄 第9話「生者の価値」

そりゃ死んだら何も出来ないしなぁ(マテ

屍姫 玄 第9(21)話「生者の価値」

 【ストーリー】歪質によって攫われた子供達。あの時と同じ状況にすれば判る花神旺里の母親に歪質たちが殺されたのと同じ状況、同じ場所を再現する。オーリはその中でようやく失われた記憶を取り戻す。「思い出してしまったのかい、オーリ」幼い子供ばかりが攫われ、死亡した子供

屍姫 玄 第9話(第22話)「生者の価値」(感想)

こちらは感想です(内容前半・後半)今回オーリの生い立ちと黒猫の正体が、そして北斗とマキナの関係が明らかになりました。黒猫に導かれ依海川についたオーリ。そこには雛の他にも沢山の子ども達が集められていた。その真ん中に立つ歪質。あの時と同じにすれば思い出すか...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by G.O.R.N
  • 2009/03/09(Mon)00:52
  • Edit
ぶっちゃけ言っちゃうと、屍姫の問題点って、ガンダム00の問題点と似ているんですね。出し物が多すぎて何を描きたいのか判らない。まあ、ソウルリンクのように全体的に出来が悪すぎやる気も何も感じられないというのよりは数倍まともとは言え作る段階で何を作るのかが絞れていないのは痛すぎます。
そして、どちらにも言えることはうまく作れば面白いものができるネタであるのに、それを散漫な作りが殺しているというところですか。まあ、面白そうなネタを商品の要件定義が殺してしまうのは昔から繰り返されている失敗パターンですけどね。

Re:無題

  • by wataru
  • 2009/03/09 05:51
コメントありがとうございます。ガンダム00は見ていないのです。

人もしくは屍の未練と性が引き起こすドラマを、主人公たちと光言宗それに七星を舞台に上げて芝居を作るまでは理解できるのですが、演し物というか役者が芝居させてもらってないように見えます。
おっしゃるとおりで、企画の段階では面白そうなのですが、実現に向けた構成やキャスティングが仲間ウケで終わってしまっているようです。今のところは。
製作者が資金を出してくれるとは言っても、リソースの浪費はそろそろ許されないのではないかと思います。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]