忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

咲-Saki- 第13話「微熱」

剣道や柔道の団体戦に似た勝負形式で見せる麻雀大会。次々と登場する打ち手の個性が光っている「咲-Saki-」の第13話からは副将戦。対局室の外のホールに中継する映像に見入るサブキャラクターたちの熱気。アナウンサーの実況で盛り上がり、解説者の勝負どころやプレイヤーの心理の洞察などに深まる試合運びの様子。麻雀対局を狭い卓の周囲に止めることなく発散する構成が熱い。
その熱気は会場外の衣にさえ伝わり、衣が宿す狂気は会場内の咲の太ももを揺らし濡らす。
和の「のどっち」覚醒は透華をエクスタシーに誘い、魔法少女バトルの世界にまで視聴者を連れて行く。

saki1301saki1302saki1303saki1304saki1305saki1306saki1307
saki1308saki13009saki1310saki1311saki1312saki1313saki1314

副将戦、前半のイメージリーダーは龍門渕透華。何もせずとも目立つお嬢様。正直、これまで茅原実里の演技に感心したことはないが、この透華役は新境地だろう。ツンデレでくくってしまうと簡単だが、強気の中にも人間くさく優しい面があるキャラクターを良く演じていると思う。
その透華も本当に何もさせてもらえなかった。和の覚醒に喜び、膝を震えさせるほどのエクスタシーを得るけれども、オーラス前で全員ヤキトリ。
和にしても地味な和了で点を稼ぎ、決して楽な展開ではない。それでも緊張の中に、チームを背負った責任感と咲に見守られていると思う興奮で体が紅潮。神がかった打ち方でネット麻雀の世界で知られた「のどっち」に変身を遂げる過程が見所だ。
風越の副将はモブに近いが、気配を消し映像的にモブにすらならない鶴賀の副将がオーラスの波乱になりそうだ。
大将戦に向けて龍門渕の天江衣のキャラ立てと伏線張りも目立ってきた。1話区切りでブツ切りな対局を並べるのではなく、半話から1話先くらいの伏線を多層に仕込んでいるから単調にならない。
衣の心の傷が「友だち」を求めるのだろうが、県大会決勝で卓を囲むもの同士は敵である宿命を悟っている姿が痛々しい。子供の外見と行動に対して大仰で古風な物言いのギャップには慣れてきたところだ。このギャップの理解こそが、天江衣に対する理解の鍵であり、攻略の鍵なのだろう。

saki1315saki1316saki1317saki1318saki1319saki1320saki1321

原作コミックの構成から大きく逸脱していないが、アニメーション特有のけれんみのある所作や特効、音響の仕事によりさらにリファインされている。まだ2クール途中ではあるが、コミック原作のアニメ化の良い見本だと感じる。正直なところGONZOのもう一本「シャングリ・ラ」は迷走していると思うが、5スタの本作は構成のみならず絵も破綻なく1クール突っ走ってきた。フィルムからは制作スタッフの勢いと意地を感じる。楽な制作であるはずはないが、そんなことをフィルムから感じさせない素晴らしい仕事だと思う。
第13話の絵コンテ・演出は池白博中。池畠博史の変名だが、いったいいくつ名前を持っていることか。第5話では池畠博中だった。
saki1322saki1323saki1324saki1325
咲-saki- 新オープニングテーマ bloooomin’(Little Non)
咲-saki- 新エンディングテーマ 四角い宇宙で待ってるよ (原村和,片岡優希,染谷まこ,竹井久,宮永咲)
咲-saki- ボーカルアルバム
咲-saki- ドラマCD vol.1
咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]咲-Saki- 2 初回限定版 [DVD]Megami MAGAZINE (メガミマガジン) 2009年 07月号 [雑誌]咲 -saki- 麻雀牌 ver.2.0咲-saki- 咲&和ビッグタオル

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

咲-Saki-第13話『微熱』の感想レビュー

和の微熱は覚醒の兆候! ヾ(≧∇≦*)ゝ のどっちの降臨に会場(というか主に透華が)騒然回です。 ネット麻雀界ではデジタルな打ち筋で有名なのどっち。 派手な...

咲‐Saki- 第13話「微熱」

「ここからが本番ですわよ、原村和!」 県予選副将戦で、和が特訓の成果を発揮する話。 運もあるんでしょうけど、今回は和の完全勝利と言...

咲-Saki- 第13話「微熱」

真のアイドルを決める戦いがはじまりました! 透華のあほ毛ビームが弾かれたーΣ(・ω・) 深堀さんの脂肪にも弾かれたw 透華おじょうさ...

咲‐Saki- 第13話 「微熱」

アバター変身能力を持つのどっちVS透華で演出も派手に 試合開始前の透華のどどん波とのどっちのシールド演出には何の意味があったのかw の...

咲 -Saki- 第13話「微熱」

「おはよう・・・おはようのどっち」 まさにトーカ暴走回!

【アニメ】咲-Saki- 13話「微熱」【感想】

透華は激しい性格なだけに一つひとつの表情がすごくいい。

咲-saki- 第13話

[関連リンク]http://www.saki-anime.com/第13話 微熱OPの戦いが今ここに!というわけで副将戦です咲の応援を受け副将戦に挑む和を待ち受けるのは龍門渕の龍門渕透華そして風越の深堀純代、鶴...

咲-saki- 13話「微熱」

いよいよ和の番ですね!ところで、微熱というタイトルがなんか・・・/// 咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD](2009/07/15)植田佳奈小清水亜美商品詳細を見る ...

咲ーSAKI− 第13話「微熱」

咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD](2009/07/15)植田佳奈小清水亜美商品詳細を見る 副将戦前半。一見すると静かな闘い。和が本領を発揮し、次々とあがってい...

咲 -Saki- 第13話「微熱」【感想】

4回戦(副将)の戦い。 龍門渕透華がさんざん目の敵にしていたネットの麻雀アイドル「のどっち」こと原村和。 その本人が目の前にいるのだか...

咲 -saki- 第13話「微熱」

デジタル神の化身。

咲 -saki- 第13話「微熱」

デジタル対デジタル

咲 -Saki- 第13話 「微熱」 感想

天使狩りなるか

咲‐Saki- 第13話 「微熱」

比べんなww これは、透華がないんじゃない、和がありすぎるんだ(つ∀`)

咲 -Saki- 第13話 「微熱」 感想

眠りの獅子達―

咲 -Saki- 第13局 「微熱」

/だか透華のリアクションを見ているだけのお話でした。いちいち派手で面白かったですけど。

咲 -Saki- 第13話「微熱」

覚醒透華×のどっち 咲 -Saki- 第13話「微熱」の感想です。

咲-Saki- 第13話「微熱」

副将戦、和VS透華! どんな派手な戦いになるかと思ったら意外に地味かも(^^; 透華はリアクションが派手ってまま終わるのか(笑) 藤...

咲 〜Saki 第13局 「微熱」

いよいよのどっち登場の副将戦が始まったアニメ「咲〜Saki」の第13話。 こちらのネタもどうぞ。 http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-405.html http://arpus...

咲‐Saki- 第13話 『微熱』 感想

■咲-Saki-公式HP/咲-Saki-トラコミュ 『おはよう・・・おはよう、のどっち。』 このセリフが聞きたかった(*ノノ) のどちゃん発熱!相手は死...

咲 -saki- 第13話

「微熱」を見ました。 和の体が火照ってきましたよ!

咲 -Saki- 第13話 『微熱』  感想

  久部長の活躍により、中盤戦でトップに躍り出た清澄。 このまま行き追いに乗りたいところで、次は和の出番! 強者揃いの副将戦。果たして抜けるのはどの高校か?   副将戦  龍門渕高校 龍門渕透華(2年) 風越女子  深堀純代(2年) 鶴賀学園  東横桃子(1年) 清澄高校  原村和(1年)    ところで、天江衣はというと・・・・  大将戦にあまりやる意義を感じられず、今回の決勝戦、あまり興味がない様子。 だが、迎えにきたハ...

咲-saki- 13話

微熱 これは麻雀アニメだったのかと思い出したけどやっぱり百合アニメでお馬鹿演出好きのアニメだと今更認識しました。 開始前から透華が目からレーザー出したり、和が魔法障壁張っていたり。試合中は透華お嬢様が興奮してたり、稲妻が振ってきたり、...

ノーブラ?乳首が浮いてるのどっち♪「咲-Saki-」第13話

アニメ「咲-Saki-」第13話の感想です。 衣の絶対領域♪ 続いて咲の絶対領域♪ いつもこんな所ばかり見てますw

咲 -Saki- #13「微熱」

麻雀アニメだと呼べる自信がありません、誰か助けてw やっとメインPCが戻ったのでキャプ感想再開です。いよいよ透華がいろんな意味で大暴...

咲-Saki- 第13話「微熱」

密かに楽しみにしていたステルスモモちゃんの勇姿。がしかし、殆ど後ろ姿で表情のわかるカットは無し! セリフも「リーチッす」と、あと「ノーテン」・・・・・・は言っていたのかよくわからないけどw それくらい。存在感ゼロが特徴のキャラなので、しかたないといえばし....

咲-Saki- 第13話「微熱」

このアニメを見るためだけにあわてて麻雀ルールかじっただけの人間ですので、試合の展開についてはノーコメントでw

咲-Saki-第13話感想

#13「微熱」 衣語(ころもご)が、いよいよ凄いことになっております。「父君と母

[アニメ]咲-Saki-:第13話「微熱」

 副将戦だけど、衣がどうしても気になってしまうなぁ。

咲 -Saki- 第13話「微熱」

咲 -Saki- 第13話「微熱」

咲-Saki- 第13話「微熱」

おはよう、のどっち じっくり弄るように味合わせて頂きますわ 透華ののどっちへの執着がすごいですね〜。 これはもう変態の域ですよ〜。で...

咲-Saki-第13話「微熱」

 中堅戦まで終了して久の活躍により清澄高校がトップに立ちました。ここまでは分かりましたが、今回の副将戦は麻雀用語連発で正直理解出来ませんでした。ベタ降り・泣き・ヤキトリってどういう意味なのか?アナウンサーや解説の靖子が説明したり、テロップで説明するなどの配

(アニメ感想) 咲 -Saki- 第13話 「微熱」

咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]クチコミを見る 副将戦は小さな和了りと流局が交差する、静かな戦いとなっていた。 緊張感あふれる対局が続く中、和の身体に「異変」が起こる。こらえきれず徐々にこみ上げてくる高揚感。頬を赤らめ、柔らかくなってゆく表情。艶やかになってゆ...

咲 -Saki- 第13話 「微熱」

こ、これは由緒正しい伝統の(勇者)サンライズバース!?Σ(゚д゚) さすが透華、のどっちとの戦闘を研究してるだけのことはあります(ぇ ...

咲 -Saki- 第13話 感想

 咲 -Saki-   第13話 微熱 感想   体調不良か?   −キャスト−  宮永咲:植田佳奈  原村和:小清水亜美  片岡優希:釘...

咲-Saki-第13話「微熱」

ATフィールド!?www 3日前にヱヴァを観てきたせいもあってそうとしか見えないんですがw というわけで、副将戦開始!

咲 -Saki- 「微熱」 

副将戦開始ですね

咲-saki- 第13話 「微熱」

麻雀大会に一人だけアイドル対決だと盛り上がってた透華も、ネット麻雀で唯一苦戦した「のどっち」に対してアガリを取れず。 というかリー...

咲-Saki- #13

いよいよ副将戦の開始です。和に対して、透華はより目立ちたいというライバル心むき出しです。アバンは、衣を探すハギヨシから。和にエトペンを返すという目的を果たした今、衣は試合...

咲-saki- 第13話「微熱」

「目立ってナンボ!目立ってナンボ!!」の透華とオッパイさんの和、 彼女たちがぶつかり合う副将戦が開幕! もちろん彼女もw

咲 -Saki- 第13局「微熱」

博士「♪S.O.S聞こえた・・・」 助手「微熱繋がりでそれかよwww」

咲 -Saki- 第13話

第13話『微熱』咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]いよいよ和のターンです!

「咲‐Saki‐」 第13話『微熱』

 第13話「微熱」  「そうか・・・居るのか?妖異幻怪の気形が[E:shine]

原村 和・・ふくよかな勝ちっぷり!:咲-saki- 第13局 「微熱」

<県予選 副将戦 前半戦結果(途中経過)>

-Saki-咲 第十三局

今回は全編透華のターンでイメージ演出が盛りだくさん やっと和さんの出番で、例の後輩達はどう絡むのかも 微妙に楽しみな十三局 ※マン...

アニメ 咲 −Saki− 第13局 微熱

   ネット麻雀最強ののどっちこと原村和。龍門渕透華はそんなのどっちを歪んだ意味で崇拝しているのか、格ゲーさながらのバトルで打ち倒す...

咲 -saki- 第13話「微熱」

副将戦気合い入ってるなあ♪ 和VS透華がメインの今回。 待ちに待った和との対戦にハイテンションの透華。 最初のラブコールは豪快に弾かれますた(^_^;) 透華ちゃん、萌えたり、壊れたりと先週以上の百面相www 透華妄想劇場も、絶好調w 自ら悪魔役を買って出る

【咲-Saki-】 美少女“麻雀”アニメ 第13話「微熱」 動画配信開始!

副将戦前半、天使に覚醒する“ののか”。いや“のどか”。 透華は何も出来ないのか?真のアイドルを決める闘い・・・(なのか?) 本格ガールズ麻雀ストーリー“咲-Saki”配信中!...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

はじめまして。

  • by 亨太朗
  • URL
  • 2009/06/29(Mon)19:25
  • Edit
TBでお世話になっています。QUATTROismの亨太朗と申します。
いつも楽しく読ませていただいており、ご報告遅れましたが勝手にリンクさせていただいております。

>正直、これまで茅原実里の演技に感心したことはないが、この透華役は新境地だろう。
私も同じこと思いました。長門も千秋もいいですが、透華は茅原さんが声を当てているからという理由で好きになった初めてのキャラかもしれません。いいですよね、透華の演技は。
>子供の外見と行動に対して大仰で古風な物言いのギャップには慣れてきたところだ。
こちらは私はまだ慣れないですね。デザも性格も好みなので仰々しい台詞のチョイスに早く慣れることができたらいいのですが。
>第13話の絵コンテ・演出は池白博中。池畠博史の変名だが、いったいいくつ名前を持っていることか。第5話では池畠博中だった。
こういう情報いつも参考にさせていただいおります。実に勉強になりますw

Re:はじめまして。

  • by wataru
  • 2009/06/29 20:56
亨太朗様、こちらこそ勝手に失礼しています。リンクもトラックバックもご自由にお願いします。

クール、ダウナー系の演技こそ難しいのですが、多くの場合は新人とか実力がない人があてる場合が多くてイマイチです。
透華、いいですね。キャラも映えるし演技も映える。メインヒロインの敵役こそ、このようなキャラクターがいないと対決が盛り上がりません。
絶対に勝者になれないのに、素晴らしい敗北のドラマがご褒美に待っていることを期待しています。
衣は、おっしゃるとおりこれからですね。まだ芝居にはなってないですし。

池白博中、ふざけているようですが、麻雀ですから「白」と「中」入れてますね。すぐにわかる変名なのですが、数え上げたらキリがないでしょう。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]