忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

夏のあらし! 第6話「恋におちて」

「夏のあらし!」第6話。カヤが通じる相手は女性だけ。なぜか女という生き物を嫌い、男装で性を偽る潤と通じてしまうことで、潤が女性であることがカヤに知れるが、潤が男装でいる真相はまだ語らない。
カヤと潤がタイムトリップする先は昭和20年4月、横浜大空襲前の当時の「方舟」の夜間の店内。当時の男性マスターは傷痍軍人か元々なのか、足が悪く松葉杖をついている。戦時情勢の悪化でドイツに帰国できなかったカヤは、この店長に密かに想いを寄せていたのだろう。

灯火管制違反を見咎め入って来た憲兵が外国人のカヤを取り調べようとする様子は、いくら同盟国ドイツ人といってもスパイまがいに特別視されていた時代の空気が感じられる。ドイツは西部戦線もライン川西岸を失い、風前の灯の状況だった。
タイムパラドックスで歴史を変えることを極度に嫌うカヤが思いを伝えられないもどかしさ、彼が1ヶ月後の空襲で命を落す運命を知りながら、何もしないことで60年間も彼を見殺しにしてきたつらさが滲み出ている。
タイムパラドクスは別としても、この当時の女性から積極的にアプローチすることなど思いもよらない男女関係の密やかさを、現代っ子でしかもジェンダーもしくは性差に特別なポジションを取る潤に観察者の目を持たせて解説したことも効果的だった。

arashi0601arashi0602arashi0603arashi0604arashi0605arashi0606

マスターと別れた後、空襲警報発令。
自宅の両親を心配し焼夷弾の降るなか、自宅に入ろうとするマスターに逃げるよう促すカヤだが、やはり両親は無事であるとの未来の事実はマスターに告げられないもどかしさ。
押し問答の二人と対極的に、焼夷弾の雨の中で怯え死の予感にわめく潤は、あの時代を知らない世代が戦争の現実に直面した描写として優れている。エフェクト中心だが最小限の効果で演出意図は伝わる。
もどかしいカヤとマスターの状況に、止めを刺すのも潤のもどかしさの爆発だ。心の奥に押し込んでいた女の性とでもいうものが一時、解き放たれた。
カヤの時代を超えたラブロマンスだけで終わる事なく、潤を通しての視点で深みが増したエピソードだ。消火器持って駆けつけた一とあらしは、なくても良かったかもしれない。

モブ:沢城みゆきがキャスティングにあったが、モブキャラ全員をあてたのだろうか。
エンディングは新しく、曲も 「ひと夏の経験」 にチェンジ。
脚本は赤尾でこ(三重野瞳の別名)

あたしだけにかけてキラリフタリ夏のあらし!VOL.1【初回限定版】 [DVD]

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

夏のあらし! 第6話「恋におちて」

夏のあらし!の第6話を見ました。第6話 恋におちて女性を冷めた目で見つめ、常に一定の距離を置いて接している潤は触れられることを嫌がるのだが、カヤは「男のくせに情けない」と無理矢理その手を握り、自分の方へ引き寄せる。次の瞬間、繋いだ手から閃光が走り、2人は...

夏のあらし 第06話 感想

 夏のあらし  第06話 感想  『恋に落ちて』  −キャスト−  嵐山小夜子:白石涼子  八坂一:三瓶由布子  カヤ:名塚佳織 ...

夏のあらし!・第6話

「恋におちて」 今日も、時を飛ぶあらしとはじめ。戦時へと飛ぶことを自慢するはじめに、潤は、自分は絶対に嫌だと主張する。だが、ふとし...

夏のあらし! 第6話「恋におちて」

「良かったじゃねーか。 生きてる証言だ」 カヤさんと潤がタイムトリップしてしまう話。 今回は潤とカヤさんが通じる回という事で。 期待...

夏のあらし! 第6話「恋におちて」

久々に・・・見た・・・ 内容よくわかってないけど、 ドラマやアニメの最終回だけ見て泣ける人間なのでたぶんついていけるとおもいます! ネタバレっぽい香りがします。ご注意ください。 どっちつかずだったジュンは♀ということがわかりました。 戦時

夏のあらし! 第6話「恋におちて」

ついに通じた潤とカヤさん! タイムスリップで、昭和20年4月2日へ時を飛んでしまいます。 なんで飛ぶと服が変わるんでしょうかwしか...

夏のあらし! 第6話「恋におちて」

告げられぬ本心。

夏のあらし! 第6話「恋におちて」

前回さんざん伏線張ってた潤の秘密解禁です(笑) カヤと通じたことで性別を偽ってたことが判明。 で、そのまま戦中にタイムトリップ〜。 ...

夏のあらし! 第6話 『恋におちて』 感想

■夏のあらし公式HP/夏のあらしトラコミュ いつにも増して(*ノノ)(ぉ 一とあらしさんが、軽々しく何度も過去へ飛ぶ事を咎めるカヤさん。 ...

(アニメ感想) 夏のあらし! 第6話 「恋におちて」

夏のあらし!VOL.1【初回限定版】 [DVD]クチコミを見る 女性を冷めた目で見つめ、常に一定の距離を置いて接している潤。触れられることを嫌がった潤に対し、カヤは「男のくせに情けない」と無理矢理その手を握り、自分の方へ引き寄せる。次の瞬間、繋いだ手から閃光が走り、....

夏のあらし! 第6話「恋におちて」

 あらしたちが飛んでもどこかゆるーい感じだったのに、潤たちはかなり深刻な事態になっていたのでびっくりしました。戦争の描写が結構怖かったですね。

夏のあらし! 第6話『恋におちて』

いじらしくて切なくて怖い話だった夏のあらし! 特別ED(かな?)な「ひと夏の経験」が似合う回でしたね~。 女子パワー色んな意味で大炸裂!!みたいな。 そして遂に… まいっちんぐマチコ先生、キター! あれ?これってそんな壮大かつ感動的な話だったけか(爆) キラリ..

夏のあらし! 第06話「恋におちて」感想

昨日あたりから急に暑くなった・・・。【送料無料選択可!】夏のあらし!第一巻[CD付限定盤]/アニメ早速感想。前回あやふやで終わったじゅん君の秘密はあっさりと解明。でもそこは今回の内容的にはメインでなくて。シャフト描写がここまでマッチするとは・・・。空爆の描...

夏のあらし! 第6話 「恋におちて」

一転してシリアスなお話に。演出が凄かった。 前回あれだけ思わせぶりな演出すりゃ分かってしまいますがやはり潤は女でした。何故男装...

夏のあらし! 第6話「恋におちて」

あしたにかけて・・CDかけて・・いっぱいかけて~ ・・・・・・・ 「あたしだけにかけて」 (事実上)明日は、CDショップへ早くGO!

夏のあらし! 第6話 「恋におちて」 感想

★★★★★★★☆☆☆(7.5) 先週から一転してシリアスな展開に。 過去に戻って想い人に再会するカヤの話・・なのだが どちらかというと...

[アニメ]夏のあらし!:第6話「恋におちて」

  この緊迫感と緊張感、そして、切なさがたまらないね。

夏のあらし!第6話「恋におちて」

ああ、やっぱり通じるのね。 夏のあらし!第6話「恋におちて」の感想です。 【あらすじ】女性を冷めた目で見つめ、常に一定の距離を置い...

夏のあらし! 第6話「恋におちて」(感想)

こちらは感想です(内容前半・後半)あらしがお気楽に時間を飛んでいる事を窘めるカヤ。潤と偶然飛んだ時も、潤がカヤから迷子になったら戻れなくなる、好きな人が空襲で亡くなってしまうと知っていてもそれを知らせて救う事は現在に影響を与えるためしてはならないと言って...

夏のあらし! 第6話「恋に落ちて」

博士「まさしくおっさんホイホイ作品www」 助手「ネタがなwww」

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]